人気ブログランキング |

2009年 09月 22日 ( 2 )

2009年9月20日、東京滞在17時間(下)

9月20日(日) 午前11時半頃、東京国立近代美術館を出てシャトルバスで東京駅へ。中央線で新宿に出て、小田急線で下北沢。やっぱ方向音痴なんですね、ボクって(大恥)。何度も訪れているカフェカナンへの道がわからず、何回か店主の研次にTEL。かの本多劇場からほんの1分のところにあるカフェです。約1か月ぶりのカナン。「富山で一番おいしい」(ってことは「世界で一番おいしい」ってことです^^)小林のます寿しをお土産に渡す。『コースト・オブ・ユートピア』(蜷川幸雄演出。シアターコクーン)などの話。おいしいコーヒーをいただき、向かいの中華料理店で食事。ケータイがキレそうなので、カナンのカウンターのところのコンセントに差し込み充電させてもらう。

下北沢から井の頭線で吉祥寺、吉祥寺から中央線で東小金井、東小金井からタクシーで多磨霊園。本当はこの23日が林玄さんの祥月命日なのですが、都合がつかないのでこの日墓参。門近くのふじ家石材店で供花・線香を買い、お墓までの地図をもらう。
空は雲一つない青空。途中、阿南惟幾(あなみ・これちか1887-1945)の墓。お若い方はご存知ないでしょうが、敗戦の日の未明、「一死以ツテ大罪ヲ謝シ奉ル・・・」の遺書を残して自刃した陸軍大臣です。現在彼はどのように「評価」されているのでしょうか。
一人で来たので心配だったが、幸い迷うことなく「林家之墓」の前に。しばし、墓中の林玄さん(享年88歳)に語りかける。林玄さん(僕の在職時は社長)のことは、当ブログ、こちらなど。

ふじ家石材店でタクシーを呼んでもらい国分寺へ。南口から歩いて林家へ。道が心配だったのですが、過去の記憶などたどりながら、こちらもほとんど迷わずに行けました。東京時代の最後、僕は国分寺北口の本多町でアパート生活をしていて、約1年、コーヒーの勉強で林家に通っていた。
林秀子夫人ご在宅。小林のます寿しをご仏前に供えお参り。なんとなく禅宗かと思ってたのですが、林家はうちと同じく浄土真宗でした。秀子夫人と、昔話・たれかれの消息・美術や音楽の話など、約1時間半語らう。林玄社長にも秀子夫人にもボクはお世話になりっ放し。ご恩のあるお二人です。

林家を辞去し国分寺駅へ。途中「ほんやら洞」の前を通る。お店、けっこう込んでました。国分寺から吉祥寺に出て、吉祥寺から下北沢。下北沢は人気のある街なんでしょうね、若者中心にいっぱいの人・人・人。カナンでこの日2回目の^^一休み。充電が終わったケータイをもらって、6時半頃お店を出る。

下北沢→新宿→池袋。
新文芸坐。この日フリッツ・ラング『死刑執行人もまた死す』を上映で、それを観る(800円)。
フリッツ・ラング(Friedrich Christian Anton “Fritz” Lang1890-1976)はジャン=リュック・ゴダール『軽蔑』(原作アルベルト・モラヴィア)に出ていて知った。ゴダール(Jean-Luc Godard1930-)は、映画の先輩としてラングをイマドキの言い方で言えばリスペクトしていた。ラングは『軽蔑』の中で商業主義に堕落した映画界について語っていたか。『軽蔑』にはブリジット・バルドー(愛称B.B.ベベ)が出てた。ベッドで全裸(ただし後姿)の妻カミーユ(B.B.)が「わたしのどこが好き?」と夫ポール(ミシェル・ピッコリ)を問い詰める。『ゴダール全集第1巻』(竹内書店)に『軽蔑』のシナリオが収められていたと思うけど、本棚のどっかにもぐりこんでて見つけられないが、だいたいそういうシーン。妻と夫の関係がこの映画のモチーフの一つ。妻にとって俗物主義の夫は「軽蔑」すべき存在だったのでしょうね。でもフツーの夫(男)にしてみれば、あんなすてきなお尻のベベに問い詰められても、妻の期待に添える答えようなんてないでしょうね(爆)。
フリッツ・ラングを『軽蔑』で知って、その後、京橋のフィルムセンターでドイツ映画特集があったとき、彼の名作『ニーベルンゲン(Die Nibelungen1924)』『メトロポリス(Metropolis1927)』『M(M1931)』などを観た(記憶違いもあるかも)。
ラングはドイツで名作を何本も撮っていたのですが、ユダヤ人だったためフランスから更にアメリカへ亡命。『死刑執行人もまた死す(Hangmen Also Die!1943)』は彼のハリウッドでの作品。ベルトルト・ブレヒトが脚本に参加している。今回の新文芸坐では134分の完全版での上映。映画の舞台はナチス支配下のプラハ。ゲシュタポはドイツ語、プラハ市民は英語の映画。ナチス高官の暗殺をきっかけに、ゲシュタポによるプラハ市民(とりわけレジスタンス)への厳しい探索が続く。フィルム・ノワール系になるのでしょうか、ハラハラドキドキの展開で途中飽きるということのない映画でした。

池袋東口23:00発の夜行バスで富山へ帰る。
by tiaokumura | 2009-09-22 10:50 | このブログのこと | Comments(6)

2009年9月20日、東京滞在17時間(上)

9月19日(土)、富山発23:01急行能登に乗車。夜行列車って言い方しなくなったんでしょうが、能登は北陸(こちらは寝台車。自分の結婚式の後、翌日の羽田発千歳行きの飛行機に乗るために利用した。「初夜」が寝台列車だったんですね、ボクって^^)と並んで、北陸線の現存する唯2本の夜行。そしてこれまた北陸同様、数少ない東京(上野)直行でもある。車中、数独(最近またほぼ毎日取り組むようになりました。中毒気味^^)・缶ビール(「秋味」。昔アメリカ人男性に日本語を教えていたとき、彼から「おいしい」と教えてもらった)。夜行バスと違って電車は明るいのが難点ですが、アイマスクをかけて夢路に。みどりの窓口で「連休中なので込んでいるかも」と言われて指定席にしようか迷った。でも、自由席、ガラガラでした。4人掛けを利用してベッド代わりにして眠る。

翌朝6:05上野着。山手線で東京駅へ。駅のトイレで洗面、構内の飲食店で大江戸そば。お店の人に「日本橋口」を尋ねる。「八重洲口」はよく聞くけど、日本橋口ってわからなかった(恥)。でも日本橋口に出たら見覚えのある光景だった。以前「オリオン」って夜行バスで上京した折、ここが終着だったんですね。駅前にいた係員にゴーギャン展のシャトルバスの乗り場を教えてもらう。だが、始発にはまだまだかなり時間がある。どうしようかと思いながら東京駅を出たところでタバコを吸ってたら、50代?の女性が「ここでタバコを吸っていいんですか」と聞いてきた。叱られるのかと思いきや、彼女もタバコを吸いたかったのだが禁煙区域になっているのではないかと思ったらしい。禁煙かどうかお上りさんのボクにはわからない。僕はいつも携帯灰皿も持ち歩いていて、まわりに人のいないところで吸うのは構わないと思うのだけど、どうなんだろう。名古屋駅前もそうだけど、病的なまでに日本全国禁煙拡大中。タバコのみとしてはいやな時代である。周囲に人がいない広い空間だったらタバコを吸ってもいいと思う。愛煙家の勝手な言い草か。
東京駅、時間がまだたっぷりある。日曜日なので築地へ行ってもダメだろうと思い、山手線1周半。いつも思うが、東京というところは電車でも街中でも、長身颯爽イケメン・ファッションセンス抜群シニア男性・ドキっとする美少女・目が覚めるような美女・立ち居振る舞いが只者ならぬおばあさんをよく見かける。日本全国どこでも、そのような層は一定割合で存在するものだろうが、東京は人口密度が高いせいか、半日もいれば合計20人くらいには出くわす。反して××や×××(特に名を秘す^^。日本の大都会の中の2都市)ではあまり見かけないのは、この2都市の成り立ちの歴史から来るのだろうか。××と×××の両都市は大都市としての文明機構は有していても、文化を尊重する気風に欠けているのかも。両都市とも食文化が不毛な点も共通している。

ゴーギャン展。東京から丸の内線で大手町に出、大手町から東西線で竹橋。大手町の長い通路はうんざり。東京駅から大手町まで歩いたほうが良かったくらい。
9時過ぎ、東京国立近代美術館。前売り券は持たないので、当日チケットを買うための列に並ぶ。50人目くらい。9:50頃、売り出し開始。人は多いことは多いが思っていたほどの人数ではない。チケットを購入し、入場の列に並ぶ。あまり待つことなく入場。ここでオクムラ君はいいアイディアを思いついた。「たぶん展示は編年順だろう。ゴーギャンの作品が全て傑作であるはずはない。でも人は展示順に観ようとするだろう。よし、真っ先に『我々は~』のところに行こう。きっとまだそこは人が少ないだろう」ってアイディア。展示は第1章・第2章・第3章の構成。そして僕の予想通り、第1章は既に人ごみ・人だまりあちこち。そういった部屋を足早に突っ切って第3章の展示ルームへ直行。ありました!、『我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか』。観客はまだ30人程度。ゆっくり観られました。大作から3mくらいの至近距離で、細部まで脳裏に刻み込むような感じで勢い込んで観ました。ボストン美術館なんて僕には行けっこないから、これが最初で最後の『我々は~』とのご対面。
それから第1章に取って返し、人いきれの中で観てまわる。第2章・16のところにあるべきはずの『かぐわしき大地』がない。係員に聞いたら、8月30日まで展示し引き揚げたとのこと。大原美術館にしてみれば自分のとこの「目玉」だから、「そんなに長いこと貸してあげられないよ」ってことでしょうか。大原美術館で観ているから、まぁいいけど。
by tiaokumura | 2009-09-22 10:37 | 美術 | Comments(2)