2018年 03月 06日 ( 1 )

バイ飯定食@幻魚房

f0030155_1361838.jpg(3月18日午後・記)

毎週火曜日は出稼ぎデー^^。富山県東部で午前・午後と日本語授業。3月6日()、午前授業を終え、昼食タイム。火曜日昼食は、宮崎海岸たら汁街道で「たら汁」がいつしか定番なんですが(大雪の時もチャレンジした^^)、この日は魚津でと思った。ネットで検索してたら「幻魚房」がヒット。げんげんぼう。ゲンゲ、から来てるんでしょうか。午前の授業を終え、車で西へ。途中、道が分からず、やめようかと思ったのですが、なんとか、到着。道の駅蜃気楼。当たり前ですが、海岸近くに位置する。店内に入って、店があったのでそこにと思ったら違ってて奥に発見。

幻魚房。テーブルに座って何にしようか考えてたら、店員さんに「自動販売機でチケットを」と(恥)。ここの売りの、バイ飯定食、にする。バイ貝ってご存知ですか。巻貝。富山じゃ刺身や煮つけで食する。バイ飯は、いわゆる漁師の賄飯でしょうね。バイ貝の入った炊き込みご飯。「フィッシュ1グランプリ準優勝受賞商品」だそうです。優勝は何だったんでしょうね。バイ飯、アサリの味噌汁、アジフライ、漬物。アルコールはありません(激爆)。魚津なんで、ゲンゲやウマヅラハギも食べたかったんですが、ゲンゲは天ぷらってことでパス。

ここは他にもいろいろおいしいものがありそう。また来るかも。甘えび、ホタルイカ、白えび、もいいでしょうね。お米は魚津産こしひかり・ミラージュ米。

帰りに同じ「道の駅 蜃気楼」内の忠鮮魚店で焼魚を買った。


[PR]
by tiaokumura | 2018-03-06 13:06 | 美味録2018 | Comments(0)