人気ブログランキング |

<   2018年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ニユートリノに聞く宇宙

f0030155_1315869.jpg(9月1日午後・記)
「職業欄」には日本語教師と書きます、自分。いろんな国・地域出身、いろんなバックグラウンドの方々に日本語を教えるチャンスがある。それって、楽しみであり、自分、できるかなあと不安でもある。まったくの文系人間な自分、先日、理系エリートに日本語を教えた。カミオカンデの方々。先日、終わりました。今回、当記事のイベントを知って申し込んだ。

一般講演会「ニュートリノに聞く宇宙」
中畑雅行「新超星ニュートリノで探る宇宙」
中家剛「神岡に向けてニュートリノビーム発射」

2018年8月26日(日) 13:00~15:00
富山国際会議場メインホール

上述の日本語授業の関連で、僕も「ニュートリノ」関係、wikipedeia見たり、本何冊か読んだりしました。でも、まあ正直、チンプンカンプン。じゃ、日本語、教えられないかと言うと、確かに日本語教師の専門性ってあるんですが、専門外でも逆に教えやすいってことある。まあ、その辺は本稿と異なるので省略^^。
会場、けっこうガラガラ。僕は心配だったんでメールで予約してたんですが。
中畑さんは上述の本などで知ってたお名前。中家さんは今回初めて。
中畑さん。SN1987A、SN2011dh。定家『明月記』になると文系人間、自分、うんうん^^。チェレンコ光、自分、知ってます(自慢^^)。
中家さんは、京都大学。T2K実験。T2Kって、なんだと思います? TSUKUBA to KAMIOKAですって。なんか、笑っちゃう。筑波-神岡は295kmの距離だそうです。素粒子物理学。ベータ崩壊。
会場から質問も。富山にもすごい人っているんですね。質問者たち(たぶん富山の方たち)、僕にようわからん内容ですが、すごい質問だなあってことはわかった。事前質問も受けつけていてて、「ニュートリノ(小4)」「おすすめ本(10代)」「苦労(40代ほか)」など。
受付でパンフレット類もらった。「東海-神岡間 長基線ニュートリノ 振動実験」「5分でわかる!ニュートリノのひみつ」「東京大学宇宙線研究所 神岡宇宙素粒子研究施設」「ニュートリノ! 新学術領域研究ニュートリノフロンティアの融合と進化」。
各国・各機関の競争なんでしょうが、特に中国・中国人とかすごいんでしょうね、僕はナショナリストじゃないけで^^、神岡、うまくいくといいですね。一番乗り、できるんでしょうか。予算も心配みたいだし。

by tiaokumura | 2018-08-26 13:01 | 富山 | Comments(0)

安野光雅:語る-人生の贈りもの

安野光雅:語る-人生の贈りもの

ときどき当ブログで紹介してますが、朝日新聞「語る-人生の贈りもの」。今回は安野光雅さんです。次回は、谷川俊太郎さん。お二人とも、ここ、出てなかったんですね。

安野光雅。1926年津和野生まれ。『ふしぎな絵』『繒本平家物語』など。2012年、文化功労者。

僕の場合、子どもがいたんで、安野作品は『ふしぎな絵』『ABCの本』あたりからでしょうね。エッシャーなんて当時知らなかった。自分はメッチャ文系人間なんで、安野の視点とか次元とかとても新鮮だった。

朝日新聞「語る-人生の贈りもの」(全14回)

1 19歳の自分へ「絵を描いてるよ」

2 床に鏡置き 向こうの世界空想

3 「少年倶楽部」に手紙 返信が・・・

4 炭鉱に就職 絵を描く暇もなく

5 人生のフィルム 戦争カットしたい

6 混沌の戦後「デモシカ先生に」

7 「ピアノ弾ける」言ったからには

8 焼け野原の東京で ヨーイドン

9 トリック本 手が先に動いた

10 暮らす人に物語 田舎がいいね

11 司馬さんと旅 毎日違う話

12 ダイアナ妃へ パリで捧げた花束

13 皇居のお庭 うんと広いけど

14 昨日より今日 今も進歩してる

聞き手は「大西若人」。巨人の息子さんなんでしょうか。彼とか大岩ゆりさんの記事、読み応えある。朝日、イマドキの記者ってどうなんでしょうね。忖度時代なんかも^^。自分、子どものころ、新聞記者になりたかった。

全然関係ありませんが、昨日のNHKTVでダルク、やってました。


by tiaokumura | 2018-08-25 10:21 | 美術 | Comments(0)

久しぶりのたら汁

f0030155_14401395.jpg(8月25日午前・記)
黒部通い、再開。8月21日(火)、この日は午前が日本語出張授業で、そのあと8号線を、北上(東上?)。「きんかい」で昼食。
最初、ビールも頼んだんですが、運転なんでダメに^^。自分、この日はここ「きんかい」でお風呂も休憩もと思ったんですが、この日は部屋、なかったみたい。後でお風呂だけいただきました。タオル、最初借りて返却と思ってましたが、帰りうにもらえました。ラッキー。
アップした写真、たら汁(単品)とバイ貝。バイ貝、今回は最後の尻尾までちゃんと取り出せて味わえました。ここ、おかずいろいろある。冷奴などもよかったんかも。
食事後、富山国際学院に出勤。1時間強の車。
次回のたら汁、いつになるかなあ。どこで食べられるかなあ。
たら汁、お店によって味、魚、違う。ご贔屓、あるんでしょうね。自分、まだ決定できず。

by tiaokumura | 2018-08-21 14:40 | 美味録2018 | Comments(0)

『菊とギロチン』

f0030155_9425715.jpg(8月23日午前・記)

菊とギロチン

2018年 日本 189分 日本語

監督:瀬々敬久

脚本:相澤虎之介 瀬々敬久

美術監修:馬場正男

原作:栗原康

キャストト:

木竜麻生 東出昌大 寛一郎 韓英恵 他

ナレーション:永瀬正敏

朝日新聞の富山版にほとり座のスタッフが映画案内してる。本映画については

「平等な社会」を標榜しながら、頭でっかちで危なっかしく、空回りばかりしているアナキストたち

貧困と差別のただ中を生き、相撲の興行に加わることで、「戦う」ことを学んでいく女たち

に共感し、魅了されていく。

と紹介。菊は天皇の象徴なんでしょうね。

自由民権運動も60年安保も学生運動も、女を踏み台にしてるところ、ありますが、この時代の状況もそうだったんでしょうね。

映画、ふつうは2時間くらいが標準ですが、この映画はのナント3時間超。イマドキ珍しいですよね。自分、そんな長尺の映画鑑賞、心配だったんですが、案の定4回ほど、トイレタイムで息抜きしました^^。でも、途中眠らないで観られたのは、なんでだろう。

この映画、若松組の井浦新、大西信満も出てます。寛一郎は佐藤浩市の息子だそうです。クレジットには山﨑ハコの名も。

「アナキストたち」のその後(テロリスト、死刑など)、最後に紹介。本人と俳優の写真も。女相撲の女たちの「その後」はなかったかも。男たちに比べると、無名、なんでしょうね。その後を発掘するのはきわめて困難なんかも。

同じ日に、射水市で上映&トークあった。相澤虎之介(空族)、栗原康(原作者)、富田克也(空族)が出席。

ほとり座で「数学演奏会in黒部」のリーフレットがあった。これ、10月にあります。申し込みました。


by tiaokumura | 2018-08-19 09:42 | 映画 | Comments(0)

言の葉つれづれ:2018年8月(後)

山下智茂

綺麗な花があるとする。その綺麗な花を咲かしているのは何だ。それは土だろう。綺麗な花よりそれを咲かせている土になれ。そういう人間になれ。

ダン・ブラウン

AIが人類を破壊するのではないかと恐れる人は多い。しかし核兵器にしろ生物兵器にしろ、人類を破壊する技術はすでに存在する。だが我々はここにいる。人類には存続しようという願望がある。賢く使えばいい。

是枝裕和

映画がかつて「国益」や「国策」と一体化し、大きな不幸を招いた過去の反省に立つならば、大げさなようですが、このような「平和」においても公権力(それが保守リベラルでも)とは潔く距離を保つのが正しい振る舞いなのではないかと考えています。

池澤夏樹

熱狂している大衆には壇上から散布される言葉の正否はわからない。それが確定するのは歴史の文脈の中である。

夏目漱石 見つつ行け旅に病むとも秋の不二

正岡子規 行く我にとどまる汝に秋二つ

山折哲雄

食べすぎない 飲みすぎない 人に会いすぎない

昼寝三昧 妄想三昧 執筆三昧

谷川俊太郎

・・・君のまだ死なない場所と/私のまだ死んでいない場所は/沈黙の音楽に満ちて/宇宙の中にある

若宮正子

人生は80歳過ぎからが面白い。

高齢先進国の日本から、年を取るのも悪くないと伝えたい。

初代 中村吉右衛門

一生修業 毎日初日

加瀬清志

日本人は「おや、まあ、なるほど」と3回うなずいて納得する文化。

瀬戸内寂聴

こんなに老いぼれてまで、なぜ、まだ仕事をするのかと、よく訊かれるが、人間死ぬまで好きなことをつづけてなぜ悪いと、私は頭をしっかりあげている。

高村薫

・・・傍目にはどんなに無理筋の教義でも、信心は道理を易々と超えてゆく。

与謝野晶子

いづくへか帰る日近きここちしてこの世のもののなつかしきころ


by tiaokumura | 2018-08-17 15:35 | 言の葉つれづれ | Comments(0)

言の葉つれづれ:2018年8月(前)

ロバート・キャパ

きみの写真が十分に良くないとしたら、それはもっと近寄らなかったからだ。

松田梨子

咲こうかなそれとも明日咲こうかな塾の帰りに桜の会話

松田わこ

始業式今日から私三年生カッパ卒業オレンジのかさ

ドン・キホーテ

機会があれば、私は飲む。ときどきは、機会がなくても飲む。

色摩拓也

失敗した人とは成功しなかった人ではない。あきらめた人のことだ。

佐伯啓思

私は68年をさほど評価しないが、それでも今日の大学や学生文化にはないものが当時はあった。それは、社会的な権威や商業主義からは距離をとり、既成のものをまずは疑い、自分の頭で考え、他人との議論をするという風潮である。その自由と批判の気風こそがかけがえのない大学の文化なのである。

ジェフ・ベゾス

「善意」は働かない。働くのは「仕組み」だ。

高橋是清

・・・自分の従事しておる仕事が如何に卑近な事であっても、如何に簡単な事であっても、それに心の真を籠めて、忠実に取り扱わねばならぬのです。

松本純

俳句は微分方程式です。方程式を微分して現象の本質を捉える。読み手はその微分方程式を積分して映像を結ぶんです。句に真実がないと絵は浮かんでこない。

花ふぶく闇よりマタイ受難曲

田に神を降したる夜の木の芽和え

音探機(ソナー)にて鯨の恋を傍受せり

ねじめ正一

麿赤兒エイトビートの大車輪

三日月に情丸出しの麿赤兒

橋本榮治

初売の祇園や妻に何も買はず

母よ母よ冬日に繭のごと眠り

酔眼か花眼か桜膨るるは

大谷翔平

先入観は可能を不可能にする。

小津安二郎

なんでもないことは流行に従う。重大なことは道徳に従う。芸術のことは自分に従う。

上野千鶴子

概念がなければ現実を指し示すことができず、データがなければそれを問題にすることもできない。概念があったからこそ、あのもやもやはセクハラというものだったのだ、と過去にさかのぼって女性は自分の経験を再定義することができた。

宮川泰介

自分の意思に反するようなことは、フットボールにかかわらずですけど、するべきじゃないと思います。

須賀敦子

きっちり足に合った靴さえあれば、じぶんはどこまでも歩いていけるはずだ。たとえどんな遠い道のりでも、乗物にはたよらないで歩こう。


by tiaokumura | 2018-08-17 14:58 | 言の葉つれづれ | Comments(0)

お盆休みの読書

f0030155_8461815.jpg芹澤健介
コンビニ外国人
新潮選書(新潮社)
2018年6月10日 2刷
760円+税
*「なんでこんなに多いの? 実は世界第5位の外国人労働者流入大国!そのカラクリと彼らの本音。」(帯より)。日本語教師やってると、自分も犯罪者の一員じゃないかと思ったりする。「日本」「日本語」、どこまで行けるんでしょうね。富山はまだ中国人くらいですが、東京や名古屋に行ってコンビニ行くと、確かに「コンビニ外国人」がレジに。ネパール、スリランカ、ベトナムなどでしょうね。顔を見ると、つい話かけたりしてますが。

牧野成一
日本語を翻訳するということ 失われるもの、残るもの
中公新書(中央公論新社)
2018年6月25日発行
780円+税
牧野成一先生は、プリンストン大学学生を引き連れて金沢にいらっした折にリファーレで日本語教育の研修会があり、ほぼ毎年夏に受講してた。ご高齢で今はそれ、なくなったみたい。名古屋の学会で隣り合わせになったことも。僕が日本語教師になったきっかけの本が三冊あって、牧野先生の『拡大文節』もその内の一冊。自分、英語ほとんどわからんので本書、難しいですが、比喩など「そうか」って感じ。訓読みがウチ的読み方ってとこ、先生の「ウチとソト」から「なるほど」と。

夏石番矢編
山頭火俳句集
岩波文庫(岩波書店)
2018年7月18日 第1刷
1060円+税
*「自由律、無季」といえば、尾崎放哉種田山頭火、でしょうね。二人ともどうしようもない無用人のイメージ。編者によると、山頭火は「世界的自由俳句の推進者」(p495)。本書、山頭火の一千句を精選、日記や随筆も収録。
咳をしても一人 放哉
分け入つても分け入つても青い山 山頭火

お盆休み中。僕は20日から勤務再開。今日あたり、富山は雨も降り、いくぶんか暑さしのぎも。明日金曜日はスタッフに勧められた検診に。これ半ば義務みたい。検便もある^^。子どもの頃はマッチ箱に入れて持ってったものですが、今回はキットみたいのに取る。大腸癌チェックとかでしょうかねえ。日曜には映画『菊とギロチン』を予定。週明けから、富山国際学院はまだ夏休み中ですが、僕は毎日外部授業担当。8月29日(水)には名古屋入管出張も。
先日、大学時代のクラスメートから案内。国文クラス会を富山県宇奈月温泉で開きたいとのこと。自分、除籍身分^^ですが参加したいと思った。こういうのいいなあと思う年頃になったんでしょうね(照)。ほとんどが、半世紀ぶりに会う連中になる。

by tiaokumura | 2018-08-16 08:46 | | Comments(0)

癌日記:そうめん

f0030155_11412368.jpg(8月16日午後・記)
2011年は東北地方太平洋沖地震(後に東日本大震災と改称)の年。あの日の翌日、床屋で見たTVの映像。一関に姪夫婦が住んでいて、ケータイに連絡してもつながらなかった。同年4月、東北AIDのバスで現地入り。炊き出しなどのボランティア活動をした。バスは4便だったか、また行こうと思ってる内に。なんか予感があったんでしょうね、K病院で診てもらったら、ひどい症状みたく、大きい病院を紹介された。家から車で15分くらいのその病院。診てもらった医師が、偶然なんでしょうが、中学・高校の同級生のT医師。当時の手術の説明書、今でも持ってます。胃癌(食道浸潤)、肝転移、大腸などが青い字で記される。平成23年6月2日付。翌3日、詳しい説明再び。両日とも自分だけで聞いた。手術後の7月3日の説明書も持っている。そこには、化学療法、TS1,シスプラチンなどの文字。ネットで調べたんでしょうね、「全がん協生存率」。自分、よく笑い話で語るのですが、「胃癌ステージⅣ」って、ようわかっとらなんだ。通知表って5段階でしたよね。「4」ってことはもっとひどい「5」があるのだと思ってた(激爆)。でもそうじゃなかった。いわゆる末期癌。5年生存率が7.1%とか。でもそういうの知ったところで、今更です^^。当ブログ、2011年8月26日付で「ある癌患者(男性・64歳 胃癌ステージⅣ)、4つの不安」って記事、投稿してる。翌2012年2月29日(この年は閏年だった)、2回目の手術。

癌で入院し、その後、4週間おきに通院、やがて6週間になり、今は8週間。8月9日(木)、診療予約。今回、珍しいことに10時には診療に。その前に血圧など測る。100-65、体重53.1kg。体重、55kgまで行きかけたのですが、その後低迷。食欲減退のせいかも。Tドク、あれやこれやお話。次回は11月1日(木)に。その日は採血、注射も。診療後、中央処置室でビタミン12注射。
会計530円。薬局、なんかトラブって病院にいったん引返す。昼食、病院内のレストランで。アップした写真、そうめん。なかなか食べられずけっこう残した。左のらっきょう・福神漬け、うまかった。
薬局。4120円。
富山国際学院に出勤。夜、外部授業。

by tiaokumura | 2018-08-09 11:41 | 癌日記 | Comments(0)

遠足@白川郷

f0030155_12441951.jpg(8月15日午後・記)
勤務先の富山国際学院では夏休み前の最終日・金曜日に遠足。今年度は8月3日(金)。奇数年は立山(っても日帰りなんで室堂までですが)、偶数年は立山以外。スタッフの柳川友美さんが何か所か遠足の候補をアップして、教師の投票の結果、白川郷になった。
例によって集合時間になっても来ん学生が数名^^。富山駅北口でやきもきしながら待つ^^。今回は学生50余名+教師全員参加14名。大型バス+中型バスに分乗。遠足のバス、いつもは中部観光なんですが、今回は地鉄バス。インバウンドとかの影響なんでしょうかね、バス、なかなか予約取りにくいみたい。車中、ネパール人留学生と一緒に、歌垣のようなこと、初体験。歌の最後の音で次に歌を歌う。僕、何回か歌えた。ネパール語と日本語とじゃ、音節数ちがうでしょうが、なかなか楽しかった。
昼前、白川郷着。世界遺産。「合掌造り民家園」で餅つき体験。有志の男女学生、杵を使った。僕は・・・無理。ジジイなんで^^。お餅、小さいのをひとつ、いただく。
皆で和田家に。であい橋を渡って←折。自分、途中歩き疲れてダウン(恥)。元来た道を引返す。みんなはそのまま和田家に。記念写真もそこで撮ったみたい。僕は不参加。
「荻町合掌造り集落」の地図を見て、昼食は「そば処 そば道場」にした。チケット制。ざるそば+地酒・結心。ざるそばは田舎そばだからでしょうね、硬めで食べづらかった。
広場で待ってたら、学生たちが帰ってきた。何人かとあれこれ話す。いつもとは違ってなんだか話しやすい雰囲気。オフィスアワーとかあったらいいのでしょうが、今の僕はクラス授業担当しておらず、学生たちと話す機会が少ない。学院長の僕が呼ぶ時はだいたい悪い話だし(汗)。
帰り、車中は静か。4時半ころ富山駅北口到着。3週間の夏休み、始まります。
アップした写真、サングラスじゃなくって3D用のメガネです。サングラス、この日、見あたらなんだ。

by tiaokumura | 2018-08-03 12:44 | 日本語教育 | Comments(0)