人気ブログランキング |

カテゴリ:映画( 167 )

『金子文子と朴烈』

f0030155_10222006.jpg(4月13日午後・記)
金子文子と朴烈
2017年(日本公開は2018年) 韓国 128分 朝鮮語・日本語
スタッフ
監督:イ・ジュンイク
脚本:ファン・ソング
製作:イ・ジョンセ ショーン・キム

キャスト
イ・ジェフン(朴烈) チェ・ヒソ(金子文子) キム・インウ(水野錬太郎) 山野内扶(布施辰治) 金守珍(牧野菊之助) 劇団新宿梁山泊メンバー 他

痛快な映画。日本じゃなく韓国がこの映画作ったって、なんか日本人として恥ずかしい気も。日本で誰かこういうの作れなかったんでしょうかね。出演者の日本人役、金子文子、水野錬太郎など多くを韓国人が。彼女ら・彼らの日本語、違和感、ほとんど、ない。当時の再現もすごい。朴が人力車で登場する場面もそうですが、どれも韓国でセットしたんでしょうね。大審院法廷場面では、「そうだ、そうだ」と共感した。
金子文子、若い人はもうあまり知らないようだが、岩波文庫に『何が私をこうさせたか』、入ってる。これを読むと(僕は再読。前は「こう」は「かう」だったかも)、いかに悲惨な人生だったか、そんな中で僕なんかの及びもつかない文章作成リテラシーや表現能力を身に付けたのか、しばしば感動する。
ほとり座」で鑑賞。混むかと心配だったので事前に予約しておきました。当日、若い女性も何人か観に。
映画中、もちろん関東大震災も。「じゅうごえんごじっせん」。ずいぶん虐殺されたんでしょうね。例の問題写真撮影も。ここの二人も、おもしろい。担当検事、悩んだんでしょうね。上司のパワハラもあったし。
パンフレットにブレイディみかこも寄稿。彼女、こんど岩波から本出ます。僕、彼女は岩波の「図書」連載で知った。彼女、寄稿文中に金子の歌「たはむれか はた真剣か 心に問えど 心答えず にっとほほ笑む」を引用。同パンフレットにはブレイディの他に瀬戸内寂聴、岩井志麻子、足立正生、鈴木邦男、福島泰樹、西村賢太らもコメントを載せる。
by tiaokumura | 2019-03-30 10:22 | 映画 | Comments(0)

『僕の帰る場所』

f0030155_10152640.jpg(2月24日午後・記)
僕の帰る場所』(英題PASSAGE OF LIFE)
2017年 日本・ミャンマー 98分 日本語・ミャンマー語
スタッフ
脚本・監督・編集:藤元明緒
撮影監督:岸建太朗
音響:弥栄裕樹
ミャンマーコーデネィション:アウン・コー・ラット

キャスト:カウン・ミヤッ・トゥ(兄・カウン) ケイン・ミヤッ・トゥ(母・ケイン) アイセ(父・アイセ) テッ・ミヤッ・ナイン(弟・テッ) 來河侑希 黒宮ニイナ 津田寛治 他

東京の小さなアパートに住む、母のケインと幼い二人の兄弟。入国管理局に捕まった夫アイセに代わり、ケインは一人家庭を支えていた。日本で育ち、母国語を話せない子ども達に、ケインは慣れない日本語で一生懸命愛情を注ぐが、父に会えないストレスで兄弟はいつも喧嘩ばかり。ケインはこれからの生活に不安を抱き、ミャンマーに帰りたい想いを募らせてゆくがー(『僕の帰る場所』公式サイトより引用)

入管法改定で、外国人材、新たな受け入れがこの4月から。富山国際学院約60名も、僕ら日本人にとっては「外国人」。彼ら・彼女らも含め、「外国人」が「生活者」としてこの国で生きていけるよう、誰もが何かできることをしなければならない。「日本語教師」の僕も同じ。本映画、ずいぶん評判いいみたい。母・兄・弟は実際もそう。演技、特に兄、すばらしい。
本映画、ほとり座で。念のためと思って予約しておいて良かった。2月11日(月・祝日)、ビックリするくらいの観客の入り。当日、藤元明緒監督の舞台あいさつもあったが、それはスキップした。監督は、富山(ほとり座)・石川(シネモンド)・福井(メトロ劇場)と回ったみたい。
by tiaokumura | 2019-02-11 10:15 | 映画 | Comments(0)

『止められるか、俺たちを』

f0030155_10273739.jpg(1月27日午後・記)
止められるか、俺たちを
1969年、若松プロダクション-こんなにも命懸けで、こんなにもバカで愛おしい時間が、本物の映画を作っていた。
2018年 日本 119分 日本語
監督:白石和彌
脚本:井上淳一
音楽:曾我部恵一

キャスト:
門脇麦 井浦新 山本浩司 岡部尚 大西信満 タモト清嵐 満島真之介 高良健吾 寺島しのぶ 奥田瑛二 他

僕らの世代には若松孝二(わかまつ・こうじ1936-2012)は忘れられない映画監督。彼、「その後」も数々の映画。富山にも井浦新と一緒に舞台挨拶に。あの時はファンがずいぶん来てたなあ。サイン会、すごかった。若い女性が多いのもビックリ。あれは井浦目当てだったんだろうか。その時の、ブログ記事、あり。井浦は安藤サクラと一緒に、これまた富山で舞台挨拶も。
本映画。吉積めぐみ(よしづみ・めぐみ1948-71)って知らなかった。演じた門脇麦、これからどう成長するか、楽しみな女優。若松孝二役はもちろん井浦新。いつもと違った感じで演じてる。
パンフレット(アップした写真)、巻末にシナリオ掲載。井上淳一「完成台本」。頭注で、「安田講堂落城」「蠍座」「三島が自衛隊で腹切って死んだ」「草加次郎」「ゴダール」「重信房子」「遠山美枝子」など解説あり。若松映画は『胎児が密猟する時』『女学生ゲリラ』『処女ゲバゲバ』『通り魔の告白 現代性犯罪暗黒編』『初夜の条件』『ゆけゆけ二度目の処女』『壁の中の秘事』『性教育書 愛のテクニック』『秘花』など。吉積は1971年5月ラブホ用映画『浦島太郎』で最初で最後の監督。同年9月12日死亡。映画でも自殺か事故死か不明。
この映画、1月26日(土)ほとり座で。予約しておいたのよかったかも。ほぼ満席だった。ほとり座、来月上映の『僕の帰る場所』、観たい。在日ミャンマー人家族の物語。

映画の後、大和のドンクでパン購入、末広軒で昼食。そのあと、CiCで富山市民国際交流協会「外国語ボランティア養成講座 後期 ~富山の生活編~ 第3回 来日してからの必要な手続き」受講。ポートラムで帰宅。城川原駅近くの「」でカフェオレ。夜はもちろん大坂なおみ全豪、見た。

by tiaokumura | 2019-01-26 10:27 | 映画 | Comments(0)

ボヘミアン⋅ラプソディー

f0030155_9364598.jpg(1月20日午前・記)
ボヘミアン・ラプソディ』(原題Bohemian Rhapsody)
2018年 イギリス・アメリカ合衆国 134分 英語
監督:ブライアン・シンガー
脚本:アンソニー・マクカーテン
原案:アンソニー・マクカーテン ピーター・モーガン
音楽:ジョン・オットマン

出演者:
ラミ・マレック ルーシー・ポレイトン グウィリム・リー ベン・ハーディ ジョゼフ・マゼロ 他

総曲輪で予告編を見た時は、音楽映画だしそんなに観ようと思わなかった。でも新聞などで映画評など読んでいる内にぜひ観たいと。富山国際学院での同僚・粕谷さんは昨年末に既に観てた。この映画、アメリカで既に賞も。この映画、三が日に観る計画だったんですが、いろいろあって、結局、1月14日(土)に観た。
QUEEN、さすがの僕も名前くらいは知ってましたが^^、あの当時、特に聴くことはなかった。自分に無縁なバンドだった。
映画。ファルーク・バルサラ、パキ野郎・家庭・バンド加入(フレディ・マーキュリー誕生)からQUEENでの活動・恋愛・成功、やがて、バンド脱退・ソロデビュー、そして最後、ライヴ・エイド・・・。
フレディが血を吐く場面はAIDSだったんでしょうね。バンドメンバーがビルの下から石投げてガラス割る場面は爽快^^。こういう点、ストーンズのほうがやんちゃじゃなかったんでしょうね^^。マレックの演技、すばらしいんでしょうね。富山国際学院の同僚の旭さんによると、QUEENの他のメンバー、そっくりだそうです。本映画、アカデミー賞はどうなんだろう。
by tiaokumura | 2019-01-14 09:36 | 映画 | Comments(2)

ジブリの大博覧会

f0030155_11122190.jpgなんで富山でジブリといささか不思議ですが(東京、大分、兵庫、広島など巡回)、12月30日(日)、行って来ました。けっこう混んでて入場10分待ち。若冲で3時間ほど上野で並んだことがあるが、富山で入場待ちって珍しいでしょうね。家族連れが目立った。ときどき中国語が聞こえた。富山在住の外国人も来てることでしょうね。

ジブリの大博覧会
~ナウシカからマーニーまで~

~2019年2月24日(日)
富山市ガラス美術館

構成は
3F
ジブリのバー ジブリのポスターその1 鈴木プロデューサーの机 ジブリの宣伝 ジブリのポスターその2 メディアとジブリ コニャラ ジブリの倉庫 ジブリの30年
2F
ジブリの幻燈楼 スタジオジブリ空とぶ機械展 空へのあこがれ タイガーモス号 なぜ飛行機は空を飛ぶのか ジブリの空とぶ機械たち ねこバス

シニア料金はなかった。パンフレット600円。写真撮影、館内何か所かでOKみたい。ねこバスのところも。
ジブリ作品30くらいあるのでしょうか(スタジオジブリは1985年設立。宮崎駿、高畑勲、鈴木敏夫ら)。僕はそんな熱心なジブリファンじゃなく、『風の谷のナウシカ』『となりのトトロ』『魔女の宅急便』『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』くらいかなあ、観てるのは。日本語授業(僕は富山国際学院という日本語学校で日本語教師)で宮崎アニメ、外国人学生に薦めてます。母国で観たって学生もけっこういる(字幕か吹替でしょうか)。ちなみに先年亡くなった我が家の愛猫、名前はキキだった。このブログにも登場してるはず。
アップした写真、会場で。

展覧会の前、富山駅構内のポストに年賀状、投函。今年は100枚くらい。ここんとこ年内に投函できてます。展覧会のあと総曲輪「丸一」で昼食。ポートラム城川原駅近くの喫茶店でカフェオレ。朝はけっこう雪が降ってましたが、すっかりやんで青空も。
by tiaokumura | 2018-12-30 11:12 | 映画 | Comments(0)

イングマール・ベルイマン監督『第七の封印』

f0030155_19513582.jpg(12月13日午後・記)
第七の封印』(原題Det sjunde inseglet)
1957年 スウェーデン スウェーデン語 96分
監督:イングマール・ベルイマン
脚本:イングマール・ベルイマン
製作:アラン・エーケルンド
音楽:エリク・ノルドグレン
撮影:グンアール・フィッシェル
出演者:
マックス・フォン・シドー グンアール・ビョルンストランド ベント・エケロート ニルス・ポッペ オーケ・フリーデル モード・ハンソン 他

土着信仰とキリスト教信仰が混在する中世の北欧を舞台に、十字軍の遠征から帰途についた騎士と死神の対決を通して神の存在を問い掛けた作ん。・・・神の不在という実存主義的なテーマに挑んだ問題作・・・(「ウイキペディア」より引用)
僕のようなキリスト教にも西欧文明にも疎い者にはわかりにくい映画でしょうね。実存主義。なんか懐かしい言葉^^です。「第七の封印」はもちろん新約聖書ヨハネ黙示録です。
今回の「ベルイマン生誕100年映画祭 デジタル・リマスター版」は全10作品。
前期『夏の遊び』『夏の夜は三たび微笑む』
中期Ⅰ『第七の封印』『野いちご』『魔術師』『処女の泉』
中期Ⅱ『鏡の中にあるごとく』『冬の光』『沈黙』『仮面/ペルソナ』
後期『叫びとささやき』『秋のソナタ』『ファニーとアレクサンデル』
僕は『沈黙』がみたかったが、富山・ほとり座では上映されなかった。この「100年祭」にコッポラやウディ・アレン、チャン・イーモウ、トリュフォー、キューブリック、大林宣彦らがコメント。以下、スティーブ・スピルバーグ
あなたの映画は常に、私の心を揺さぶった。/作品の世界観を作り上げる巧みさ、鋭い演出、安易な結末の回避、そして人間の本質に迫る完璧な人物描写において、あなたは誰よりも卓越している。
by tiaokumura | 2018-11-15 19:51 | 映画 | Comments(0)

イングマール・ベルイマン監督『仮面/ペルソナ』

f0030155_19415550.jpg(12月11日午後・記)
仮面/ペルソナ』(原題PERSONA)
1967年 スウェーデン スウェーデン語 82分
監督:イングマール・ベルイマン
製作:イングマール・ベルイマン ラーシュ=オーベ・カールベルイ
脚本:イングマール・ベルイマン
撮影:スヴェン・ニクヴィスト
音楽:ラーシュ・ヨハン・ワーレ
出演:ビビ・アンデーション リヴ・ウルマン グンナール・ビョルンストランド マルガレータ・クルーク 他

映画監督と女優って濃い関係なんでしょうが、この映画ではウルマン(舞台俳優エリザベート)とアンデーション(英語読みだとアンダーソンでしょうか。看護婦アルマ)が競演。どちらも、ベルイマンのミューズでしょうね。
舞台女優のエリザベートは仕事も家庭生活も順調で何不自由ない生活を送っていたが、突如として失語症に陥ってしまう。海辺の別荘で療養生活を送ることになった彼女は、献身的に世話をしてくれる看護婦アルマと親しくなる。しかし共同生活を続けるうちに、互いの自意識の仮面が徐々に剥がれ落ちていき・・・。(ネットの映画解説より引用)
エリザベートの出産話、アルマの浜辺での少年たちとの性交・妊娠・中絶の話。ドッペルゲンガーの部分は我々東洋人にはよくわからない感じも。ヒッチコックの映画にも通じる「怖い映画」、かも。
by tiaokumura | 2018-11-13 19:41 | 映画 | Comments(0)

イングマール・ベルイマン監督『野いちご』

f0030155_1813146.jpg(12月9日夜・記)
僕は若い頃から映画が好きで、東京時代にはいわゆる名画座(今はミニシアターか)でもよく観たものだ。イングマール・ベルイマン(1918-2007)は『沈黙』を観てるはず。自分、老人力全開で記憶アホなってんで^^、そのあたり危うい。なんかようわからん映画だったような。
ベルイマンの生誕100年ってことで、「ベルイマン生誕100年映画祭 デジタル・リマスター版」8作品。ここ富山でも「ほとり座」で6作品上映。僕はその内3本観た。『処女の泉』も観たかったが、都合がつかなかった。

野いちご
1957年 スウェーデン スウェーデン語 91分
監督:イングマール・ベルイマン
撮影:グンナール・フィッシェル
出演:ヴィクトル・シェーストレム イングリッド・チューリン ビビ・アンデション 他
タルコフスキーがオールタイム・ベストとして挙げた名作。人間の老いや死、家族などをテーマに、車で旅する老医師の一日が夢や追想を織り交ぜながら語られる。青春時代の失恋を野いちょごに託した叙情的な一編。女性を描く名手ベルイマンのミューズ、ビビ・アンデションとイングリッド・チューリンが艶やかに競演。(パンフレットより引用)
by tiaokumura | 2018-11-11 18:13 | 映画 | Comments(0)

『1987、ある闘いの真実』

f0030155_18265661.jpg(11月25日午前・記)
1987、ある闘いの真実』(原題『1987』)
1987年、一人の大学生の死が人々の心に火をつけた-
国民が国と闘った韓国民主化闘争を描く衝撃の実話!
2017年 韓国 韓国語 129分
監督:チャン・ジュナン
キャスト:キム・ユンソク ハ・ジョンウ ユ・ヘジン キム・テリ カン・ドンウォン ハク・ヒスン 他
字幕翻訳:小寺由香
こういう「事件」あったんですね。知りませんでした。日本ではどのくらい報道されたんだろう。日本のこの年の流行語は、マルサ、朝シャン、カウチポテト、花金、バブル、地上げ屋など。『サラダ記念日』『ノルウェイの森』『MADE IN JAPAN』もこの年。
ソウル大学の学生が取り調べ中に命を落とす。新聞がスクープ。軍事政権への我慢が限界に達した人々から民主化を求める声が沸き起こり、正義に燃える学生たちも立ち上がり始める。(リーフレットより抜粋引用)。
この映画、J-MAX THEATERとやまで10月に観ました。ここ、こういう映画も上映するんですね。韓国映画って熱い。
尹東柱は延世大学だったんですね(朝日新聞2018年11月24日付「詩人・尹東柱が歩んだ道」)。皇民化政策の時代に「ハングルで詩を書き続けた」)。
いのち尽きる日まで天を仰ぎ 
一点の恥じることもなきを、
木の葉をふるわす風にも
わたしは心いためた。
星を歌う心で
すべての死にゆくものを愛おしまねば
そしてわたしに与えられた道を
歩みゆかねば。
今夜も星が風に身をさらす。
(尹東柱「序詩」 愛沢革・訳)
僕は1965年、大学進学のため上京。初めてのデモ経験は日韓基本条約だったような。今回の韓国判決。どうなんでしょうね。上から目線ってわけでもないけど、なんか、変にも。富山は不二越があります。
by tiaokumura | 2018-10-28 18:26 | 映画 | Comments(0)

『約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯』

f0030155_16183015.jpg(11月3日午前・記)
約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯
独房の半生記-。あなたは、その時間を想像することができますか?
2012年 日本 120分 日本語
監督・脚本:齊藤潤一
製作・配給:東海テレビ放送
原作本:東海テレビ取材班『名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の半世紀』(岩波書店)
題字:川本史鳳
出演:仲代達矢 樹木希林 天野鎮雄 山本太郎 他
ナレーション:寺島しのぶ

昭和36(1961)年、三重県名張市の村の懇親会で、ぶどう酒を飲んだ女性5人が死亡。あの頃、僕は中学生だったんかなあ。新聞やTV(その頃、家にテレビが来てた)で、奥西勝の「犯行」だと知る。妻と愛人、不倫関係(当時は「不倫」って言葉じゃなく、浮気とか三角関係とかだったか)清算のためだったとか。やがて裁判。1審、無罪。2審、死刑判決、最高裁で死刑確定。収監された拘置所で奥西は独房から2桁を越える死刑囚の処刑を見送る。
タイトルの「約束」は奥西と面会人(奥西の冤罪を晴らそうと奔走する)がガラスごしに「生きてここから出て外で会いましょう」という「約束」から。だが、面会人は奥西に先立って死ぬ。その知らせを聞き、独房で号泣する奥西。奥西さんは肺炎を患って間もなく八王子医療刑務所に移送されそこで亡くなる。
奥西の若い頃を山本太郎(今、国会議員ですよね)、その後を仲代達矢が演じている。リーフレットより、仲代の弁を以下。
半世紀近く拘置所に閉じ込められている奥西さんの心境は計りしれません。私がこの状況に追い込まれたらどうなるか、そういう気持ちで演じました。60年俳優をやってきた中で、私にとって記念碑的な作品です。
本作の東海テレビ、やくざの映画でも(人権)、いい作品、提供しました。

本映画、ほとり座で観た。樹木希林が出演(奥西の母親役)していて、本作は他のもう1本(こちらは観なかった)と共に「追悼上演」でした。
by tiaokumura | 2018-10-27 16:18 | 映画 | Comments(0)