人気ブログランキング |

2012年 08月 30日 ( 1 )

若松孝二監督『11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち』@フォルツァ総曲輪

今年はで入院中のため行けなかったのだが、富山市向新庄にある隠し文学館 花ざかりの森」(杉田欣次館長)で毎年早春に行なわれる三島由紀夫資料展示及び杉田館長講話は、わが人生の楽しみの一つである。個人で文学館まで設立した杉田欣次さんの三島への想いは強く深い。このようなファンを持つ三島由紀夫(みしま・ゆきお1925-70)は幸せ者である。
若松孝二監督『11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち』(2012年)がいよいよ富山でも公開される。若松が『キャタピラー』(2010年公開)に続いての映画で三島を取り上げるというのは知っていたが、はたして富山で上映されるかどうか不安だったが、フォルツァ総曲輪のサイトで上映決定の報を知った。9月29日(土)~10月12日(金)上映で、同じく若松監督『海燕ホテル・ブルー』(2012年)が9月29日(土)~10月5日(金)上映。9月29日・30日には若松孝二・井浦新(いうら・あらた1974-。『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』『20世紀少年』『キャタピラー』など。本映画では三島由紀夫役)の舞台挨拶もある。正確な情報はフォルツァ総曲輪のサイトでご確認を。
以下、『11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち』について公式サイトより抄出してご紹介。寺島しのぶ(てらじま・しのぶ1972-。『赤目四十八瀧心中未遂』など)は『キャタピラー』にも出ていました。今回は杉山寧の長女・三島の妻役です。

『11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち』(2012年・日本・日本語)
監督・製作・企画:若松孝二(わかまつ・こうじ1936-。『甘い罠』『壁の中の秘事』『赤軍-PFLP・世界戦争宣言』『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』『キャタピラー』など)
企画協力:鈴木邦男(すずき・くにお1943-。「一水会」最高顧問)
脚本:若松孝二 掛川正幸
撮影:辻智彦 満若勇咲
主な出演者:井浦新(三島由紀夫) 満島真之介(森田必勝) 岩間天嗣(古賀浩靖) タモト清嵐(山口二矢) 寺島しのぶ(平岡瑶子) 古澤健(益田兼利陸将・陸上自衛隊東部方面総監部総監) 長谷川公彦(徳岡孝夫)
ストーリー(『11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち』公式サイトより転載):
「仮面の告白」「金閣寺」「憂国」など、次々に話題作を発表し、人気絶頂期にあった文豪・三島由紀夫。時は学生運動全盛期。三島は文筆業の傍ら、民族派の若者たちを組織化し、有事の際には自衛隊と共に決起すべく訓練に励む。しかし、警察権力の前に、自衛隊は出動の機会すら得られない状況が続き、苛立ちを募らせる三島と楯の会の若き隊員たち。そして、ついに、決断の時が訪れる・・・。
公式サイト:こちら
by tiaokumura | 2012-08-30 07:23 | 映画 | Comments(0)