人気ブログランキング |

2008年 07月 19日 ( 1 )

今夏初めての西瓜

f0030155_194496.jpg
(7月21日夜・記)
僕の知己にも「冷やし中華ファン」や「アイスコーヒー命」が何人かいて、その方々は僕にとって尊敬し愛すべき人間であることは間違いないのでよけいに困るのだが、きっぱりここで僕は宣言します、「僕は冷やし中華もアイスコーヒーも大っ嫌いです」と。「あんなもの外道だ」って言っちゃうと、たちまちこのブログは炎上しそうなので、そこまではカミングアウト?しませんが、ラーメンもコーヒーもホットです。ダッチコーヒーのおいしいのは許せますが。
これまでに冷やし中華・アイスコーヒーを勧められることもありましたが、このブログでこの記事を読まれた友人知人親戚縁者の皆様。これからは僕に冷やし中華もアイスコーヒーも勧めんといてね。宗旨替え、たぶん死ぬまでしないかと思う。

写真、わが家の西瓜。今年はわが家の西瓜は当たり年のようで、これまでにも何度か食べるチャンスはあったのですが、いろいろあって、ようやくこの日7月19日がこの夏の西瓜食い初め。2口目からほわ~んと広がるほどよい糖分、多からず少なからずの水分。どこにも出荷予定のない自家製の西瓜、絶品です。僕はスプーンなんか使わずかぶりつきます。種は飛ばさずお皿の上に吐く。やがて残り少なくなったら2つに割り、皮にひっついた実を、歯を立てながら口中にこそぎ取り込んでいく。カッコ悪いことこの上なしの食い方でしょうが、誰も見てません、好きなように食べます。赤い部分がなくなった時点でご馳走様をする。
写真横のチェイサー、西瓜に全く合いませんが、これまでこのブログであまり紹介しなかったわが家の「井戸水」です。富山は水道水も全国屈指の旨さですが、それでも井戸水には勝てません。夏は冷たく冬温かく。もっとも真冬になるとわが家の前の道路、融雪装置が作動して井戸水の出が悪くなるので、一時的に水道水に切り替えています。この融雪装置、15年以上前に、僕が当時日本語を教えていたアメリカ・オレゴン州出身のデボラさんという女性がわが家の餅つきにいらっした折りにご覧になり、ずいぶん感心なさってました。彼女は環境問題の専門家でした。きっと今もアメリカで活躍中のはず。

西瓜の皮は処分に困る。何かよい利用法ないのだろうか。

夏のわが家の絶品には「枝豆」もある。ここ数年「居酒屋」に行くことも何度かあるんですが、どうしてあそこの「枝豆」はあんなにも水っぽくまずいんだろう。きっと安値のときに大量に仕入れて冷凍したのを使ってるんでしょうね。間違ってたらごめんなさい。若い人があんな枝豆の味に慣れて「やっぱ、おつまみって枝豆っすよね」なんてことにならないように祈りたい。わが家の、プリプリした歯ごたえとほどよく効いた塩味の(本物の)枝豆を、彼ら・彼女らに食べさせてあげたい。
by tiaokumura | 2008-07-19 19:04 | 美味録08年 | Comments(2)