<   2017年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

老いる:忘れる・キレる・後悔する

八村弟、明成だったんですね。全国制覇。兄と違って彼、国内志向ですって。兄弟で東京五輪なんて、ないんでしょうか。
こないだ同僚と飲食してて、「奥村さんって、話題豊富」みたいなこと言われた。自分、そういう印象あるんだ、意外。話下手なもんで聞き上手になろうとしてます。相手に応じて相手の世界に入って会話するようにしてます。もちろん興味ない相手とは当たらず触らずな会話ですが(でもときどき地雷踏むことも^^)。どんな切り口で相手と話し合うか、割と自分、うまくなってるんかも。想像力・好奇心の両翼で人生生きてきとるワシかも。でも日本語教師としては話し下手(他に字がひどい、送り仮名が苦手、絵が描けない、など)、致命的でしょうね。
今日本屋に行って、週刊文春1月4日・11日号買った。「貴乃花激白」。棚を見たらカズオ・イシグロがずいぶんあって、『忘れられた巨人』を買った。これ、今教えてるイギリス人が読んでた(もちろん英語で)。
一昨日出勤前に餅つき、昨日餅切り。餅を切ってて足・指がつった^^。からすがい、とかこっちじゃ言う。
今日、年賀状書いて投函。今年は早めに(っても自分の場合、有馬記念の頃ですが)、年賀状文面作成し印刷も完成してた。で、本日。僕は、宛名だけでも手書きにしてる。書きながら相手に語り掛けられますもんね。「一言」は今年は省略させていただいた。相手先も去年より10件くらい減らした。喪中と合わせて、年賀状、今年は例年より大幅減。100を切ったような。

71歳-年を感じた今年でした。oilならぬ老いる(激爆)。老い一筋、まっしぐら。
忘れる・キレる・後悔する
①出張時の途中、サービスエリアトイレで財布を忘れた。外に出て気づいて真っ青。トイレに取って返すも小便のところにない。警察やカード会社にTELと思ってたその時、放送で我が名を呼ばれるではないか。どなたかが届けてくださってたんですね。忘れることが常態化してる。たまに「忘れたふり」することもありますが。レジでつり銭捨てて、レシート手元に置こうとしたことも。あれも「忘れる」に入るか。運転してて目的地をふと失念も。幸い事故にはあってない。
②高齢者がキレるってのよく話題になりますが、自分も思い当たることいくつも。電話してて怒る、話してて怒る、どうでもいいことに怒る、相手が迷惑なのも顧みず怒る、自分が正当に叱られているのに相手に怒る、足元にけつまずいたりよろめいたりで自他に怒る・・・。何様なんじゃ、自分。でも怒ってる自分を見つけられるだけまだマシなんでしょうね。今年は、怒ってて我を忘れてたことが3回もあった。来年、進行するんでしょうね、「キレる」進化・深化。好々爺なんて無理っす。
③そんなわけで(激爆)、後悔も多い年でした。あんなことせんにゃよかったんに、あんなこと言わんにゃよかったんに、あんなとこ見せんにゃよかったんに・・・。パワハラ、セクハラ、オワハラなんかもやっちゃってたかも。人生航海っちゅうもんは後悔の連続なんか(オヤジギャグ^^)。でも、後悔をエネルギーにまた前進できると考えれば、後悔も決して悪いことじゃない。こうして公のブログで公開(オヤジギャグ2^^)することによって、また明るい明日が来るかも(嘘爆)。
「老い」とはまた別のことでしょうが、末期癌になってみてから、死ぬのが怖くなりました。若い頃は漠然とですが死に憧れてた頃もあった。「死ぬのが怖い」って通過儀礼でしょうか。死んだら無に、神仏信ぜず、な考えの僕です。
昔、失神女優っておりましたが、今の自分、失禁老人もたまに(照)。

岩波書店「図書」2018・1、特集『広辞苑』第七版。8500円は買えない。1月に山本義隆、岩波新書。
本日、富山は晴天。大晦日・元旦はどうなんでしょうね。
当ブログ、今日が投稿納め。ここんとこご訪問者、100人切ってて、今日はまだ30人。ま、それは気にせずこれからもこのブログ続けます。
皆さま、どうぞよいお年を
来年も当ブログ、ご贔屓に

[PR]
by tiaokumura | 2017-12-30 13:33 | このブログのこと | Comments(2)

和田とも美訳『越えてくる者、迎えいれる者』 金子文子『何が私をこうさせたか』

f0030155_12363442.jpg和田とも美 訳
『脱北作家・韓国作家共同小説集 越えてくる者、迎えいれる者』

2017年12月8日 初版第1刷
アジアプレス出版部
1380円+税

金子文子
『獄中手記 何がわたしをこうさせたか』

2017年12月15日 第1刷
岩波書店(岩波文庫)
1200円+税

勤務先の富山国際学院に僕宛の郵便物。差出人は和田とも美先生。自分、59・60歳ころ富山大学の学生で、和田先生の授業も取った。郵便物には本、そしてお手紙。
富山大学人文学部朝鮮言語文化研究室の和田とも美です。・・・先生がブログでその「朝鮮学入門」に言及して下さったのをずっと前から存じていました・・・この度拙訳が刊行されたので、この機会に一部さしあげたく存じます。・・・
との内容。
作品、6作が脱北作家、7作が韓国作家。「・・・日本でもいずれどこかの地域からの難民を、一度に多量に受け入れる日が来ることも予想される。そのときどのような問題が起こり、受け入れ側に何ができるのか、この翻訳小説集がその心構えをするきっかけになれば幸いである」(「はじめに」)。巻末には「訳者解説」。

若い頃に、金子ふみ子『何が私をかうさせたか』で読んでいると思うが。今回、岩波文庫に。ふみ子→文子、私→わたし、かう→こう、か。手記中、
都会の繁栄は田舎と都会との交換で、都会がすっかり田舎をだましつつ取ったからであると。
には福島第一原子力発電所のことが想起される。
あるいは
日鮮雑居地で、かなり多くの鮮人とわずか四十家族ばかりの日人とが住んでいた。
鮮人、日人って言ってたのですね。
アップした写真、文庫の下は
別冊 経済評論 WINTER'72 伝記特集 日本のアウトサイダー」(日本評論社)
伊藤晴雨、菊池寛平、古田大次郎、南方熊楠、出口王仁三郎、山岸巳代蔵、天龍、淡谷のり子、谷川康太郎ら。p176に瀬戸内晴美『余白の春』から引用。

[PR]
by tiaokumura | 2017-12-29 12:36 | | Comments(0)

寿司正で二人忘年会(笑)

f0030155_18502725.jpg(12月29日午後・記)
12月28日、御用納め。4時半ころ、勤務先の富山国際学院を同僚の粕谷謙治さんと出る。大家さんにご挨拶。年明けの仕事は1月4日から。こないだできたAlphaVRに寄る。あいにく閉店。年明けにでも行ってみたい。北陸初のVR店らしい。学院生のバイト先回り、2件。マリエの本屋でAERA購入。東方神起の2人が表紙。富山駅で循環線乗車。大手町モールで下車。
こないだ「とやままち大学」でお寿司の講座を受講したのが寿司正。この日、粕谷さんと二人忘年会^^をここで。予約しといてよかった。この日、全て「予約席」だった。
ボーナスなんぞない身分なんに、そんなわが身を顧みず、うまいもの・うまい酒、たらふく。肝心の寿司は、3貫がやっとだった。
アップした写真、ご主人と。カウンターには、3貫、味噌汁も。ご主人は干支で僕より一つ上。図々しくあれやこれやご主人からお話も聴けて。まだ時間が早かったんで、そんなことできたんでしょうね。ご主人は富山県のお寿司の協会長とかで、年明けに東京日本橋だったかで寿司出張だそうです。
ここは、僕はこれで3回目。1回目はランチで、ご主人だった。2回目が息子さんのとやままち大学(この日は息子さんは専ら裏方)。ここ、お金を貯めて^^、またぜひ4回目来てみたい。胃がないんで、お寿司はしゃりこまで5貫がやっとかなあ。1品料理も楽しみたい。
2017年美味、これでおしまい。

[PR]
by tiaokumura | 2017-12-28 18:50 | 美味録2017 | Comments(0)

すっぽんラーメン@まる十

f0030155_15161126.jpg(12月29日午後・記)
9年前だったか、富山国際学院・学院長職に。学院はNPOですが、そこの理事長は、ずっと兼任してたのを、今は辞めました。有能な新しい方に譲りました。
学院長になって、いくつか「新しいこと」も始めた。春・夏・冬、年3回の学院生のアルバイト先回りもその一つ。
雪で心配でしたが(自分、運転、ちょー下手^^)、12月27日(水)、同僚の粕谷謙治さんを助手席に9時過ぎ学院を出発。12件ほどが対象だったんですが、全部回りきれなかった。雪もありましたが、某社に着くまでにえらい時間がかかったんも敗因。
どこぞでおいしい昼食をと思い、まる十に。ここ、学院が下新北にあった頃、昼食などで利用してました。店主の経沢さん、すごい方。料理はもちろんですが、歴史研究家と言うのか、ご著書もある。万葉定食だったかも開発。値段がわしにはまだ無理なんで^^、お金を貯めていつか注文します。要予約かも。
この日は「すっぽんラーメン」。このお店、ときどき前を通ってて「すっぽんラーメン」の表示見ていつか食べようと思ってた。
アップした写真、すっぽんラーメン。卵、ご飯、ついてきた。ラーメン、薄味でしょうか。健康にいい感じの飲みごたえ。めんは太めじゃないのがよかった。もちろんすっぽんもあり。コラーゲンになるんでしょうか、すっぽん、今は女性にも人気でしょうね。ご飯・卵入れて雑炊で〆。運転なんでアルコールなしです(笑)
けっこうなお値段でしたが(汗)、おいしくいただきました。

[PR]
by tiaokumura | 2017-12-27 15:16 | 美味録2017 | Comments(0)

岩波本 2017年11月新刊

f0030155_837573.jpg廣松渉
『世界の共同主観的存在』

2017年11月16日 第1刷
岩波書店(岩波文庫)
1320円+税

大岡信
『日本の詩歌 その骨組みと素肌』

2017年11月16日 第1刷
岩波書店(岩波文庫)
640円+税

前田雄介編
『江戸川乱歩作品集Ⅰ 人でなしの恋・孤島の鬼 他』
2017年11月16日 第1刷
岩波書店(岩波文庫)
1000円+税

田中優子 松岡正剛
『日本問答』

2017年11月21日 第1刷
岩波書店(岩波新書)

井波律子
『中国名言集 一日一言』

2017年11月16日 第1刷
岩波書店(岩波現代文庫)

*上掲5冊、岩波書店11月刊。江戸川乱歩が岩波文庫に。そうなんでしょうね。12月には『何がわたしをこうさせたか』が岩波文庫で出た。
*岩波書店のHPに「読者の皆様へ-『広辞苑 第六版』「台湾」に関連する項目の記述について」。富山国際学院台湾出身者の日本語学習者もときどき。僕は「地域」扱いはしていませんが、どうなんでしょうね。

[PR]
by tiaokumura | 2017-12-24 08:37 | | Comments(0)

2017年11月:ブログ内ランキング


2017年11月は10本の投稿記事でした。なんとか2桁クリア。「訪問者」のほうは1日平均136.37人と前月よりさらに5人減、続落^^傾向。12月はついに^^100人割る日も出てきました。ご訪問者、今、通算39万人台なのですが、来年1月に40万人突破かな。夏ごろの勢いだと年内突破かも、と思ってたのですが。捕らぬ狸のナントカ、です^^。「リンク元URL」は、今月もスキップします。

11月の「記事ランキング」は
第1位<2009年6月16日付>富山県思考大会問題作成委員会『思考大会問題集 思考力の開発』小学生用・中学生用(112アクセス。以下同じ)
第2位<2006年5月7日付>こんな授業・あんな授業(5)漢字の読み方のルール(60)
第3位<2011年10月23日付>「僕は20歳だった。それが人の一生でいちばん美しい年齢だなどと・・・」(ポール・ニザン)(59)
第4位<2017年9月30日付>アジア子どもの夢:Dream Aid Concertシリアの子どもたちのために(47)
第5位<2008年12月5日付>どうにも理解できない、富山大学・新学長選び(43)
第6位<2006年2月10日付>こんな授業・あんな授業(2)日本(語)の歌(35)
第7位<2017年11月4日付>Fru2(33)
第8位<2017年11月12日付>2017年国際交流フェスティバルinTOYAMA(31)
第9位<2017年11月11日付>苔口卓也選手と(25)
第10位<2007年10月13日付>丸山茂樹先生(I.C.NAGOYA)と(23)
でした。
検索キーワードランキング」のほうは今月、3が最高。「村川いづみ」。村川さんとはイタリア美術セミナー(彼女が主宰)で知り合いました。偶然、黒部や利賀や富山市内の教会などでも会ってる。

富山関連のニュース。
こないだ「美肌県日本一」に富山女性って紹介しましたが、カラオケ持ち歌、富山男性日本一だそうです。自分、10曲くらいかなあ。
富山県民は早寝早起き。男性、平均で起床6時27分(都道府県別6番目)、就寝10時51分。男性平均仕事時間6時間51分。有業者の平均帰宅時間は6時28分、通勤時間は39分。自由に使える時間の使い方、スポーツは全国4位、ボランティア・社会活動参加6位、交際・付き合いは11位。
都道府県別平均寿命、男性27位(1位は滋賀、以下、長野・京都・奈良・神奈川)、女性8位(1位は長野、以下、岡山・島根・滋賀・福井)。
月刊誌「タウン情報富山」、来年2月25日発売の3月号で休刊。多くがそうであるように「休刊」=廃刊、でしょうね。女性向けタウン誌「Takt」に一本化だそうです。

[PR]
by tiaokumura | 2017-12-23 15:50 | このブログのこと | Comments(0)

『STAR WARS 最後のジェダイ』

f0030155_945916.jpg(12月23日夜・記)
STAR WARS 最後のジェダイ』(原題Star Wars:The Last Jedi)
光か、闇か・・・
アメリカ 152分 英語
監督:ライアン・ジョンソン
脚本:ライアン・ジョンソン
原作:ジョージ・ルーカス『スター・ウォーズ』
キャスト:
マーク・ハミル キャリー・フィッシャー アダム・ドライバー デイジー・リドリー ジョン・ボイエガ 他
フォースを覚醒させたレイと、ダース・ベイダーを継ごうとするカイロ・レン。伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの出現は何をもたらすのか?そして、"光"と"闇"の間で揺れ動く"衝撃の運命"とは?

SWを初めて観たのはあれは神奈川県で姪たちと一緒だったかなあ。本作、続三部作の第2章『エピソード8』にあたる。ルークが年老いたように^^僕も年老いたんでしょうね。観ててあまりおもしろいとは思わなかった。トイレが近いもんで(大汗)、途中退出も^^。
キャリー・フィッシャーの遺作。ハリソン・フォード、この後、SWに出るんでしょうか。
本作、ジョージ・ルーカスはBeautifully Madeだそうです。

今回の上映劇場、ここができたために、総曲輪のミニシアターがなんくなったんで、いささか複雑な心境で観る映画館ですが^^、次回は『クボ』『ギフテッド』、観る予定。

[PR]
by tiaokumura | 2017-12-17 09:05 | 映画 | Comments(0)

おぼんdeごはんで夕食

f0030155_18354933.jpg(12月23日午後・記)
写真を12月5日にアップしたまま、ずいぶん放置プレーなままになってもうた^^当記事です。
自分、富山国際学院の学院長として年に4回は名古屋入国管理局に出張。これ、来年でお役御免にと思ってますが。今回、12月5日(火)に名古屋入管に平成30年4月期生の申請。火・水・木から選べて、授業のやりくりがつく火曜日にしました。出張は、旅行もそうですが、楽しみはおいしいものを飲食すること。富山では食べられない飲めないもの、その土地ならではの食べ物飲み物。いいですねえ。
名古屋入管出張が終り、豊田市美術館でジャコメッティ展。そのあと再び名古屋に戻る。さて、夕食はいずこにて。JR名古屋ゲートタワー、レストラン街をうろうろ。呼び込みなどもあった。結局
おぼんdeごはん
に入店。初めての店。お客さん、圧倒的に女子が多い。場違いなジジイだったが^^、入った以上は開き直って居座る。ウエィトレスにあれこれ聞いて注文。「焼鮭の親子だし茶漬け」と「生ビール」。「親子」はチキンじゃおなじみですが、鮭なんでイクラなんですね。言われてみるとなるほどですが、知らなかった、こういうメニュー。名古屋はうなぎのひつまぶしですが、ここ、だし茶漬け。おいしかった。だしは東京日本橋のにんべんのだしコーナー、よかった。
レジでネームカード、おぼん通信などもらう。おぼん通信には「広島県産カキフライ 柚子タルタル定食 1242円」。自分、牡蠣はちょっと苦手ですが、食べてみたい気も。次回、ランチ、ここもいいかも。牡蠣の季節じゃないだろうけど。
高速バスで名古屋→富山。学院においてた車に乗って帰宅。名古屋と違って富山は寒し。

[PR]
by tiaokumura | 2017-12-05 18:35 | 美味録2017 | Comments(0)

ジャコメッティ展

f0030155_16163180.jpg(12月17日夜・記)
12月5日(火)名古屋出張名古屋入国管理局のあと、あおなみ線に乗り名古屋。地下鉄東山線・伏見。鶴舞線に乗る。東京の東西線もそうだったか、やがて地下から地上に。豊田市駅下車。駅員に「豊田市美術館案内図」をもらう。でも歩き始めてようわからん。行けども行けどもって感じ。道で母子に尋ねる。どうも道違ってるみたい。駅に引き返す。途中タクシー発見。「えいやっ」でしょうね^^タクシー奮発。無事、目的の展覧会へ。
ALBERTO GIACOMETTI
Collection Fondation Marguerite et Aime Maeght
ジャコメッティ展

豊田市美術館
~12月24日
国立新美術館でも観てますが、今回の名古屋出張を機にこちらにも。
構成、だいぶ違ってる。入場まもなく裸婦立像、発見。富山県立近代美術館(今は富山県美術館として移転)のコレクションです。やっぱ、こっちに来てたんですね。
鑑賞中ボールペン使用は禁じられましたが(汗)、写真撮影スポットあり。イマドキの展覧会、こうなんでしょうね。アップした写真、それです。マーク財団美術館の中庭でこれと向かい合うジャコメッティの写真、あります。
僕の好きなジャコメッティ、ここまで大規模な展覧会、終生これで観ることはないでしょうね。
それにしても、豊田市美術館、もう少しアクセスとか、考えてほしい。予算もあってこれ以上は無理なんでしょうね。帰りのタクシーで思わず運転手さんに不満を漏らした。ところが彼、僕が富山からって聞いて、家族での氷見旅行の思い出を。あと加賀屋旅館で泊まったことも。すっごいですね。あそこ、自分、ロビーだけ入ったことがあります。旅館の前で記念撮影もしたかも^^。

[PR]
by tiaokumura | 2017-12-05 16:16 | 美術 | Comments(0)

昔ながらのきしめんを食す

f0030155_12411758.jpg(12月17日夜・記)
12月5日(火)名古屋出張。旅先の楽しみはおいしいものを食べること。でも名古屋、大阪もそうだが、あまり「おいしいもの」って食べたことがない。名古屋ではひつまぶし(ひまつぶしにあらず^^)も食べたが、あまりおいしいとは思わなかった、名店だったけど。ああいう食べ方、自分、どうも苦手。で名古屋で大衆的な食べ物と言えば「きしめん」。麺好き人間な自分^^もちろん食べます。しらさぎで名古屋出張してた頃は電車のホームで食べてた。あれは親子でやってた店だったか、何番線か忘れましたが、よく食べてた。その後、名古屋で昼食っていうと(名古屋入管へ行く前)、ここ驛釜きしめん。いつも混んでる。この日は運よくあまり待たずに入店できた。店員さん(女性)、てきぱきしてて気持ちいいい。客層、ビジネスパーソン、シニア、家族、友達、観光客等々。今回は「昔ながらのきしめん」。トッピングは、かつおぶし、あげ、カマボコ、ネギ。ここでは土産にきしめんを買ってます。季節ごとにいくつかある。今回は味噌のそれを買いました。昼食後、あおなみ線で名古屋競馬場前。名古屋入国管理局。平成30年4月期生の申請です。申請の結果は来年2月23日過ぎに。


[PR]
by tiaokumura | 2017-12-05 12:41 | 美味録2017 | Comments(0)