人気ブログランキング |

カテゴリ:富山( 400 )

細川光洋:吉井勇と高志びとたち~戦中日記より(北日本新聞)

吉井勇(よしい・いさむ1886-1960)。「いのち短し戀せよ少女(おとめ)」(「ゴンドラの唄」作曲:中山晋平)。「かにかくに 祇園はこひし 寝(ぬ)るときも 枕のしたを 水のながるる」。「珈琲の濃きむらさきの一椀を啜りてわれら静こころなし」。晩年は爵位返上、京都北白川に住み、祇園通いとか。
富山県の地元紙北日本新聞2018年8月1日付(1945年8月1日から2日、富山大空襲)に「歌人・吉井勇の日記」。吉井勇は婦負郡八尾町(ねいぐんやつおまち。現在は富山市に編入)に疎開してた。当時の彼の日記『續北陸日記』(京都府立京都学・歴彩館所蔵)を細川光洋教授(静岡県立大学。日本近代文学)が確認。富山大空襲には「その悲惨なる光景は、さながら地獄の変相図を見るが如し」との記述。
吉井の日記『續北陸日記』『洛東日録』『北陸日記』、B6版ノート2冊。北日本新聞「吉井勇と高志びとたち~戦中日記より」が細川教授執筆、毎月第2木曜・第4木曜と連載が始まった。

細川光洋:吉井勇と高志びとたち~戦中日記より
(北日本新聞2018年8月9日~2019年3月28日。全16回)
1 藻谷銀河 薬の返礼 歌に込める 仲間の招き 八尾へ疎開
2 翁久允 雪中の来訪に親愛の情 疎開翌日の日記から3首
3 川崎順二 八尾疎開のキーマン 「おわら」新作 期待も
4 谷井秀峰 和紙が結んだ出会い 「甚六会」最年少の同人
5 長谷川剣星 客観的に疎開時代記す 八尾の”かたりべ”
6 小杉放庵 酒間の友 気脈通じる 八尾疎開時に再会
7 小谷契月 八尾の文化の至宝 風土と結びつく歌ごころ
8 林秋路 おわら板画家 笛の名手 信じた芸の道に生きる
9 富山大空襲 身近な人々を失う 警報の日時 逐一記録
10 終戦 「玉音」に涙 無念にじむ 歌集原稿を破却
11 廣田不孤斎 美術談議に花咲かせる 古美術商 疎開で八尾へ
12 吉田桂介 手漉き和紙一筋 青年時代 歌通して交流
13 玉生寛治 美術愛した酒屋の主人 打ち解けた関係築く
14 宮田旅館の娘たち 散歩に誘い 歌教える 疎開時 2カ月滞在
15 「人情の酷薄」の真実 背景に「居所」問題 希望叶わず苛立ち
16 残夢 再び京都へ 深い感慨 宝青庵で3年過ごす
by tiaokumura | 2019-04-14 13:40 | 富山 | Comments(0)

シアター・スクールinTOGA

f0030155_16114543.jpg(3月17日午後・記)
3月16日利賀。僕は会員なってて、このイベントの案内が来た。申し込む。富山駅南口からバス便あり。けっこう年配の方が多い感じ、乗車客。
現地。村川いづみさん、井端さんもご参加。中学・高校一緒だった花崎君もご夫婦で参加。
演劇祭の吉田忠裕実行委員会長あいさつ。
安藤裕康・国際交流基金理事長、基調講演。
会場を移して、これが観たかった、稽古風景
稽古では、鈴木主宰が独自の俳優訓練法「スズキ・トレーニング・メソッド」を紹介した。足を大きく踏み鳴らす独自の歩き方や、呼吸の調整といった演劇表現に必要な所作を直接俳優に指導。観客は目の前で繰り広げられる迫真の演技に見入ってた。(北日本新聞3月17日付引用)
昔、銀盤だったかのTVCMで、利賀の稽古風景、やってた。
アップした写真、女優の稽古風景。
稽古中、三島『サド侯爵~』の女優2人、歌謡曲『影を慕いて』(鈴木さんによると、古賀曰く「革命の歌」だそうです。知らなんだ)男優陣、黒部で上演の『ディオニュソス』女優陣も。途中、病気の人、出て、花崎君が医者なんで、対応した。こういうことって、あるんですね。
トークセッション。鈴木主宰、安藤理事長、石井隆一富山県知事。

シアター・オリンピックス、8~9月に南砺市利賀地域と黒部市。ロシアでは6~11月にサンクトペテルブルグで。利賀、黒部で、観てみたい。
by tiaokumura | 2019-03-16 16:11 | 富山 | Comments(0)

ヨガ座禅@最勝寺

f0030155_2146036.jpg(1月24日午前・記)
最勝寺、富山の古刹なんでしょうね。僕は朝日新聞2018年10月2日付「食事から知る禅の教え」で、最勝寺を知った。1197年創建の曹洞宗・最勝寺。記事に紹介されてたのは「行鉢(ぎょうはつ)」。僕はその後、「行粥(ぎょうしゅく)」に参加。ブログ記事、アップしてあります。
今回は「ヨガ坐禅」に参加。「ヨガ坐禅」って、ヨガをしながら坐禅じゃありません(笑)。1月19日(土)、夕方家を車で出る。お寺は富山空港の近くにあります。寺の境内に駐車してお寺に。和尚さん、僕が前に来たこと、覚えてらっしゃった。自分、記憶アホでこういうこと、できない。すごいですね、1回しか会ったことがない人のこと、わかるなんて。待つことしばし。待ってた座敷のテーブルにダッチコーヒー・セッティング。水出しコーヒー。
まず、ヨガ。先生は女性。自分、体、硬いんでしょうね。いろんな指示、ほとんど無理じゃった。参加者は女性・男性合わせて7名くらい。和尚さんによると、インフルエンザで10名くらいキャンセルとか。ヨガ50分ほど。
次は坐禅。座るまでにもいろんな注意(約束事?)があるもんなんですね。和尚さんの説明の後、約15分の坐禅。
ヨガも坐禅も初体験。終ったあと、お茶などもできたみたいですが、自分は帰った。
谷内良徹和尚には『食べる禅』(三才ブックス)って監修本あるそうです。最勝寺では「行鉢」「ヨガ坐禅」「行粥」の他に「写経」「マインドフル坐禅」、音楽イベントも。
by tiaokumura | 2019-01-19 21:46 | 富山 | Comments(0)

氷見昭和館

f0030155_14222077.jpg(12月26日夜・記)
この12月に6日間ほど、高岡のほうで日本語授業担当。朝は6時半に車で家を出て、途中コンビニで朝食昼食購入。コンビニ駐車場で朝食^^。そのあと8時半ころ会場入り。昼食、会場で電子レンジ借りられて、ナポリタンやらカレーやらチャンポンやらなんやら食べました。
講習会場近くにアップした写真の「氷見昭和館」見っけ。「氷見」、「ひょうみ」じゃありません「ひみ」です^^。授業の後ここに寄りました。館長でしょうか、濃い男性が出迎え。入館料が500円。彼、「500万円」と。自分も悪乗りして「1000万円で、おつりを」と(激爆)。彼、僕よりは年下かなあ。喫茶コーナーみたいのがあって、そこにはたぶん奥様。展示がすごい。ようもまあ、こんなガラクタ、いや失礼、貴重なコレクションできたもんだと、ただただ感心。ゆっくり見りゃ3時間くらいは持つでしょうね。ここ、再訪はするかなあ。平成が間もなく終わり。「昭和またはるかに遠くなりにけり」でしょうね。

by tiaokumura | 2018-12-18 14:22 | 富山 | Comments(0)

2018国際交流フェスティバルin TOYAMA

f0030155_13225925.jpg(12月9日夜・記)
富山県内の各市町で「国際交流フェスティバル」ってやってるでしょうが、この「国際交流フェスティバルin TOYAMA」が、たぶん一番規模が大きい。

2018国際交流フェスティバルin TOYAMA
観て、聴いて、食べて イベント盛りだくさん!
2018年11月11日(日)10:30~16:30
会場:富山駅、CiCビル

以前は土、日2日間だったのが日曜だけに。でも会場はCiCビルだけだったのが、富山駅構内でも。あいにくこのイベントと日本留学試験が重なって、富山国際学院の学生の多くは参加できない。学院として何らかの形でこのイベンに参加したいと思っているのですが、難しい。
今年、このフェスティバルの「外国人カラオケ大会」に、学院生のビギャンさん(ネパール)が出演。残念ながら僕は聴けなかったのですが、彼、みごとに準優勝。『海の声』を歌ったそうです。この曲、ケータイのCMで歌われてた。沖縄雰囲気の歌ですよね。彼が歌ったんで、その後、僕、YouTubeで聴いて、「ああ、この歌か」と。優勝はベトナム人だったそうです。ベトナム人留学生が増えていますが、優勝した女性は技能実習生かも。
アップした写真、ビギャンさん。富山駅構内のネパールのブースで撮りました。
by tiaokumura | 2018-11-11 13:22 | 富山 | Comments(0)

「生誕100年記念特別展 堀田善衞 世界の水平線を見つめて」 

f0030155_101711100.jpg(11月6日夜・記)
生誕100年記念特別展
堀田善衞
世界の水平線を見つめて

高志の国文学館
~12月17日

11月4日(日)、展覧会、行ってきた。
本展の構成は
第一章 観察者が生まれた故郷 伏木・金沢・東京
第二章 文学者としての出会い 上海・インド・アジア
第三章 歴史の重層性の中に生きる スペイン・ヨーロッパ
堀田善衞とスタジオジプリ 路上の人

↑メモしてきたのですが、我ながら悪筆で^^構成のメモが読み取れない。後日、書き足します。堀田、フランス関係はもちろん、ゴヤなどの美術、明月記・鴨長明などの古典、もちろん音楽も、ずいぶんすごい人。こういう人、今の文学者でいないでしょうね。
この日、「連続読書会」。
堀田善衞の小説を読む-音楽に注目して
作品/若き日の詩人たちの肖像
講師/小林加代子
小林さんは竹久夢二の時に蓄音機回してた人です。今回も彼女、蓄音機回して2曲。
リュシエンヌ・ホワイエ「パルレ・モア・ダムール...」
マルセル・モイーズ「ドップラー ハンガリアン・パストラール」
シャンソンは『若き日の詩人たちの肖像』単行本p72下に出てきます。フリュート曲は同書p232下に出てきます。小林さんによると11月28日、展示替えだそうです。僕、また観に行きたい。
今、集英社新書で『堀田善衞を読む』が出てます。ネットなどで「堀田善衛」表記が見られますが、「善衞」が」正しいんでしょうね。
高志の国文学館、山田孝雄も。「国語・国文学研究に情熱 山田孝雄」。

by tiaokumura | 2018-11-04 10:17 | 富山 | Comments(4)

2018 国際交流フェスティバル in TOYAMA

f0030155_13473636.jpg(11月3日午前・記)
2018国際交流フェスティバルin TOYAMA
観て、聴いて、食べて
イベント盛りだくさん!
2018年11月11日(日)10:30~16:30
会場 富山駅、CiCビル
富山駅
各国紹介ブース ありがとうコレクション 知る 体験する
CiCビル1階・3階
観る・聴く 知る 体験する 交流する 食べる

富山で一番大きい国際交流フェスティバル、今年は11月11日(日)に開催です。僕も行ってみたい。この日、外国人カラオケ大会に富山国際学院のネパール人学生が出場するそうで、どんな歌、歌うんでしょうね。ただ、この日は日本留学試験@北陸大学で、富山国際学院の学生たちの多くも受験。せっかくのこのイベントに参加不可能です。いつか、富山国際学院もこのイベントに何か出してみたい。いろんな発信って、大切ですよね。
by tiaokumura | 2018-10-28 13:47 | 富山 | Comments(0)

外国語ボランティア養成講座 後期~富山の生活編~食事

f0030155_16142171.jpg(10月28日午後・記)
10月27日(土)富山市民国際交流協会の多文化共生事業「外国語ボランティア養成講座 後期 ~富山の生活編~食事」を受講。この日、午前は勤務先の富山国際学院で外部授業の報告書作りなど。昼食後、学院から歩いて富山駅南口にあるCiCへ。
アップした写真、講師の方のホワイトボード板書。講師は松井満さん。松井さんは「富山エクセルホテル東急 レストランリコモンテ」のアシスタントマネージャー。講義は
わが国の食文化 おもてなしの心 食事の国際**について アレルギー表示義務 食中毒 食文化(宗教) 日本の食文化 世界の三大珍味 世界の朝食 パーティについて 世界のお酒
といった内容。

松井さんの講義の後、英語・中国語・韓国語などに分かれて通訳練習。僕は英語初級に参加。スクリプトでは、朝食の、ご飯、味噌汁、漬物、納豆、焼きのり、生卵などが英語で説明。講師はCalen Keathさん。カナダ人。彼によると、いろんな食材、コストコってとこで買えるそうです。smorgasbordって言葉、初めて知った。この単語、バイキング(村上信夫@帝国ホテルの造語)、ビュッフェ(これはフランス語ですよね)に当たる。英語圏ではこれでしょうね。
富山では護国神社近くの「くろわっさん」でハラル食パンが買える。CiC地下のラーメン屋では「ハラルラーメン」開発とか。

次回のこの講座は「年金」。僕はパス。その次の「来日してからの必要な手続き」には参加予定。来年1月26日(土)。

by tiaokumura | 2018-10-27 16:14 | 富山 | Comments(0)

森田真生(独立研究者)「数学の演奏会 言語から生命へ」

f0030155_1581624.jpg(10月14日午前・記)
10月13日(土)、「数学の演奏会 言語から生命へ」に参加。これ、富山市のミニシアターほとり座に置いてあったリーフレットで知った。難しそうだけどおもしろそうなんで、主催者の加藤陽子さんにメールで申し込み。当日、会場で飲食可ってことなんで、道の駅黒部でお刺身・煮つけなど購入。そのあと、時間に十分余裕をもって会場に向かったんですが、道が全然わからん。思わず、加藤さんのケータイにTEL。で、道、わからんで(泣)。2回目のTELでは「わからんだら諦めます」と開き直ってもうた^^。で、また戻って「宮野運動公園」を目指し、なんとかたどり着けた。会場はシーラカンス毛利武士郎記念館。受付。加藤さん、やっぱ一本げたでした。庭で昼食。
1時ころ、開始。森田真生さん、よう歩く人です。自分、こういう時はできるだけ前に座るようにしとるんですが、森田さんのごく近くに位置。最前列左。ノートも取った。

前半。
森田さん、自己紹介。シカゴ時代、マイケケル・ジョーダンの家の近くに住んでたそうです。高校のバスケ時代、甲野さんに指導も。甲野さん、古武術ですよね。森田さんの出身高校のバスケ部のこと、TVで見たような気がする。彼の高校、全国大会で明成と戦ったんかしらん。岡潔。森田さん、神保町の古本屋さんで『日本のこころ』を100円?で購入。帝網。モンティ・パイソンの映画『哲学者サッカー』。こういうのあるの知りませんでした。いつか見てみたい。岡潔「多変数解析関数」。岡潔、こないだTVドラマ、やってましたよね。岡潔役の俳優、誰だったか。ドラマでは岡のフランス時代も。「数は平面上に住んでいる」、コーシーの積分定理、ハルトークスの逆問題、層の理論、カルタン。森田さん、東大生時代に、シリコンバレーに。そのあと「すずきけん」さん(表記不明)と出会う。二人で会社を立ち上げ。どこにもないものを対象とするのが数学である。自分の分別のある世界・自然界・法界。岡潔「内外二重の扉がともに開け放たれ、清冷の外気が吹きこんできた」。森田さん、文系から東大数学科に入学。岡潔「数学の中心は情緒」。情は「こころ」、緒は「糸口」。global、local。局所localと大域global。葉っぱ。

休憩。森田さんにブログ用の写真をおねだり(笑)。アップした写真がそうです。バックには岡潔のジャンプ写真。これは週刊朝日だそうです。岡さんの横に野良犬。この犬はこれが縁で新しい飼い主に恵まれたそうです。近くの原っぱに散歩。
(続)


この記事は当日のノートを基に書いています。固有名詞・事実など間違いがあるかもしれません。ご容赦を。
ブログ掲載については森田真生先生の許可を得てます。

by tiaokumura | 2018-10-13 15:08 | 富山 | Comments(0)

常西合口用水

f0030155_1149525.jpg(9月25日朝・記)

去年から始めたウオーキング、今年3回目になるかなあ。

9月23日() 雄山神社と常西用水ウオーク

自分、30歳までの人生、ほぼ均等に3か所に居住してた。住友、上滝、東京。今回はその上滝が。小学4年生から高校3年生まで過ごしました。小学校の時はMさん(のちに亡くなったことを知った)やSさん(ええとこのお嬢さん、って感じだった)が好きになったり、中学の時は送球部(当時はそういう言い方、今はハンドボール)や走高跳(体育の授業でけっこう跳べたんでしょうね、県体にも出た。今はハイジャンプ)。あの当時の部活の練習は水はダメ、うさぎ跳び、先輩は神様。今じゃパワハラでしょうね^^。学業成績、そこそこよかったかも。でも書道と理科と家庭が苦手で(書道なんか100点満点で30点台だった。今、よう日本語教師やっとるもんです^^)。スポーツはけっこうできたんでしょうね。リレー走者にも。運動会で壇上でラジオ体操、やったことも。就職組もいるクラスでしたが、前田英雄先生(故人)のお勧めで富山高校に進学しました。中学時代はKさんが好きになり、彼女のイニシャルがある地図記号に似ててそれを暗号にしたり^^。当時まだあった大川寺遊園地・公園でA君と夏の夜語り合った思い出も。「そぞろ歩きは軟派でも 心にゃ硬派の血が通う」なんて青春前期だったかも()。同級生のY君がかっこよかた。

9月23日()、ポートラム→地鉄、上滝駅。ホームの駅舎、昔のままでしょうね、木造。上滝-南富山は通学電車。男女、別々に近かったかも、車両。あと、高校別に乗車箇所分かれてたり。不二越・上滝線に乗るのは中学の同期会が沿線のマンションで開かれるので乗車して以来かも。9時受付開始だったんですが、電車富山発7:58、上滝着8:26があるってことで、富山地方鉄道を利用。やがて東京に行った目からすると、沿線、のどかな田園地帯。でも昔と違って、住宅、工場、ずいぶん増えたんでしょうね。映画『RAILWAY(三浦友和 余貴美子 他)、地鉄です。今回思ったんですが、電車のアナウンス、日本語と英語で(こういう地方の私鉄にも英語アナウンス、あるんですね。そういえば富山駅、けっこうな数の外国人観光客だった)、アクセントが異なってた。

アップした写真、常西合口用水(じょうさいごうくちようすい)。本当はもっと上流でシャッターチャンスがあったんですが、やり過ごしてしまった。その内に自分が最後尾ってことに気付いて、慌てました^^。今回のコースは
大山総合体育センター→熊野神社前→大川寺禪寺前→大川寺駅→岩峅寺雄山神社→常西水神社→常西用水プロムナード→殿様林緑地公園前→雷鳥大橋→大山総合体育センター
雄山神社、子どもの頃と異なる、初めての入り方。多賀宮側から。御朱印、もらいました。
今回のウオーキング、距離9.8km、約2時間40分、1万3千歩。自分にはきつかった。



by tiaokumura | 2018-09-23 11:49 | 富山 | Comments(0)