人気ブログランキング |

2008年 08月 01日 ( 2 )

2008年度B組(2)カラオケ

f0030155_2092371.jpg
(8月2日午後・記)
今回のB組会、僕はボウリング→居酒屋→カラオケを提案したんですが、食べ放題(・飲み放題)→カラオケ、になった。
THE BUFFET」を出て、ボクは道がようわからんので(汗)みなについていく。荒町交差点角にあるカラオケ店に入店。
写真手前が副担任の林さん。僕はネクラで意地悪教師なんで(恥)、林さんのような明るいキャラでエネルギッシュな方とコンビが組めるのはありがたい。今回初めて知ったのですが、林さん、お酒めっぽう強く&カラオケめっちゃ上手い! 彼女は4月から○△大学大学院に通い始めた、勉強熱心な方でもある。これから富山国際学院を背負っていく優秀なスタッフのお一人になられることでしょう。うちの場合、自前で教師を育てる余裕がないので、ある程度経験がある方(あるいは強い情熱の持ち主)をスタッフに迎え入れています。これまで幸いスタッフには恵まれている。もちろん10人に1人くらいハズレがありますが(爆)、学院+ご本人のマッチング、双方にいい結果出てることがほとんどです。うちんとこ、特に女性には働きやすい環境です(←さりげなくPR^^)。

ボクはカラオケなんてほとんど行ったことなかったんに、ここ数年は年に2回以上は行ってます。今回の僕は以下を歌いました(照)。
①「時の過ぎゆくままに」。学生から「うまい」って褒められました! ま、教師へのお世辞も半分入ってるんでしょうが、我ながら上手に歌えました(嘘爆)。
②「ハナミズキ」。B組の「今月の歌」で5月だったかに取り上げた。学生の一人が選曲してて一緒に歌う。映像は一青窈ご本人でした。
③「I LOVE YOU」。尾崎の名曲中の名曲。カッコよく歌って決めてやろうと思ったのですが、キーが合わんで(泣)、途中でストップ。本当はうまいんだけんど、ネ(嘘爆)。
④「夢一夜」。数年ぶりにカラオケで歌う。以前歌ったときは、カラオケ映像には小林麻美が出てて着物も「脱ぎ散らかして」登場してたように思うが、今回の映像はつまんない映像だった。僕はこういう音高めのスローバラードが合うんかもしれん(←自画自賛~^^)。
⑤いつなんどきどんな学生を担当するかわからんので、英語・韓国語・フランス語・中国語・イタリア語など外国語のカラオケ曲各1曲以上準備してます。いまだにイタリア語はカラオケするチャンスがないけど^^。イタリア人はこれまで一人くらいしか富山国際学院にはいなかったか。で、今回はみ~んな中国出身なんで、中国語の歌2曲選曲。鄧麗君(テレサ・テン)の「我只在乎你」。トイレで中座しとって戻ってきたら既に始まってた(大汗)。YouTubeではこちらで視聴できます。英語題は「I only care about you」、「今はあなたしか愛せない/見えないの」の意訳なんでしょうか。原題の雰囲気ぶち壊しな訳じゃないだろうか。
⑥中国語の歌もう1曲は「月亮代表我的心」。僕はこの4月から毎週金曜日6:30~8:00、楊老師のクラスで中国語を勉強してるのですが、この歌は楊老師の授業で教えていただいた。僕は知らなかったのですがとても有名な歌のようです。YouTubeではこちら。こちら、英語歌詞が同時に流れます。英語題は「Moon presents my heart」、中国語の直訳ですね。驚いたことに、このYouTubeの映像、李英愛(イ・ヨンエ。1971-。映画『JSA』・TVドラマ『宮廷女官チャングムの誓い』などで日本でも人気)なんですね。ファンの方、必見です。
8月なんで「八月の濡れた砂」(YouTubeではこちら。ただし映像は映画のラストシーンなので未成年者はアクセス禁)も歌いたかったんだけど、見つかりませんでした。見つけ方が悪かった?

カラオケ2時間。歌い放題だったでしょうね^^。今夜のB組会、用意したお金でなんとか間に合ったみたい。
10pm前、カラオケ店を出る。路上で8月18日からA組に移る2人と握手。「A組行ってもがんばってね。戻ってきちゃダメだよ」と、これはまた「花嫁の父」(2人とも女子学生)みたいなセリフ(照)。もうこの二人を教えることはないのかと思うと、流るる水(島崎藤村の「惜別の歌」に出てくる)もちょっと・・・。

夏休み期間中、事故事件などがありませんように。
by tiaokumura | 2008-08-01 20:09 | 日本語教育 | Comments(0)

2008年度B組(1)食べ放題・飲み放題

f0030155_19112030.jpg
(8月2日午後・記)
日本語教師が学外でどのように学生と付き合うか(あるいは付き合わないか)はけっこう悩ましい問題かもしれない。
学外での付き合いはご法度・教師の個人ケータイやメルアド教えるなんてとんでもない、って日本語学校もあるそうだ。もちらんその対極の「勝手にご自由に」なんて日本語学校はないだろうけど。
富山国際学院の場合、契約に学生との付き合い条項は盛り込んでませんが、まぁ、教師の自己責任で行き過ぎがないように(ってのも漠然としすぎてる「基準」だけんど^^)ってとこかなぁ。僕の場合、担任をやってるので、個人ケータイ・ケータイメルアド・PCメルアドは担当学生他に教えています。ときどきようワケのわからんケータイやメールがあるんですが(汗)、ま、それは彼ら・彼女らの日本語学習の一環にはなってるのだろうから、気にしてません。他に万一に備え、富山中央署・富山北署にも僕のケータイはご通知してあります。
自分なりに学外での学生との付き合いはコントロールしてるつもり。僕の原則は、卒業式(毎年3月15日頃)の夜はみんなで思いっきり弾けるようにし、それ以外は食べたり飲んだりしない。ま、「原則」なんで卒業式夜以外の付き合いも稀にあります。
今年度はB組担任。副担任は林さん。7月上旬だったか、学生の中から、8月1日(8月2日から富山国際学院は夏休み)みんなで集まりたいって声が出た。林さんとも相談して、8月1日夜・B組会をやることにした。僕の学生への提案は「B組学生全員参加、学生は3000円以内(残りは教師が出す)、みんなが楽しめる企画」。はじめ、教師にゴチになろうと思った不逞の輩^^もおったようですが、そんな若いうちから「タダ食い・タダ酒」経験したらアカンっていう親心で(爆)却下。3000円、学院生にはキツイ負担(時給750円として4時間分)なのだけど、薄給^^の身の教師としては大枚を何枚もははたけないので、勘弁してもらう。
プロジェクトワークではないのですが、B組学生たち、いろいろもめたところもあったのでしょうが、企画・お店選び・お店予約・会費徴収などを分担してやったようで、8月1日17:50Ferio広場集合と指示された。仕事5:30頃終えて、同僚の増山さんに総曲輪(そうがわ)まで送っていただく。勇んで集合場所に着いたら、な・な~~んと、副担任の林さんしか来とらん。おいおいチミら、教師より後に来るんかいな、ですよね。ボチボチ集まってきたけど、結局最後に到着の学生は6:15でした(爆)。でもこういうことにカリカリしててもしょうがないんで、卒業式の日に「あんときゃ待たせやがって、腹減って、俺、爆発寸前じゃったんだゾ」ってからかってやろうかと思ってます^^。
学生の選んだお店は富山大和6F「THE BUFFET」。2時間食べ放題飲み放題。僕は生ビール中2杯飲み、バイキング形式の60種類以上のメニューの中から何種類か少しずつ選んで食する。味追求より少量多種類路線^^。
2時間は長すぎて(学生は若いから平気なんかもしれんけど)、1時間半くらいで「THE BUFFE」を出る。お勘定支払い、モチロン集金係の学生がしました。
by tiaokumura | 2008-08-01 19:11 | 日本語教育 | Comments(0)