人気ブログランキング |

2019年 04月 23日 ( 1 )

旬の春野菜を使ったふるさと料理@富山市民大学

f0030155_12164787.jpg(4月28日午後・記)
自分、毎年、何か新しいことを始めようと思ってる。今年は新しいことではないのですが、昨年に続き「ウオーキング」続け、久しぶりに「中国語」、やります。先日、「富山市民大学」っての見てて、料理、見つけた。で、今年は「料理」と思った。自分、昔、コックやってましたが、今、料理なんてほとんどゼロ。カップラーメンにお湯注ぐくらいか^^。富山国際学院の課外活動で料理もやるんですが、そういう時は包丁握る。でもまあ料理なんてほとんどやらん。
富山市民大学、「郷土の料理」全10回。火曜日午前。で、勤務先の富山国際学院は半有休(こういうの、できるんですね、知らなんだ)取って通うことにして申し込む。
第1回目、4月23日(火)、学院に駐車、市電で会場の富山市民学習センターに。ところが、受付でビックリ。僕の名前がない!。自分、アホなんですね、この講座、同じ内容で火曜日と木曜日にあるんですが、自分、火曜のつもりが木曜に申し込んでたんですね。マヌケだった。で、あれこれあったんですが、この日だけの受講、可能に。1000円払う。ほんとは10回の材料費1万円を納入なんですが。
今回は「旬の春野菜を使ったふるさと料理」。たけのこめし、にぎすのすり身入りすまし汁、ふきの青煮、ぜんまいの白和え、南瓜寒天の黒みつかけ。自分、エプロンも三角巾もうまく着られず(汗)、見かねた(たぶん)年上の女性に着せていただきました。彼女には、あとで、自分の調理のこと、少し褒めていただきました。男・高齢者にしては、いくつかできたからでしょうね。食事時、ビール飲もうとしたら、ダメに。こういう公共機関?は飲酒は禁止だそうです。確かに。
郷土の料理A」残りは受講できず。残り9回は
山菜を使ったふるさと料理 春の富山湾の料理 夏を元気に過ごすための料理 味わってみようお盆料理 身近な素材で秋の料理 秋の実りを食卓へ 伝えておきたい郷土料理 おばあちゃんの味を大切に 郷土のお正月料理
です。
来年、また富山市民大学の料理関係申し込み、再挑戦か。
ちなみにこの日受講生は30人くらいだったんですが、男は僕だけでした(笑)。
by tiaokumura | 2019-04-23 12:16 | 富山 | Comments(0)