人気ブログランキング |

<   2019年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

碌山美術館

f0030155_12431264.jpg(3月23日午前・記)
碌山美術館は、30年程前か、家族4人で訪れたことがある。荻原守衛(おぎはら・もりえ1879-1910)。僕は碌山は臼井吉見(うすい・よしみ1905-87。彼も安曇野出身)の『安曇野』で読んだか。長篇小説。
穂高駅から徒歩10分くらい。方向音痴な自分^^、途中、たぶん地元の女子高校生でしょうね、道を尋ねた。踏切渡って、左に駐車場、右に碌山美術館。平日午前なんで鑑賞客、僕くらいな感じ。以前来た時はようわからなかったんですが、この美術館、碌山館、杜江館、第1展示棟、第2展示棟で構成。他に詩碑など。『文覚』『女』『デスペア』『抗夫』『労働者』など。外遊時など、いろんな資料も豊富に展示。
Love is art, Struggle is beauty.-愛は芸術なり、悶えは美なり-
守衛、相馬黒光ですよね^^。今回、帰りに、相馬黒光『碌山のことなど』を購入。他に『愛と美に生きる 彫刻家 荻原守衛』も。ポストカードは『文覚』『女』を購入。
碌山美術館の後、一休庵へ。お蕎麦。

by tiaokumura | 2019-03-05 12:43 | 美術 | Comments(0)

八方白馬、3日目の昼食も鯉屋さんで

f0030155_15444245.jpg(3月21日午後・記)
英ちゃん(小林英一)とは半世紀前くらいに^^出会ってるんかなあ。当時、白馬はまだ細野だったんかも。コクテール堂の林玄社長が白馬で「ハイランド・ロッヂ」開設。それに当たって、地元の英ちゃんの「鯉屋」のおやじさん・おかみさんにもお世話になったんかもしれん。そのあたりの事情、今の僕には不明。
ハイランド・ロッヂは今は廃墟。僕は「ハイランド・ロッヂ」では、マネージャー時代も含めて10年くらい過ごしたんかなあ。スキーシーズンは白馬、残りは東京三越前・古河ビル内「パルム」で働いた。白馬時代、「白い小屋」や「タンクロー」「神社」「ディスコ?」「ベルプレ」などにも行ったが。鯉屋さんにはずいぶん通った。ハイランドのスタッフやバイト連中もお世話になったでしょうね。当時、娘さんの久子さんもお店に出ておられた。ここの「冷たいとろろそば」は絶品。これ、僕の人生で「うまいものベスト10」に入るでしょうね。今回の白馬ステイ、昼食はここで。もちろん「冷たいとろろそば」。ただたくさん食べられないので、少なめにしてもらった。「鯉こく」も味わいたかったのですが、残念ながら売り切れ。英ちゃんは「うなぎ」も修業してて、ここの「うなぎ」、ずいぶん評判いいみたい。
鯉屋さんも、外国人多数ご来店。欧米系、台湾、東南アジアあたりなんかなあ。
アップした写真、白馬を離れる日に、鯉屋さんで英ちゃんと。お互い、ずいぶん老けた(笑)。白馬、またいつか来られるんかなあ。
by tiaokumura | 2019-03-04 15:44 | 美味録2019 | Comments(0)

名木山ゲレンデでスキー

f0030155_10141122.jpg(3月21日午後・記)
スキーなんて、何年ぶりになるか。白馬は家族で30年ほど前に来た。あの当時、自分、けっこう滑れた。兎平から名木山まで滑ったかも。ボーゲンだけじゃなく、ときどき斜滑降や直滑降も^^。その後、あれは富山の青船会が企画してくれたんでしょうね、妙高のスキー。富山国際学院から僕も含め留学生が何人か参加。これ、毎年あるかと思ったのですが、経費負担きつかったんでしょうね、1回で沙汰止みになった。その後、家族では、富山のスキー場でも何度か滑ったかもしれない。
今回の白馬、2日目、ゲレンデに。アップした写真、ワイスホルンの奥様に撮っていただいた。服もスキーもワイスホルンで借りた。この後、ワイスホルンから、下に降りるだけで大往生^^。なんとか降りられて、リフト。リフト券2日間で7500円だったか購入したが、結局、名木山第2、2本で終わった。1回当たりコスパ、とほほ^^。途中、中腹のお店で休憩。そこ、欧米系のお店、みたい。バゲット、おいしかった。グラスワイン白も。バイト、オージーだった。若者。大阪から来たバイト女子も。コクテール堂の林玄社長はご高齢になってもスキーやってらしたが、今にして思うと、あれは60代だったんかもしれない。今の自分、72才ですもんね。社長の年、越してる、たぶん。自分、骨折とかして、富山国際学院での仕事、できんようになったら、スターフからちょーブーイングだろうと思い、今回のスキーは、2日目の名木山2本で終わりました。スキー教室、スノボーもできず。
自分、またいつかスキーやることって、あるんかなあ。
by tiaokumura | 2019-03-03 10:14 | このブログのこと | Comments(2)

八方白馬ワイスホルンで3泊4日

f0030155_14011701.jpg(3月23日午前・記)
ミンミン(耳塚訓定みみづか・のりさだ)とは、鯉屋の英ちゃんと同じころ、今からもう半世紀近く昔に出会ってるか。ミンミンは、県会議員?の息子、お兄ちゃんは競輪選手という異色の経歴^^の持ち主だったか。彼とは、東京でも一緒に働いた。その後、彼、藤井さんのお店でも修業。彼は(まどか)と一緒に、僕が東京を引き上げる時、引っ越しを手伝ってくれた。友達っていいもんです。彼からは「山﨑ハコ」ももらった。彼のいろんな思いが綴られていた、レコード挿入のパンフに。
この春、有給休暇ワイスホルンで過ごそうと思った。富山からはけっこうしんどかった。富山→黒部→生地→糸魚川→南小谷→白馬、だったか。電車乗り継ぎ。白馬駅からはタクシー。で、なんとか名木山にたどり着いて、そっから名木山第2リフトに乗る。荷物、けっこうあって、乗るの、大変だった。で、リフト降りて、ワイス行くまでがまた大変。ゲレンデを横切る。スキーヤー、ボーダーも次々。なんどか休みながら、ようやくワイスに。
アップした写真ワイスホルン。左に旧館です。
ワイスホルン3泊4日。けっきょくスキーはほとんどせず、飲食な日々だったかも^^。あと、やっぱ仕事、持ち込んでて、今度担当する高校留学生向けの英語・数学、準備。英語は奥様のちよのさん、娘さんにも教えてもらった。
初日の夜、部屋でBS見てたら、山崎ハコが出演。ビックリ。なんという偶然。ミンミンに思わず連絡した。不思議な縁ですね、山崎ハコ@ワイスホルン。当夜、ミンミン、スタッフと飲み会。いろんなこと話した。マドカの病気のことなども。河口湖は話さなかった(謎爆)。
おまけ情報ですが、ミンミンからの年賀状(家族5人の写真あり)は、お年玉、当たりました。

日経2月24日付で、八方尾根スキー場。「FIELD SUITE HAKUBA」。C.W.ニコルのことも。
朝日新聞1月6日付。「スキー聖地 海外へ活路」。横川和彦さん。五輪後。「2015年 外国人延べ宿泊数が10万人突破(村推計)」。「八方尾根スキー場は年末年始も各国のスキー客でにぎわっている。」。
by tiaokumura | 2019-03-02 14:01 | このブログのこと | Comments(0)