<   2018年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

たら汁@金森

f0030155_12472494.jpg(2月25日午前・記)
毎週火曜日は老骨に鞭打って(笑)出稼ぎデー。富山県東部で午前・午後と日本語授業。
1月30日(火)、12時に午前の授業を終え、朝日町に向かう。雪、なんとか。トンネル一つ、更に長いトンネルを一つ越えると、そこは「雪国」じゃあなかったけど^^、たら汁ストリート。今回はアップした写真、「金森」で。たっぷりのたら汁、おにぎり。大衆食堂でしょうね、ご主人がオーダー取り、たぶん奥さんがキッチンで調理。
これでたら汁ストリートは4軒目あたりか。あと、もうちょっとでしょうか。

[PR]
by tiaokumura | 2018-01-30 12:47 | 美味録2018 | Comments(0)

寺本先生と夕食

f0030155_1985647.jpg(2月25日午前・記)
実弟が公務員職を擲って^^退職。関西学院大学(かんせいがくいんだいがく)で聴講生に。彼なりの人生設計だったんでしょうが、正直信じられなかった。弟とは3歳違い。中学・高校、一緒です。で、関学で弟が受講したのが寺本益英先生のご講義。ずいぶん良かったみたいです。そのご縁で僕も寺本先生とお近づきに。七尾で長谷川等伯を観て、同宿もありました。
今回、大阪に僕が行くので、弟が食事会セット。「食彩のテーブル」、バイキング(ビュッフェ)の店でした。神戸牛、食べたかったけど(笑)。
アップした写真、右が寺本先生、真ん中が弟。寺本先生のご専門は経済学。僕にはチンプンカンプンな分野ですが、ビットコイン・グローバル経済・大学の入試など、あれこれレクチャーしていただきました。先生は難しいご病気もありご不幸もあった。大学での研究・教育、大変なお仕事でしょうが、またこうしてお会いできるのが楽しみです。
食後、丸福珈琲店。阪急西宮ガーデンズにあるお店。
梅田に戻って「名代蒸しきんつば」「たこ焼きマンジュウ」「大阪城本丸」購入。大阪みやげって、何がいいんでしょうね。今回、「エキナカ酒場@JR大阪駅」も行きたかったんですがいずれの機会で。
夜行バスで富山に。

[PR]
by tiaokumura | 2018-01-28 19:08 | 美味録2018 | Comments(0)

「介護に関わる外国人への日本語指導」

f0030155_1350865.jpg(2月12日夜・記)
思い出しても冷や汗が出るが、1月26日(金)雪道で車を落っことしてしまった(恥)。この日、富山国際学院学生の病院通いを担当してて、朝、学生のアパートに。その時はまだ悲劇^^なぞ夢想だにしてなかった。まず、病院に入るのに一苦労。雪、です。道がわからない。ここ、初めてじゃないのですが、前回は冬じゃなかった。順調に検査など終わり医者から説明を受け、事後のことも聞いて引き上げる。でも、その後が大変だった。今度は出口がわからない。わからないままに車を走らせてたら土手道を走り左手にラブホ街。この時、一瞬、ラブホを通り抜けぬければもっといい道に出られるのでは、と思ったのですが、女子学生を乗せているので、下手に勘繰られたら困ると思い、断念。そのうち、ホワイトアウト、でしょうね。真っ白の中進み、あれよあれよと思ううちに車、川沿いの土手に傾く。困った。バックできない。前進すれば川岸に。立往生。何とかしてあちこち連絡するもうまくいかない。その内雪も降り始める。ケータイ、充電のピンチ。通りかかった車を停め、事情を話し、女子学生だけを送ってもらう。結局4時間くらいかかってレッカー車、来。JAFとかってのに入っていればこういう時、すぐレッカー来てくれるみたい。でも、世の中、親切な方が何人も。道路で立ってると、何台か、車、止まってくれた。いろいろ案じて、中には車を何とか動かそうかって方も。
午後出勤の予定だったんですが、疲れたので休みにしてもらいました。

翌々日1月28日(日)、大阪出張。日本語教師の専門性って言いますが、多様な日本語教育、いろんな取り組みに迫られます。日本語学校は語学留学生だけを教育してればいいようなもんですが(それとて、むろん簡単じゃないが)、富山国際学院の場合、伝統的に、いろんな希望・ニーズにできるだけ対応できるようにしている。僕自身、実にいろんな現場で日本語教育に携われてきた。最近多いのが「介護士」関係。命に係わる職場なので、ためらいもありますが、近い将来、やってみようと思った。人手不足解消って安易な発想での外国人介護士導入、って面も確かにありますが、でも日本語教育が必須であり、やりがいのある教室。
研修会、東京でもあり、同僚の粕谷さんが参加。僕は同種の大阪会場で受講。
「介護に関わる外国人への日本語指導」
~『はじめて学ぶ介護の日本語 基本のことば』を使った授業の一例~
講師:三橋麻子 丸山真貴子

早朝6:10富山発高速バス。会場は愛日会館ってところ。昼食は近くの蕎麦屋で。
60人くらい参加でしょうか。1人くらい知った人、いそうなもんですが、ゼロ。受付に旧知の凡人社の社員。何度かお話しする。
研修は双方向な感じ。最後に質問もできて、大胆にも(座席、一番前が空いてたのでそこに座ってた^^)挙手して「クラスサイズ、母語混在、文法」について質問した。
「介護」、8年程前に魚津で携わってたが、今回また勉強してみたい。

[PR]
by tiaokumura | 2018-01-28 13:50 | 職業としての日本語教師 | Comments(0)

癌日記 2018年1月25日

f0030155_129962.jpg(2月12日午後・記)

僕はガンサバイバー。「癌」ってどうして「ガン」と表示するんだろう。「癌」だと怖いから(嘘爆)。僕はここんところ8週間に1回の外科診療で、1月25日()午前9時半、車で家を出る。途中、2,3用事を済ませ、病院へ。この日も駐車場、混んでて、やっと1台スペースを見っけ。

総合受付。外科受付。中央処置室。採血4本、B12注射、検尿。採血時、看護師さんに「手が冷たい」と」言われた。そうなんですね、癌の影響じゃないでしょうが僕は手が冷たい。冷え性でもないんだろうけど。男性にも冷え性、けっこう多いそうです。今回持参した本は山本義隆『近代日本一五〇年』(岩波新書)。難しい。「科学技術」って言いますが「科学」と「技術」は本来別物ってのいつだったか知った。本書でも。「科学」=アカデミック、「技術」=技術者、ってことでしょうか。学生のころ、「明治一〇〇年か戦後20年か」って論争あった。本書、「近代日本一五〇年」、公害や福島も詳述。敗戦はあっても、産官軍はほぼ一貫してる。

血圧最高144、最低94、脈拍76、体重54.7kg

Tドク。彼は僕の中学高校の同級生。当時はお互い付き合いはなかったが、こうして彼が主治医(2回の手術も執刀)なのは運がよかったんでしょうね。こないだ10年生存率が新聞に出てたが、胃癌4は7.0%。僕はこれで6年半生存。彼のおかげで大なり。

今回は時間があったからでしょうね。あの当時のこと、画像も見せながら回顧。僕は「余命半年」だったそうです。それが抗癌剤(TS1、シスプラチン)の効果があって、癌細胞が変成。彼は副院長まで務めて退職。今は週1回木曜出勤の嘱託。僕の木曜診療はその結果です。

前回は尿酸値が高かったのですが今回は正常に。赤血球関連?のMCV,MCHがややや高め。

会計3620円。

病院の食堂で昼食。日替わり定食で中華丼。昔好きでした。アップした写真。少し残した。

薬局3200円。

午後2時過ぎ、富山国際学院に出勤。癌と就労って難しいことが多いですが、僕は両立してる。職場の理解のおかげ。こういうところも、運がいいと言える。



[PR]
by tiaokumura | 2018-01-25 12:09 | 癌日記 | Comments(0)

たら汁@ひまつぶし

f0030155_1144053.jpg(1月25日午前・記)
火曜日の楽しみは昼食のたら汁1月23日(火)、11時ころ出先での授業を終えて、8号線を東にひた走る。ん?「ひた走る」の「ひた」って何なんじゃろう。複合動詞じゃないですよね。「ひたすら」なんでしょうね。でも「ひたすら」は?「ひた+すら」で「ひた」は一生懸命、「すら」は状態の接尾辞???そんなことを考えているうちに(風が強く、安全運転でした)、たら汁街道(鱈汁ストリート)。ここ「ケンミンショー」とかって名だったか、TV番組でも紹介されたそうです。
今回は「ひまつぶし」にした。うっかりすると通り過ぎそうなお店。女将さんが一人で切り盛りしている。カウンターに座る。客は僕だけ。なんとなくな会話。たら汁+おにぎりにする。注文受けてから作るんでしょうか、意外とできあがりまで時間がかかった。アップした写真がそれ。ここ、メニューいろいろ。丼物、ラーメン、うどん、そばなども。
おにぎりは3種あって、おかかにした。たら汁680円、おにぎり160円だったか。武士の嗜み、早飯、早×^^とかで便意を催した。お店のトイレ入ったら和式。小はともかく、大の和式、足腰が弱ってるジイジイ^^にはつらいのでパス。店を出て車を走らせている間、便意止まらない。こういう時はスタンドかコンビニですよね。ところが、こういう時に限ってコンビニ、出会わない。ようやく左に見っけ。駆け込む(激爆)。なんとか危機を脱出。次の授業までまだ1時間ほどあるので図書館に。ここ、便利。
来週火曜もたら汁にしようと思っていますが、来週からは授業の間がこれまでの3時間くらいから2時間くらいになる。朝日町まで行ってたら汁食べて、また戻ってって、時間内に大丈夫か。危険な綱渡り、まずいですもんね。もし行けたら「地中海」か「金森」にしようかと。これで3軒で食べましたが、「栄食堂」が今のところ1番です。値段はそこが一番高いですが。高いだけの価値はあるお店。

[PR]
by tiaokumura | 2018-01-23 11:44 | 美味録2018 | Comments(2)

言の葉つれづれ:2018年その1


植木徹誠
割りきれぬままに割りきる浮世かな
細江英公
聖人賢者を撮るのではなく、きわどい裸もある。ほめられるような写真ではないが、公的な名誉をいただくとほっとする。
アミーナ・モハメド
地球は私たち人間なしでも存続できますが、私たちは地球なしでは存続できません。先に消えるのは私たちなのです。
林竹
もしかしてという問題を考えて、立ち止まってしまうのが日本。中国はとりあえず始めてみて、問題が起こったら対策を考えます。
元・智乃花(玉垣親方)
輝いていたときの努力は大したことないが、けがで勝てないときの努力の方が貴かったんじゃないかな。めいっぱいやったと思う。
林修
人は過去を今の世に染める。
日野原重明
何かの目的を心に抱きはじめて希望が生じる。やりたいことがない者には希望はない。
升田幸三
着眼大局 着手小局
孫正義
努力しても報われないなと感じ嘆く時、大抵の場合は、まだ本当の努力をしていない。
達成感を得たら、その時点で成長は止まる。
障害物に突き当たった時、それを嘆いてはならない。それは成長の機会を提供してくれているのだから。
湯川秀樹
この星に人絶えはてし後の世の永遠清宵何の所為ぞや
山里亮太
リアルな自己評価は、成長のブレーキになってしまいます。落ち込んだときに活躍してくれるのが張りぼての自信です。
忙しいことを理由に「やっぱり、今日はいいや」と勉強をサボってしまうことは絶対に避けたい。
中江兆民
日本には恐外病と侮外病がある。
レイ・カーツワイル
炎は暖房や料理に使えるが家を燃やすこともある。技術は常にもろ刃の剣だ。
野村克也
正直に言う。私はイチローが好きではない。しかし、彼の才能に最初に目をつけたのはこの俺だ。
山﨑武也
清潔が密かなおしゃれだ。
「つまらないこと」に楽しみがある。
下品な人とはつきあわない。
今だからこそ新しい体験を。
「老人に二言なし」、どんな約束も大切に。
中島優樹
文法の尊敬丁寧謙譲語僕にはみんな同じに見える
クラウゼヴィッツ
戦争は他の手段による政治の継続に他ならない。
曽野綾子
・・・最期の朝。病院で三浦の呼吸が止まったことに気付きました。何もすることがありません。私はただ、三浦の髪をなで続けました。/窓の外に目をやると、雪をかぶった富士が見え、朝日が昇ろうとしていました。美しい昇天の朝とも言えました。
長野天音
いとをかし平成女子はインスタにほうじ茶キャラメルフラペチーノ
ベアトリス・フィン
若者には三つの武器がある。希望、エネルギー、そしてソーシャルメディア。
ジャン=リュック・ゴダール
ルイ・リュミエールは印象派を経て、フローベールの手法を受け継いだ。さらにはスタンダールの手法を受け継ぎ、ずっとそれを鑑とした。
原貢
考え事をするときは、椅子に座って、電気をつけろ。
石川九楊
パソコンの普及で憂慮するのは、縦書きが廃れていくことです。・・・ひらがなや漢字かな交じり文を横に書くことには無理がある。縦書きを失うと、日本人の思考にもぎこちなさが生じます。

[PR]
by tiaokumura | 2018-01-21 10:50 | このブログのこと | Comments(0)

『ギフテッド』

f0030155_1154824.jpg(1月25日午前・記)
ギフテッド』(原題Gifted)
生れて間もなく母を亡くし、叔父に育てられた7歳のメアリー。突出した才能=ギフテッドを持つために、大好きな叔父から引き離されそうになる-
2017年 アメリカ 英語 101分
監督:マーク・ウエブ
キャスト:
クリス・エバンス マッケンナ・グレイス ジェニー・スレイト リンゼイ・ダンカン オクタビア・スペンサー 他

いい映画です。最近ジジイ化現象進んでて^^涙脆くなってるんですが、この映画、途中2回うるうるも(照)。笑いもあります。天才数学少女の言動、時に笑いも。
原題、類稀な才能、とかって意味なんでしょうね。giftは知ってましたがそのPP形?のこれは知りませんでした。こないだのNASA『ドリーム』も数学・物理だったと思いますが、あの映画のオクタビア・スペンサー、またこの映画に出てます。クリス・エバンス、イケメン俳優ってことなんでしょうが、好演。先生役の女性も、祖母役、黒人弁護士も、いい演技。
映画中の数学、全然わかんない。子役のマッケンナ・グレイス、数式とか覚えて演技したんでしょうかねえ。いずれにしてもすごい。

映画、今回の上映館では『空海』『マンハント』『ジュラシック・ワールド』が見たい。予告で『ジャコメッティ 最後の肖像』も流れた。ジャコメッティの映画、あるんですね。知らなかった。首都圏では上映中かも。映画、矢内原伊作とのエピソードみたいですが、映画では日本人ではなくアメリカ人青年が演じてるよう。フランス語じゃなく英語かも。
ドヌーブの『ルージュの手紙』も観たい映画。彼女のこの間の発言、僕は共感しましたが。

全国ニュースでも流れていますが、富山、大雪。僕は高校生時代、30代と富山での豪雪を経験してますが、あの時ほどひどくないみたいですが、それでも近年にない雪。あと、寒気も半端じゃない。富山国際学院、昨日・今日と午前クラス、休校に。こういう判断、難しい。同じ富山県内でも状況違うし、同じ富山市でも我が家のあたりと学院があるあたり、学生たちが住んでいるあたりと、降り方が異なることも。あとその日の時間帯でも異なる、天気。休校にしたとたんに晴れたなんてことも(汗)。逆に授業ありにしたのだけど、どんどん雪がひどくなることも。いわゆる「結果論」にしてもいいんでしょうけど、そういう最終判断、責任は、学院長の僕です。因果な商売(嘘爆)。

[PR]
by tiaokumura | 2018-01-20 11:54 | 映画 | Comments(0)

たら汁@きんかい

f0030155_11363969.jpg(1月21日午後・記)
前週に続き、火曜日の昼食はたら汁1月16日(火)、出向先の授業を11時ころ終えて、8号線を東に。こないだより早く行けたか、鱈汁街道(たら汁ストリート)。どこの店にしようか迷ったが、今回は「きんかい」に。アップした写真、たら汁、おにぎり。たら汁は栄食堂より身が少ないが、値段も600円と格安。おにぎりは、さすが富山ですね、とろろこんぶと海苔で梅干し。たくあん2切れ。完食できました。
ここ、入浴もできる。大人400円。いつかたら汁と熱燗なんぞ注文して、そのあと、ゆっくり温泉もいいかも。
次週は1月23日(火)。今度は地中海にしようかなあ。
たら汁の後、再び西へ車を走らせる。午後のクラスの近くに図書館あり。しばしそこで過ごす。けっこ利用者がある図書館でした。駐車場、ほぼ一杯。隣に市役所。

[PR]
by tiaokumura | 2018-01-16 11:36 | 美味録2018 | Comments(0)

『クボ』

f0030155_111140.jpg(1月21日午後・記)
クボ 二本の弦の秘密』(原題KUBO)
世界が絶賛!!古き日本を舞台に贈る、圧巻のストップモーション絵巻
2016年 アメリカ 英語 103分
監督:トラヴィス・ナイト
声の出演:
アート・パーキンソン シャーリーズ・セロン レイフ。ファインズ マシュー・マコノヒー ルーニー・マーラ ジョージ・タケイ 他
字幕翻訳:石田泰子

ぜひ観たいと思ってた映画。総曲輪にあるシネコンで上映されるってことで、1月14日(日)に行った。
正直言うと、途中寝てしまった(汗)。スタジオライカってあるんですね、そこのストップモーションってアニメ。ジブリなどの通常のアニメとは違う。確かにこういう技術、すごいとしか言いようがないんだけど。外国人から見ると日本人ってこういう顔になるんでしょうね。

[PR]
by tiaokumura | 2018-01-14 11:01 | 映画 | Comments(0)

蓄音機で夢二を聴く

f0030155_10592448.jpg(1月21日午後・記)
勤務先の富山国際学院から徒歩3分くらいのところに高志の国文学館(こしのくにぶんがくかん)がある。去年、天皇・皇后両陛下もご訪問。中西進館長がご案内。ここ、富山にゆかりの文学者・文学作品が展示。漫画もあったかも。今、次の展覧会。
高志の国文学館 開館5周年記念企画展
竹久夢二 音楽を描く
~2月26日
これ、いくつか関連イベントも。その内の「蓄音機の実演」に行ってきた。高岡市立博物館蔵の蓄音機2種で竹久夢二表紙画楽譜収録曲のSPレコードを聴く。
東京行進曲。西條八十、中山晋平、佐藤千夜子。
宵待草。2番は八十。高峰三枝子独唱。昭和13年。
蓄音機の1つは朝顔型。
からたちの花。藤原義江。
セノオ楽譜の新小唄第三編。吉井勇、中山、竹久。八銭。妹尾幸次郎。
君よ知るや、南の国。
お江戸日本橋。竹久のセノオで最初の表紙絵。三浦環。
ゴンドラの唄。大正4年。松井須磨子。戦後、『生きる』で志村喬、歌ってた。末期癌だったか。
キュレーターって言うんでしょうか、学芸員による解説付き。
関連イベント、この後は、「竹久夢二表紙画楽譜による音楽会 ヴァイオリン・ピアノコンサート」「映画DVD上映会」に行こうかと。

いつだったか、文京区弥生の竹久夢二美術館、行った。

[PR]
by tiaokumura | 2018-01-13 10:59 | 音楽 | Comments(0)