人気ブログランキング |

2007年 01月 03日 ( 2 )

のぶさんと@七番

f0030155_12395063.jpg
のぶ」さん(実弟)とは昨夏神戸で会って以来。彼、富山高校の同期会@第一ホテルで来富。彼、確かご担任は高井進先生(日本史。現在は大島絵本館館長)。僕も高井先生に日本史習いました。社会科@富山高校は、あと人文地理が本木(岡田)英子ちゃん(「ちゃん」付けだった、当時は^^。本木監督のお母様)、世界史は平井先生、公民(と言ったか?)は雲井先生。のぶさんは僕と3つ違いで、中学・高校と僕が卒業した後入ってる。別に彼、「追っかけ」じゃないんだけど(核爆)。4人姉兄弟の末っ子だから、ワガママに育っても良かったんでしょうが、堅実・誠実・真面目に人生送ってる。風来坊の僕とは大違いです(汗)。普通兄貴ってぇものは、弟の勉強見てやったり、デイトデビュー応援したり、お小遣いやったりするもんなんでしょうが、ぐうたら兄貴はな~~んもしてやってない(恥)。さすがに彼にお金借りたりはしてませんが(爆)。結婚も彼のほうが遥かに先だったし(汗)。
今、彼は関学生のぶさん!お互い「学生生活」、ちゃんと全うしようね(激爆)。

写真右側、「ちょい不良(ワル)オヤジ^^」風のがボクです。横山剣に似てるかも(自爆)。帽子、イタリア製だったらパンツエッタなんだろうけど、あいにく「ジャック・ニクラウス」の帽子。もらい物だし(恥)。

このお店「七番」、僕は2度目。70過ぎの「お母さん」が仕切ってるお店です。酒よし料理よし、のお店です。富山駅南口出ると向かいにCiCビルがあり、そのB1Fに入ってます。富山にお出での節はぜひお立ち寄りください。「これが富山~♪」ってメニューばかりです。

実はこうして飲み食いしてたら、学院長の岸井さん(今日は東京自宅)からケータイにTEL。中座して、学院生のトラブルに対処することに。同僚の高木さん・大岩さん・柳川さんの3人と一緒に、とりあえずの対応はできました。にしても、「人生いろいろ」(好きな言葉じゃありませんが^^)、なんでしょうねぇ。
帰りはポートラムだったんですが、車中うとうとしてて、降車駅の「城川原」であわてて降りた。ところが乗車賃の100円、払い忘れてて!、運転手さんに注意された。とほほ&大恥
by tiaokumura | 2007-01-03 12:39 | 富山 | Comments(2)

元旦の新聞を読む(4)

僕って「朝日・岩波・NHK」なんだろうなぁ(照)。岩波の本、あまり買わなくなったし、TVもほとんど見なくなってるけど。この3つ、高校生の頃に先生から薦められたのかもしれない。

今回は読売新聞元旦付の雑感。
1面トップは「露の原発建設 参入へ」。社説は「タブーなき安全保障論議を 集団的自衛権『行使』を決断せよ」。改憲(人によっては「創憲」)もそうだけど、世の中(特に「政治」)は読売の目指す方向に動いているのだろう。いい悪いは別にして、「影響力」って点では読売が朝日を上回っている。編集手帳は「独楽」を切り口に。独楽回しって、僕は不得意だったなぁ。
元旦からの新シリーズは「日本を考える」「王室新時代」。前者には白石加代子。彼女曰く「日本の芸能的なものが身体の中から出てくる白石という女優を、鈴木忠志という演出家が自分の枠組みの中にはめ込んで、非常に面白く作ってくれた」。木下順二ー山本安英もそうだろうけど、「出会い」って大切なんでしょうね。一昨年だったか鈴木忠志リア王』、富山で見ました、開演前にご本人の講演(っても気さくな感じでした^^)もあった。後者、日本語学校の授業で「皇室ネタ」ってけっこう盛り上がる(爆)。雅子さんの結婚(僕もそうだけど、せっかくのキャリアもったいない、ってような意見が多かった)・皇位継承権(女性天皇もアリだと思うけど。イギリスやカールさんのオランダは女王。皇室典範、いつの間にか立ち消えになりましたね)・天皇家の歴史など、学生たち、意外と興味持ってる。僕の乏しい知識じゃ即答できないこともしばしば。
14面から、たぶんこれは全国版には載ってない、「食卓の上の富山 大地の恵み・海からの贈り物」。氷見牛(氷見=ひみ、です)・寒締めほうれん草・里いも・干し柿・深層水あわび・白えび、別刷りに移って、寒もち・紅ズワイガニ。カラー写真じゃないのが残念。
沢木耕太郎、読売に連載小説書いてたんですね。知らなかった(恥)。『声をたずねて、君に』。元旦が132回だから9月頃から連載か。沢木と読売って意外な組み合わせ、僕にとっては。
読売とくればジャイアンツ(爆)。「原監督 新春の誓い」。どうなるんでしょうね、今年の巨人。李は昨年並みの活躍無理でしょうし、小笠原は(他の多くの外様がそうであったように)巨人にはなじみにくいキャラ、残ってもらいたかった小久保はそっぽを向いてダイエーに復帰、第一ピッチャーが崩壊状態だし。「クライマックスシリーズ」出場権を巡って3位争いかも(激爆)。僕は「クライマックスシリーズ」反対です。「営業」目的なんでしょうけど、なんであんなもん作ったのか。プロ野球離れ、加速するだけだと思う。いっそのこと、セ・パ上位2球団でホーム&アウエィの総当りリーグ戦で決着つけたほうが、よっぽどマシ。
別刷りは6部ある。
「テレビ・芸能」。モンゴル、昨年が記念年でしたが、反町隆史主演で映画『蒼き狼』、3月3日公開。4ヶ月間現地で撮影したそうです。言語学の級友のけんけん、きっと見に行きそう。彼、モンゴル留学経験あり。呉人教授もそうです。元旦の新聞、全面広告多いですが、資生堂一瞬も一生も美しく」、母子の横向きヌード写真。資生堂っていつも感心するのですが、日本のCM界リードしてますよね、出色。24・27面「フォーク30選」。もちろん全曲リアルタイムで経験してるし(照)、26曲までカラオケで(歌おうと思えば^^)歌えます(自爆)。38面、「落語・講談5人衆 SWA」。この中では春風亭昇太に注目してます。一昨年のTVドラマ『タイガー&ドラゴン』に出てて初めて知った。
別刷りはあと「世界陸上」「ふるさと新聞」「国際漫画大賞」「美術展」「北陸特集」。
モネ展」、今年あるんですね。あなたもきっとそうでしょうが、モネとマネ、よう区別つかん、ボク(核爆)。「睡蓮」がモネです(爆)。今年は、「フィラデルフィア美術館展」「シュルレアリスム展」などもありますが、行けたら行きたいなぁと思うのは、「青山二郎の眼」(新潟市美術館→世田谷美術館)「ル・コルビュジェ展」(森美術館)の2つくらいかなぁ。美術展、去年のほうが「豊作」だったかも。
(「元旦の新聞を読む」終わり^^)
by tiaokumura | 2007-01-03 11:44 | Comments(0)