人気ブログランキング |

2013年 01月 11日 ( 1 )

演歌よ(朝日新聞「ニッポン 人・脈・記」)

朝日新聞の連載シリーズ「ニッポン 人・脈・記」の今回は「演歌よ」だった。首都圏では夕刊連載なのでしょうか。富山では(夕刊はない)、朝刊2012年12月20日付~2013年1月11日付で全10回。担当、文・小泉信一、写真・近藤悦郎。各回のタイトル及び主な登場人物・歌・ことばは次の通り。
第1回 北へ行くほど味が出る:船村徹 「風雪流れ旅」 鳥羽一郎
第2回 不器用だね これが俺流:小林旭 「熱き心に」 馬渕玄三 「昔の名前で出ています」 星野哲郎
第3回 満たされぬものがある:阿久悠 「京都から博多まで」 「北の宿から」 「時代おくれ」 上村一夫 飯田久彦
第4回 人の世に涙の川あり:遠藤実 森昌子 一節太郎 「浪曲子守唄」
第5回 残像20年 喝采はやまず:ちあきなおみ 船村徹 「喝采」 郷鍈治 渚ようこ
第6回 踏まれても踏まれても:渥美二郎 「夢追い酒」 冠二郎 伊藤美裕
第7回 しょせん道づれ 男と女:中西龍 歌に思い出が寄り添い/思い出に歌は語りかけ/そのようにして歳月は/静かに流れていきます 生方惠一 三田完
第8回 あゝ奥飛騨に情けあり:「奥飛騨慕情」 竜鉄也(田村鉄之助) 田村美津枝 向林利明
第9回 君らしく がんばっぺし:新沼謙治 新沼博江 千昌夫 「北国の春」
第10回 だから この道をゆく:石川さゆり 「天城越え」 「津軽海峡・冬景色」 「浜唄」 萱森直子

これまでの人生を振り返ってみれば、自分、さまざまな音楽を聴いてきた。クラシック、ジャズ、シャンソン、ニューミュージック、フォークソング、アメリカンポップス、ファド、カンツォーネ、フォルクローレ、タンゴ、ロックなどなど。ジャンルにとらわれず、あるいは気がついたらいろんなジャンルに好きな音楽・好きな曲ができた。自分のエンディングノートに葬式用の音楽も指定しておくべきでしょうか。バッハ『G線上のアリア』なんかが定番なんでしょうね。葬儀会場の音楽はどうでもいいが(自分はもういないのだから)、臨終時には好みの音楽を聴きながら死を迎え入れたい。そして選曲は結局「演歌」になるかもしれない。演歌の情念の世界にどっぷり浸りながら死を経験するのが自分に一番似合っているような気がする。若松孝二監督『『11.25自決の日』で、市ヶ谷に向かう三島たちが車中で高倉健の『唐獅子牡丹』を歌うシーンがあった。史実に則っているのでしょうね。
朝日新聞「演歌よ」シリーズ、最終回は次のように結ばれる。
 艶歌、縁歌、援歌、宴歌。さまざまに趣を変えながら、今日も演歌が流れゆく。寒さますます厳しけりゃ、なおさら心に染みてくる。
「演歌」は怨歌・遠歌なんて表記もありそうですね。YouTubeから一曲と思ったのですが、あまりにも膨大な演歌から「これ」って一曲選択は至難の業。『喝采』や『天城越え』もいいのですが、連載1回目の『風雪流れ旅』にしました。作詞・星野哲郎(ほしの・てつろう1925-2010)、作曲・船村徹(ふなむら・とおる1932-)、歌・北島三郎(きたじま・さぶろう1936-)、1980年発売。詞のモデルになったのは津軽三味線の高橋竹山(たかはし・ちくざん1910-98)である。YouTubeから、北島ではなく作曲家・船村徹ヴァージョンで以下にアップ。

by tiaokumura | 2013-01-11 08:11 | 音楽 | Comments(8)