人気ブログランキング |

<   2018年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ジブリの大博覧会

f0030155_11122190.jpgなんで富山でジブリといささか不思議ですが(東京、大分、兵庫、広島など巡回)、12月30日(日)、行って来ました。けっこう混んでて入場10分待ち。若冲で3時間ほど上野で並んだことがあるが、富山で入場待ちって珍しいでしょうね。家族連れが目立った。ときどき中国語が聞こえた。富山在住の外国人も来てることでしょうね。

ジブリの大博覧会
~ナウシカからマーニーまで~

~2019年2月24日(日)
富山市ガラス美術館

構成は
3F
ジブリのバー ジブリのポスターその1 鈴木プロデューサーの机 ジブリの宣伝 ジブリのポスターその2 メディアとジブリ コニャラ ジブリの倉庫 ジブリの30年
2F
ジブリの幻燈楼 スタジオジブリ空とぶ機械展 空へのあこがれ タイガーモス号 なぜ飛行機は空を飛ぶのか ジブリの空とぶ機械たち ねこバス

シニア料金はなかった。パンフレット600円。写真撮影、館内何か所かでOKみたい。ねこバスのところも。
ジブリ作品30くらいあるのでしょうか(スタジオジブリは1985年設立。宮崎駿、高畑勲、鈴木敏夫ら)。僕はそんな熱心なジブリファンじゃなく、『風の谷のナウシカ』『となりのトトロ』『魔女の宅急便』『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』くらいかなあ、観てるのは。日本語授業(僕は富山国際学院という日本語学校で日本語教師)で宮崎アニメ、外国人学生に薦めてます。母国で観たって学生もけっこういる(字幕か吹替でしょうか)。ちなみに先年亡くなった我が家の愛猫、名前はキキだった。このブログにも登場してるはず。
アップした写真、会場で。

展覧会の前、富山駅構内のポストに年賀状、投函。今年は100枚くらい。ここんとこ年内に投函できてます。展覧会のあと総曲輪「丸一」で昼食。ポートラム城川原駅近くの喫茶店でカフェオレ。朝はけっこう雪が降ってましたが、すっかりやんで青空も。
by tiaokumura | 2018-12-30 11:12 | 映画 | Comments(0)

美乃鮨で昼食

f0030155_12202261.jpg自分、富山国際学院って日本語学校で学院長職。で、年に3回、学生のアルバイト先回り、してます。春・夏・冬。今回は12月26日(水)。前日は教員会議でした。バイト先回り、同僚の粕谷謙治さんと。9時半ころ学院出発。意外と順調に回れて1時前には学院に戻れた。留学生は週28時間のバイトができる。ってか、28時間しかできないって制約があると言った方がいいか。バイト、いろんなトラブルもあって、粕谷さんその都度、対応、東奔西走、電話かけまくり。彼には昨日、名古屋入管出張もお願いした。本来なら僕のミスで僕が行くべきだったのですが、彼に行ってもらった。彼、前泊。

12月26日(水)昼食、学院から徒歩15分くらいの「美之鮨」で。鮨の漢字、本当は魚の下のれんが、大です。
ここ、いつか来たかった。以前あった場所からお店が移転。前に来てみたのですが、休みだった。この日、「胃がないので」^^ってことで5貫、しゃり小さめで。お酒、ようわからんので、女将さんに選んでもらった。立山だったか。おいしかった。けっこう食べられたのであと2貫追加。ここ、骨酒はなかった。今度学院スタッフの柳川さん・粕谷さん・宮田さんと4人でここ来たい。年度末になるかなあ。それまでお金貯めとかなきゃ^^。今回、2人で7000円弱で済みました。カウンターでは2人が握ってました。年上の方が店長なんでしょうか。お客さん、自分らの他に3組か。

by tiaokumura | 2018-12-26 12:20 | 美味録2018 | Comments(0)

MITSUKEで夕食

f0030155_18342870.jpg(12月30日午後・記)
12月20日(木)大阪出張を利用して、兵庫県在住の実弟と夕食会。新大阪丸ビルでの研修会を終えて、地下鉄で新大阪―梅田。阪急デパートで弟と待ち合わせ。阪急グランドビルへ。「麦とろ自然生物語」にしようとしたら、この日は予約で一杯ってことで断られる。「阪急32番街 空庭Dining」パンフレット中の30件ほどの店から
[和]+ITALIAN MITSUKE(夜景&創作ダイニング)
を選ぶ。ここは、時間が早かったせいか、すぐ入店できた。2時間制ってことでしたが、二人にはそれで充分。ここ、カップルで来るといいかも。夜景、確かにきれい。っても都会のビル群だけど^^。アップした写真、手前、実弟と。
お酒、リスト見て「獺祭三割九分」に。お通し(タラの煮つけ)、うまかった。食事は、桜チップの燻製6種盛り合わせ、白身魚と魚介のイタリア鍋、金雀秋上がり、とろろ芋の和風石焼きリゾット、明石「魚六商店」の焼き穴子のセイロ蒸し。〆に茶漬けだし添え。リゾット、めっちゃうまかった。また食べたい味。
弟と別れ、バスターミナル。小腹が空いて(珍しい)、イートインみたなところに。おでん5種(つくね、コンニャク、ロールきゃべつ、さつまあげなど)と生ビール。さすがに完食完飲はできず。高速バス乗り場前ロッカー、「お荷物取り出し券」、初体験。こないだは富山でコインパーキングも経験した。自分、心配性、なんでしょうね、ロッカーもパーキングも、もし出せなかったらと不安感でエンディング^^。
by tiaokumura | 2018-12-20 18:34 | 美味録2018 | Comments(0)

日本語教育機関研修会

f0030155_1259486.jpg(12月31日午後・記)
2018年12月20日(木)、「平成30年度日本語教育機関事務統括職員研修会(西日本地区)」に参加。僕は富山国際学院で学院長で事務方ではありませんが、内容に興味があった。学院から出張費・交通費、支給あり。会場は新大阪駅近く。

平成30年度日本語教育機関事務統括職員研修会(西日本地区)
テーマ「外国人材の受入れに関する様々な動きの現状及び日本語教育機関の危機管理」
平成30年12月20日(木)13:00~16:45
新大阪丸ビル新館909号室
丸山茂樹(I.C.NAGOYA校長)「外国人材の受入れ及び日本語教育における日本語学校の位置付けと今後」
田中信子(文化庁国語課専門官)「文化庁における日本語教育施策-地域日本語教育の総合的な体制づくり-」
野田晋介(大阪府警刑事部国際捜査課警部補)「留学生を取り巻く犯罪の現状について」
山内和弘(大阪府健康医療部保険医療室医療対策課感染症グループ総括主任)「外国人結核の現状と患者発見時の対応について」
高山泰(日本語教育振興協会専務理事)「資格外活動及び外国人材受け入れをめぐる当面の諸問題について」
日本語教育機関からの報告・意見交換「日本語教育機関の危機管理及び留学生のメンタルヘルスケアについて」
ヒューマンアカデミー日本語学校大阪校 和歌山YMCA国際福祉専門学校日本語科 名古屋国際日本語学校 JCL外国語学院

僕、告示校のこと、日本語教師の要件で会場から発言しました(照)。
大阪府警の担当者によると、大阪府での留学生犯罪TOP3は「特殊詐欺(受け子・出し子)」「偽造クレジットカード買い回り事犯」「宅配便受け取り詐欺」だそうです。ネット犯罪も増えてるんでしょうね。
by tiaokumura | 2018-12-20 12:59 | 僕は学院長10年生 | Comments(0)

大本教

f0030155_10453440.jpg(1月2日午後・記)
昔は数え年と言って元日に年齢が+1歳だった。自分、それで行けば当年73歳。後期高齢者入りも可能なお年頃に^^。さて、これまでの人生、1位にランクインは、歌は藤圭子、漫画は永島慎二、映画はゴダール『気狂いピエロ』、美術はジャコメッティ『裸婦立像』、外国語はフランス語、仕事は日本語教師、そして小説は高橋和巳『邪宗門』になろうか。
『邪宗門』は朝日ジャーナルに連載。今手元にあるのは
『高橋和巳作品集4 邪宗門(河出書房 1970年1月)650円』
単行本は2冊だったんかなあ。覚えていない。この本、函入りですが、いまやキツキツに^^。同作品集、1『捨子物語 他』2『悲の器 他』3『憂鬱なる党派』4『邪宗門』5『わが心は石にあらず』6『日本の悪霊 他』7『エッセイ集1(思想篇)』8『エッセイ集2(文学篇)』9『中国文学論集』の全9巻。僕は高橋和巳は高校生の頃、岩波の中国詩人選集『李商隠』で知ったんかなあ。『広辞苑 第六版』(2008年1月11日)に拠ると(p1710・4段目)、高橋和巳(たかはし・かずみ1931-71)は「・・・戦後知識人の問題を社会的広がりの中に追求し、全共闘運動を支持、誠実に自己を問いつめた。・・・」。

2018年12月20日(木)、大阪出張の途中、京都で竹林の小径トロッコ列車。嵯峨野線亀岡駅で大本の広告看板を見た。寄ってみようと思った。高橋の『邪宗門』は大本教がモデル。亀岡駅駅員に訊くも要領を得ず。駅前のタクシー利用。京都タクシー。アップした写真、「ギャラリーおほもと」。出口王仁三郎(でぐち・おにさぶろう1871-1948)、出口なお(でぐち・なお1837-1918)。高橋和巳『邪宗門』の千葉潔は王仁三郎がモデルになるか。だいぶ違うけど。展示の王仁三郎『旅日記』では富山の雨晴も。歌に「・・・有磯雨晴巌窟に包む・・・」と義経を詠んだ歌も。この間、雨晴で日本語授業、担当してた。出口なお68歳の「うしとらの・・・でぐちのかみとあらわれる」もあった。ギャラリーの受付の方、富山出身(呉西のほう?)。不思議なご縁です。この地(天恩郷)は、王仁三郎が明智光秀の居城・亀山城を入手したそうです。
亀岡から京都。車中で自由席特急券650円。大坂で昼食。どこがいいかわからず、地下街の店で。「梅田麹室 豊祝」。カウンターで、鯛茶漬け、豊祝セット(燗)。昼食後、出張先の新大阪丸ビル新館へ。
by tiaokumura | 2018-12-20 10:45 | | Comments(0)

トロッコ列車

f0030155_857762.jpg(1月2日午前・記)
12月20日(木)大阪出張。高速夜行バス、京都八条口で下車。「なか卯」で朝食。外国人観光客も。「鴨そば(小)340円」、完食できず。僕はなか卯の紅ショウガが好きです。お店のお茶?のところに「Please, free to have it as much as you want」の表示。
JR京都駅、嵯峨野線。自分でドアをあけて乗車。京都でもこういうのってあるんですね。6つ目の嵯峨嵐山で下車。竹林の小径。野宮神社も。近くには落柿舎、常寂光寺、二尊院も。
トロッコ電車と言えば富山県黒部峡谷のそれですが、嵯峨野には「トロッコ列車」あり。嵯峨9:01乗車。改札を入ったら帽子を渡された。記念撮影用なんでしょうね。アップした写真、それです。駅員に撮ってもらった。車内、外国人観光客も多数。乗車中、沿線のガイド付き。日本語&英語、ときどき中国語。3号車のダルマストーブの近くに陣取る。小中学生の頃、あれは当番制だったんか、ダルマストーブに石炭入れてた。お弁当を温めたりもしたかも。
トロッコ嵯峨-トロッコ亀岡、往復。620円×2。全長7.3キロ、片道25分。沿線、去年の台風のせいでしょうか、木がなぎ倒されてる光景も。亀岡駅で大本の看板広告。トロッコ列車の後、大本に寄ってみることにした。
by tiaokumura | 2018-12-20 08:57 | 美術 | Comments(0)

嵯峨野竹林の小径

f0030155_6545263.jpg(1月2日午前・記)
12月20日(木)、大阪出張。うちんとこはビンボー日本語学校^^なんで、往復は一番安い交通手段=高速バス利用。富山―大阪往復夜行バス。いつぞやもそうだったが、行きの夜行バス、大阪梅田終着の前に降りたこともある。京都深草で降りて若冲の墓がある寺を2回か3回訪れた。あるいは外国人観光客にチョー人気の伏見稲荷大社に寄ったこともある。
今回、京都で竹林見物を思いついた。8時半前、高速夜行バスを京都駅八条口で下車。京都駅JR嵯峨野線。乗車したら隣に外国人観光客。英語があまり通じなかったが(僕の発音が悪かった?)、「グアム」とか。嵐山駅、下車。駅員に道を訊く。真っ直ぐ行けばいいとのこと。まだ夜明け前、なんだか不安感も。スタート。なんと、あのグアム家族も。夫婦+男の子2人。他には男子2人。声を掛けたら「中国系アメリカ人」だった。カリフォルニア在。道、なんとなく僕が先導する形に。途中、犬の散歩のご婦人に道を訊いたり。行き会った男性、右に曲がれとのこと。真っ直ぐじゃなかったんですね。危なかった。曲がって行き当たりにお寺。そこを右折。しばらく行くと竹林の小径。朝早いんで、グアム+チャイニーズアメリカン+僕だけ。竹林の小径、テレビで見て思ってたのと違う感じ。もっと広い、長いと思ってた。だんだん夜が明けて明るく。ケータイでのシャッターチャンス、なかなかうまく行かず、なんとかアップした写真、撮影。
by tiaokumura | 2018-12-20 06:54 | 美術 | Comments(0)

氷見昭和館

f0030155_14222077.jpg(12月26日夜・記)
この12月に6日間ほど、高岡のほうで日本語授業担当。朝は6時半に車で家を出て、途中コンビニで朝食昼食購入。コンビニ駐車場で朝食^^。そのあと8時半ころ会場入り。昼食、会場で電子レンジ借りられて、ナポリタンやらカレーやらチャンポンやらなんやら食べました。
講習会場近くにアップした写真の「氷見昭和館」見っけ。「氷見」、「ひょうみ」じゃありません「ひみ」です^^。授業の後ここに寄りました。館長でしょうか、濃い男性が出迎え。入館料が500円。彼、「500万円」と。自分も悪乗りして「1000万円で、おつりを」と(激爆)。彼、僕よりは年下かなあ。喫茶コーナーみたいのがあって、そこにはたぶん奥様。展示がすごい。ようもまあ、こんなガラクタ、いや失礼、貴重なコレクションできたもんだと、ただただ感心。ゆっくり見りゃ3時間くらいは持つでしょうね。ここ、再訪はするかなあ。平成が間もなく終わり。「昭和またはるかに遠くなりにけり」でしょうね。

by tiaokumura | 2018-12-18 14:22 | 富山 | Comments(0)

越中茶屋で昼食

f0030155_11503047.jpg(12月17日夜・記)
富山とフランス語のマルシェをひっかけたんでしょうね。JR富山駅近くの「とやマルシェ」。飲食店や土産物店が入っています。寿司ソックスもここで買えます。ここ、北陸新幹線開業後、できたのかも。ここでは、ますずしやかまぼこ、お菓子なども買ってますが、飲食店では「越中茶屋」「方舟」を利用している。寿司、シロエビ、ブラックラーメンのお店もあるが、利用してない。
アップした写真、「北陸富山 海幸山幸 郷土料理 越中茶屋」で。僕はここんとこ、11月・12月と土日休日出勤が続いてる。で、12月15日(土)・16日(日)と、ここを利用。ここは、たら鍋、おでん、げんげ鍋など、うまい。お金を出せば、もっと美味もある。日本酒は2種か。食事時、交互に熱燗で。この日は、湯豆腐が食べたかったのですが、なくて、たら鍋+熱燗に。ここ、何度も利用してて、自分の顔、覚えられたみたい(照)。ガンサバイバーな自分、食膳・食後に薬なんですが、ここ、席に着いてまもなく薬飲み用の白湯も持ってきてくれる。先日の土曜日、今読んでる『地底旅行』(写真手前)、忘れてしまってて(そのことに気がついとらんだワシ^^。記憶アホです)、翌日、「これ、忘れてました」ってんで渡された。子供の頃『地底旅行』、僕は大好きだった。その頃は学校の図書館で借りて読んだんかなあ。あるいは、クラスメートのAT君(本がたくさんあった。『君たちはどう生きるか』も彼の家で見つけたと思う)で借りたか。今回は岩波少年文庫、新訳です。
今週12月22日(土)も出勤かなあ。請求書3件、報告書1件作り。その後の23日・24日は休めるかなあ。富山国際学院は、25日が教員会議+昼食会@よつの葉、26日・バイト先回り(粕谷さんと)、27日・28日出勤。28日、御用納め。新年は1月4日・仕事始め。
by tiaokumura | 2018-12-16 11:50 | 美味録2018 | Comments(0)

最勝寺で行粥

f0030155_9331520.jpg(12月16日夜・記)
皆さんはご存知でしたか。
行粥(ぎょうしゅく)
食べる禪 鎌倉時代から続く禪の食事「行鉢(ぎょうはつ)」朝編
身をととのえ心うるおう 丁寧なお粥のいただき方

これ、富山空港の近くの最勝寺(さいしょうじ)で。偶数月第2日曜にあるんでしょうか、12月9日(日)に参加。ここは家から車で45分くらい。受付。2500円。リピーターもいらっしゃるんでしょうね。僕は初めて。
説明の後、食事。坐禅なんでしょうか、ときどき姿勢が悪いと、若い僧に注意されました(汗)。隣の人のまねも。
お粥 香の物 おかず など
動作、なかなか難しかった。
行粥念誦
①展鉢の偈 ②十仏名 ③五観の偈 ④擎鉢の偈 ⑤折水の偈
用語:
鉢 聖僧 典座 浄人 槌砧 単 浄縁
応量器:
頭鉢 次鉢 三鉢 箸 匙 刷 箸袋 鉢単 水板 浄布 袱紗 ふきん
手の基本動作:
合掌 法界定印

ここ、来年「ヨガ坐禅」でまた来ます。アップした写真。このお寺の正面。
by tiaokumura | 2018-12-09 09:33 | 美味録2018 | Comments(0)