カテゴリ:富山( 391 )

常西合口用水

f0030155_1149525.jpg
(未編集)
[PR]
by tiaokumura | 2018-09-23 11:49 | 富山 | Comments(0)

江尻豊治

f0030155_10154899.jpg(9月5日午前・記)
西田美術館イコンのコレクションじゃ日本有数でしょうね。それで1回行ったことがある。先日新聞記事で同館で江尻豊治展があるのを読み、9月2日(日)午前、訪れた。自分、方向音痴&カーナビなし^^なんで、事前にネットで地図をゲット。家から40分くらいでしょうか。
この日、僕以外にグループシニア4人組。グループは、係員なんでしょうか、説明をききながら各展示室回ってた。僕はお目当ての展示室に直行。
越中おわら 江尻豊治コーナー
今回のコレクションは孫の酒井博さんが西田美術館に寄贈で。江尻豊治(えじり・とよじ1890-1958)はおわら名人として名前くらいは知ってた。「七七七五のおわらを上の句七七と下の句七五の中継ぎ一息で、出だしから甲高い声で唄いきるおわら」は彼による。江尻調。大阪で学んだ浄瑠璃の影響もあるんでしょうか。生涯レコード吹込み13回、昭和天皇の御前演奏(昭和22年11月1日)も。
展示写真。おわら節全国初放送が昭和2年10月28日@NHK。その写真には松本勘玄も。野口雨情「水の面はいとも静にけふもまた流れゆくのみ」「声は自慢よ江尻の声よ小原名のある八尾の町に」。橋爪鷹峰「謡聖 江尻豊治 いましばし闇をしのべよ山ほととぎす月の出るのをおわら楽しみに」など。川崎順二、小杉放庵、前田普羅らも。宮田旅館は柴田理恵の実家でしょうか。
Walkmanで江尻の唄も聴ける。孫の酒井博編輯「越中おわら節 江尻豊治集」。今じゃ唄われない歌詞もあるんでしょうね。DVD2本も観られて伯育男さん(故人)が江尻を語る映像も。
今年の風の盆、21万人とか。例年より少なかったんでしょうな。
帰り、大岩そうめん、食べようと思った。館員に道を教えてもらって、行ってみたが、ビックリ。途中からド渋滞に。全国いろんななんばーの車。なんとか「金龍」の前に行けたが100人ほどの行列。あきらめました(笑)。ここ、こないだTVのみのもんたの番組でも紹介されてた。大岩から家に帰るのにも難儀。道がわからんで。トホホ。大岩そうめん、できたら9月15日に食べたい。この日、ボランティア通訳の勉強会で大岩に行きます。

台風、皆さんのところはいかがでしたか。僕、昨日は外部授業1日の予定だったんですが、午後は会社休みになりキャンセルに。こういうの初めてです。午後から富山国際学院に出勤。学院も午後のクラスは休校にしました。

今週末から年に1回の旅行。今回は軽井沢・東京・横浜を予定。楽しい旅行になればいいのですが。旅行のため、有休3日、取ります。

[PR]
by tiaokumura | 2018-09-02 10:15 | 富山 | Comments(0)

ニユートリノに聞く宇宙

f0030155_1315869.jpg(9月1日午後・記)
「職業欄」には日本語教師と書きます、自分。いろんな国・地域出身、いろんなバックグラウンドの方々に日本語を教えるチャンスがある。それって、楽しみであり、自分、できるかなあと不安でもある。まったくの文系人間な自分、先日、理系エリートに日本語を教えた。カミオカンデの方々。先日、終わりました。今回、当記事のイベントを知って申し込んだ。

一般講演会「ニュートリノに聞く宇宙」
中畑雅行「新超星ニュートリノで探る宇宙」
中家剛「神岡に向けてニュートリノビーム発射」

2018年8月26日(日) 13:00~15:00
富山国際会議場メインホール

上述の日本語授業の関連で、僕も「ニュートリノ」関係、wikipedeia見たり、本何冊か読んだりしました。でも、まあ正直、チンプンカンプン。じゃ、日本語、教えられないかと言うと、確かに日本語教師の専門性ってあるんですが、専門外でも逆に教えやすいってことある。まあ、その辺は本稿と異なるので省略^^。
会場、けっこうガラガラ。僕は心配だったんでメールで予約してたんですが。
中畑さんは上述の本などで知ってたお名前。中家さんは今回初めて。
中畑さん。SN1987A、SN2011dh。定家『明月記』になると文系人間、自分、うんうん^^。チェレンコ光、自分、知ってます(自慢^^)。
中家さんは、京都大学。T2K実験。T2Kって、なんだと思います? TSUKUBA to KAMIOKAですって。なんか、笑っちゃう。筑波-神岡は295kmの距離だそうです。素粒子物理学。ベータ崩壊。
会場から質問も。富山にもすごい人っているんですね。質問者たち(たぶん富山の方たち)、僕にようわからん内容ですが、すごい質問だなあってことはわかった。事前質問も受けつけていてて、「ニュートリノ(小4)」「おすすめ本(10代)」「苦労(40代ほか)」など。
受付でパンフレット類もらった。「東海-神岡間 長基線ニュートリノ 振動実験」「5分でわかる!ニュートリノのひみつ」「東京大学宇宙線研究所 神岡宇宙素粒子研究施設」「ニュートリノ! 新学術領域研究ニュートリノフロンティアの融合と進化」。
各国・各機関の競争なんでしょうが、特に中国・中国人とかすごいんでしょうね、僕はナショナリストじゃないけで^^、神岡、うまくいくといいですね。一番乗り、できるんでしょうか。予算も心配みたいだし。

[PR]
by tiaokumura | 2018-08-26 13:01 | 富山 | Comments(0)

灯籠流し

f0030155_20131829.jpg(8月5日夜・記)
とやままち大学ってのに時々参加してる。今回は7月24日(火)
~とやままちなか再発見の旅Ⅰ~
古地図で散策 いたち川灯篭流し

午後6時前、「ねむり家」に。ちょっとわかりにくい場所だった。僕が最後の参加者みたく、さっそく、講師(ねむり家ご主人、か)の説明。家族連れ、カップルなど。
いたち川沿いに歩く。石倉町延命地蔵など。終わりころに灯篭流し。さだまさしの『精霊流し』、あれは長崎でしょうが、富山にもこういうのあったんですね。知らなかった。アップした写真、けっこう暗いですが、本当は流れる様、明るかった。地元のボランティアの方でしょうか、僕の灯篭も受け取って川に流してくださいました。
帰り、どこぞでおいしいものでもと思ったのですが、なかなかなく、総曲輪あたりで居酒屋に入る。家族経営でしょうか、アットホームなお店。自分、かつては1日40本のヘビースモーカーでしたが、今はたばこ、苦手で、ここは喫煙可なんでしょうね、ちょっと困った。

[PR]
by tiaokumura | 2018-07-24 20:13 | 富山 | Comments(0)

ウオーキング

f0030155_1029270.jpg(7月8日午前・記)
7月1日(日)、「第26回 富山県民歩こう運動推進大会」ってのに参加。こんなすごいタイトルのウォーキングだと思っとらんだ(笑)。石井富山県知事、谷本歩実さんもご参加。
あいさつ、準備運動の後、9時半ころ出発。富岩運河環水公園集合場所出発、天文橋→富山県美術館→富岩運河に添う→中島閘門が折り返し点。そのあと、対岸に渡り、出発地点に戻る。
折り返し地点ではもうすっかりしんどかった(恥)。ちっちゃい子も何人もいて、そういう子に負けまいと、なんとかゴールできました(照)。
なんか、いろいろもらえるんですね、このイベント。こんなにもらえて、富山県の予算って大丈夫なんじゃろうか^^。コスパ、どうなんじゃろう。もらったものは、反射リストバンド、ボールペン、ファイル,ポケットティッシュ、うちわなど。特にビックリしたのが「富山県産野菜セット」。玉ねぎ・きゅうり・トマトが入ってました。翌日、「旅の人」^^の富山国際学院での同僚の粕谷謙治さんにプレゼントとしました。
11月に「ねんりんピック富山2018」ってのがあるそうです。自分みたいな年齢の方々が富山県内はもちろん、日本全国から参加されるんでしょうね。中には海外からもかも。今朝のTVで90歳の交通誘導員とか80歳の職人さんとかやってましたが、すごい。健康年齢、大事なんでしょうけど、そうじゃない方々にも、いい人生であるといいんですけどね。「人生80年時代」なんて言われると、ワシ、もう残り少ないんじゃあないかと思ったり(笑)。自分、がんサバイバー、よう生きてると感謝せんならんのかも。

この日の昼食、みずの酒店で昼飲み。ここ、2回目。今回も酵母ビール。あては、冷奴、あんばやし、アスパラ・ベーコン バター炒め。あんばやし、僕らの子どもの頃にやったようなルーレットまわしあって、自分、なんと15本もゲットしました。牛すじは、またなかった。オーダー取り、ここの娘さんなんでしょうかねえ。上手。あと、ご主人のお母さんになんでしょうね。いらっしゃった。総理大臣の「ご飯論法」とかありますが、「お酒論法」もあるかも。もしケーサツに捕まって「あんた、お酒飲んでるでしょう」って詰問されたら、「お酒は飲んでません、ビールは飲みましたが」って答えるとか(激爆)。

[PR]
by tiaokumura | 2018-07-01 10:29 | 富山 | Comments(0)

柴田力弥師匠と

f0030155_13562563.jpg(6月24日午前・記)
アップした写真、松川茶屋の前で。写真の奥が松川で遊覧船がもやってた。写真左、どこぞの大店のご隠居さん、右、そのご隠居さんの贔屓の幇間かも(激爆)。
僕が柴田力弥師匠とお会いするのは、これで2度目。師匠は僕のこと、覚えておられました。1回目は当ブログ2009年3月29日付で記事にしてます。僕に癌が見つかる2年前ってことになります。

今は無くなったみたいですが東町(あずましんち^^)に「そば・うどん処 村田屋」という店があって、ご主人が祥一さん、奥さんがゑみさん。お二人とも僕と同い年か年上でしょうね。で、ある時、確か地元紙のの日本新聞だったと思うが、「第2回 江戸の座敷芸を観る会 夜桜や~」を知った。当日参加。老舗旅館の2階が会場だったような。今じゃ信じられないでしょうが、100人くらいでいっぱい。某有名企業の社長さんご夫妻も見えてた。
「三千世界の鴉を殺し主と朝寝がしてみたい」「梅は咲いたか桜はまだかいな 柳なよなよ風次第」などもありました。師匠、興に乗って来るとバレ歌・バレ句のオンパレード(激爆)。「おそうじ」なんて、あの時初めて知りました。箱の中からナニ(芋茎?)が出てくるんです(爆)。柳屋三亀松や三木のり平の話も。師匠、「今は『にほリカ人』が多い」「もっと日本に帰りましょう」とも。あん時、師匠に膝枕してもらって、三味線、聴きました。ああいうことしたんは、わしだけじゃった(汗)。同記事にその時の写真、載ってます。

6月23日(土)、とやままちなか大学。今回は「~越中富山・大正ロマンの旅~着物でめぐる街歩き&歴史 クルーズ」。 参加者、僕を含めて6名。着物、師匠に着せてもらいました。足袋、下駄。あいにくの雨で遊覧船には乗れませんでした。残念。
今回もおもしろい話いっぱい。たけし、タモリ、など。着物のことはもちろん。志村ふくみ、一竹のことも聞きました。芸者のこと、格のこと、すみわけ、芸事、歴史のこと、女性器方言、三味線などなど。師匠の「芸NO人」ってなるほど。学芸会、楽屋落ちですもんね。おわらについても手厳しい。伯育男さん、若林美智子さんのことなども、僕、あれこれ尋ねました。自分、しゃべりすぎじゃったかも(汗)。帰り際、師匠のケータイ、教えてもらいました。やっぱケータイ持ってらっしゃるんですね。今度、東町の旅館かどこかで師匠の回があるそうな。ぜひ行ってみたいが。
今回知ったのですが、師匠は亥年。僕は戌です。
柴田師匠には富山国際学院の学生たちに着物を着せてもらったことも。僕は関わってなかったのですが。

[PR]
by tiaokumura | 2018-06-23 13:56 | 富山 | Comments(0)

市内一望 「風の城」ウオーク

f0030155_9485033.jpg今年はこれで何回目になるか、6月17日(日)ウオーキングに参加。7時20分過ぎ、家を車で出る。目指すは大沢野。こないだから僕は大久保で月・木5:20~7:00に日本語研修を担当。大沢野は大久保の先です。かつては上新川郡でしたが、婦負郡八尾がそうなったように、今は富山市に編入。大久保を過ぎ、春日温泉を右に見、「風の城ウオーキング」の案内発見。そこを左折。道なりに走る。寺家公園方面に向かうも、途中で不安になり、電話。もうあと2,3分のところだった。
市内一望 「風の城」ウオーク
参加者、シニアカップルや家族連れが多い。僕のような単独は少数派かも。主催者発表では参加者70人。デモって主催者発表と警察発表と大きく異なりますが、これは正しい数字でしょうね^^。あいさつ→コース説明・注意事項→第1ラジオ体操。自転車や車運転や水泳などと同じで、ラジオ体操、体が覚えてるんでしょうね。でも、老骨の身^^にはけっこうキツかった。僕、体力、ずいぶん衰えているんでしょうね。
芝生広場出発。3kmコースと8kmコースがあったんですが、僕は自信がないので3kmコースに参加。メンバーは20人くらいでしょうか。林道、ほぼ上り。引率の方とお話なども。猿倉山345m 風の城。竹下内閣の時にふるさとナントカってんで1億円とか出ましたよね。ここ、それを利用して風力発電を作った。福岡の会社が請け負ったとか。でもその後メンテンンスとかに費用がかかるなどして、福岡の会社は撤退。今は作動してない。ムダ、でしょうね。アップした写真、風の城で引率者に撮ってもらいました。
風の城からは下り一方。でも下りだからって楽でもない。途中の展望台ではキャンプできるみたい。BBQ準備組も。スキー場もあったみたいですが、今は赤字で閉鎖。芝生広場に戻る。全部で70分くらいの行程だったでしょうか。途中、15分くらいの休憩があった。
参加費300円、飲み物あり。完歩証もらった。帰り、心配なので受付の人に道を訊く。出て右をずーっと行けば41号線に出るとのこと。その通りで、短時間で笹津に出て41号線を右に。来るときもこれ、選べばよかったかも。
次回のウオーキングは初秋になるでしょうか、9月23日(日)午前の「雄山神社と常西用水ウオーク」に参加したい。10kmコースなんで心配だけど。

昨日の「サワコの朝」、白石加代子(「ひよっこ」、出てましたよね)。彼女は利賀時代、美空ひばりの「越後獅子の唄」、みんなで歌ってたそうです。鈴木忠志でしょうね、2番目の「親方さんに 芸がまずいと叱られて」の箇所、特に大きな声で歌ったとか^^。白石はやがて利賀を離れる。

[PR]
by tiaokumura | 2018-06-17 09:48 | 富山 | Comments(0)

ウオーキングセミナー@体育文化センター

f0030155_8475693.jpg6月9日(土)、ロックの日でしょうか^^。ウオーキングに参加。ウオーキングとウォーキングと2種表記がありますが、どう違うんでしょうね。今回は大文字の「オ」のほう。「ウオーキングセミナー」。「セミナー」ですもんね、日本人ってなんでも勉強好きなんかも(嘘爆)。家を8時過ぎに車で出る。途中コンビニで讀賣、日経、北日本購入。会場に着いたのは8時40分頃か。能楽堂のそばの体育文化センター。僕はここに入るのは初めてです。受付。200円。体育館に入る。僕のお能のお師匠さんの川田有紀子先生がおられてビックリ。先生にはGINZA SIXの観世能楽堂のこともお聞きしました。僕は9月に東京に行くので歌舞伎座と観世、行けたら行ってみたい。ウオーキングセミナー、参加者は30人弱でしょうか。シニアが多い感じ。皆さん、恰好からして僕と違ってて、靴、ちゃんと紐あり。僕は留めるやつですもんね。近いうちにウオーキングシューズってやつ、買ってみたい。5000円くらいからあるそうです。
あいさつ 講義(ウオーキングとは) ストレッチ ノルディックウォーキング
ノルディックウォーキング(こちらは小文字の「ォ」)は1930年代頃にフィンランドのクロスカントリーのオフシーズンのスポーツで始まったそうです。日本では2000年頃から。富山にストック貸し出し、3か所あるそうです。森富山市長がかの地でこれを見て、いたく感動。富山でもはやらせたいとか。
外に出る。練習の後、公園を1周。ここ、サッカーグラウンド、ずいぶんあるんですね。少年たちが何チームもやってた。サッカーママも。
11時半ころ、センターに戻る。
帰り、8番ラーメンで小野菜ラーメン(とんこつ味)、餃子。ビール、飲みたかったけんど(激爆)、ここは、がまんがまん。
アップした写真は「ノルディック・ウォーク 運動方法と効果・効能」。
今年の富山国際学院の遠足は白川郷とか。ウオーキングもあるんでしょうね。今年はこの後、
市内一望風の城ウォーク 雄山神社と常西用水ウオーク ウオーキングでYOGA 呉羽丘陵ウオーク 牛岳ウォーク さわやか猿倉ウオーク まちなかイルミネーションウオーク スノーシューウオーク
などに参加したい。こう書くと、ずいぶんあるもんです、富山にも。

[PR]
by tiaokumura | 2018-06-09 08:47 | 富山 | Comments(0)

ペッパイリンさん「ラオス&ラオス語」

f0030155_1559854.jpg(6月3日午後・記)

去年の2月上旬だったか、名古屋にある日本語学校のI.C.NAGOYAの丸山茂樹校長から僕に連絡あり。「うちの学生が富山大学経済学部を受験するのでよろしく」といった内容。富山大学経済学部は、日本留学試験の結果+大学独自の小論文・面接で合否判定。かつては富山国際学院からおおぜいが進学しましたが、近年はうちからの受験者激減。全国的にも留学生には人気が落ちてるかも。もう4半世紀ほど前になりますが、富山大学は「留学生に優しい大学」とかいうランキングの2位だったかにノミネートされたことも。

丸山先生からのご連絡で正直、ラオス出身ということで、富山大経済は難しいのでは、と思いつつも、富山で彼女と会いました。それ、記事にしてます、当ブログで。彼女と1対1は照れくさいので^^(セクハラ、パワハラも心配)、富山市民国際交流協会の日南田美幸さん、他1名も同席で、駅近くで歓迎&夕食&入試激励会。

5月のこの間、CiCの富山市民国際交流協会を訪れたら、日南田さんからペッパイリンさんが「多国言語文化交流クラス」でプレゼンするって案内もらった。このクラス、職業柄、何回も受講してます。

6月2日()CiC3F

富山市民国際交流協会 国際教養委員会講座

多国言語文化交流クラス

第150回 ラオス ラオス語

講師 Ms. Phetphaylin Chanthaboury

講義は英語、PPT使用。通訳は神保正先生。アップした写真は講義終了後。記事・写真、ペッパイリンさんの許可、得てます。写真、日南田さんのご主人に撮っていただいた。これ、ジジイと孫娘かも(激爆)。

皆さんはラオスのこと、どのくらいご存知でしょうね。たぶん、ほとんど知らないかも。僕も同じです。去年2月、ペッパイリンさんに会うんで、Wikipediaとか調べました。でも正直、ほとんどわからない国。

Ethnic groupsLa LoumLao soumgLao Tuengなど。ペッパイリンさんは多数派のLoum族。

Traditional clothes。上述3民族にそれぞれ民族衣装。

Tradition。ラオスは仏教国。Tak-Batは日本語じゃ「托鉢」でしょうね。Basic sukwanは英語で言うとspirit,soulだそうです。かの国の人々は輪廻転生とか因果応報、信じてらっしゃるみたいです。

FestivalThatluang Festival。10月の満月の頃。タイにもありますよね、水かけ祭り。ラオスではPii Mai。新年の行事、4月です。日本じゃお釈迦様に甘酒けかけるのにあたるんかも。

LifestyleBo Pen NyangIt’s alright精神。スワヒリ語じゃポレポレでしょうか。Keep calm and just chill

Family Firstな国。仕事中毒なんてほとんどいないそうです。

Lao cuisineKhaow poon(ベトナムと同じで米の麺みたい)Khaow nia(お米)、Greeng nor maiyTum Mak HoangPing Graiy Larbなど。気になるビールは^^Khaow tomKhanom knokがそうなんかも。

TourismVientianeLuang PrabangXiangkhoangが観光都市。Champasak(山寺)。壺が埋められた不思議なところも、ラオスにはある。ベトナム戦争当時の不発弾も残ってるそうです、ラオスには。

Lao Language。文字はタイ語と似ている。4tonesあり。子音×母音×4声調で、ずいぶんの音節、あるんでしょうね、ラオス語には。HelloがSABAI DEE、タイ語と似てますよね。KHOP CHAIがThank you。

最後にJapan and Laos relationship、ラオスも中国の存在感、増してるんでしょうね。
ペッパイリンさんのプレゼン中、あれこれ、質問もできた。

昨日の朝の「サワコの朝」、山田洋次監督でした。昨日の「プライム トーク」では是枝監督。立川談春が聞き手。今朝の各紙、『万引き家族』の先行上映記事。僕、週末、観に行こうかと。河瀨直美監督『Vision』も見たい。
MLBの大谷、昔風に言えば「新人類」なんでしょうね。野茂とかイチローには求道者とかサムライのイメージありましたが、大谷は違う。ユーモアがあるところなんかもすごい。
僕は朝とかにワイドショーみたいの見てますが、宮川泰介選手、すばらしかった。日大、かつて古田会頭の時の秋田明大とか思い出した。あの頃と状況、似てるんかも、日本大学は。井上コーチも、まさかこうなるとは思ってなかったんでしょうね。アメフト(以前は、アメラグ、とか言ってたような)、かつて京都大学も危機に。当時、ブログ記事で「月こそかかれ、吉田山」とかの記事、アップしてました、その時。京都大は高岡高校出身の東海や屋敷、いました。水野監督時代。


[PR]
by tiaokumura | 2018-06-02 15:59 | 富山 | Comments(3)

八尾おわら坂の町ウォーク

f0030155_1142485.jpg(6月2日朝・記)
八尾(大阪は「やお」ですが富山は「やつお」です)、今は富山市に編入。かつては婦負郡(ねいぐん)だった。富山市になってよかったんでしょうかねえ。時代の流れでしかたなかったのか。住民じゃない自分がこういうこと言うのもなんですが、富山市にならないほうがよかったような気も。今朝(6月2日)の朝日「ナカニシ先生の万葉こども塾」に
婦負(めひ)川の早き瀬(せ)ごとに篝(かがり)さし八十伴(やそとも)の緒は鵜川(うかわ)立ちけり
越中の国司だった大伴家持の歌。
5月27日(日)、「八尾おわら坂の町ウオーク」に参加。これ、去年は申し込み時点でいっぱいで断られた。今回は参加可に。JRで富山→八尾。集合場所の「八尾町民ひろば」までは駅から徒歩10分とのことだったが、20分くらいかかった。受付「28」番。皆さんもう準備運動中で、自分、ギリギリの参加。
町民広場駐車場→黒瀬谷交流センター→ゆめの森テニス場→城ヶ山公園→諏訪町、といったコース。途中、坂道上りがキツく、ここでやめて帰ろうかとも(激爆)。なんとか完歩。11時半ころ、スタート地点に。
アップした写真は八尾の町。ここ八尾に「おわら風の盆」時には25万とかの人が来るとか。坂道、風情があるんでしょうね。ここを町流しする。観光客が左右に陣取って眺める。中には踊りに参加タイムも。アップした写真の前方は今回のウオーキング参加の皆さん。自分、すっかり取り残されちゃってます^^。
帰り、富山駅近くの旅館食堂で昼食。八尾発13:06で富山へ。SUICAは使えなかった。

[PR]
by tiaokumura | 2018-05-27 11:42 | 富山 | Comments(0)