人気ブログランキング |

<   2019年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

たら汁@ドライブイン金森

f0030155_11165566.jpg(8月17日午後・記)
たら汁街道」っての、いつ知ったんかなあ。宮崎海岸に「たら汁」食べに行ったのはいつのことだったか。あれ電車に乗って行ったんでしょうね。一時的に富山に戻ってた20代の頃か。おいしかった。
富山国際学院に勤務な自分、黒部で日本語教育、何年か前から担当してる。で、いつだったか、黒部からもう少し足を伸ばせば「たら汁」が食べられるってことに気付いて、ネットで検索。既に当ブログに「たら汁」食べたん、何本かアップしてます。
8月8日(木)午後、黒部で授業。で、その前に「たら汁街道」。黒部からだと30分強でしょうか、長いトンネルを抜けた後に「雪国」ならぬ「たら汁街道」^^。
今回は「ドライブイン金森」。ご夫婦でやってるお店でしょうか。入店。ここ、煙草、OKなんですね。臭い気になって座席移動。かつて一日40本喫ってた自分、今じゃたばこの臭いだけで、いやに。
たら汁。ぶつ切りの鱈(時には肝も)、味噌仕立て。お店によっていろいろ特徴ありなんかも。ネットによると「栄食堂」「たから温泉」「ドライブイン金森」「ドライブインきんかい」「ひまつぶし」「地中海」「宮崎鉱泉別館」「境鉱泉」など。「地中海」は今はないような。
僕、次の黒部は8月20日。今度は「きんかい」あたりにしようかと。黒部、その後、「シアター・オリンピックス」で8月23日に行きます。羯諦羯諦@セレネ、観ます。
by tiaokumura | 2019-08-08 11:16 | 美味録2019 | Comments(0)

夕食会@美乃鮨

f0030155_18530521.jpg(8月15日午後・記)
アップした写真、左手前から時計回りに柳川さん(副学院長)、僕(学院長)、粕谷さん(教務主任)、宮田さん(NPO法人富山国際学院・理事長)。柳川さんによればこの4人、富山国際学院「首脳」。
8月5日(月)9時半より、富山国際学院教員会議。僕が学院長になる前はこういうのどうだったんか。今は、3月と8月、そして12月に全体の教員会議を開いてます。で、その日は、専任報告→各クラス報告→外部授業報告→提案・提言と進む。
会議後昼食会。この日は僕が幹事で「とやマルシェ」内の「方舟(はこぶね)」で。皆さん、満足だったか。次回12月は高志の国文学館内の「シェ・ヨシ」(フレンチ)にしようかと。
8月5日(月)、夕食会も開こうかと僕が幹事。学院から徒歩10分くらいにある寿司の名店「美之鮨」で。「鮨」表記、同店はレンガの部分が「大」です。この字、IMEパッドでも出なかった。
この4人、実は共通点も。あれは5月だったか、粕谷さんのおばあちゃんが亡くなり、ついで宮田さんのお父さん、そして僕の父と短期間の内に亡くなった。それで終わりかと思ったら、今度は柳川さんのおばあさまが。こういう風に続くってことってめったにないことでしょうね。夕食会。電話予約したら、7000円コースもありましたが、そういうのんはビンボー日本語学校無理なんで(今回の夕食会「経費」で落とした^^)、4000円弱で。鮨10貫。僕はシャリ小さめにしてもらいました。まず6貫。あとで4貫。僕と粕谷さんは日本酒も。
by tiaokumura | 2019-08-05 18:53 | 美味録2019 | Comments(2)

お勉強中^^

f0030155_14321428.jpg(8月11日午前・記)
本年10月27日(日)、東京で「日本語教育能力検定試験」受験。既に受験料10,800円(僕にとっては大金^^)払って申し込んであります。受験申込みに当たって写真が必要で、その準備、けっこう手間取った。けっきょく写真屋で撮りました。
僕はこの試験、25年程前に青山学院大学で受験して合格していますが、今年、突然ですが^^また受験しようと思った。なんかアホなトライアルかもしれん(笑)。富山国際学院スタッフ、今は14人ですが、僕を含めて11人が既にこの試験合格者です。日本語学校としては、合格者占有率かなり高いでしょうね。日本語学校全体では40%くらいかもしれん。
この試験、得点70%以上で合格でしょうか。僕の今は3割くらいがやっとなレベルで、合格はまず無理です。でもまあせっかく受けるんで(その後、受験料は学院で出していただけることになった。いや、僕が出させることにした?)、ただいまぼちぼち勉強中です。25年前と違って(あの時は独学だった)、今は情報や本もいっぱい。でも試験の合格率はたぶんあの当時とあまり変わらないみたく、20%弱みたい。けっこう、難しい試験です。英検2級合格率、そんくらいかも。
アップした写真、勉強中の本、あれこれ。受験料と合わせて既に3万円くらいの出費かも^^。
受験勉強、集中力が大切でしょうね。お盆期間、たっぷり休みがあるんで、受験勉強、趣味にするくらいに^^励もうかと。

新版 日本語教育能力検定試験 合格するための問題集
2019年7月25日初版
アルク
2800円+税
増補版 日本語教育能力検定試験 合格するための問題集
2019年3月14日増補版第6刷
アルク
3300円+税
*両書、紛らわしいタイトルですが、そうがく社の鈴木さんに内容を問い合わせて、両方買うことに。「新版」の方がその名の通り新しい情報(「入管法改正」など)も入ってるみたい。

平成28年度 日本語教育能力検定試験 試験問題
2019年4月25日初版第3刷
凡人社
1400円+税
平成29年度 日本語教育能力検定試験 試験問題
2019年4月10日初版第2刷
凡人社1400円+税
平成30年度 日本語教育能力検定試験 試験問題
2019年3月20日初版第1刷
凡人社
1400円+税
*受験勉強、「敵を知る」って必須でしょうね。過去問、少なくとも3年間分はやっておきたい。ただそれをどのタイミングでやるかは難しい。とりあえず、運転中にCDを流してます。8月中に1つ、9月中に1つ・・・のペースかなあ。試験問題、ちょこまかやるか、試験時間に合わせてやるかも、大切な選択でしょうね。

改訂版 日本語教育能力検定試験に合格するための用語集
2019年6月14日改訂版
アルク
2500円+税
改訂版 日本語教育能力検定試験に合格するための基礎知識
2019年6月14日改訂版
アルク
2200円+税
*試験って、パブロフの犬じゃないけど^^条件反射。用語を覚えるって大切でしょうね。前書、いい本。後書は、レベルは高くないが「基礎」はやっぱ大切。

日本語教育よくわかる音声
2018年10月22日初版
アルク
2000円+税
日本語教育よくわかる教授法
2019年1月25日初版
アルク
2000円+税
*「音声」「教授法」は出題範囲の中でも大きな比重を占めている。僕は富山大学言語学コース時代(60才前後)、安藤智子准教授の音声学の授業も取ってた。あれ、役に立ってる。「音声」、難しい。日本語教育能力検定試験試験Ⅱ「聴解」、どこまで得点できるか。教授法もようわからんカタカナ語だらけで、とほほです。日本語教師現役の自分、こういう試験受からんって、どう考えればいいのだろう。

10月27日(日)受験後、東京で夕食。神楽坂によさそうなお店合ったんで予約と思ったら、その期間工事中とかでアウト。まあ、東京なんでいくらでもおいしい店、ある。当夜は同僚の粕谷さん、元同僚の増山さん、そして僕の前任の学院長の岸井みつよさんも一緒に会食予定。楽しみです。
by tiaokumura | 2019-08-03 14:32 | 職業としての日本語教師 | Comments(2)