人気ブログランキング |

カテゴリ:美味録2019( 14 )

鼓で昼食

f0030155_12351416.jpg(5月27日朝・記)
僕の日本語教師としてのデビューは、あれは1991年頃になるかなあ。当時所属してたトヤマ・ヤポニカで。生まれて初めての日本語授業はカナダ人カップルとインド人男性の3人だった。「にほんごのきそ」(今は「しん にほんごんのきそ」)の確か第5課、他動詞文。教案、ワープロ(あの頃、けっこう高かった)でA3で作った。時系列で作成し「ここで冗談を入れる」とか書いたような^^。「~を食べる」だったんで、妻に弁当こさえてもらって、それを持参。「生教材」なんて言葉、知ってたのか、日本語教育は何でもありの精神、その頃から。トヤマヤポニカは欧米系とか県費研修生とかが学習者だった。1994年4月から富山国際学院非常勤講師職。奥村学習塾をやってたんで、ダブルワーカーの時代も。今は富山国際学院専従です。ここまで来たら、「日本語教師」、僕の天職でしょうか。最初の頃は「日本語教師」を自称できませんでしたが、いつの頃からか、職業は日本語教師って言えるようになってた。
2019年度富山国際学院、以前の記事でも書きましたが、僕は遊軍教師^^、学院内部の授業担当はなく、外部授業専従。4月からこれで5クラス担当。学習者は多い順に、ベトナム10人、中国5人、タイ4人、インドネシア2人。5月21日(火)、今回担当クラスデビュー日。会場、富山市南部、家から車で40分くらいかなあ。この日の昼食、出先の近くの「」で。ここ、いつだったかフリーペーパーで見て、今回の授業会場から近いんで、この日の昼食に選んだ。12時過ぎ入店。ここ、「モツらーめん」が一番人気みたいですが、「チャーシューメン・醤油 小盛り」(アップした写真)にする。麺はやこめ(やわらかめ)で。ここ、がっつり系なんでしょうね。で、しかも苦手な太麺。で、6割くらいしか食べられなかった。ごめんなさい。翌日もこっちだったんですが、その日は「祭ばやし」にしました。回転ずし。

仕事柄、英語で話したりメール書いたりも。僕、90年代の初めに英検2級取りましたが(面接は、後にNZ地震で娘さんを亡くした方だった)、今じゃ4級、やっとでしょうね。面接で、I speak no English(これ、パリのカフェで名物ムッシューに僕が英語で話しかけたら、そう切り返された)とかSo sorry, but I’m not a policeman(必要上いろいろプライベートなことも聞かんならんので。これ言うとだいたい受ける^^)とか。英語かフランス語、またいつか勉強したい。
NHK『なつぞら』、ほぼ毎日見てます、BSで。この時間帯のBSでは『世界街歩き』ってのもやってておもしろい。そのあと『おしん』で『なつぞら』は7時半から。なつも夕見子も僕より8つくらい年上みたい。今生きてれば80歳台。今朝は東洋動画KKの入社試験。今じゃアニメですが、あの頃は漫画映画・動画とか言って、アニメーション・アニメって言葉、まだ一般的じゃなかったかも。なつ、「不採用」。でも・・・、なんでしょうね。井浦新、山口智子も出てる。夕見子、北大合格。僕も国立大だったんですが、僕も「入学許可証」ってもらったんかなあ。
米中、チキンレース、みたいな。どうなるんでしょうね。トランプ大統領、昨日国技館で朝乃山にカップ渡しました。声もかけた。朝乃山はなんと言われたかよくわからなかったんで「ありがとうございます」と答えたそうです。
令和。僕は職業柄、西暦使う方が多い。でも令和⇄西暦も必要に。高田和則さんて方が換算法を(讀賣新聞)。令和+018(れいわ)=西暦。昭和⇄西暦は「25」ってのよく使ってますが。平成は「平成は女性の社会進出が進んだので、平成の年数に1988(いくはは)を足す、と覚えましょう」とのこと(同記事より引用)。平成21年+1988=2009年。2001年―1988=平成13年。
志村五郎さんご逝去。朝日新聞。畏友・哲ちゃんにメールしたら、彼、プリンストン大学数学科の訃報メール、送ってくれました。The Prinston faculty as a professor in 1964、1999年退職。Guggenheim Fellowship、the Cole prize、the Steele Prizeなど受賞。志村さんは「谷山・志村予想」ですよね。谷山豊さんは自死だったか。婚約者、後追い。

ご当地もそうでしょうか、富山も本日最高気温32℃予想。北海道もすごいですよね。5月でこの暑さ。この後どうなるんやら。6月、7月、8月と。
by tiaokumura | 2019-05-21 12:35 | 美味録2019 | Comments(0)

たら汁@ひまつぶし

f0030155_12481104.jpg(5月19日午前・記)
富山国際学院は1993年4月開校。僕は翌1994年4月から勤務。今年で26年目になる。ずいぶん長い年月を過ごしたものだ(笑)。26年中、半分くらいの期間は「非常勤講師」で、その後2006年だったかにNPO理事長(組織がNPOになった)、で、やがて学院長職も。理事長職は昨年、宮田妙子さんに譲りましたが、学院長としては今年が11年生。
今年度の学院スタッフは14名。定員60名のミニ日本語学校で14人の教師って、驚かれますが、例年このくらいのメンバーです。僕が学院長になった時と今とでは、半数くらいは入れ替わったかなあ。日本語学校ちゅうところはブラックな面もあって^^、学校とのトラブル(授業、待遇など)や同僚とのトラブルなどで辞めるってのも多いみたいですが、うちは幸いそういうのはない(いや、僕が知らないだけかもしれないが)。ご主人の転勤や介護、子育てなどご自身のご都合で辞める方がほとんど。僕から言ってやめてもらった方は1人だけです。
ってことで今年スタッフ14人(女性12人男性2人)で、実は^^僕は今、学院での授業担当がない。とほほ(笑)。でもまあ、それだけ、皆さんに活躍してもらってるってことなんで、それはそれでよしとしなければ。で、僕は専ら外部授業担当。要するに出稼ぎ要員です(激爆)。うちは小さな日本語学校なんで、外部依頼授業も経営的に大切でしょうね。学院のお金のことは、僕が担当すると使い込んだりするので^^、スタッフの柳川さんがご担当ですが、きっと赤字じゃないと思う。学院8割:外部2割くらいかなあ、収入源は。
そんなわけで僕は2019年度4~7月、今のところ、4か所、出張授業。週4日、外部の曜日が重なる時も。月・木曜日は富山県東部です。5月16日(木)、12時授業終了。車、東へ走らせること約40分。鱈汁街道。今回のお店は「ひまつぶし」。ここ、3回目かなあ。ご夫婦(兄妹?)の店。アップした写真。たら汁単品とおにぎり(おかか)1個・小さめ。アルコールはありません(笑)。この後も月・木は東部授業なのですが、午前+午後の2クラスなので、昼食は社員食堂で。外食はできません。鱈汁街道、また行きたいですが、いつになるか。鱈汁街道には、こないだの「栄食堂」、今回の「ひまつぶし」の他に、きんかい、たから温泉、金森、などがあります。

先日、早朝にXさんからケータイに着信。なんのことかと思ったら、先日ここに載せた記事を削除してほしいとのこと。この記事、Xさんに断った上で載せてたのですが、Xさん、何か不都合があったみたい。2005年12月に開設した「日本語教師・奥村隆信 ひとり語り」ですが、こういうの2回目です。前回のQさんのケースもご本人にはOKもらって載せてたのですがねえ。こないだ津田大介が朝日新聞に投稿してましたが(「ネット言論時代に 熟議の場再構成を」)、そこで「フィルターバブル」「エコーチェンバー」って現象を。Xさんのご希望なんで記事は削除しましたが、あの記事が「拡散」とかしとったら、Xさんには申し訳ない。「たかがブログ」なんですが、いろいろあるもんです。
by tiaokumura | 2019-05-16 12:48 | 美味録2019 | Comments(0)

ウォーキング、昼食

f0030155_11325103.jpg(5月18日午前・記)
昨年から「ウオーキング」を始めた。去年は5回くらいやったかなあ。今年もウオーキングをと思い、5月2日(日)に。「たいきょうウオーキングイベント」の一つに参加。
田園と海沿いのウオーキング 約6km 約2時間00分 難易度★~★★
自分、「ウオーキング」選ぶ時、開催地、距離、難易度で選んでます。当日、ポートラム→あいの風鉄道→東富山下車→東富山温水プール。受付。200円。準備体操の後、出発。参加者、50人くらいでしょうか。シニアカップルもけっこう多い。中国人も。コースは
東富山温水プール→北部中学→大広田地区センター→大村緑地→若宮八幡者→東富山温水水プール
海沿いの道が気持ちよかった。写真撮る人も何人か。僕もブログ用に撮ろうと思ったんですが、なかなか「これは」っててスポットがなく断念。12時前解散。

この日の昼食「らーめん ひでお屋 中田本店」で。先日、フリーペーパでここ知って、家からも近いので、いつか行こうと思ってた。「くりーみーMisoらーめん」950円。麺はやこめ(富山弁。柔らかめ)で麺少な目(胃がないのでたくさん食べられない)でオーダー。ここ、かなりな太麺。自分、太麺は苦手。ちりちり細麺、昔、富山駅にあったラーメン屋さんにあった。今はない。細麺ってイマドキ人気ないんでしょうかねえ。ラーメン食べた後、歩く。人気ラーメン店「アラキ」、「ミッちゃん餃子」、近くに。くつ屋、めがね屋、立ち寄る。
この日、けっきょく帰りは東富山温水プールから自宅まで、歩いた。8km以上はあるでしょうね。よう歩いたもんです。休み休みですけど。
by tiaokumura | 2019-05-12 11:32 | 美味録2019 | Comments(0)

平成最後の日を

f0030155_19534314.jpg(5月3日午前・記)
当ブログ、ご訪問者はもうご存知でしょうが、自分、59才だったかに富山大学人文学部3年次に編入。編入、何がきっかけかと言うと、自分、勤務先の富山国際学院学院長にならなきゃならなくなって、で自分、その頃学歴が「高卒」だったんで、学院長たる者、高卒じゃまずいだろうと思った。動機、不純じゃったかも(激爆)。さて、「学士号」、どうやってゲットするか。通信教育や富山の私立大学も候補だったんですが、時間、金銭面などなかなか難しそう。で、地元の富山大学編入って方法、見つけた。自分のような高年齢(当時はまだ高年齢じゃなかったんけんど)、果たして合格できるか。今はそうではないのでしょうが、あの当時、50代で大学の正規生ってまだ珍しかった。編入試験科目は英語・論文・面接。英語、大学受験用の本を買って勉強しました。論文、面接も、それなりに準備したかなあ。試験当日、論文は「格助詞」だったか。面接は、たぶん呉人先生と安藤先生。あん時、アホなことも言ったような。で、合格。合格発表を富山大学人文学部前に見に行ったら、試験結果見に来てたんでしょうね、母娘が泣いてた。彼女も僕と一緒に受験してたんでしょうね、でも、番号がなかった。何か、自分みたいなジジイが受かって、彼女のような前途有為な若者が落ちたんが、すまなく思った。あの時の彼女、今はどうしてるんだろう。今は30代前半なんかなあ。
富山大学、呉人先生のおかげもあって、東京教育大学(除籍でしたが^^)の単位も制限いっぱい認めて頂けた。大学では「先生」と間違われたりも^^。富山国際学院・奥村学習塾やりながらの富山大学生時代。なんとか卒業、学士号ゲット^^。平成20年3月だったか。当時の学長、「平成20年」を「昭和20年」と言い間違えてた、卒業式で。
富山大学人文学部言語学コース時のクラスメートのさやえんどう(今は首都圏在?)が、ご主人と一緒に富山に来るってことで、食事会。石原さんが幹事。言語学コースの富山組、集まった。粕谷さんは神奈川に帰ってて不参加。アップした写真、当夜のメンバー。石原、田村、坂木、遠藤、三上、高橋、僕がクラスメート。あと、遠藤さんのご主人、会社の同僚の滝田さん、中村さん。言語学、後は、粕谷さん、佐々木さん、新保さん、です。みんなはコースだったんですが、自分は胃がない身^^、単品にしました。お通し、湯どうふ鍋、茶碗蒸し、旬の天麩羅、里芋田楽焼き、氷見うどん(冷)。←けっこう食ってた^^。生タンブラーも3杯。「うお清」って、CiCの裏手にあるお店です。
この日が「平成」最後の日だった。だから、どうってこともないのですが(笑)。ここの後、さやえんどうがバイトやってたスナックに。「日野」って名前だったか。さやえんどうがここでバイトって全く知らなんだ。スナックはすてきなママ、あと富山大学経済学部4年の学生がバイト。自分、カラオケもやってもうた^^。「じょんから女節」「唐獅子牡丹」。どういう選曲だったんじゃろう。ついつい。次は藤圭子か「I LOVE YOU」だったかも^^。
翌日、令和に改元。
by tiaokumura | 2019-04-30 19:53 | 美味録2019 | Comments(0)

久々のたら汁

f0030155_12415773.jpg(4月27日午後・記)
富山県朝日町に「たら汁街道」。僕が初めて「たら汁(鱈汁)」を食べたのは、あれは、いつ・どこで・誰と・いくらで、だったんかなあ。何年前だったか、黒部市で日本語授業担当してて、ある時、そうだ、そのまま東上して「たら汁」食べに行こうと思った。ネットで調べたら「たら汁街道」ってことで、何か所か紹介。今年度、また黒部市での外部授業、担当出来て、4月22日(月)、黒部での授業の後、いつもは帰宅か富山国際学院に戻るかなんですが、反対方向に走り、朝日町に。ここ、ほぼ新潟県境に近い。左に日本海が見えます。
「たら汁街道」、最近のネット情報「富山図鑑 時々いろいろ」に拠ると、「きんかい」「栄食堂」「たから温泉」「ドライブイン金森」「ひつまぶし」「地中海」「さざなみ温泉みずしま」「民宿・旬」「料理旅館・有磯」「料理旅館宮崎鉱泉別館」「民宿・岬」「料理旅館・あけぼの」「料理旅館・紋左」「城山荘」「ホテルおがわ」。確かに「たら汁街道」ですね。「地中海」は今はないような気がしますが。
アップした写真、「栄食堂」。ここが一番人気があるみたい。ここの味噌、宮家ご用達?とか。単品で頼みました。お惣菜も食べたいものがたくさんですが、胃がない身、たら汁だけに。残しちゃ悪いですもんね。日本酒かビールも飲みたいところですが^^、運転なんで我慢。
たら汁」は、「越中宮崎の浜に伝わる伝統の漁師めし」。5月以降も黒部で出稼ぎ^^があるんで、何度か「たら汁」、食べに行きたい。できたら半有休にして温泉も酒も^^。
by tiaokumura | 2019-04-22 12:41 | 美味録2019 | Comments(0)

ハラールラーメン

f0030155_11463950.jpg(4月20日午後・記)
もうだいぶん前だが、朝日新聞・富山版に「ラーメン・イスラム教徒にも」「麵家いろは 豚肉・アルコール不使用」の記事。いつか食べようと思いながら、なかなか行けず、4月17日(水)富山国際学院勤務の合間の昼食で「麵家いろは」に。富山駅前CiCの地下にあります、このお店。このお店、ブラックラーメンで何度か東京のラーメンショーだったかで優勝してます。
アップした写真、ハラールラーメン。「Muslim Freiendly Menu No pork & Non Alcohol!」。ハラールラーメンは2種。「白えびチキンらーめん」と「スパイスカレーらーめん」。この日は僕は前者を注文。
ハラール日本語教師にならなかったら、知らんままだったかも。黒部にはパッシブキッチンといって、ハラル、ベジタリアン、ビーガンのためのレストラン、あります。富山県のHPにはハラル関係のレストランの紹介もあったかも。富山にもマレーシア、インドネシアなどから、イスラムの方々、観光や技能実習生などで来ておられます。町でもよく見かける。

話は変わりますが、「なつぞら」(連続テレビ小説の100作目とか)、ご覧になってますか。自分、ハマってるほどでもないですが^^、見てます。草刈の柴田泰樹、富山出身の設定。ネットってなんでもあるんですね。ネットのネタバレページに、柴田のモデルも説明あり。実際は、富山出身じゃなくって、岐阜県出身の太田茂市って方だそうです。「なつぞら」の前にBSでは「おしん」放映中。「おしん」子役の女優、「なつぞら」にも出演。あと、柄本佑、演劇部顧問役で。奥さんの安藤サクラ、「まんぷく」、出てた。夫婦で連続出演ですね。朝の連続テレビ小説って「4文字」「4音節」がいいんかも。マッサン、あまちゃん、ひよっこ、まんぷく、など。大河の4文字の「いだてん」は、視聴率、低迷みたいですが。宮藤官九郎他「あまちゃん」スタッフ参加みたいなんですがねぇ。
by tiaokumura | 2019-04-17 11:46 | 美味録2019 | Comments(0)

Piatto Suzuki Cinqueでランチ

f0030155_15211010.jpgPiatto Suzuki Cinque。情報誌でこの店知って、行ってみたいと思った。
3月17日(日)、ポートラム。東岩瀬で降りる。展望台を目標に歩く。お店、わからんで、通りがかりの女性3人グループに尋ねる。ラッキー^^彼女たちもイタリアンレストランへ。
入店。込み合ってる。予約してたんでカウンター席確保。奥さんなんでしょうね。メニュー。
グラスワインはColli Aprutini IGF 420Pecorinoを注文。
コース、PRANZO B、胃がないので、どれも少なめにと希望。
前菜の盛り合わせ。奥さんが説明してくださったが、ようわからんままに^^食す。魚関係3種など8品くらいだったような。
パスタは「ツナ トマトソース 手打ちパスタ トンナレッリ」にする。
メインは「牛ホホ肉の白ワイン煮」。
パンは2種。
デザート、「満寿泉の酒粕入り ホワイトチョコクリームサブレ」を選ぶ。

このお店、以前あったところで火災にあって、その後、ここで開業。またお金を貯めて^^来たいお店です。
by tiaokumura | 2019-03-17 15:21 | 美味録2019 | Comments(0)

穂高・一休庵で昼食

f0030155_13085238.jpg(3月21日午前・記)
今回、有給休暇を利用しての、3泊4日の白馬。最後の日は穂高に行って、碌山美術館、お蕎麦、とプラン。ワイスホルンでチェックアウト、鯉屋さんに寄って、鯉屋さんからタクシーで白馬駅。白馬から穂高。途中、電車内で外人さんカップルが困ってて、英語で話した。ちゃんと通じて良かった。ぷちボラ^^
アップした写真一休庵で。事前にネット検索したら、穂高ではここと常念が良さそうで。お蕎麦ハシゴとも思ったが、でも常念、この日は休み。碌山美術館で一休庵の行き方、教えてもらう。自分、めっちゃ方向音痴なんで^^、途中迷いましたが、お店に入れた。
平日の早い時間だったからか、予想外に空いてた。メニューから、やはり食べるのは「もりそば」、でしょうね。あと、地酒?も。うまかった。アップした写真、2品。ここ、富山からは遠いので再訪は無理でしょうが、また行ってみたいお蕎麦屋さんでした。
昼食後、大糸線、信濃大町。おみやげ購入、あとコンビニ訪ねて新聞も。新聞、好きなんじゃろうね、自分。ここまで来てわざわざ買いに行った。信濃大町→南小谷→糸魚川。
糸魚川、先年、大火。糸魚川で夕食。「和の旬 かんのや」。駅前の和食店。「まぐろ山掛け」「湯豆腐」「謙信」。ちょっと残したが、どれもおいしかった。糸魚川→富山。帰宅。
by tiaokumura | 2019-03-05 13:08 | 美味録2019 | Comments(0)

八方白馬、3日目の昼食も鯉屋さんで

f0030155_15444245.jpg(3月21日午後・記)
英ちゃん(小林英一)とは半世紀前くらいに^^出会ってるんかなあ。当時、白馬はまだ細野だったんかも。コクテール堂の林玄社長が白馬で「ハイランド・ロッヂ」開設。それに当たって、地元の英ちゃんの「鯉屋」のおやじさん・おかみさんにもお世話になったんかもしれん。そのあたりの事情、今の僕には不明。
ハイランド・ロッヂは今は廃墟。僕は「ハイランド・ロッヂ」では、マネージャー時代も含めて10年くらい過ごしたんかなあ。スキーシーズンは白馬、残りは東京三越前・古河ビル内「パルム」で働いた。白馬時代、「白い小屋」や「タンクロー」「神社」「ディスコ?」「ベルプレ」などにも行ったが。鯉屋さんにはずいぶん通った。ハイランドのスタッフやバイト連中もお世話になったでしょうね。当時、娘さんの久子さんもお店に出ておられた。ここの「冷たいとろろそば」は絶品。これ、僕の人生で「うまいものベスト10」に入るでしょうね。今回の白馬ステイ、昼食はここで。もちろん「冷たいとろろそば」。ただたくさん食べられないので、少なめにしてもらった。「鯉こく」も味わいたかったのですが、残念ながら売り切れ。英ちゃんは「うなぎ」も修業してて、ここの「うなぎ」、ずいぶん評判いいみたい。
鯉屋さんも、外国人多数ご来店。欧米系、台湾、東南アジアあたりなんかなあ。
アップした写真、白馬を離れる日に、鯉屋さんで英ちゃんと。お互い、ずいぶん老けた(笑)。白馬、またいつか来られるんかなあ。
by tiaokumura | 2019-03-04 15:44 | 美味録2019 | Comments(0)

岸井みつよさんと@梅の花

f0030155_20112594.jpg(2月24日午後・記)
アップした写真、岸井みつよさんと。僕は富山国際学院学院長職。学院長、初代が桜井さん(?)、2代目が関口進先生、3代目が岸井みつよさん。僕は4代目になります。僕は学院長職10年目ですが、岸井さん、僕以上に長く学院長職だった。富山国際学院は1993年4月開校です。
2月9日(土)国立国語研究所のセミナー参加で上京。当夜、東京在住の岸井さんと夕食をと企画。立川でのセミナーの後、岸井さんと新宿駅南口で待ち合わせ。同僚の粕谷謙治さんも一緒に待つ。去年の夏、嶋田和子先生の勉強会、僕が富山で企画し、その時、岸井さんも東京から駆け付けた。その時以来、です、岸井さんとは。
新宿の「くらわんか」で食事と思ってたのですが、岸井さんが会場セッティング、事前予約「梅の花」。お二人はコース料理をご注文。僕は単品あれこれ。湯豆腐、茶碗蒸し、牛すき煮、かにしゅうまい、など、だったか(時間が経ったんで忘れてもうた^^)。日本酒各種、呑む。ここ、「高級」なんかも、土曜日なのにあまり客がいなかった。いや、土曜だからなんかも。月~金はけっこう混むのかもしれない。岸井さんにすっかりご馳走になった。
帰りの高速夜行バスの時間が迫ってて、慌てて新宿バスタへ。お土産買うの、間に合った。22:50バスタ新宿発→富山、早朝着。今年、これで2回上京。次回の上京、いつになるかなあ。今のところ、予定はない。
by tiaokumura | 2019-02-09 20:11 | 美味録2019 | Comments(2)