人気ブログランキング |

<   2015年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2015年1月・ブログ内ランキング

先週はよく働いた。2月1日(日)は請求書2件作成などで出勤。月曜日はA組代講で45分授業×4コマ、火曜日E組45分×4、水曜日はBSで『マッサン』(7:30~7:45)を観た後すぐに家を飛び出して^^出勤しKさんから前日のB社引き継ぎ、そのあと車で約1時間かけて同社着、(45分×2)×3クラス。昼食は同社の社員食堂で。木曜日、同じくB社で(45分×2)×3クラス、金曜日は再びA組代講で45分×4、土曜日午後はC社45分×2。先週の担当授業は合計45分×26コマ。これだけこなしたのは久しぶりかも。癌発病以降初めてでしょうね。体力の回復、喜ぶべきでしょうね。
先週はよく働いた。←誰も言ってくれないので自分で言っておく(激爆)。先週は休みなし。これ、今週もそうなりそうで、2月は15日・22日の日曜日2回以外は仕事デーになりそう。今日の日曜日も報告書作りなどで出勤です。でも、休日出勤をエバってるようじゃダメですね。「忙」は「心を亡くす」と書く。あるいは、能力がないから日曜出勤をせざるを得ないだけかも(汗)。

さて、今年初めてのブログ内ランキングです。2015年1月は13本の投稿でした。「月15本以上投稿」、1月もならず。
1月の「PC訪問者数」は1日平均75.8人(1月計2346人)。前月が60人台だったんで、ちょっと回復。1月の「PCアクセス数」は3696でした。「リンク元URL」は、100以上だけ挙げると、1位「www.google.co.jp」が1527アクセス(以下同じ)、2位「search.yahoo.co.jp」1289、3位「userconf.exblog.jp」308,4位「www.exblog.jp」276でした。

1月の「記事ランキング」は、
第1位<2013年4月17日付>村上春樹『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼』(文藝春秋)(122アクセス。以下同じ)
第2位<2011年10月23日付>「僕は20歳だった。それが人の一生でいちばん美しい年齢だなどと・・・」(ポール・ニザン)(90)
第3位<2011年4月2日付>佐藤浩市:谷川俊太郎『生きる』(kizuna311)(78)
第4位<2015年1月13日付>「昭和天皇実録」、刊行(69)
第5位<2015年1月18日付>癌日記:1月15日、今年初の診療予約日(54)
第6位<2011年8月27日付>ある癌患者(男性・64歳 胃癌ステージⅣ)、4つの不安(45)
第7位<2014年12月29日付>東映任侠映画 傑作DVDコレクション(35)
第8位<2015年1月7日付>内村剛介関連テレビ番組(29)
第9位<2011年8月28日付>五七五(「癌日記」より)(27)
第10位<2008年2月6日付>卒業論文(13)口述試験、終了(22)
第3位は東日本大震災のあとYouTubeにアップされた詩の朗読。偶然なんですが、金曜日のA組の授業で母国の詩の紹介をやったんですが、僕は日本の詩としてこの『生きる』を紹介しました。1行ずつ学生・僕で輪読。この詩、今は小学6年生の国語教科書(光村版)に載っています。『朝のリレー』は中1。

検索キーワードランキング」のほうは
第1位・群読(47アクセス。以下同じ) 第2位・富山(35) 第3位・okumuratakanobu(32) 第4位・生きる(30) 第5位・日本語教師(30) 第6位・ブログ(24) 第7位・日本語(22) 第8位・昭和天皇実録(17) 第9位・卒論(16) 第10位・谷川俊太郎(14)
でした。
10年ほど前か、富山国際学院の学習発表会で当時担当していたクラスで谷川俊太郎『生きる』の群読をしました。第1・4・10位、関連語でしょうね
by tiaokumura | 2015-02-08 08:07 | このブログのこと | Comments(0)

楽しみな「エンジン01」

エンジン01(ゼロワン)文化戦略会議オープンカレッジ」とは
ボランティア団体「エンジン01文化戦略会議」(三枝成彰代表)が主催する。2002年度から毎年開き、今回が13回目となる。(北日本新聞2015年1月1日付)
のことです。
2月2日午前8時過ぎ、富山国際学院に出勤前に、オープンカレッジの申し込み(チケット購入)を「セブン・イレブン」でやってみた。こういうの慣れていないので(照)、コンビニの店長さんに手伝ってもらいました。その日は、チケット売り出してまだ2日目だったのですが、もう完売の講座もあって、僕は希望した講座中で1つ買えませんでした。1講座500円なんですが、コンビニ購入では108円手数料?がかかりました。

エンジン01文化戦略会議オープンカレッジin富山
150名以上の日本を代表する文化人・著名人が富山に集結し、講座などを通じて、富山の皆さんと知の交流を行います。
基本コンセプト:触れて、感じて、富山。
テーマスローガン:女はつよいよ。男はつらいよ。
オープンカレッジ実行委員会:
大会委員長・奥田瑛二 同副委員長・池坊美佳 三枝成彰 実行委員・秋元康 有森裕子 井沢元彦 中丸三千繒 林真理子 日比野克彦 和田秀樹 他
公式サイト:こちら
期間:3月27日~29日
3月28日(土)
オープンカレッジ講座@富山大学五福キャンパス
 1時限 よのなか科体験授業(藤原和博 白井貴子 藤川靖彦 和田裕美)
 2時限 俳句ワークショップ(平山雄一 篠田昭 鈴木久泰)
 3時限 ダイナミックに働く女たち(勝間和代 梅田ひろ美 奥谷禮子 野宮博)
 4時限 天才の交差点MITを語る(伊藤穣一 波頭亮 茂木健一郎)
放課後 夜楽(やがく) 市内のお店で酒を酌み交わしながら講師と語り合えるイベントのようです(奥村)
3月29日(日)
クロージングシンポジウム「女はつよいよ 男はつらいよ」
13:00~14:30@オーバードホール
田原総一朗 岩井志麻子 上杉隆 勝間和代 中瀬ゆかり 堀紘一
by tiaokumura | 2015-02-05 08:27 | 富山 | Comments(0)