カテゴリ:このブログのこと( 397 )

明けましておめでとうございます

f0030155_10234611.jpgあけましておめでとうございます
新しい年をお健やかにお迎えのことと
お慶び申し上げます

くらひとから(いくら人から)
のしられても(罵られても)
ゅうかつなんざ(終活なんざ)
ゃらくせぇ        
-都々逸風に^^-
↑ってことはないのですが(笑)、もう1年余、今の生活を続けます。
2019年が 皆さま方にとって
すばらしい年でありますように

2019年(己亥)元旦 奥村隆信
(中略)
ブログ「日本語教師・奥村隆信 ひとり語り」http://tiaokumura.exblog.jp/

元日の富山は晴天。昨年は「災」の年でしたが、今年は今上陛下のご退位もあり「新」の年でしょうか。
教師は授業が命。今年も日本語教師として「いい授業」が少しでも実現できれば。New Year's Resolution^^。ちなみに僕の授業のモットーは「わかる 楽しい 役に立つ」です。
本年も「日本語教師・奥村隆信 ひとり語り」をよろしくお願いいたします。

by tiaokumura | 2019-01-01 10:23 | このブログのこと | Comments(2)

十二支を六度(むたび)巡りてseventy-two・・・

本日10月6日、自分、誕生日です。誰も祝ってくれないので^^、昼飯、家から徒歩8分のS亭で一人で食事しながら、自分に誕生日なんじゃなあ、と言い聞かせました()

還暦の時は、編入した富山大学生でした。古稀、21世紀の今、「稀」じゃないと思った。癌サバイバーな自分、この調子と、80歳とか米寿とかは無理でも、東京オリンピック以降も生きておるかも^^。

キング牧師じゃないけんど、I have some dream,s too。です^^。今の富山国際学院勤務、学院長職退職し、週1日か2日の非常勤講師(雇ってもらえらえば、の話ですが)、と思うとったんですが、それ、難しそう。学院の仕事、配慮して、残り少ない人生なんで、夢、実現したかった。でも、スタッフの一人が長期入院。学院、まだまだ続けなきゃならんみたい。いろいろ想定外ってあるもんですが、仕事関係、あれこれ、何とかクリアしていきたい。

十二支を六度(むたび)巡りてseventy-two めでたくもありめでたくもなし

十二支を六度(むたび)巡りてseventy-two eighty-fourはユートピア

十二支を六度(むたび)巡りてseventy-two 喜寿も米寿もどうじゃろう

十二支を六度(むたび)巡りてseventy-two 2の3乗×3の2
誕生日を祝って(嘘爆)、戯れ歌、作ってみました。上の句は共通。

NHK「まんぷく」、初回見られず2回目は見て、こりゃアカンと思った。でも木曜日に見て、金・土と見た、皆勤^^。安藤サクラ、朝ドラ史上初の「ママさんヒロイン」ですって。奥田瑛二や柄本佑も、彼女の出演、後押ししてくれたそうです。ドラマ、予定調和的なところが気になりますが、BSか地上波で、当分の間、見たいと思ってます。安藤サクラ、僕、サインもってます(照)。下北沢のカフェカナン、彼女、御常連。で、そこの店主の佐々木さんを通じて、サクラさんのサイン、もらいました。彼女が井浦新と富山の映画館に舞台あいさつに来られた時も、もちとん、行って来ました。井浦、若松孝二監督の映画化に出演。見に行きたい。

シャルル・アズナブールさんご逝去。94歳。こないだ、日本公演だったんに。彼、映画『アイドルを探せ』で知った。エディット・ピアフに見いだされた歌手。ボブ・ディラン、彼、称賛とか。前記の映画、シルビー・ヴァルタンがお目当てでしたが、オランピア劇場でのアズナブールに魅了された。ずいぶん小柄な印象ですが、かっこよかった。歌「アイドルを探せ」(僕、カラオケで歌えますー^^)、彼の曲とか。

岩波「図書」、プレイディみかこ、連載終了。「女たちのテロル」。金子文子も。単行本にまとまったら、買いたい。朝日新聞「欧州季評」、先日、彼女寄稿。

樹木希林さん追悼上映で、ほとり座で『約束 名張ぶどう酒事件 死刑囚の生涯』。事件の時、僕は15歳だったか。奥西さんが不倫清算のため毒を盛ったと思ってた。奥西さん、収監中に病死。映画、東海テレビ制作。

築地、豊洲移転。豊洲には僕、行くんかなあ。場外は築地に残るそうなんで、次回状況の折に行ってみたい。

日経「パート主婦、年内の稼ぎ方」。富山国際学院14名のスタッフ中、「パート主婦」も何人か。こういう制限、なくなりゃいいのに。

、『東京百年物語Ⅰ』『転んでもただでは起きるな!』『文系と理系はなぜ分かれたのか』『全国マン・チン分布考』、今日、博文堂さんに注文。1冊目、キャンベルさん(このあいだ、杉田発言についてコメント&カミングアウトも)編集。2冊目、安藤百福(「まんぷく」、ヒロイン、福子名)。3冊目、だからどうってこともないのですが。文理融合、文理隣接ってイマドキ、当たり前でしょうね。4冊目、以前出た『アホ・バカ』と同一著者みたい。「チン・マン」、人前じゃタブー語かもしてませんが^^、どんな分布なんでしょうね。富山についてはもちろん、自分、知ってます。本では堤未果『日本が売られる』(幻冬舎新書)も読んでみたい。彼女、ご主人は川田龍平さんですよね。

日経、大谷光瑞没後70年記念企画。本日、龍谷大学でシンポジウム。

北日本、ファミリーパークから猿2匹脱走。知らなんだ。朝日「アエラ」、吉田羊。『散り椿』、岡田×西島の対談も。

今日は結婚記念日でもある。結婚式、今年と同じ土曜日だった、確か。式・披露宴の後、東京行き夜行列車で上京。それから北海道新婚旅行。

何年か前、「万葉集全20巻朗唱の会」に家族4人で参加。会は確かあの年が初回で、その年10月6日にステージで朗唱したかも。

10月6日は地元の秋祭りの日でもある。偶然なんでしょうけど。


by tiaokumura | 2018-10-06 15:46 | このブログのこと | Comments(2)

富山高校

f0030155_1340414.jpg(9月29日午後・記)

9月23日()雄山神社と常西用水ウオーク。雄山神社、「立山の空にそびゆる雄々しさに ならへとぞ思ふ御代の姿も」(御製 昭和)の歌碑あり。上滝・はづきで昼食後、不二越・上滝線、富山駅途中下車して我が母校^^富山高校に寄ってみることに。上滝―南富山は僕の通学電車でした。はるか50年以上前()

車中、隣の男性に話しかけられる。彼もウオーキング参加。新潟で働いてて、富山に引っ越したとか。電車の乗り方(お金の払い方)、わからず、彼に教えてもらった^^。彼も南富山で下車。

駅前、ぱんじゅう屋が左にあり、通学路、右手にラーメン屋があったような気がするが。様変わり。当然ですよね。高3の時、下級生のMKさんが好きになり(照)、大胆にも彼女の家を訪ねたことがある。彼女の家、まっすぐ行って右手だった。彼女、H中学出身だったんでしょうね、きっと。あの頃の男子高校生、今ならセクハラとかになるんでしょうが^^、女子のコンテストを密かにやってて、MKさんもランクインしてた。彼女とはダブルデイトしたかも。僕が卒業して上京後、1年くらいは文通したが(今はSNSでしょうけど)、いつしかお互いに音信不通に。後に彼女は横浜にいることを知りましたが。彼女、自分のこと覚えてるでしょうかねぇ。あるいはそもそもご存命かどうか・・・。

3年間通った通学路ですが、道、ようわからんで。通りかかった女子高校生に教えてもらう。左折。校門。写真を撮ってもらおうと通りがかりのネパール人女性にお願いしたら、警戒されたか、断られた。なぜネパール人ってわかるか、ですって。職業業柄、そういうのわかるんです。でも、こういうところにも、外国人、ネパール人なんですねえ。

アップした写真富山高校。入れそうでしたが遠慮しました。高校、何年か前に火事があって、校舎とか変わったかも。僕はあの頃は陸上競技部。高3の時、植出君(故人)たちとハンドボール部を立ち上げた。富山国際学院のスタッフの息子さんが富山高校のハンドボール部だとかで、自分、創設者だと自慢しました^^。グラウンドの塀の向こうは田畑で、休み時間に抜け出してハイライトタイムなども。今じゃ停学か退学でしょうね。担任は守田先生1・3年、牛丸先生・2年次。国語は上杉先生・神島(大下)先生・大間知先生、漢文は中川先生、社会は岡田(本木)先生・平井先生・高井先生・k雲井先生、英語は牛丸先生・清水先生、理科は石上先生・中村先生などなど。校長は岡島校長・辻校長。←よう覚えてるもんです。体育は荒木先生。技能科目は1科目選択で音楽を選んだ。女の先生だった。あの当時としてはすごかったんでしょうね、当時の職員住所録には「ヒュ・ブラウン」の名も。この間このブログに最後の3年1組同級生だった周治真喜子さんが、守田平・先生つながりでコメントくれてた。

屋上にのぼると向こうに富山女子高校が見えて、手、振ったようなことも^^。校門裏手においしいパン屋さん、あった。今はもうないのかも。高2の時は金沢大学に進学したく、友人と金沢に行ったこともあったなあ。

校歌は「清らなるもの 額にせまる・・・」だが、『富山中学校歌』、「我北陸の中枢に国の鎮と峠だてる 名も立山の朝日影その崇高を仰ぎみよ」とかがなり立ててたかも(笑)
富山県はいい意味でも悪い意味でも「教育県」。「受験県」でもあるでしょうね。官立志向。高岡高校・富山中部高校と合わせて富山高校、御三家とか言われてた。五摂家なんてのもあった^^。富山では、結婚の際など、出身大
学より出身高校が話題になるとか聞いたことも。どうなんでしょうね。


by tiaokumura | 2018-09-23 13:40 | このブログのこと | Comments(0)

スカイツリー

(9月22日朝・記)
9月11日(火)屋形船。行きもあったんでしょうが、帰り、左側にスカイツリー。この時は上に出ていいってことで、2階にあがって記念写真。こういう時は『タイタニック』やるもんですが、さすがにジジイなんでやらなんだ^^。乗客全員、記念撮影かと思ったら、酒や食事のほうがいいのか、3割くらいしか上がってこなかった。今更スカイツリーってのもあるのかも。僕は前回だったかの東京旅行で見てる。上がったことはない。

樹木希林さんご逝去。享年75。悠木千帆、「ジュリー~」、内田裕也との結婚など、かつては変わった女優って印象だった。ここ何年か河瀨直美『あん』『光』、是枝裕和『万引き家族』、観てて、彼女の演技も。残念ながらこれらは晩年の作品、『万引き家族』は遺作?、です。朝日新聞9月19日付で河瀨直美「自分の居場所 自らの手で」。
訃報を聞いて茫然としましたが、私は希林さんがずっと近くにいてはると思い続けることにしました。そして希林さんやったらどうしますか、と相談しながら進路を決めていきます。(引用)

9月11日は9.11の日でもあった。

by tiaokumura | 2018-09-11 21:26 | このブログのこと | Comments(0)

明治神宮

f0030155_164457.jpg(9月22日朝・記)
9月11日(火)午後、靖國神社に続き明治神宮参拝。九段から地下鉄で表参道。でも表参道下車じゃ遠すぎるんですよね、たぶん。
明治神宮、お正月の初詣じゃ日本一でしょうね。僕も東京時代に当時付き合ってた彼女と元旦に行ったこととがある。すごい人出。賽銭箱にたどりつけなくって、遠くから5円か50円(50年程前の相場^^)投げた記憶がある。東京時代には彼女(含む、別人^^)とほおずき市や宝塚や水天宮や青山墓地などに行った。そのうちの2人とは結婚も考えたが、自分に生活能力がないことを見透かされてたんでしょうね、結論=振られた(笑)。記憶力、どんどん落ちてるんですが、変なこと、覚えてるもんです(照)。
閑話休題。明治神宮、7割くらいが外国人。家族連れの東欧系、カップル東南アジア系、もちろん中国・台湾・韓国も。日本が近代国家を目指した時の天皇が明治天皇、明治天皇に殉死した乃木希典とか、御存じなんでしょうかねぇ。観光スポット(あるいは心霊スポット)としていらっしゃったんでしょうね。京都・伏見稲荷も大人気とか。伊勢神宮もきっとそうでしょうね。熱田神宮はどうなんだろう。
皆さんはどうでしょう。手水は使うでしょうが、鳥居(寺なら山門)をくぐる時、どうしますか。僕は入る時は向かって左前で一礼、帰りに出る時は向かって右側で一礼。いつからかそうしてます。でもこうして明治神宮も観察してみると、そういう人、外国人はもちろん、日本人にもほとんどいない。自分、変なんかなあ。
「教育勅語」「「まごころ九月」「五箇條の御誓文 明治天皇御製昭憲皇太后御歌一日一首」など配布。御朱印帳にスタンプ。

by tiaokumura | 2018-09-11 16:04 | このブログのこと | Comments(0)

靖國神社遊就館

f0030155_1450283.jpg(9月21日朝・記)
サヨクまがい(我々わー、文部省ー、大学当局によるー、筑波移転にー)だったり、心情右翼(べきらのふちになみさはぎ ふざんのくもはみだれとぶ)だったりした自分ですが^^、今回9月11日(火)、ひょんなことで、靖國神社、初めて訪問。島倉千代子「東京だよ、おっ母さん(あれが九段坂・・・逢ったら泣くでしょ 兄さんも)」も。
境内、ガイジンさんも2割くらい。アジアの人には、靖国、観光地の一つなんでしょうか。
をちこちの民のまゐきてうれしくぞ 宮居のうちにけふもまたあふ  御製(昭和二十年)
・・・自分たちは、国家非常時の際、皇恩の万分の一でも報ゆる事の出来る事を無上の光栄として、元気で征きます。・・・ 川床悟・陸軍軍曹 昭和十九年三月十六日夜

今回は靖國神社遊就館での
靖國神社 御創立百五十年展 前編-幕末~御創建ー
もお目当て。勝海舟指揮刀、講武所銘銃、記録画「国旗と武士」、菊花御紋章大旗など。志士の手紙類も。皆さん、達筆なんですねぇ。

昨年の奈良・京都旅行の際に、初めて「御朱印帳」入手。今、パラパラめくってみると、東大寺 法隆寺 薬師寺 唐招提寺 南禅寺など。靖國神社も加わった。神社は初めてになる。神仏習合かも^^。

by tiaokumura | 2018-09-11 14:50 | このブログのこと | Comments(0)

軽井沢プリンスホテル

f0030155_10404661.jpg(9月17日午後・記)
9月8日~12日、軽井沢1泊・東京2泊・横浜1泊、4泊5日の旅。こんな長い旅、以前、富山国際学院の海外出張以来かも。
軽井沢では、つるや旅館万平ホテルに泊まりたかったのですが、旅行会社、そこはダメと。旅行会社のお勧めで軽井沢プリンスホテルイーストに。アップした写真、コテージ側から撮りました。自分には不釣り合いなホテルでした。ここ、スキーやトレッキングもできて、そういうのお目当てで利用されてるんでしょうね。でも×万円の1泊朝食で、とほほ(笑)。写真撮りにホテル出て、帰り、出たドアに入ろうとしたらダメでした。やむなく正面から再入場。田舎者には、こういうセキュリティー、難関。
プリンスホテルは、西武、堤系なんでしょうね。今もそうでしょうか。最初で最後の宿泊でした。
この日朝、NHK日曜美術館、藤田嗣治展。今年は展覧会不作な年ですが(すいません)、東京で観ようと思った。当初予定にはなかった。

by tiaokumura | 2018-09-09 10:40 | このブログのこと | Comments(0)

2017年年間記事ランキング


皆さんのPC画面からは見えないでしょうが、このブログには「レポート」があってアクセス数などがわかります。今回初めてですが、そこを利用して1年間の記事アクセスを集計してみました。毎月のTOP10(だいたい30を超えるとランクイン可)がわかり、それを計算。月によってTOP10に入っていない場合があってもアクセスが0ではないので、正確な数ではありませんが(以下では、+αとした)、TOP5は以下のようでした。

2017年年間記事ランキング
第1位<2009年6月16日付>富山県思考大会問題作成委員会『思考大会問題集 思考力の開発』小学生用・中学生用(9ヶ月ランクイン。755+αアクセス。以下同じ)
第2位<2006年5月7日付>こんな授業・あんな授業(5)漢字の読み方のルール(12ヶ月。653)
第3位<2011年5月12日付>こんな授業・あんな授業(17)久々の、日本留学試験「記述」対策(8ヶ月。458+α)
第4位<2011年10月23日付>「僕は20歳だった。それが人の一生でいちばん美しい年齢だなどと・・・」(ポール・ニザン)(9ヶ月。407+α)
第5位<2006年2月10日付>こんな授業・あんな授業(2)日本(語)の歌(8ヶ月。250+α)
「漢字の読み方」だけが1年間ずっとランク入りでした。
「思考大会」「ポール・ニザン」はいわば息の長いロングセラー記事。
さすが日本語教師ですね^^、授業記事が3本。
ここは癌ブログでもあるのですが、分散したんでしょうね、ランク入りはなし。癌は2011年6月なんですが、上記5本中4本が癌前です。
1ヶ月だけでしたが、<2017年5月14日付け>久田真紀子「仰げば尊し」(朝日新聞 けいざい)、<2007年10月17日付>藤本幸夫・富山大学名誉教授が、大韓民国政府から宝冠文化勲章を授与されました!、が100を超えました。

冬休みが今日で終わり、富山国際学院の学生は明日から授業再開。今のところ、冬休み中の事件・事故・病気などはなかったみたいですが、実際はどうなんでしょうね。明日、みんなちゃんと登校してくれりゃいいんですが。
僕の1月の授業はずいぶん多い。月曜日=D組45分×4、火曜日=外部(県東部)1・45分×2、2・45分×2、3・45分×2、水曜日=A組45分×4&プライベートレッスン45分×2、木曜日=A組45分×4、金曜日=今のところなし、土曜日=外部(学院で)45分×4。トータルで45分×24。確か基準では「20」超えちゃダメだったような気がするので労働ナントカ違反かも(嘘爆)。「給料泥棒」とは言われないでしょうね(激爆)。教える学生は、ネパール・中国・ベトナム・イギリス・インド・ミャンマー・マレーシア・ウクライナの8か国。一つの月でこんなに多いのは珍しい。レベルは初級前半から上級前半まで。こないだ技能実習生の記事だったか「受け入れるか」から「来てくれるか」に、ってあった。その通りです。
1月の県外は28日(日)に大阪。「介護に関わる外国人への日本語指導」を受講。できれば「ボストン展@神戸」、行きたい。夜は西宮で寺本益英教授(関西学院大学)・実弟と食事会。神戸牛、食べられるかも^^。楽しみです。県外はあと、金沢シネモンドに映画を観に行くかも。金沢はバスを利用してます。
by tiaokumura | 2018-01-08 10:28 | このブログのこと | Comments(0)

2017年12月ブログ内ランキング


2017年12月は13本の投稿記事でした。当該月もなんとか2桁クリア。「訪問者」のほうは1日平均108.48人と前月よりさらに約30人減で続落^^傾向。新年1月は50人がやっとの日も出てます。どうやら1月は1日100人を切りそうです。昨年夏には1日300人なんてこともあったのですが、ブログって、こんなもんなんでしょうかねぇ。「リンク元URL」は、今月もスキップします。

12月の「記事ランキング」は
第1位<2015年12月8日付>ジョン・レノン(John Lennnon)、没後35年(58アクセス。以下、同じ)
第2位<2009年6月16日付>富山県思考大会問題作成委員会『思考大会問題集 思考力の開発』小学生用・中学生用(53)
第3位<2006年5月7日付>こんな授業・あんな授業(5)漢字の読み方のルール(46)
第4位<2017年11月30日付>癌日記:2017年11月30日(40)
第5位<2011年10月23日付>「僕は20歳だった。それが人の一生でいちばん美しい年齢だなどと・・・」(ポール・ニザン)(39)
第6位<2017年12月3日付>寿司正で修業中?(35)
第6位<2017年12月5日付>名古屋出張(35)
第8位<2007年6月9日付>愛新覚羅慧生と大久保武道(26)
第9位<2006年2月10日付>こんな授業・あんな授業(2)日本(語)の歌(24)
第9位<2007年11月14日付>亀書房のホームページが開設されました!(24)
でした。
John Lennnonの記事は2年前。YouTubeからStand by Me、Happy Xmas(War is Over)、Imagineを張り付けてあります。その後、YouTubeの貼り付け、できんようになった。メカ阿保なわし^^。
寿司正はこれで3回行ってます。お金を貯めて^^また行ってみたい。
天城山心中、こないだTVでやってた。その影響でしょうね、第8位:愛新覚羅慧生と大久保武道。
亀書房は親友のやってる出版社。こないだ、岩波新書1月刊・山本義隆『近代日本-一五〇年』を彼にメールで情報提供。
12月は100超えはありませんでした。

検索キーワードランキング」のほうは12月は2以下だったので省略。検索で入って来る方はほとんどいないってことなんでしょうね、ここ。あとコメントもほとんどなくなった。ごく稀にあるだけ。

TV、Dining with the Chefってあるんですね。たまたまNHKを入れたらやってた。行正り香が案内人。今回は「富山の旅」で2回放送。「あら川」「レヴォ」など。NHKなんで店名は出ない。TVでは「孤独のグルメ」も。富山ではこういう時でなきゃ観られない番組。「ワカコ酒」も観たいのですが、今年はなかったみたい。他に「京都人の密かな愉しみ」再放送。
富山弁では「からすがい」、足・手がつる。1月6日、整形外科。「芍薬甘草湯エキス顆粒」をもらった。漢方薬。即効性があるそうで、痛くなると飲んでます。同日、眼科も。「飛蚊症」のセカンドオピニオン。でも、前の眼科と同じで治療法も薬もないとのこと。
今朝、PC立ち上げできず。幸いアフターサービスでこういう時のTELができて、なんとか直りました。電話先の女性に感謝感謝。
by tiaokumura | 2018-01-07 10:20 | このブログのこと | Comments(0)

謹賀新年

f0030155_811473.jpgあけましておめでとうございます
新しい年をお健やかにお迎えのことと
お慶び申し上げます

今や「稀」ではない「古稀」を過ぎ、老害にならぬ
ようにとは思っていますが^^、どうなんでしょう
ね、自信はありません。今年も富山国際学院での学
院長職・日本語教師職を続けますが、そろそろ引退
も。今年は、人生最後の夢(3つ)の実現に向けての
準備の年になりそうです。どこまで前進できるか・・・。

本年もなにとぞよろしくお願いいたします
2018年が 皆さま方にとって
すばらしい年でありますように

2018年(戊戌)元旦 奥村隆信
〒*****************
Email:**************
ケータイ:*************
ブログ「日本語教師・奥村隆信 ひとり語り」
http://tiaokumura.exblog.jp/

by tiaokumura | 2018-01-01 08:11 | このブログのこと | Comments(2)