人気ブログランキング |

2006年 01月 29日 ( 1 )

新年快楽 万事如意

タイトルは、中国福州でお世話になっている方の年賀カードに印刷されてたことば(ただし、簡体字表記ではない)。Wish you A Happy&Prosperous New Yearの英語傍記も。

陳淑梅老師(NHKテレビ「中国語会話」講師)のエッセイで知ったんですが、かの文化大革命中も英語の授業あって彼女習ってたそうです。「アメリカ帝国主義」を糾弾しつつ毛沢東語録の英訳で勉強してた。USAも、アジア太平洋戦争(このブログではこの呼称を使います)中、日本語教育・日本文化日本語研究、とても充実していた。翻って大日本帝国敵性言語とかで、野球も「アウト→だめ」(「アウト→退(ひ)け」でしたっけ?)などと言い換えてたのと好対照。USAも中国も外交に長けてる(逆に言えば日本が外交下手)のも納得できますね。

新年快楽」は学生からの年賀状にもよく書いてあるので、一番ポピュラーな年詞なんでしょうね。ただし「明けまして~」と違って、年内にも使えるみたい。ここは、英語の"Happy New Year"と共通?

ところで日本語の「1月元旦」「新年明けましておめでとうございます」は誤用ですよね。
前者は間違いなく誤用なんですが、後者はひょっとして正しいのかも。「新年が明けたら新々年になるから間違い。明けまして新年おめでとうございます、ならいいかも^^」と思ってたのですが、そんな自分を揺るがすようなことが2つ。お正月のクイズ番組で世界のO監督が「新年明けましておめでとうございます」って言ってた。テロップにも同じ表示。更に岩波書店のPR誌『図書』の編集者の挨拶にも同文。ひょっとして僕が勘違いして「新年明けましておめでとうございます」が間違いだと思ってるんだろうかなぁ。「新年です。明けましておめでとうございます」の意にとれば正しい? どなたかご存知の方いらっしゃったら、ご教示ください。

いつもは午後10時前後に書いてるこの投稿、今夜は早めに仕事が片付いたので早い時間に書いてます。
12月29日にブログ開設したので、1ヶ月経過。昨日までの累計ご訪問者323人。皆様に感謝×∞です。
春迎狗金 新年にあたり、今後ともますますのご贔屓を、希い奉り候(核爆)。
by tiaokumura | 2006-01-29 19:59 | 言の葉つれづれ | Comments(8)