人気ブログランキング |

カテゴリ:美味録2019( 9 )

ハラールラーメン

f0030155_11463950.jpg(4月20日午後・記)
もうだいぶん前だが、朝日新聞・富山版に「ラーメン・イスラム教徒にも」「麵家いろは 豚肉・アルコール不使用」の記事。いつか食べようと思いながら、なかなか行けず、4月17日(水)富山国際学院勤務の合間の昼食で「麵家いろは」に。富山駅前CiCの地下にあります、このお店。このお店、ブラックラーメンで何度か東京のラーメンショーだったかで優勝してます。
アップした写真、ハラールラーメン。「Muslim Freiendly Menu No pork & Non Alcohol!」。ハラールラーメンは2種。「白えびチキンらーめん」と「スパイスカレーらーめん」。この日は僕は前者を注文。
ハラール日本語教師にならなかったら、知らんままだったかも。黒部にはパッシブキッチンといって、ハラル、ベジタリアン、ビーガンのためのレストラン、あります。富山県のHPにはハラル関係のレストランの紹介もあったかも。富山にもマレーシア、インドネシアなどから、イスラムの方々、観光や技能実習生などで来ておられます。町でもよく見かける。

話は変わりますが、「なつぞら」(連続テレビ小説の100作目とか)、ご覧になってますか。自分、ハマってるほどでもないですが^^、見てます。草刈の柴田泰樹、富山出身の設定。ネットってなんでもあるんですね。ネットのネタバレページに、柴田のモデルも説明あり。実際は、富山出身じゃなくって、岐阜県出身の太田茂市って方だそうです。「なつぞら」の前にBSでは「おしん」放映中。「おしん」子役の女優、「なつぞら」にも出演。あと、柄本佑、演劇部顧問役で。奥さんの安藤サクラ、「まんぷく」、出てた。夫婦で連続出演ですね。朝の連続テレビ小説って「4文字」「4音節」がいいんかも。マッサン、あまちゃん、ひよっこ、まんぷく、など。大河の4文字の「いだてん」は、視聴率、低迷みたいですが。宮藤官九郎他「あまちゃん」スタッフ参加みたいなんですがねぇ。
by tiaokumura | 2019-04-17 11:46 | 美味録2019 | Comments(0)

Piatto Suzuki Cinqueでランチ

f0030155_15211010.jpgPiatto Suzuki Cinque。情報誌でこの店知って、行ってみたいと思った。
3月17日(日)、ポートラム。東岩瀬で降りる。展望台を目標に歩く。お店、わからんで、通りがかりの女性3人グループに尋ねる。ラッキー^^彼女たちもイタリアンレストランへ。
入店。込み合ってる。予約してたんでカウンター席確保。奥さんなんでしょうね。メニュー。
グラスワインはColli Aprutini IGF 420Pecorinoを注文。
コース、PRANZO B、胃がないので、どれも少なめにと希望。
前菜の盛り合わせ。奥さんが説明してくださったが、ようわからんままに^^食す。魚関係3種など8品くらいだったような。
パスタは「ツナ トマトソース 手打ちパスタ トンナレッリ」にする。
メインは「牛ホホ肉の白ワイン煮」。
パンは2種。
デザート、「満寿泉の酒粕入り ホワイトチョコクリームサブレ」を選ぶ。

このお店、以前あったところで火災にあって、その後、ここで開業。またお金を貯めて^^来たいお店です。
by tiaokumura | 2019-03-17 15:21 | 美味録2019 | Comments(0)

穂高・一休庵で昼食

f0030155_13085238.jpg(3月21日午前・記)
今回、有給休暇を利用しての、3泊4日の白馬。最後の日は穂高に行って、碌山美術館、お蕎麦、とプラン。ワイスホルンでチェックアウト、鯉屋さんに寄って、鯉屋さんからタクシーで白馬駅。白馬から穂高。途中、電車内で外人さんカップルが困ってて、英語で話した。ちゃんと通じて良かった。ぷちボラ^^
アップした写真一休庵で。事前にネット検索したら、穂高ではここと常念が良さそうで。お蕎麦ハシゴとも思ったが、でも常念、この日は休み。碌山美術館で一休庵の行き方、教えてもらう。自分、めっちゃ方向音痴なんで^^、途中迷いましたが、お店に入れた。
平日の早い時間だったからか、予想外に空いてた。メニューから、やはり食べるのは「もりそば」、でしょうね。あと、地酒?も。うまかった。アップした写真、2品。ここ、富山からは遠いので再訪は無理でしょうが、また行ってみたいお蕎麦屋さんでした。
昼食後、大糸線、信濃大町。おみやげ購入、あとコンビニ訪ねて新聞も。新聞、好きなんじゃろうね、自分。ここまで来てわざわざ買いに行った。信濃大町→南小谷→糸魚川。
糸魚川、先年、大火。糸魚川で夕食。「和の旬 かんのや」。駅前の和食店。「まぐろ山掛け」「湯豆腐」「謙信」。ちょっと残したが、どれもおいしかった。糸魚川→富山。帰宅。
by tiaokumura | 2019-03-05 13:08 | 美味録2019 | Comments(0)

八方白馬、3日目の昼食も鯉屋さんで

f0030155_15444245.jpg(3月21日午後・記)
英ちゃん(小林英一)とは半世紀前くらいに^^出会ってるんかなあ。当時、白馬はまだ細野だったんかも。コクテール堂の林玄社長が白馬で「ハイランド・ロッヂ」開設。それに当たって、地元の英ちゃんの「鯉屋」のおやじさん・おかみさんにもお世話になったんかもしれん。そのあたりの事情、今の僕には不明。
ハイランド・ロッヂは今は廃墟。僕は「ハイランド・ロッヂ」では、マネージャー時代も含めて10年くらい過ごしたんかなあ。スキーシーズンは白馬、残りは東京三越前・古河ビル内「パルム」で働いた。白馬時代、「白い小屋」や「タンクロー」「神社」「ディスコ?」「ベルプレ」などにも行ったが。鯉屋さんにはずいぶん通った。ハイランドのスタッフやバイト連中もお世話になったでしょうね。当時、娘さんの久子さんもお店に出ておられた。ここの「冷たいとろろそば」は絶品。これ、僕の人生で「うまいものベスト10」に入るでしょうね。今回の白馬ステイ、昼食はここで。もちろん「冷たいとろろそば」。ただたくさん食べられないので、少なめにしてもらった。「鯉こく」も味わいたかったのですが、残念ながら売り切れ。英ちゃんは「うなぎ」も修業してて、ここの「うなぎ」、ずいぶん評判いいみたい。
鯉屋さんも、外国人多数ご来店。欧米系、台湾、東南アジアあたりなんかなあ。
アップした写真、白馬を離れる日に、鯉屋さんで英ちゃんと。お互い、ずいぶん老けた(笑)。白馬、またいつか来られるんかなあ。
by tiaokumura | 2019-03-04 15:44 | 美味録2019 | Comments(0)

岸井みつよさんと@梅の花

f0030155_20112594.jpg(2月24日午後・記)
アップした写真、岸井みつよさんと。僕は富山国際学院学院長職。学院長、初代が桜井さん(?)、2代目が関口進先生、3代目が岸井みつよさん。僕は4代目になります。僕は学院長職10年目ですが、岸井さん、僕以上に長く学院長職だった。富山国際学院は1993年4月開校です。
2月9日(土)国立国語研究所のセミナー参加で上京。当夜、東京在住の岸井さんと夕食をと企画。立川でのセミナーの後、岸井さんと新宿駅南口で待ち合わせ。同僚の粕谷謙治さんも一緒に待つ。去年の夏、嶋田和子先生の勉強会、僕が富山で企画し、その時、岸井さんも東京から駆け付けた。その時以来、です、岸井さんとは。
新宿の「くらわんか」で食事と思ってたのですが、岸井さんが会場セッティング、事前予約「梅の花」。お二人はコース料理をご注文。僕は単品あれこれ。湯豆腐、茶碗蒸し、牛すき煮、かにしゅうまい、など、だったか(時間が経ったんで忘れてもうた^^)。日本酒各種、呑む。ここ、「高級」なんかも、土曜日なのにあまり客がいなかった。いや、土曜だからなんかも。月~金はけっこう混むのかもしれない。岸井さんにすっかりご馳走になった。
帰りの高速夜行バスの時間が迫ってて、慌てて新宿バスタへ。お土産買うの、間に合った。22:50バスタ新宿発→富山、早朝着。今年、これで2回上京。次回の上京、いつになるかなあ。今のところ、予定はない。
by tiaokumura | 2019-02-09 20:11 | 美味録2019 | Comments(2)

築地すしざんまい本店で朝食

f0030155_6422496.jpg(2月10日午後・記)
2月9日(土)、夜行高速バスで上京。池袋東口でバスを降りる。池袋駅構内でトイレ^^。丸ノ内線・日比谷線、築地下車。前回1月の上京時は豊洲に行ったが、あまりいい店がわからず、今回は築地に。でも豊洲移転に伴い、だいぶ雰囲気、変わった。やってない店が多い感じ。ラーメン井上は出火があったのでしかたがないのだろうけど、今も営業を再開していない。おやじさん、どうなさってるんでしょうね。
場外市場、飲食店、呼び込みもあったが、アップした写真の店に。「つきじ喜代村 すしざんまい本店」。木村清社長、今年は大間ホンマグロ3億3600万円でしたよね。お店、早朝にも関わらずほぼいっぱい(ここは24時間営業)。カウンター席に空きができて、そこに案内された。外国人客もちらほら。欧米系・アジア系か。
初めてなんで注文とかよくわからず。迷ったあと、特選五貫にぎり、ひれ酒に。にぎりはシャリ小さめにしてもらった。お通しあり。カウンター越しに何人かにぎり職人。あらのお味噌汁、茶碗蒸しなど、追加もと考えたが、残しそうなのでやめた。ここ、金目鯛の煮付け、2800円ですって。ノドグロもそうですが、金目鯛もなんでこんなに高いんでしょうね。
すしざんまいの後、米本珈琲店本店でカフェラテ。この日、東京は雪も。最高気温3℃とか。富山と変わらない。築地から日比谷線で上野。日比谷線の上野駅から上野公園、けっこう歩かなきゃならないの、忘れてた。歩くのキツい。JR上野駅に入って入場券で上野公園口へ出た。「奇想の系譜展」へ。
by tiaokumura | 2019-02-09 06:42 | 美味録2019 | Comments(0)

方舟で昼食

f0030155_12151165.jpg(1月26日午前・記)
自分、ときどき土日休日出勤もしてますが、富山国際学院・月~金曜日の勤務。で、昼食、曜日によっていろいろ。水曜日は1時からF組授業なんで、コンビニで購入が専ら。外部授業の日は現地など。で、学院勤務時での昼食は外食が多い。近所の「よつの葉」がしばらく休業で、昼食候補店選択肢減った。
1月20日(日)日曜出勤のこの日は「とやマルシェ」内にある「とやま方舟」で。本当は「越中茶屋」でと思ったのですが、既に行列ができていて断念。観光客でしょうね。
とやま方舟での昼食。湯豆腐定食、茶漬け定食、があったのですが、単品の湯豆腐、本日地魚だし茶漬けに。定食のほうを勧められたのですが強引に単品2種にした^^。時間、けっこうかかった、定食にせんだせい? 湯豆腐、豆腐2種。2種の内では堅いほうが売りなんかもしれませんが、柔らかいほうがうまかった。こないだ大阪で鯛茶漬けみたいの食べました。今回のは富山地魚ってことで、魚、何だったんだろう、身がほぐして入ってた。鯛系だったんかも。ここ、これで4回目くらいかなあ。岸井みつよさんの歓迎でここで、学院スタッフ、会食したこともある。ここは日本酒も豊富。銘柄、何がいいかわからんので、店員さんにお任せです。

富山出身の八村塁、NCAAのHPに紹介。
No.3 Gonzaga’s Hachimura thriving as a go-to- player.
「go-to player」って何なんでしょうね。先発メンバー、でしょうか。イケイケ選手じゃないと思うけど^^。「八村、先発メンバーとして成長中」ってことでしょうか。本人の弁も紹介。
I'm getting kind of used to the attention.
「注目されるのにはもう慣れっこになったよ」といったところでしょうか。八村塁、富山市奥田中学→宮城県明成→ゴンガザ大です。弟もバスケ有望選手。僕、彼らのお父さん(ベナン)と、もうずいぶん前に知り合った。当時は塁君のことは全然知らなかった。
by tiaokumura | 2019-01-20 12:15 | 美味録2019 | Comments(0)

銀座よし田で夕食

f0030155_18335128.jpg(1月14日午後・記)
1月12日(土)、高田馬場での研修会に参加。山手線、同僚の粕谷さんと新宿で別れる。僕は銀座へ。東劇で歌舞伎映画、その前に食事をと思ったが、時間が合わず、映画は断念。夕食予定のお店にTELして、場所を訊く。自分、めっちゃ方向音痴^^なんで、行けるかどうか不安。銀座駅C2を出る。目の前は大都会。どこがどこやら、とほほ。えいやっと歩き出す。ありがたや銀座西5丁目交差点見っけ。店は西6丁目交差点を右折。
銀座よし田」。既に団体客で盛り上がっている。同じ会社の方々みたい。メニュー、見る。コロッケそばも魅力なんですが、ここはもりで。湯豆腐があったので、それも。あとお酒、ここはずーっと同じ銘柄(菊正宗)だそうですが、熱燗で。お通し、ひじき。アップした写真、一通りそろったところで撮る。ここは森まゆみ『東京老舗ごはん』(ポプラ文庫)で知った。同書紹介店では、かんだやぶそば、神田まつや、ビヤホールライオン、みますや、カフェーパウリスタ、漢陽楼、既に行ってて、今回「そば所 よし田」(同書pp061~070)。同書によれば、久保田万太郎、大佛次郎、小林秀雄、石川淳、吉田健一らがこの店に。いずれも故人。銀座、今度は銀座天國本店、維新號銀座本店に行ってみたい。

夕食後、丸ノ内線で池袋へ。タカセでパン購入。9階でカフェオレ。そのあと、バスタ新宿。夜行高速バスで富山に帰る。この日、東京は初雪だったそうです。
by tiaokumura | 2019-01-12 18:33 | 美味録2019 | Comments(0)

初めての豊洲

f0030155_725012.jpg(1月13日午後・記)
1月12日(土)の外国人介護職関係の研修に参加するため上京1月11日(金)自宅で夕食後、勤務先の富山国際学院へ。授業の準備などで時間つぶし^^。23:30富山駅前発の夜行高速バス。今回の東京、自腹なんで北陸新幹線は無理。自腹じゃなくっても高速バスでしょうね、ビンボー日本語学校なんで(笑)。
今回のお供本は
ロバート・キャンベル他編『東京百年物語3』(岩波文庫)
向田邦子『お茶をどうぞ 向田邦子対談集』(河出文庫)
『東京~』は三冊シリーズ完結。1941~67年。太宰『東京八景』志賀『灰色の月』三島『橋づくし』百閒『アジンコート』吉本『佃渡しで』吉行『廃墟の眺め』など。
『お茶を~』は本屋で見て買った。親本は2016年。黒柳、森繁、阿久、池田理代子、久世、常盤新平ら。

夜行高速バス、6時ころ池袋着。車中5時間くらいは眠れたか。有楽町線で豊洲、ゆりかもめ線で豊洲→市場前。駅を出て、方向音痴なんで^^みんなと同じ方向に歩けばいいと。食堂街見っけ。でも築地と違って軒数も10軒ほどでほとんどが寿司屋。しかも高そう。行列ができている寿司屋が1軒。他はあまり混んでない感じ。適当な店がないので、ガードマン?に訊いたら、もう1か所、市場内にあるとのこと。戻って陸橋を渡って市場へ。こちらも10軒ほどで寿司屋が多い。どうするか迷ったが(豊洲をやめて築地に行く方法もある)、寿司屋に入る。つきじ神楽寿司 豊洲市場店。時間が早いせいもあってか、客は僕だけ。アップした写真。厳選握り10貫+玉子、熱燗(長者盛り)、お椀、お通し(くらげ。醤油をかけて食す)。10貫なんて自分にはきついんで、シャリ小さめで。なんとか完食できた。単品で頼む方がよかったかも。もっと行けそうで(笑)、単品で山形牛リブロース炙り1巻。牛の握り、僕はたぶん初めて。、肉を寿司ネタって誰が考えたんでしょうね。飲食中、女性客1人入店。途中、男性が店頭で「大間のまぐろ、ありますか?」なんて声掛け。そんなこと言う客、いるんですね。彼、「ない」ってことで他所行った。カウンターの中は男5人。僕の前の方が親方だったんでしょうね、きっと。

食後、ゆりかもめで市場前→新橋。「ゆりかもめ ゆりかもめ 銀の点々 ゆりかもめ」なんて詩、あったような。白秋だったか。新橋から山手線で上野へ。フェルメール展。
by tiaokumura | 2019-01-12 07:25 | 美味録2019 | Comments(0)