人気ブログランキング |

2013年 01月 27日 ( 1 )

サイエンスカフェ、初体験

f0030155_1640524.jpg
(1月28日朝・記)
1月27日(日)、西本願寺経営の駐車場に車を停め、午後2時過ぎ総曲輪フェリオに入る。B1Fのドンクでバゲットなど、7Fの紀伊國屋書店で永田和宏『近代秀歌』(岩波新書)など。
3時前、紀伊國屋に併設というのか同店内というのか、カフェギャラリーBINGATAYAへ。ここで、
サイエンスカフェとやま第1回「超新星爆発とニュートリノ」
夜空に輝いている星にも寿命があります。星はその寿命を迎えるとき、大きな爆発を起こします。それを超新星爆発といいます。その爆発のエネルギーの99%がニュートリノとして放出されます。
ニュートリノはすべての物質をすり抜ける幽霊みたいな不思議な粒子です。超新星からのニュートリノを神岡山中に設置されているスーパーカミオカンデで待ち受けています。
オリオン座のベテルギウスは、現在いつ爆発してもおかしくないと言われています。 今回は超新星爆発とニュートリノの研究について分かりやすく話をします。
ゲスト:鈴木洋一郎さん(東京大学宇宙船研究所付属神岡宇宙素粒子研究施設)

を受講。

以下、当日のノートメモより。文責・奥村ってことで、間違いなどはご容赦を。
<前半>
①超新星とは何?
②これまで肉眼で見えた超新星は8個。SN1006、SN1054、SN1181は藤原定家(ふじわら(の)・ていか1162-1241)『明月記』に記述あり。定家生存中じゃない2個は陰陽師安部泰俊によって教えられたそうです。
③肉眼で見えない超新星は2006年の場合、2006tfまであったので26×20+6=526個だった。
④オリオン座のベテルギウス(オリオンの右手にあたる星ですよね)は赤色超巨星。いつ爆発してもおかしくない。今~100万年以内に爆発する(100万年って、宇宙で考えると「近い」んでしょうね)。
⑤どうして爆発するのか。実は、ニュートリノが主役。
⑥物質はクオーク(アップ、タウン)とレプトン(電子、電子ニュートリノ)でできている。
⑦ニュートリノは中性の原子(電子+ミュー+タウ)で一度作られると物質から離れてしまう。物質の中に含まれない。
⑧ニュートリノは元素の転換時(原子核が変化するところ、核融合や原子核反応が起っているところ)で作られる。例えば、加速器・原子炉・超新星・太陽・宇宙線。
⑨ニュートリノは作られたらどこまでもほぼ光速で一直線に飛んでゆく。他の物質とほとんど反応しない。質量が非常に小さい。
⑩スーパーカミオカンデは『地下の天文台』で2次的に発生した電子等を捉える。
質問できるってことで、自分、①SNって何の略?、②「SN185」は中国の古典の何が出典?、③銀河って何?、と質問した。「超新星爆発って宇宙で考えると毎日のように起っているんですね」って聞くと「そうだ」ってことでした。
<トイレ休憩後の後半>
①超新星爆発とニュートリノ。星は重さ(質量)によってその一生がほぼ決まる。
②超新星爆発直前の星の内部構造。中心に鉄。
③超新星からのニュートリノ。超新星爆発で発生するエネルギーは、太陽が一生に出すエネルギーの1000倍。発生したエネルギーの99%以上がニュートリノによって運び出される。
④SN1987Aからのニュートリノ。
後半も自分、質問できました(照)。質問:「エネルギー保存の法則」でいくと、ニュートリノが運び出したエネルギーはどこにあるんですか。鈴木さんの答え「宇宙空間に均一に散らばっている。それを探る研究も進んでいる」。
基礎科学が何の役に立つのかという質問で鈴木さんは「一般相対性理論」を例にして回答された。また、「知らないことを知ろう」「わからないことを知りたい」ということがイノベーションにつながるという鈴木さんに、「その通りだ」と思った。

アップした写真鈴木洋一郎さんと。ブログ掲載はご本人の許可を得ています。

3月16日にダークマター(暗黒物質)がテーマのサイエンスカフェがあるそうです。受講してみたい。

今回のサイエンスカフェを知ったのはヨシダヒロコさんブログ。ヨシダさんも受講されてるかと思ったが、お見えになってなかったのか結局わからず仕舞いだった。
by tiaokumura | 2013-01-27 16:40 | 富山 | Comments(6)