お盆休みの読書

f0030155_8461815.jpg芹澤健介
コンビニ外国人
新潮選書(新潮社)
2018年6月10日 2刷
760円+税
*「なんでこんなに多いの? 実は世界第5位の外国人労働者流入大国!そのカラクリと彼らの本音。」(帯より)。日本語教師やってると、自分も犯罪者の一員じゃないかと思ったりする。「日本」「日本語」、どこまで行けるんでしょうね。富山はまだ中国人くらいですが、東京や名古屋に行ってコンビニ行くと、確かに「コンビニ外国人」がレジに。ネパール、パキスタン、ベトナムなどでしょうね。顔を見ると。つい話かけたりしてますが。

牧野成一
日本語を翻訳するということ 失われるもの、残るもの
中公新書(中央公論新社)
2018年6月25日発行
780円+税
牧野成一先生は、プリンストン大学学生を引き連れて金沢にいらっした折にリファーレで日本語教育の研修会があり、ほぼ毎年夏に受講してた。ご高齢で今はそれ、なくなったみたい。名古屋の学会で隣り合わせになったことも。僕が日本語教師になったきっかけの本が三冊あって、牧野先生の『拡大文節』もその内の一冊。自分、英語ほとんどわからんので本書、難しいですが、比喩など「そうか」って感じ。訓読みがウチ的読み方ってとこ、先生の「ウチとソト」から「なるほど」と。

夏石番矢編
山頭火俳句集
岩波文庫(岩波書店)
2018年7月18日 第1刷
1060円+税
*「自由律、無季」といえば、尾崎放哉種田山頭火、でしょうね。二人ともどうしようもない無用人のイメージ。編者によると、山頭火は「世界的自由俳句の推進者」(p495)。本書、山頭火の一千句を精選、日記や随筆も収録。
咳をしても一人 放哉
分け入つても分け入つても青い山 山頭火

お盆休み中。僕は20日から勤務再開。今日あたり、富山は雨も降り、いくぶんか暑さしのぎも。明日金曜日はスタッフに勧められた検診に。これ半ば義務みたい。検便もある^^。子どもの頃はマッチ箱に入れて持ってったものですが、今回はキットみたいのに取る。大腸癌チェックとかでしょうかねえ。日曜には映画『菊とギロチン』を予定。週明けから、富山国際学院はまだ夏休み中ですが、僕は毎日外部授業担当。8月29日(水)には名古屋入管出張も。
先日、大学時代のクラスメートから案内。国文クラス会を富山県宇奈月温泉で開きたいとのこと。自分、除籍身分^^ですが参加したいと思った。こういうのいいなあと思う年頃になったんでしょうね(照)。ほとんどが、半世紀ぶりに会う連中になる。

[PR]
# by tiaokumura | 2018-08-16 08:46 | | Comments(0)

癌日記:そうめん

f0030155_11412368.jpg(8月16日午後・記)
2011年は東北地方太平洋沖地震(後に東日本大震災と改称)の年。あの日の翌日、床屋で見たTVの映像。一関に姪夫婦が住んでいて、ケータイに連絡してもつながらなかった。同年4月、東北AIDのバスで現地入り。炊き出しなどのボランティア活動をした。バスは4便だったか、また行こうと思ってる内に。なんか予感があったんでしょうね、K病院で診てもらったら、ひどい症状みたく、大きい病院を紹介された。家から車で15分くらいのその病院。診てもらった医師が、偶然なんでしょうが、中学・高校の同級生のT医師。当時の手術の説明書、今でも持ってます。胃癌(食道浸潤)、肝転移、大腸などが青い字で記される。平成23年6月2日付。翌3日、詳しい説明再び。両日とも自分だけで聞いた。手術後の7月3日の説明書も持っている。そこには、化学療法、TS1,シスプラチンなどの文字。ネットで調べたんでしょうね、「全がん協生存率」。自分、よく笑い話で語るのですが、「胃癌ステージⅣ」って、ようわかっとらなんだ。通知表って5段階でしたよね。「4」ってことはもっとひどい「5」があるのだと思ってた(激爆)。でもそうじゃなかった。いわゆる末期癌。5年生存率が7.1%とか。でもそういうの知ったところで、今更です^^。当ブログ、2011年8月26日付で「ある癌患者(男性・64歳 胃癌ステージⅣ)、4つの不安」って記事、投稿してる。翌2012年2月29日(この年は閏年だった)、2回目の手術。

癌で入院し、その後、4週間おきに通院、やがて6週間になり、今は8週間。8月9日(木)、診療予約。今回、珍しいことに10時には診療に。その前に血圧など測る。100-65、体重53.1kg。体重、55kgまで行きかけたのですが、その後低迷。食欲減退のせいかも。Tドク、あれやこれやお話。次回は11月1日(木)に。その日は採血、注射も。診療後、中央処置室でビタミン12注射。
会計530円。薬局、なんかトラブって病院にいったん引返す。昼食、病院内のレストランで。アップした写真、そうめん。なかなか食べられずけっこう残した。左のらっきょう・福神漬け、うまかった。
薬局。4120円。
富山国際学院に出勤。夜、外部授業。

[PR]
# by tiaokumura | 2018-08-09 11:41 | 癌日記 | Comments(0)

遠足@白川郷

f0030155_12441951.jpg(8月15日午後・記)
勤務先の富山国際学院では夏休み前の最終日・金曜日に遠足。今年度は8月3日(金)。奇数年は立山(っても日帰りなんで室堂までですが)、偶数年は立山以外。スタッフの柳川友美さんが何か所か遠足の候補をアップして、教師の投票の結果、白川郷になった。
例によって集合時間になっても来ん学生が数名^^。富山駅北口でやきもきしながら待つ^^。今回は学生50余名+教師全員参加14名。大型バス+中型バスに分乗。遠足のバス、いつもは中部観光なんですが、今回は地鉄バス。インバウンドとかの影響なんでしょうかね、バス、なかなか予約取りにくいみたい。車中、ネパール人留学生と一緒に、歌垣のようなこと、初体験。歌の最後の音で次に歌を歌う。僕、何回か歌えた。ネパール語と日本語とじゃ、音節数ちがうでしょうが、なかなか楽しかった。
昼前、白川郷着。世界遺産。「合掌造り民家園」で餅つき体験。有志の男女学生、杵を使った。僕は・・・無理。ジジイなんで^^。お餅、小さいのをひとつ、いただく。
皆で和田家に。であい橋を渡って←折。自分、途中歩き疲れてダウン(恥)。元来た道を引返す。みんなはそのまま和田家に。記念写真もそこで撮ったみたい。僕は不参加。
「荻町合掌造り集落」の地図を見て、昼食は「そば処 そば道場」にした。チケット制。ざるそば+地酒・結心。ざるそばは田舎そばだからでしょうね、硬めで食べづらかった。
広場で待ってたら、学生たちが帰ってきた。何人かとあれこれ話す。いつもとは違ってなんだか話しやすい雰囲気。オフィスアワーとかあったらいいのでしょうが、今の僕はクラス授業担当しておらず、学生たちと話す機会が少ない。学院長の僕が呼ぶ時はだいたい悪い話だし(汗)。
帰り、車中は静か。4時半ころ富山駅北口到着。3週間の夏休み、始まります。
アップした写真、サングラスじゃなくって3D用のメガネです。サングラス、この日、見あたらなんだ。

[PR]
# by tiaokumura | 2018-08-03 12:44 | 日本語教育 | Comments(0)

『フジコ・ヘミングの時間』

f0030155_13304762.jpg(8月15日午前・記)
フジコ・ヘミングの時間
苦難を乗り越え、60代で世界に見いだされた奇跡のピアニスト、フジコ・ヘミング
いくつになっても豊かな人生を奏でる-
2018年 日本 115分 日本語など
企画・構成・撮影・編集・監督:小松壮一良
出演:フジコ・ヘミング 大月ウルフ
ナレーション:三浦透子

皆さんもそうでしょうか、僕がフジコ・ヘミングを知ったのは1999年のNHKのドキュメンタリー番組。かつては天才少女ピアニストと謳われ、数奇な運命を経て今は下北沢に住む、不遇の時代を過ごす名ピアニストだった。彼女のあの当時の年齢を僕ははるかに超えたが、あの時はずいぶん老女に思えた^^。父はスウエーデン人のデザイナー・建築家、母は日本人ピアニスト。あの番組中でも「ラ・カンパネラ」、流れてたんでしょうね。YouTubeでいろんなピアニストの同曲が聴けますが、なんかそれぞれに違う。中村紘子や辻井伸行などもいいが、そう思って聴く(&観る)せいか、彼女のが一番心に響く。今回の映画では彼女の演奏活動、パリ、NY、ブエノスアイレス、LA,ベルリン、東京、京都。どこでも超人気。彼女、パリや京都にも家があるみたい。
3回続けての音楽映画。前々回は映画音楽、前回はTHE BAND、いずれもほとり座で。今回は総曲輪のシネコンで。
映画中に出てくる『フジコ・ヘミング14歳の夏休み絵日記』、暮しの手帖社から出てるそうです。

[PR]
# by tiaokumura | 2018-07-29 13:30 | 音楽 | Comments(0)

『THE BAND THE LAST WALTZ』

f0030155_1017444.jpg(8月5日夜・記)
THE BAND THE LAST WALTZ
1978年 アメリカ 117分 英語
監督:マーティン・スコセッシ
製作:ロビー・ロバートソン

出演:
ザ・バンド ボブ・ディラン エリック・クラプトン ニール・ヤング ジョニ・ミッチェル ニール・ダイヤモンド リンゴ・スター 他

マーティン・スコセッシ監督(『沈黙』など)にこういう作品、あったんですね。「史上、最も贅沢で、豪華な、一夜限りのロックフェス!」。ボブ・ディランはオオトリで登場。彼、こないだ日本に来たみたい。1時間くらい歌ったとか。この映画の時点でノーベル文学賞なんて思ってもいなかったでしょうね。
映画は1978年7月、日比谷で公開とか。自分、その頃東京にいましたが、そういう映画、全然知らなかった。興味なかっただけかも。ジャニス・ジョプリン、ジミー・ヘンドリックスじゃないですもんね。
ザ・バンドってディランのバックってイメージ強いですが、それだけじゃなかった。井上陽水と安全地帯みたいな関係かも。
映画、心配でほとり座に事前予約しましたが、観客、自分入れて数名。杞憂でした^^。アップした写真の横のちらしは『菊とギロチン』。次回のほとり座はこの映画になるか。井浦新も出てます。

[PR]
# by tiaokumura | 2018-07-28 10:17 | 音楽 | Comments(0)

灯籠流し

f0030155_20131829.jpg(8月5日夜・記)
とやままち大学ってのに時々参加してる。今回は7月24日(火)
~とやままちなか再発見の旅Ⅰ~
古地図で散策 いたち川灯篭流し

午後6時前、「ねむり家」に。ちょっとわかりにくい場所だった。僕が最後の参加者みたく、さっそく、講師(ねむり家ご主人、か)の説明。家族連れ、カップルなど。
いたち川沿いに歩く。石倉町延命地蔵など。終わりころに灯篭流し。さだまさしの『精霊流し』、あれは長崎でしょうが、富山にもこういうのあったんですね。知らなかった。アップした写真、けっこう暗いですが、本当は流れる様、明るかった。地元のボランティアの方でしょうか、僕の灯篭も受け取って川に流してくださいました。
帰り、どこぞでおいしいものでもと思ったのですが、なかなかなく、総曲輪あたりで居酒屋に入る。家族経営でしょうか、アットホームなお店。自分、かつては1日40本のヘビースモーカーでしたが、今はたばこ、苦手で、ここは喫煙可なんでしょうね、ちょっと困った。

[PR]
# by tiaokumura | 2018-07-24 20:13 | 富山 | Comments(0)

かんだやぶそばで昼食

f0030155_11343999.jpg(8月5日午前・記)
7月22日(日)、上京。旅先の楽しみは食べること(&飲むこと^^)。この日の昼食は「かんだやぶそば」で。ぴあから出てる「東京食本」、こないだ「特集1 神保町 御茶ノ水 神田」で、本屋で1回目は迷って2回目に購入(照)。9月に上京する時の食事、このあたりもいいかと思った。で、今回は午前@秋葉原の後、神田へ。駅からけっこう歩いてくたびれて、で、シニア女性が草刈やってて、お店聞いたら、すぐそこの五差路がどうとか、田舎者なんで、なんか、ようわからん(汗)。でも、やっとたどり着けました、お店に。「まつや」から近いんですね。まつやは日曜休み、ここは水曜定休。
開店11時半前に行列に並ぶ。もう20人くらいでしょうかね。開店すぐにお店に案内される。家族連れやシニアが多い感じ。一人はあまりいなかった。山かけそばやそばとろも魅力だったんですが、食べきれるか自信がなかったので、ここは定番のせいろうに。670円。お酒は菊正宗だけみたい。ねりみそがついてきました。アップした写真、そろったところで撮った。
そば、自分、このくらいがいい分量でしょうね。食べられる人は2枚や3枚も。つゆは、田舎者にはちと甘くて濃すぎた。「死ぬ前につゆをたっぷりつけて食いてえ」とか落語で江戸っ子言いますが^^、でもここはちょっとだけつけて食するんでしょうね。すするのも、最近はあまり好まれないとか言いますが、どうなんでしょうね。すすることで適度な空気感があっていいような気がしますが。すすったほうが絶対うまい。
神田では「漢陽楼」もいつか行きたい。日曜は休みです。「ビヤホール ランチョン」「いせ源」「はちまき」にも。

[PR]
# by tiaokumura | 2018-07-22 11:34 | 美味録2018 | Comments(0)

看護と介護の日本語教育:教材広場

f0030155_1165278.jpg(8月5日午後・記)
7月22日(日)、上京。今回の目的は
看護と介護の日本語教育研究会
に参加。
早朝恵比寿で朝食の後、山手線で秋葉原下車。東京も暑い。今年、どうなんでしょうね。皆さんのところも連日暑いでしょうね。こないだは日本国内で40℃超も。こうなると、今冬も異常気象かと思ったり。
秋葉原って「秋葉・原」か「秋・葉原」、どっちなんでそうね。あきばはら、あきはばら。駅降りてから、会場近いはずなのが、田舎者&方向音痴でしょうね、行けども行けども見当たらない(汗)。行き当たったお店で道案内を請う。中国人女性でしょうか、最初わからないとかだったのですが、ビル名に「わかった」ってんで。近いところだと。首都大学って昔の都立大でしょうか。首都大学東京 秋葉原キャンパス。
会員じゃなきゃダメだったんですが、午前の総会にも参加。アウェー感いっぱいだった^^。
神田で昼食後、会場に戻る。加藤敬子さん、この日の発表で見えてた。
発表はポスターセッション。
遠藤織枝先生と初対面。神村初美先生、ずいぶんパワフルな方。
『介護現場で役立つ本~介護記録(読み書き)~』購入。
日本語教師の専門性って言われますが、この秋、介護関係の日本語教育担当します。以前EPAでちょっとやったことありますが、今回はかなり気合を入れてやらなきゃ、と覚悟。準備、しっかり。
帰りも高速バスと思ってたのですが、予約できず。北陸新幹線で帰った。東京、なんか疲れたので、5時前には立った。富山着いたらまだ明るかった。2時間ちょっとで東京→富山。高くついたけど、ジジイには楽だった。

[PR]
# by tiaokumura | 2018-07-22 11:06 | 職業としての日本語教師 | Comments(0)

恵比寿・中国茶房8で朝食

f0030155_8123764.jpg(8月5日午前・記)
7月22日(日)、高速夜行バスで富山から上京。自分、いい年こいて^^、こういうバス、けっこう使ってて、これ、1回乗車ごとにスタンプ押してもらえて、7回だったかスタンプがたまると、1回乗車がタダに。今回はこれ、使えました。8千円くらいトク、でしょうね。でも、もう高速夜行バス東京はしんどいかも。
新宿、早朝到着。何年か前、ここに高速バス集約された。前は池袋下車が多かったんですが、今はほぼここです。
東京での朝食、今回は新橋のきたかた食堂、考えてたのですが、うかつにも日曜休みってのチェックしとらんだ。で、バスターミナルでネットあれこれ調べて、お粥があるところ、渋谷で検索してたら、アップした写真の恵比寿のこの店、見つかった。24時間営業。恵比寿なんてほとんど行かんところで、不安あったけど、まずは山手線で恵比寿。店に電話しても、中国人なんでしょうね、よう行き方わからん。駅前のタクシーに乗車。近くてすみませんが、って恐る恐る言ったら、OKに。運転手さん、ナビ見て店まで。基本料金でしょうね。ビル、ようわからんで迷ったけど、エレベーターに乗り店内に。朝っぱらからビール呑んで騒いでいる^^先客グループ2組。
北京烤鴨専門店 中国茶房8」。アップした写真、先客に自分も負けじと(激爆)、生ビール。海鮮入りのお粥、タケノコ水餃子。お粥、意外ですがずいぶん薄味。好みで調味料やトッピング。
このお店、六本木、麻布十番、青山、赤坂などにも。大阪心斎橋店も。英語名はChinese Café Eight。なるほど。「8」、中国人好みなんでしょうね。

[PR]
# by tiaokumura | 2018-07-22 08:12 | 美味録2018 | Comments(0)