人気ブログランキング |

2014年 07月 27日 ( 2 )

鎌倉大仏

f0030155_1644244.jpg(7月30日夜・記)
7月27日(日)午後、江ノ電で鎌倉→長谷。この日の宿泊先「對僊閣」にチェックイン。長谷寺すぐ近くで昭和レトロな建築物。高浜虚子がホトトギス句会を開いたり与謝野晶子や川端康成が投宿したとか。旅館のおかみさん(80代?)が話好きな方で、あれこれうかがった。虚子の娘の星野立子のこともうかがう。今は虚子の孫の代になるんでしょうか。ここは、B&Bで予約で朝食のタタミイワシ・井上蒲鉾店の小判揚げがおいしかった。
長谷寺。736年創建。アジサイは季節外れだがそれでも観光客が多く、よくわからないが花もあちこち咲いていた。庭園は思ったほどは広くなかった。高さ三丈三寸(9.18m)の木造十一面観音菩薩立像(木像では日本最大級とか)は素晴らしい。写真撮影禁止。弘法太子ゆかりの弁天窟。
鎌倉大仏。長谷寺からすぐ近く。高徳院の本尊・阿弥陀如来坐像。与謝野晶子が詠んだ歌も有名ですが、先日、高岡大仏を見学した折に地元の人に聞いた話では、晶子は高岡大仏のほうが美男子だと言ったとか。真実はどうなんでしょうね^^。鎌倉大仏、200円払って中に入れましたが、あんまりおもしろくなかった^^。
夕日が見たく、江ノ電長谷から稲村ヶ崎。公園で待つも夕日の時間に至らず。稲村ヶ崎から鎌倉高校前。ここが夕日絶景スポットだとBSで見たが、どこがそこやら、ようわからず^^。
夕食は、七里ヶ浜の「会席 京七里」。近くの洋食系に行列ができていた。ディナー会席。しらすは、前菜の中に小鉢で供されていた。生ビール、グラスワイン(白)。
by tiaokumura | 2014-07-27 16:04 | このブログのこと | Comments(0)

鶴岡八幡宮

f0030155_149125.jpg
(7月30日夜・記)
7月27日(日)~29日(火)鎌倉・江の島2泊3日。鎌倉は40年ほど前のSTさんとのデート(照)以来、江の島はたぶん初めて。
旅のお供本は
山口仲美『大学教授がガンになってわかったこと』(幻冬舎新書)
壇蜜『蜜の味』(小学館文庫)
末木文美士『日本仏教入門』(角川選書)
長谷川渓石・画『江戸東京実見画録』(岩波文庫)
の4冊と数独。末木は富山大学生時代の思想史関係の授業(お名前は忘れたが、女性准教授がご担当だった)で知った名前。末木は朝日新聞にときどき執筆している。長谷川渓石は時雨の父です。
7月27日(日)、富山国際学院に車を置く。7:48富山発・はくたか3号→越後湯沢・とき316(2階席だった)→11:20東京着→横須賀線・鎌倉。
若宮大路から左に入ったところの「鎌倉あめ源」。おかみさんが親切な方で荷物を預かってくださった。昼食は創作和料理「近藤」。近藤元人料理長(調理場が見えたがその人かどうか不明)。人気があるお店のはずだが、どういうわけか、客少なし。「鎌倉御膳」彩り和惣菜・お味噌汁・香の物、ご飯はかまど炊きだったがパス。おかず・デザート・ドリンクから1品選べるということで「生ビール」をいただく。
腹ごなしができたところで、鶴岡八幡宮へ。日曜とあってかなり混んでいる。外国人客も多く、英語・中国語(普通語・広東語など)・スペイン語・インドネシア語など。韓国語は聞こえなかった。アップした写真、本殿前。頼朝、政子、実朝、公暁らに思いを馳す。
鎌倉野菜工房にも行きたかったが、場所不明、あきらめる。
JR鎌倉駅を通り抜け、地下道を通り、江ノ電鎌倉駅。「1日乗車券のりおりくん」600円、3回も乗れば元を取れるでしょうね、もちろん^^購入。
江ノ電長谷に向かう。
by tiaokumura | 2014-07-27 14:09 | このブログのこと | Comments(2)