人気ブログランキング |

2014年 08月 01日 ( 1 )

遠足@五箇山

f0030155_11183523.jpg(8月3日午前・記)
勤務先の富山国際学院は夏休み前日が遠足。奇数年は立山(「越中で立山 加賀では白山 駿河の富士山 三国一だよ」)で、偶数年は立山以外。語学留学生は1.5年ないしは2年の在籍だから、在学中に1回は立山体験ができます。2014年の遠足、僕は黒部のトロッコ電車に乗りたかったんですが、あっさり却下^^。非常勤講師のMさんのデザインでしょうか、今回は「五箇山」ってことに。
午前8時、学院前出発。中部観光バス。この会社、東北AIDでも被災地への支援バスを仕立ててくださっている。僕は南三陸に先月行ってきました。今回の学院の遠足のバス運転手さんは、2011年3月の支援バス第1便の運転手さんでした。道路が寸断され、悲惨な光景が展開する中での現地入り、大変なご苦労だったでしょうね。
10時前、最初の目的地の桂湖到着。ダムによってできた湖。案内役のAさんのお話を聞いた後、今回の遠足の目玉の「カヌー体験」。2人乗り。僕と同乗してくれる学生、誰もおらんだらどーしょー(自分、人気のない日本語教師なんっす^^)と思ってたら、カギサラさん(B組。ネパール出身)が一緒になってもいい、とのありがたいお申し出^^。30分ほどのカヌーだったでしょうか、もっぱらカギサラさんに漕いでもらってました。アップした写真、カヌーから上がって直後です。
桂湖ビジターセンターで昼食。各自持参したものを食べる。
桂湖を出発し菅沼へ。案内人のAさんはこちらに合掌造りの自宅あり。まず、かや場に行ってかやの下草刈りの農業体験。世界遺産の維持に少しは貢献できたかも。集落見物の後、土産店の奥に入り、地元の「深山会」の方々と交流。「といちんさ節」の囃子を教えてもらう。「こきりこ」(日本で一番古い民謡だそうです)のささら踊りを見物。Aさん、この日が踊りデビューとのこと。直垂・くくり袴、傘には山鳥の雄の羽根飾り。田楽の名残になるんでしょうね、この踊り。板ささらは108枚の板で成り立つ。108煩悩ですね。手踊りを教えてもらう。最初はなかなかリズムに乗れなかったが、そのうちになんとかかっこうがつくくらいまでになる。途中、雷。最後に「まいまい(舞舞)」っていう、フォークダンスのような踊りをみんなで。
3時過ぎ、菅沼を立つ。激しい雨。1時間半ほどで富山国際学院着。
学院は8月2日~17日が夏休み。僕は外部授業担当があるので、4日~8日は授業がある。それでも9日間、夏休みです♪ 事件・事故、なんにも起こらなきゃいいんですが、ど~だろう。
by tiaokumura | 2014-08-01 11:18 | 僕は学院長6年生 | Comments(0)