<   2019年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

こんな授業・あんな授業(48)小噺(前編)

2018年度A組「小噺(こばなし)に挑戦」
氏名                
課題
①今回、教科書で「小噺」を勉強しました。次の小噺から2話選んでください。なお、×はR指定です(笑)
②選んだ小噺が上手に演じられるよう準備してください。間(ま)の取り方、声の調子、リズム、身振り手振り、臨場感(りんじょうかん)など、いろいろ工夫してください。
③次回2月4日(月)の授業で1人1話ずつ演じてもらいます。1番上手だった人は柳川友美先生からすてきなプレゼントがもらえます。
④3月9日(金)の卒業式パーティの前座で、小噺披露(ひろう)もできるかも。
2019年1月28日 奥村隆信

A(        )
ねずみのお嫁(よめ)さんが、嫁(とつ)ぎ先から実家へ戻ってきた。お母さんはたいへん心配した。
「どうしたんだい、どうして帰ってきちゃったんだい。」
「向こうのお舅(しゅうと)さんの声がねぇ。」         注 舅=夫の父親
「うるさいの?」
「ううん、優しすぎるの。」
「優しいならいいじゃない。」
「だってぇ、猫撫(な)で声なんだもん。」
B(        )
「なんだい、この蟹(かに)。蟹ってのは普通横に這(は)うってのに、縦に這ってんじゃねぇか。」
「すこーし酔ってんでさぁ。」
C(        )
ケチな男がいた。鰻(うなぎ)屋の傍(そば)に来ると鰻を焼く匂いを嗅(か)ぎながら持ってきた飯(めし)を食うのだ。するとある日、鰻屋が男が請求書を出してきた。
「なんだい。匂いを嗅いでるだけじゃないか。」
「ダメだ。今日から鰻の匂いの嗅ぎ代500円だ。」
「仕方ないね、全く。」
すると、男は財布を出したかと思うと手元で500円玉をじゃらじゃら振り出した。
「支払いは500円の音だ。」
D(        )
「やぁ、怠け者が集まったなぁ。どうだ、一つ、この中で誰が一番怠け者か決める、怠け者チャンピオン大会を開かないか?」
「やだょ、めどくせぇ。」
E(        )
「あんた、背高いね」
「ハイ」
F(        )
「お母さん、海はなんで青いの?」
「空が映っているからよ」
「じゃ、空はなんで青いの?」
「そりゃぁ、海が映っているからよ」
G(        )
町で「人生相談 質問2問で2000円」の看板があって、ある男がそこの易者(えきしゃ)のところに行った。                注 易者=占いをする人。
「あの~、ずいぶん安いですね。どんな質問でもいいのですか?」
「はい、どんな質問でもいいですよ。あと1問ですよ。」
「えっ、今のも質問に入るんですか?」
「はい、そうです。これで2問ですね。2000円です。」
×H(        )
「ママ、新婚旅行って何?」
「結婚したばかりの男の人と女の人とが一緒に旅行することよ。」
「ふうん、ママもパパと行ったの?」
「もちろん行ったわよ。とっても楽しかったわ。」
「その時、ボクも一緒に行ったの?」
「もちろん行きましたとも。行きはパパと一緒に、帰りはママと一緒にね。」
I(        )
「お父さん、酔っぱらうってどういうことなの?」
「うーん。説明しづらいんだけど、例えばそこにグラスが2つあるだろう。それが4つに見えたら、酔っぱらっているということだ。」
「でもお父さん、グラスは1つしかないよ。」
×J(        )
「お巡(まわ)りさん、助けてください。あそこで僕のお父さんが男とけんかしているんです。」
「よし分かった。それで、どっちが君のお父さんなんだい?」
「分かりません。それがけんかの原因なんです。」
K(        )
男は、本当に必要ならば1000円のものにも2000円払う。女は、2000円のものが1000円になっていれば、必要でなくても買う。
男と幸せに暮らすには、男を理解しなければならない。女と幸せに暮らすには、女を理解しようしてはいけない。
女は、結婚したら夫に変わってほしいと思う。でも、夫は変わらない。男は、結婚しても妻に変わらないでほしいと思う。でも、妻は変わる。
L(        )
「さて、この世でライオンが怖がる唯一(ゆいいつ)の動物は?」
「先生、メスのライオンです。」
by tiaokumura | 2019-01-27 15:54 | 日本語教育 | Comments(0)

『止められるか、俺たちを』

f0030155_10273739.jpg(1月27日午後・記)
止められるか、俺たちを
1969年、若松プロダクション-こんなにも命懸けで、こんなにもバカで愛おしい時間が、本物の映画を作っていた。
2018年 日本 119分 日本語
監督:白石和彌
脚本:井上淳一
音楽:曾我部恵一

キャスト:
門脇麦 井浦新 山本浩司 岡部尚 大西信満 タモト清嵐 満島真之介 高良健吾 寺島しのぶ 奥田瑛二 他

僕らの世代には若松孝二(わかまつ・こうじ1936-2012)は忘れられない映画監督。彼、「その後」も数々の映画。富山にも井浦新と一緒に舞台挨拶に。あの時はファンがずいぶん来てたなあ。サイン会、すごかった。若い女性が多いのもビックリ。あれは井浦目当てだったんだろうか。その時の、ブログ記事、あり。井浦は安藤サクラと一緒に、これまた富山で舞台挨拶も。
本映画。吉積めぐみ(よしづみ・めぐみ1948-71)って知らなかった。演じた門脇麦、これからどう成長するか、楽しみな女優。若松孝二役はもちろん井浦新。いつもと違った感じで演じてる。
パンフレット(アップした写真)、巻末にシナリオ掲載。井上淳一「完成台本」。頭注で、「安田講堂落城」「蠍座」「三島が自衛隊で腹切って死んだ」「草加次郎」「ゴダール」「重信房子」「遠山美枝子」など解説あり。若松映画は『胎児が密猟する時』『女学生ゲリラ』『処女ゲバゲバ』『通り魔の告白 現代性犯罪暗黒編』『初夜の条件』『ゆけゆけ二度目の処女』『壁の中の秘事』『性教育書 愛のテクニック』『秘花』など。吉積は1971年5月ラブホ用映画『浦島太郎』で最初で最後の監督。同年9月12日死亡。映画でも自殺か事故死か不明。
この映画、1月26日(土)ほとり座で。予約しておいたのよかったかも。ほぼ満席だった。ほとり座、来月上映の『僕の帰る場所』、観たい。在日ミャンマー人家族の物語。

映画の後、大和のドンクでパン購入、末広軒で昼食。そのあと、CiCで富山市民国際交流協会「外国語ボランティア養成講座 後期 ~富山の生活編~ 第3回 来日してからの必要な手続き」受講。ポートラムで帰宅。城川原駅近くの「」でカフェオレ。夜はもちろん大坂なおみ全豪、見た。

by tiaokumura | 2019-01-26 10:27 | 映画 | Comments(0)

癌日記:今年初の癌、予約診療

f0030155_14351176.jpg(1月27日午前・記)
僕は癌サバイバー2011年6月富山国際学院の同僚から健康診断受けるように勧められた。それまで、そんなん、無視してた。で、家の近くのK病院に。あれ、何てんですかねえ、カメラ撮って、それ自分も見られて、医師、こりゃすごいと思ったんでしょうね。もっと大きな病院に行ってみるようにと紹介状。その時、とうとうかと覚悟した。自分、当時、タバコ1日40本で、てっきり肺癌になることはあるだろうと思ってたけど、肺癌じゃなかった。
S病院。主治医が偶然、僕の中学・高校同級生。自分、胃癌ステージⅣ。自分、アホなんでしょね、その時、ステージⅣが最高レベルって知らなんだ。Ⅳの上にⅤがあると思ってた(笑)。2011年6月、胃全摘・肝臓一部切除、その時、膵臓・脾臓も取ったかも。翌年、大腸癌手術。僕、72年の人生、これまで2回の手術、経験です。癌で入院し、その後、4週間置きの通院、それが6週間になって今は8週間置きの予約診療。

1月24日(木)。病院受付。吉井勇の連載が北日本新聞第2・第4木曜なんで、病院のコンビニで地元紙・北日本新聞購入。中央処置室でB12注射。痛かった。外科受付前。持参した向田邦子対談集を読む。
11時過ぎ。名前を呼ばれる。血圧、体重測定。153-92、脈拍74。体重、55.3kg。55kg台、手術後、初めてか久しぶりかも。診察。主治医Tドク。あれこれ話す。Tドクによると、王さんも胃全摘ですが、彼は当時最先端のナントカ鏡手術を慶応大で。橋本五郎さん(彼も胃全摘)はどんな手術ったんでしょうね。Tドクによると、胃全摘だと体重10%は減るそうです。僕はMax62kgくらいだったから、まあそれ以上は減ったんでしょうね。何本かのズボン、ダブダブに^^。
会計。530円。
病院の食堂。アップした写真、焼き魚定食。焼き魚はブリ、サバから選べて、僕はサバに。サバ塩焼き、味噌汁、小鉢2つ(カボチャ、レンコン・牛蒡・なめこなど)。ここにはラッキョウもあって、定食もらう時、ラッキョウも取った。
薬局。3710円。
次回の診療予約は3月28日(木)。次々回にはCTも。

病院の後、富山国際学院に出勤。
by tiaokumura | 2019-01-24 14:35 | 癌日記 | Comments(0)

方舟で昼食

f0030155_12151165.jpg(1月26日午前・記)
自分、ときどき土日休日出勤もしてますが、富山国際学院・月~金曜日の勤務。で、昼食、曜日によっていろいろ。水曜日は1時からF組授業なんで、コンビニで購入が専ら。外部授業の日は現地など。で、学院勤務時での昼食は外食が多い。近所の「よつの葉」がしばらく休業で、昼食候補店選択肢減った。
1月20日(日)日曜出勤のこの日は「とやマルシェ」内にある「とやま方舟」で。本当は「越中茶屋」でと思ったのですが、既に行列ができていて断念。観光客でしょうね。
とやま方舟での昼食。湯豆腐定食、茶漬け定食、があったのですが、単品の湯豆腐、本日地魚だし茶漬けに。定食のほうを勧められたのですが強引に単品2種にした^^。時間、けっこうかかった、定食にせんだせい? 湯豆腐、豆腐2種。2種の内では堅いほうが売りなんかもしれませんが、柔らかいほうがうまかった。こないだ大阪で鯛茶漬けみたいの食べました。今回のは富山地魚ってことで、魚、何だったんだろう、身がほぐして入ってた。鯛系だったんかも。ここ、これで4回目くらいかなあ。岸井みつよさんの歓迎でここで、学院スタッフ、会食したこともある。ここは日本酒も豊富。銘柄、何がいいかわからんので、店員さんにお任せです。

富山出身の八村塁、NCAAのHPに紹介。
No.3 Gonzaga’s Hachimura thriving as a go-to- player.
「go-to player」って何なんでしょうね。先発メンバー、でしょうか。イケイケ選手じゃないと思うけど^^。「八村、先発メンバーとして成長中」ってことでしょうか。本人の弁も紹介。
I'm getting kind of used to the attention.
「注目されるのにはもう慣れっこになったよ」といったところでしょうか。八村塁、富山市奥田中学→宮城県明成→ゴンガザ大です。弟もバスケ有望選手。僕、彼らのお父さん(ベナン)と、もうずいぶん前に知り合った。当時は塁君のことは全然知らなかった。
by tiaokumura | 2019-01-20 12:15 | 美味録2019 | Comments(0)

ヨガ座禅@最勝寺

f0030155_2146036.jpg(1月24日午前・記)
最勝寺、富山の古刹なんでしょうね。僕は朝日新聞2018年10月2日付「食事から知る禅の教え」で、最勝寺を知った。1197年創建の曹洞宗・最勝寺。記事に紹介されてたのは「行鉢(ぎょうはつ)」。僕はその後、「行粥(ぎょうしゅく)」に参加。ブログ記事、アップしてあります。
今回は「ヨガ坐禅」に参加。「ヨガ坐禅」って、ヨガをしながら坐禅じゃありません(笑)。1月19日(土)、夕方家を車で出る。お寺は富山空港の近くにあります。寺の境内に駐車してお寺に。和尚さん、僕が前に来たこと、覚えてらっしゃった。自分、記憶アホでこういうこと、できない。すごいですね、1回しか会ったことがない人のこと、わかるなんて。待つことしばし。待ってた座敷のテーブルにダッチコーヒー・セッティング。水出しコーヒー。
まず、ヨガ。先生は女性。自分、体、硬いんでしょうね。いろんな指示、ほとんど無理じゃった。参加者は女性・男性合わせて7名くらい。和尚さんによると、インフルエンザで10名くらいキャンセルとか。ヨガ50分ほど。
次は坐禅。座るまでにもいろんな注意(約束事?)があるもんなんですね。和尚さんの説明の後、約15分の坐禅。
ヨガも坐禅も初体験。終ったあと、お茶などもできたみたいですが、自分は帰った。
谷内良徹和尚には『食べる禅』(三才ブックス)って監修本あるそうです。最勝寺では「行鉢」「ヨガ坐禅」「行粥」の他に「写経」「マインドフル坐禅」、音楽イベントも。
by tiaokumura | 2019-01-19 21:46 | 富山 | Comments(0)

こんな授業・あんな授業(47)年賀状コンテスト2019年

f0030155_114961.jpg(1月24日午前・記)
嶋田和子先生によるとKKD(経験・勘・度胸)って日本語教師としての欠点だそうですが、自分、これまで25年くらいのキャリアのプロ日本語教師ですが、嶋田先生の指摘される弱点、満載でしょうね。で、2016年12月、年賀状コンテストやろうと、思いついた。「経験・勘・度胸」該当。富山国際学院での日本語教育、いろんなこと、やっています。例えば、毎年12月になると、これ日本文化の一つでしょうね、年賀状。各クラスで年賀状指導。年賀状をどこに出すかってのもあるんですが、学院宛てに出す形で。年賀状指導、まず年賀状とは何かから始まって、表・裏、どう書くか、何を書くか。翌年学院に届いた年賀状、いろいろケッサクも。一番は「あけましておめでとうございました」(笑)。でも、確かに「ました」かも。でもこれ、学生が悪いんじゃなく、書き方指導した教師の責任でしょうね。
今年も年賀状コンテスト。アップした写真、ファイナル。年賀状が来なかった学生もいて、人数に比してちょっと少ない。今回、宛名は学院で印刷して渡したのですが、それを使わなかったり、年賀状を出さなかったり、あるいは出し忘れたり、だったんかも。
年賀状コンテスト、「松竹梅」(写真右のほう)で1~3位、表彰。今学院はネパール・ベトナム・中国・韓国・マレーシア・ドイツなどの学生ですが、今回の3名はネパール・ベトナムで3名とも女性でした。「お年玉」、今回は=米10kg、=野菜・果物の詰め合わせ、=LIS BLANCの正月菓子セット、でした。写真の手前がそれらです。
年賀状、この後郵便局発表の番号調べに。何枚か当たってるでしょうね。
この後も、年賀状コンテスト、続けたい。今回、学生たち、力作が多かった。

富山国際学院、2年生は、進学が決まった者、受験準備がたけなわな者、いずれも、日々しっかり勉強中です。今シーズン、あまりはない。先シーズン、休校もあったけど。

今夜、サッカーアジア杯。日本vsベトナム。世界ランキングじゃ日本、格上ですが、勝つんでしょうか。ベトナムFWにフォン選手とか。ベトナム学生たち、今夜、TV見るでしょうね。

by tiaokumura | 2019-01-18 11:04 | 日本語教育 | Comments(0)

有給休暇@つるぎ恋月

f0030155_1263651.jpg(1月20日午前・記)
去年春だったか、富山国際学院の同僚の柳川さんから、働き方改革ってことになるんでしょうか、有給休暇をもっと取ろうってご提案。自分の場合、年間40日くらい有休があるそうです。有休の分、お金でもらえればって思ったんですが^^、そういうのはナシとか。で、去年、有休を取った。今年度もと思っている内にスタッフの一人が都合悪くなり、あんまし有休取れれないままに、早や1月に。で、自分、「まず隗より」ってわけでもないのですが、1月・2月・3月と有休を取ることに。1月は1日取り、2月・3月は2日ずつ。3月は八方尾根に行こうかと。ワイスホルンで宿泊。自分、東京時代、何シーズンか、その当時八方尾根名木山にあったハイランド・ロッヂで働いてた。富山にUターン後、もう30年程前になるか、家族でワイスホルンに泊まった、それ以来の八方になります。ジジイな身^^、スキーなんて、大丈夫じゃろうか。骨折とかせんように。有休でケガして仕事に支障きたすようじゃ、クビでしょうね^^。3泊4日、スノボもやってみたいしし、鯉屋でとろろそば・鯉こくも、穂高の美術館にも。でも結局、朝昼晩酒、夜はバタンキューになっちゃうかも。

1月17日(木)有休。有休の過ごし方、事前のプランでいくつか考えたのですが、「温泉日帰り」に。富山県、そういうの何か所かあるみたい。今回は上市町にある「つるぎ恋月」。ここ、いつだったか親戚の法事か何かで行ったことがある。その時は送迎だったが、今回は自家用車でってことで、事前にネットで調べたりホテルに問い合わせしたりしたのですが、やっぱ行くまで迷った。途中コンビニを見つけそこで訊く。そこ、なかなかユニークなコンビニだった。地元系か。おばさんに教えてもらったところでは簡単にたどり着けそうだったのですが、またまた迷う。
つるぎ恋月。駐車場に車を入れチェックイン。部屋は李。浴衣に着替えお風呂に。大浴場。サウナ、寝湯、薬湯など。11:40、昼食。レストラン、8人部屋でしょうか、個室に案内。こういう部屋でぼっち食事、寂しいような^^。
磯花の膳、料理長・峯山勇人。アップした写真、食事中。
食前酒・梅酒 前菜・小鉢三種盛り(かずのこ、いか、あん肝) お造り(ガンドブリ手作り、甘海老、烏賊手作り サス昆布〆 鯛へぎ作り) 煮物・ひりゅうず(にんじん、がんも、里芋など) 鍋物・塩ちゃんこ(豚肉など) 揚げ物・揚げたて天ぷら(海老、メゴチ、丸十、青唐) 御飯・白海老釜飯 椀物・豆富さんご清汁仕立て 香の物・二種盛り(白菜など) 水菓子・盛り合わせ(プリン、チョコなど)
お造りの醤油は「名水百選に選ばれる地元の穴の谷の霊水」使用。釜飯は「つるぎ恋月の名物料理」。お酒、立山など。食後、コーヒー、別料金?
部屋は。掛軸に「わが園の 李の花か 庭に降る はだれのいまだ 残りたるかも」。万葉集でしょうか。4時前チェックアウト。ロビー。コーヒー500円、すっごいコーヒーだった^^。帰り道、女性の方に教えてもらう。彼女の地図では簡単そうだったが、結局迷いに迷って、立山町・舟橋志村にも。新庄に来てようやく帰り道がわかった。

次回の有休、魚津にある金太郎温泉を考えてます。
by tiaokumura | 2019-01-17 12:06 | 職業としての日本語教師 | Comments(0)

こんな授業・あんな授業(46)『できる日本語 初級(第1課~第13課)』助詞テスト

『できる日本語 初級(しょきゅう)(だい)1()(だい)13())』助詞(じょし)テスト   

時間20分 満点(まんてん)25点 合格(ごうかく)21点以上(いじょう)

氏名                           ( 合格(ごうかく)  不合格(ふごうかく) )  

Ⅰ (つぎ)のそれぞれの(ぶん)(      )から(ただ)しいもの(えら)びなさい。(1点×13

例 私は富山国際学院( を と の )学生です。

  1. サッカーは好きですが、バスケットボール( は を と )好きじゃありません。

  2. A:毎朝(まいあさ)、何を飲みますか。

B:何( を は も )飲みません。
日本のアニメ( で が に )『となりのトトロ』が一番好きです。

  1. (はし)( で に を )渡ると、コンビニがあります

  2. 恋人(こいびと)( に の で )マフラーをもらいました。

  3. 昨日(きのう)(さむ)かったです( から まで と )、(いえ)にいました。

  4. A:明日12時に富山国際学院で会いましょう。

B:明日12時に富山国際学院です( よ ね へ )。

  1. A:富山国際学院は英語( の が で )何ですか。

B:TOYAMA INTERNATIONALACADEMYです。

  1. 富山から東京までバス( で に を )7時間くらいです。

  2. 1週間( に で から )3回、母にメールします。

  3. 日曜日、ユニクロにTシャツを買い( は が に )行きます。 

  4. アリスさんはこのコンビニ( に へ で )アルバイトをしています。

  5. 奥村(おくむら)先生は字( が で に )上手(じょうず)じゃありません。

Ⅱ (つぎ)のそれぞれの(ぶん)助詞の間違(まちが)(なお)して(ただ)しく書きなさい。(2点×6

例 かすや先生は私たち先生です。

                                     

  1. ときどき図書館(としょかん)一人(ひとり)勉強(べんきょう)します

                                     

  1. わたしはスパゲッティを食べたレストランは高かったです。

                                     

  1. 富山国際学院でいろいろな(くに)の学生がいます。

                                     

  1. きのうの(よる)、インターネットをするとDVDを見るとしました。

                                     

  1. 先週(せんしゅう)環水(かんすい)公園(こうえん)(とも)だちと遊びました。

                                         

  2. みそラーメンを2つをください。

                                     


by tiaokumura | 2019-01-17 08:50 | 日本語教育 | Comments(0)

こんな授業・あんな授業(45)『漢字たまご 初級』チェックテスト第1回

「できる日本語」準拠『漢字たまご 初級』チェックテスト

範囲(はんい)~第5課 時間30分 満点(まんてん)40点 合格(ごうかく)35点以上

2018年度F組 氏名                 ( 合格 不合格 )

Ⅰ 下線(かせん)の読み方を(       )にひらがなで書きなさい。(1点×6=6点)

例 私の学校は富山市(          )にあります。

  1. 私の学校は富山国際学院(               )です。

  2. 私たちの先生は粕谷(        )先生と高崎(        )先生と奥村先生です。

  3. 一月一日(        )に(あたら)しいとしが(はじ)まります。

  4. 今日は何日(        )ですか。

  5. 住所(        )を(おし)えてください。

Ⅱ 下線(かせん)のひらがなを漢字に直しなさい。(  )に漢字1字ずつ書きなさい。(1点×8=8点)

例 かんじ(  )(  )の勉強は楽しいです。

  1. にく(  )より魚のほうが好きです。

  2. 日本(  )はおもしろいです。

  3. F組はおとこ(  )5人とおんな(  )4人です。

  4. おくむら先生の月給(げっきゅう)は百万えん(  )です。

  5. しゅう(  )間に5日、アルバイトをしています。

  6. F組はごご(  )(  )のクラスです。

Ⅲ 次の(  )に漢字1字ずつ書きなさい。(1点×6=6点)

  1. 二三(  )(  )六(  )八(  )十

  2. 月(  )水木(  )土日

Ⅳ (つぎ)下線(かせん)漢字を使った動詞(どうし)を書きなさい。(おな)動詞(どうし)を2回以上(いじょう)使ってはいけません。(点×点)

  1. 学校を          

  2. DVDを          

  3. ワインを          

  4. コンビニでコーヒーを          

Ⅴ (つぎ)の(  )に漢字1字ずつ書きなさい。(1点×2=2点)

  1. 1(  )は365日です。

  2. 1時間は60(  )です。

Ⅵ (つぎ)パーツ()()わせて、漢字を作ってください。(おな)じパーツを2回使ってもいいです。(2点×5=10点)

(中略)

                              

Ⅶ 冬休みの間にF組のクラスメートからメールが来ました。

   あけましておめでとうございます。

   げんきですか。

   宿題は終わりましたか。

   冬休みに何をしましたか。
   私は友だちとカラオケに行きました。


 友達に返事(へんじ)を書いてください。漢字4つ以上使ってください。(4点まで)


by tiaokumura | 2019-01-14 15:17 | 日本語教育 | Comments(0)

ボヘミアン⋅ラプソディー

f0030155_9364598.jpg(1月20日午前・記)
ボヘミアン・ラプソディ』(原題Bohemian Rhapsody)
2018年 イギリス・アメリカ合衆国 134分 英語
監督:ブライアン・シンガー
脚本:アンソニー・マクカーテン
原案:アンソニー・マクカーテン ピーター・モーガン
音楽:ジョン・オットマン

出演者:
ラミ・マレック ルーシー・ポレイトン グウィリム・リー ベン・ハーディ ジョゼフ・マゼロ 他

総曲輪で予告編を見た時は、音楽映画だしそんなに観ようと思わなかった。でも新聞などで映画評など読んでいる内にぜひ観たいと。富山国際学院での同僚・粕谷さんは昨年末に既に観てた。この映画、アメリカで既に賞も。この映画、三が日に観る計画だったんですが、いろいろあって、結局、1月14日(土)に観た。
QUEEN、さすがの僕も名前くらいは知ってましたが^^、あの当時、特に聴くことはなかった。自分に無縁なバンドだった。
映画。ファルーク・バルサラ、パキ野郎・家庭・バンド加入(フレディ・マーキュリー誕生)からQUEENでの活動・恋愛・成功、やがて、バンド脱退・ソロデビュー、そして最後、ライヴ・エイド・・・。
フレディが血を吐く場面はAIDSだったんでしょうね。バンドメンバーがビルの下から石投げてガラス割る場面は爽快^^。こういう点、ストーンズのほうがやんちゃじゃなかったんでしょうね^^。マレックの演技、すばらしいんでしょうね。富山国際学院の同僚の旭さんによると、QUEENの他のメンバー、そっくりだそうです。本映画、アカデミー賞はどうなんだろう。
by tiaokumura | 2019-01-14 09:36 | 映画 | Comments(1)