人気ブログランキング |

2013年 02月 03日 ( 1 )

北陸地区日本語学校の仲間たちと

f0030155_18233224.jpg
(2月5日朝・記)
2月3日(日)11時より自宅で母の一周忌法要。去年の今頃は僕は入院中で、母の葬儀には一時外出で参列した。吹雪の中での葬儀だった。昨年のことを思うと、今は病気も天候もずいぶん平穏である。昼は自宅から車で10分くらいの自遊館で会食。ここのシェフが世界の料理コンテストで優勝したとか。昼食、魚・肉・野菜などけっこう食べることができた。
3時前、自遊館を後にしてJR富山駅北口。各駅停車で金沢へ。今回車中用に持参した本は、黒田夏子『abさんご』(文藝春秋)。1週間ほど前から読んでいるのだが、わずか80ページほどの作品なのに遅々として読み進めない。日本語教材は横書き左開きなので、この本もそういう点では抵抗がないのだが、黒田の「正書法」(漢字かな交じりのルール)がどうも掴めないというか、彼女の文字遣いになかなか馴染めない。梅棹忠夫は確か和語はかな書き・漢語は漢字といった表記法だったと思うが、黒田の場合、どうなんでしょうね。どんな表記法(ルール)なんだろう。

金沢下車。予定の時間にまだ余裕があったので、21世紀美術館へ。金沢駅東口から「まちバス」が運行していて、金沢駅から100円で行けた(巡回バスで一律100円)。さすが金沢ですね、バスの車内放送、日本語・英語・中国語・朝鮮語・フランス語でした。21世紀美術館はこれで2度目。展覧会もいくつかやっていたが観たいものはなく、館内のショップへ。ここはグッズ・本が充実していて、見ているだけで飽きない。奈良美智・舟越桂のポストカード、『新美南吉童話集』(ハルキ文庫)など購入。
金沢駅に戻り、東口の水時計のところで沓水博厚さんと待ち合わせ。沓水さんのセッティングで、この日5時から北陸地区の日本語学校の新年会。金沢駅東口から徒歩5分、福福屋に入る。アップした写真、左から佐藤さん(大原キャリアビジネス外語専門学校。福井市)、僕(富山国際学院。富山市)、沓水さん(専門学校アリス学園。金沢市)、蒋さん(富山情報ビジネス専門学校。射水市)、蒋さんの息子さん。北陸地区には日本語学校が4校あり、この夜のメンバーは名古屋出張の帰りの「しらさぎ車中宴会」^^の仲間でもある。僕はアルコール類がダメになっているので白ワインをグラスで2杯弱。あとの3人は生ビール、随分飲んだみたい。福福屋は富山にはありませんが、居酒屋チェーン店のようです。僕は食事がいつも悩みの種ですが、この夜、けっこう食べることができました。
2月3日(日)、北陸地区の日本語学校は互いにライバルでもあるのでしょうが、まぁそんなことには無頓着で、このメンバーで楽しく食べ飲みおしゃべりできました。僕にとっていいお仲間です。今回が初回で、次回は幹事が佐藤さんで福井1泊の集まりを予定。今から楽しみです。3回目は富山になるでしょうね。
by tiaokumura | 2013-02-03 18:23 | 日本語教育 | Comments(0)