人気ブログランキング |

2013年 07月 13日 ( 2 )

御霊安らかなれ

f0030155_16534170.jpg
(7月16日朝・記)
7月13日(土)午前6時半、「南三陸サポーターズ・バスツアー」、岩瀬スポーツ公園を出発。今回持参した本は
岩波書店編集部・編『これからどうする 未来のつくり方』(岩波書店)
C・L・ブラウネル 高成玲子・原訳 富山八雲会・編集『日本の心-アメリカ青年が見た明治の日本-』(桂書房)
の2冊。岩波本、この40年間で類書がこれで3冊目でしょうね。ラフカディオ・ハーンやイザベラ・バードのように有名ではありませんが、クラレンス・ルドロウ・ブラウネルは明治期富山に来て英語を教えているいわゆる「お雇い外国人」で日本について書いた本がある。両書、いつか改めてブログ記事にしたい。
今回は、タブレットノートパソコンも持参。タブレットは少し役立ったかなあ。ノートPCは重いだけだった(激爆)。
バスは北陸→磐越→東北の各自動車道を走る。昼食は国見峠SAで。喜多方ラーメンを食べました。全部は食べられなかった。同SAでさくらんぼ「天使の宝石」1パック購入。500円。さくらんぼは「佐藤錦」が有名ですが、こちらは小粒で甘味控えめな桜桃でした。

4時ころ、石巻市に入る。
あの日あの時、各地で悲劇が頻出した。中でも大川小学校のそれは皆さんも記憶に残っているでしょうね。
2011年(平成23年)3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)に伴う津波が地震発生後およそ50分経った15時36分頃、三陸海岸・追波湾の湾奥にある新北上川(追波川)河口から約5kmの距離にある当校を襲い、校庭に避難していた児童108名中70名が死亡、4名が行方不明(2012年1月23日現在)、教職員13名中、校内にいた11名のうち9名が死亡、1名が行方不明となった。スクールバスの運転手も死亡している。(Wikipediaより引用)
アップした写真は大川小学校。写真奥に北上川が流れる。手前右に裏山。あの時、一瞬の判断が生死を分けた事例はあまたあった。私が大川小学校教員だったら、おそらく同じ判断をしたでしょうね。「なんでこんなに近い裏山に逃げなんだんだ」ってのは、後付けの非難でしょうね。もちろん娘や息子を亡くされた親の想いは、自分なんかの想いとは違うでしょうが。
大川小学校の悲劇を知った時、戦前の「真白き富士の嶺」を連想しました。

川渕映子さん(東北AID代表)らが、高岡の銅器メーカー「能作」の風鈴を手向けていました。
亡くなられた児童・教職員の方々の御霊安らかなれ
by tiaokumura | 2013-07-13 16:53 | 東北地方太平洋沖地震 | Comments(0)

いざ、南三陸町へ

f0030155_8185971.jpg
(7月15日夜・記)
7月13日(土)午前6時、家から車で5分くらいのスポーツ公園に着く。この日、東北AID
「南三陸サポーターズ」バスツアー
に参加。

2011年は僕にとって2つのことで忘れがたい年。一つは、皆さんもそうでしょうが、東北地方太平洋沖地震(後に「東日本大震災」と称する。僕は「東北地方太平洋沖地震」のほうが名称としては適当だと思う)、もう一つは末期癌発覚。
震災後、「アジア子どもの夢」(川渕映子代表)がいち早く支援バスを仕立て被災地入りをしているというのを知り、2011年4月9日~11日(バス車中2泊)の第4便に同乗させてもらった。訪れたのは石巻市緑町、同黄金浜で、豚汁・焼きそばの炊き出しと救援物資配布。その時の様子は当ブログ「いざ石巻ヘ」「ぷちボラ@石巻」という記事にしてあります。
その後も被災地でボランティア活動をしようと思っていたが、体調不良・体重減少・食欲不振が続き、診察の結果、胃癌末期その他の癌が発覚し、入院生活を余儀なくされた。
川渕さんの活動はやがて「東北AID」と成長し、その時々に応じた(現地の状況を踏まえた)支援が継続されている。その一つが「南三陸サポーターズ」制度。経済復興支援になるでしょうか、年会費1万円で、宮城県南三陸の海産物が年2回配布される。物産の販売元は「魚竜館」などを運営していた高橋さん。先月6月22日に同地のほたてなど美味の数々が宅急便で送られてきました。
その「南三陸サポーターズ」(200人以上いるようだ)のために企画されたのが、上掲の「南三陸町バスツアー」。現地の状況をこの目で見、現地で交流会。さっそく申し込んだ。

今回のバスツアーは女性16名、男性6名。バスは中部観光で運転手お二人もたびたび現地入りし炊き出しなどに活躍されていた方。
車中での自己紹介。
富山国際学院という日本語学校で日本語教師をしている奥村と申します。2日間、よろしくお願いします。2011年4月に支援バス4便で石巻に入りました。そのあとも現地でのボランティア活動をしたいと思っていたのですが、6月に末期癌がめっかっちゃって・・・。抗癌剤を2年くらい続けていましたが、先日終了しました。2年生存率をクリアし、「いつ行くんですか?今でしょ」(←不謹慎^^かもしれないが「笑い」を取ろうと思った。例のTVCMです)って気持ちで今回参加しました。体力が十分じゃないので足手まといにならないようにしますが、何かあったらよろしくお願いします。

アップした写真、右が川渕映子さん(東北AID代表)。
実は自分、この後荷物をバスに積んでいるうちにギックリ腰に(泣)。もともと腰痛持ちな自分ですがここ数年腰痛はなかった。それが肝心な時に・・・。ツアー期間中、ずーっと腰をかばってました(恥)。

東北AIDのホームページはこちら
東北AIDの公式ブログはこちら
by tiaokumura | 2013-07-13 08:18 | 東北地方太平洋沖地震 | Comments(0)