人気ブログランキング |

ハノイ(1)ハノイ空港

f0030155_1331994.jpg
(10月13日午後・記)
9月27日(土)午前6時前、カナリーハウスラムカムヘン@バンコクで目覚める。1Fレストランで朝食。その後、部屋に戻り、ここは宿泊だけなので荷解きしないままの荷物2つを持ってフロントでチェックアウト。先夜のマダムが言っていた通り、タクシーが待っていた。空港到着。航空券は旅行社のAさんの指示とは違って、バンコク→ハノイ便しかもらえなかった。残り2枚(ハノイ→バンコク、バンコク→関空)は、ハノイ空港で帰りにもらうことになる。タイ航空のカウンターの女性、そのあたりの事情を僕にわかりやすく教えてくださり、旅慣れぬ身としては安心できた。
9月27日08:25バンコク発TG682。機内で時計をベトナム時間に合わせようとしたら、なんとタイとベトナムって時差がないんですね。知らんかった(恥)。タイ・ベトナム、日本とは-2時間。2人掛けの座席の通路側、隣りはゲルマン系20代後半(たぶん)女性。セクハラにならぬ程度に会話^^。
飛行時間2時間弱(短い!)、機内食がすぐ出てその内に着陸態勢に。ハノイ(ノイバイ)国際空港。僕は機内持ち込み荷物はショルダーバッグだけなので、隣りの女性にあいさつしてさっさと降りる。荷物引渡しのところで待ってたけど、なかなか僕の荷物2つが出てこない。その内隣だった女性が現れる。彼女は荷物3つとかで、2つ目が出てきたとき(僕はまだゼロ)、「You must say BINGO.ビンゴだね」って言ったら喜んでくれた。僕が一つ目を確保した直後、彼女、3つ目ゲット^^。”You've got one million USdollars. See you, MS. 1st-prize woman.”とか言ったら、大いに喜んでくれた。今回の旅ではとっさに思いついたジョークを8つくらいご披露?した。海外旅行ってしんどく緊張するもんだけど、こういうジョークって言うほうも言われるほうも「潤滑油」になってストレス解消になるんでしょうね。海外旅行では下品なジョークはいただけないが、ユーモアのあるジョークってアイス・ブレイキングにぴったりなんでしょうね。
ハノイ空港では、今回通訳をお願いしたチャン・ティ・ミン・ハオさんが出迎え。「ミン・ハオ」は漢字表記では「明好」。彼女は、富山国際学院の卒業生で今は富山大学修士1年のダンさんに紹介してもらった。「若い女性」ってことで当初その日本語力に不安があったが、メールのやり取りを通じて、実にしっかりしたお嬢さんで日本語力もすばらしいと安心した。僕の特徴をメールで事前に知らせておいたので、彼女はすぐ僕を見つけてくれた。
空港を出てタクシー乗り場。ちょうどいあわせたロシア人(たぶん)男性にシャッターを押してもらったのがこの写真です。彼の娘さんに「一緒に入って」って英語とジェスチャーで頼んでこうして撮りました。
by tiaokumura | 2008-09-27 13:03 | 海外出張08余録 | Comments(0)


<< ハノイ(2)サイゴンホテル バンコク(3)タイ料理 >>