<   2019年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

矢田部謙昇さんと@氷見・うみあかり

f0030155_14285629.jpg(未編集)
by tiaokumura | 2019-02-19 14:28 | このブログのこと | Comments(0)

氷見うみあかりで有給休暇

f0030155_12200915.jpg
(未編集)
by tiaokumura | 2019-02-19 12:20 | 職業としての日本語教師 | Comments(0)

言の葉つれづれ:2019年2月

馬雲
我々は世界トップ10の企業になる。
まずは知ってみて、失敗があれば修正すればいい。
デビット・アトキンソン
10年後に日本が稼ぐ力を取り戻すには、働く人の賃金を上げるしかない。
日本は苦労を先送りしているだけ。求められるのは地道な実行力ですよ。
大竹文雄
・・・改革には巧みにメッセージを表現できる強いリーダーシップが求められます。
稼ぐってことは、周りも幸せにしなきゃだめ。
本当の稼ぎで、自分の周りに花を咲かせなさい。
安藤サクラ
作品に関わる上で一番大切にしているのは、自分の生活なんです。衣食住をきちんとした上で『まんぷく』がある。そんな今の日常がすごく幸福。
誰かに何か用意した中で、いろんなことを考えて表現することが、自分に合ってるんじゃないかって。
夏目漱石
人の世を作ったものは神様でもなければ鬼でもない。やはり向こう三軒両隣にちらちらするただの人である。
A.アインシュタイン
間違ったことのない人とは、何にも挑戦したことのない人である。
隠岐さや香
今はむしろ、変化を遅くした方がいいんじゃないでしょうか。速度を律するためには、科学技術の研究と、政治をつなげるコミュニケーションが必要です。それを担う人材には、文系・理系の区別を超えた知性が求められます。
辻友徳
みんなが頑張ることでシェアを奪い合っても、ゼロサム(いってこい)で意味がない。一歩枠を外すだけで、強みになるんです。藻谷浩介今だけ、ここだけ、あなただけ。
樹木希林(53歳の時)
存在そのものが、人が見た時にはっと息をのむような人間になりたい。
若林秀樹
観光客増加やオリンピックに沸くのもいいが、子どもや保護者など、生活者としての外国人が安心できる母語支援システムの確立を急ぐべきだ。
高木博志
重要なのは批判精神だと思います。・・・ウリでももうかればという風潮があって、社会発信は大事だけれど、学問の長期的な積み重ねや、商品化を問わないことの意義を京都大学人文科学研究所は共有しています。
太田實海軍中将
沖縄県民斯ク戦ヘリ 県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ
池江璃花子
私は、神様は乗り越えられない試練は与えない、自分には乗り越えられない壁はないと思っています。・・・ですが今は、完治を目指し、焦らず、周りの方々に支えて頂きながら戦っていきたいと思っています。
三浦雄一郎
90才で4度目のエベレストに挑戦したい・・・いくつになっても夢や目標を持つことが充実した人生を送る要素・・・幻想だと言われるかもしれないが、90歳でエベレストを目指したい。地球上にこれ以上高いところがないところで、自分の限界を試したい。
by tiaokumura | 2019-02-17 09:21 | 言の葉つれづれ | Comments(0)

SDGs

f0030155_09324972.jpg
(未編集)
by tiaokumura | 2019-02-16 09:32 | 富山 | Comments(0)

ふっこうのおと

f0030155_08583686.jpg(2月17日午後・記)
富山県内で朝日新聞購読って少数派でしょうね^^。富山は地元紙の北日本新聞、富山新聞、それに全国紙の讀賣が多いでしょうね。正力松太郎は富山出身です。で、こないだ、朝日新聞読んでたら、小林さん、畠山さんのことが。「ふっこうのおと」代表の小林さんとは東北AIDでご一緒でした。小林さん、その後、「ふっこうのおと」、立ち上げ。で、記事読んだ後、小林さんに連絡して、先日、小林さんの銭湯・朝日湯行って、アップした写真のちらしなどもらってきました。駐車場入れるのに、かつけてバンパー破損してもうた(笑)。

ふっこうのおと 2019
東日本大震災復興 支援の活動しています。
2日間に渡って今の東日本のこと、災害から学ぶべき私たちの街の防災のことをいっしょに考えてみよう!
主催 ふっこうのおと
後援 富山市 (一社)南三陸町観光協会
3月10日(日)10:00~16:00
グランドプラザ
活動報告・展示 物品販売・飲食販売 フリーマーケット
3月11日(月)10:30~15:00
富山市民プラザ2Fアトリウム
活動報告・展示・物品販売 震災アニメ映画上映 追悼セレモニー

3月10日(日)はボランティアでお手伝いしようかと。足手まといにならんようにせんにゃ^^。当日、宮城の畠山さん(南三陸町の仮設住宅・元自治会長)、来富とか。お会いしたい。畠山さんは僕のことを「ラモス」との命名者(笑)。この日、越中屋漫欽丹さんもご参加かも。
by tiaokumura | 2019-02-16 08:58 | 東北地方太平洋沖地震 | Comments(0)

古楽への誘い:室内楽の愉しみ@鹿島町教会

f0030155_1353552.jpg(未編集)
by tiaokumura | 2019-02-11 13:53 | 音楽 | Comments(0)

『僕の帰る場所』

f0030155_10152640.jpg
(未編集)
by tiaokumura | 2019-02-11 10:15 | 映画 | Comments(0)

岸井みつよさんと@梅の花

f0030155_20112594.jpg
by tiaokumura | 2019-02-09 20:11 | 美味録2019 | Comments(0)

看護・介護に必要な日本語の研究と日本語教育

f0030155_1716656.jpg(2月17日午前・記)
2月9日(土)、上京。今回のメインの目的がこのセミナー。

平成30年度
国立国語研究所 日本語教師セミナー
看護・介護に必要な
日本語の研究と日本語教育

2019年2月9日(土) 13:00~17:00
場所 国立国語研究所講堂

立川駅で降りて昼食、そのあとモノレール。自分、駅から会場まで簡単に行けると思ってたのですが、生来の方向音痴(恥)、道が途中でわからんように(‘◇’)ゞ。で、開始時間ぎりぎりになったんで、同僚の粕谷謙治さん(彼もこのセミナー参加)にTELするも、彼、出ない。で、こりゃ開始に間に合わないと諦めかけたら、目の前に国立国語研究所の建物、見っけ。よかった。
会場、丸山茂樹先生(I.C.NAGOYA)、中西郁太郎さんもご参加。

野田尚史:看護・介護に必要な日本語能力-特化型の日本語教育を目指して-
神村初美:医療福祉人材のための日本語教育-介護のオノマトペとタメ語を中心に-
岩田一成:看護師国家試験の語彙と文法-日本語能力試験との違い-
登里民子:介護福祉士候補者に対する聴解教育-介護現場での申し送りを例として-


このセミナー、会場からも発言できて、僕、トップバッター^^で「方言」のことを。後、「必要悪」「タブレット」なども発言。合計3回もしゃべってしもうた^^。
セミナー後、コートなど着て帰ろうとしたら、野田尚史先生からお声かけが。ビックリ&嬉しかった。200人くらい来てた中で、わざわざ声をかけていただけたんですもんね。野田先生は僕の癌のこともご存知で、「お元気そうで」とも。
立川の後、新宿へ。岸井みつよさんとの夕食会。
by tiaokumura | 2019-02-09 17:16 | 日本語教育 | Comments(0)

奇想の系譜展

f0030155_85667.jpg(2月17日午前・記)
2月9日(土)、上京。午前、この日が初日の展覧会に。築地で朝食後、上野へ。美術館の前に並ぶ。前売り券、コンビニで購入済み。自分、早かったんでしょうね。並ぶ順番、4番目くらいだった。寒い中、開門を待つ。ジジイィにはきつかった^^。9:20頃、開門。自分、観覧、楽勝と思ったのですが、会場に入る前にロッカー、トイレ、やってて出遅れ^^。でも、まあ、十分鑑賞できました。

奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド
東京都美術館
~4月7日

展示構成、伊藤若冲:幻想の博物誌、曽我蕭白:醒めたグロテスク、長沢芦雪:今日のエンターテイナー、岩佐又兵衛:執念のドラマ、狩野山雪:狩野派きっての知性派、白隠慧鶴:奇想の起爆剤、鈴木其一:江戸琳派の鬼才、歌川国芳:幕末浮世絵七変化。幻想、グロテスク、エンターテイナー、執念、知性派、起爆剤、鬼才、七変化-おどろおどろしいネーミング(笑)
若冲は「旭日鳳凰図」「梔子雄鶏図」「乗興舟」など、蕭白は「雪山童子図」など、芦雪「群猿図襖」「白象黒牛図屏風」「猿喉弄柿図」「山姥図」など、又兵衛「堀江物語絵巻」「豊国祭礼図屏風」など、山雪「梅花遊禽図襖」「蘭亭曲水図屏風」「寒山拾得図」など、白隠「達磨図」「すたすた坊主図」など、其一「夏秋渓流図屏風」「百鳥百獣図」「藤花図」など、国芳「一ツ家」「吉野山合戦」「みかけハこハゐが とんだいゝ人だ」など。

上野の後、立川へ。立川の駅構内ecuteで昼食。そこ、お粥が目当てだったのですが、その時間、お粥はなし。店名は雲呑好。ワンタンハオ、でしょうか。野菜わんたん麺、食べた。お粥は「肉野菜わんたん粥」「海老わんたん粥」がメニューに。ただし7~11時限定。いつか食したい。上京、早朝に訪問かも。
by tiaokumura | 2019-02-09 08:05 | 美術 | Comments(0)