人気ブログランキング |

新年快楽 万事如意

タイトルは、中国福州でお世話になっている方の年賀カードに印刷されてたことば(ただし、簡体字表記ではない)。Wish you A Happy&Prosperous New Yearの英語傍記も。

陳淑梅老師(NHKテレビ「中国語会話」講師)のエッセイで知ったんですが、かの文化大革命中も英語の授業あって彼女習ってたそうです。「アメリカ帝国主義」を糾弾しつつ毛沢東語録の英訳で勉強してた。USAも、アジア太平洋戦争(このブログではこの呼称を使います)中、日本語教育・日本文化日本語研究、とても充実していた。翻って大日本帝国敵性言語とかで、野球も「アウト→だめ」(「アウト→退(ひ)け」でしたっけ?)などと言い換えてたのと好対照。USAも中国も外交に長けてる(逆に言えば日本が外交下手)のも納得できますね。

新年快楽」は学生からの年賀状にもよく書いてあるので、一番ポピュラーな年詞なんでしょうね。ただし「明けまして~」と違って、年内にも使えるみたい。ここは、英語の"Happy New Year"と共通?

ところで日本語の「1月元旦」「新年明けましておめでとうございます」は誤用ですよね。
前者は間違いなく誤用なんですが、後者はひょっとして正しいのかも。「新年が明けたら新々年になるから間違い。明けまして新年おめでとうございます、ならいいかも^^」と思ってたのですが、そんな自分を揺るがすようなことが2つ。お正月のクイズ番組で世界のO監督が「新年明けましておめでとうございます」って言ってた。テロップにも同じ表示。更に岩波書店のPR誌『図書』の編集者の挨拶にも同文。ひょっとして僕が勘違いして「新年明けましておめでとうございます」が間違いだと思ってるんだろうかなぁ。「新年です。明けましておめでとうございます」の意にとれば正しい? どなたかご存知の方いらっしゃったら、ご教示ください。

いつもは午後10時前後に書いてるこの投稿、今夜は早めに仕事が片付いたので早い時間に書いてます。
12月29日にブログ開設したので、1ヶ月経過。昨日までの累計ご訪問者323人。皆様に感謝×∞です。
春迎狗金 新年にあたり、今後ともますますのご贔屓を、希い奉り候(核爆)。
by tiaokumura | 2006-01-29 19:59 | 言の葉つれづれ | Comments(8)
Commented by tubomim at 2006-02-12 17:10
「いつもは午後10時前後に書いてるこの投稿」いつも決まっている時間で記事を書くのですか、すごい!私も頑張って続けたい。
Commented by tiaokumura at 2006-02-12 20:21
初コメントありがとうございました。ハマりやすい男なので決まった時刻に投稿することで、ブログ中毒にならないようにしてるんです^^。
あなたのブログ、訪問&リンク(ご許可を得るべきだったのですが)させていただきました。これからもときどき相互訪問できますように。
ここは偶然お知りになったのですか?
Commented by tubomim at 2006-02-12 21:06
ご訪問・コメントありがとうございます。「文革」のことを書きたいので、キーワードに「文化大革命」を入れたら、お宅のブログが発見しました。中国以外のこともかいていますので、結構勉強になりました。「特に決まっている時間に」感心しました。まじめな方かなと思いました。
Commented by tiaokumura at 2006-02-12 22:12
「文革」でしたか。昨日NHKTVで「満州国皇帝」の弟フケツ(漢字、ここ出ないのでカタカナでお許し下さい)の番組を見ました。「天城山心中」と言ってもtubomimさんのご存じないことかと思いますが、人間の運命の残酷さ、そしてそれでも「生きる」ことのすばらしさを実感できた番組です。今、日中・中日は必ずしも「いい時代」ではありませんが、長い単位の年月で見ればきっと有効状態が保てると信じております。これからもよろしくお願いします。
「まじめな方」ではゼンゼンありません、自分!
Commented by tiaokumura at 2006-02-12 22:13
↑友好でした!
Commented by tubomim at 2006-02-12 22:59
「傑」という字?嵯峨浩のご主人のことでしょうか。
「友好」はやはり「有効」だと私も信じています。文化の繋がりがなかなか切れないものですね。
Commented by tiaokumura at 2006-02-13 18:29
その通りです。
愛親覚羅慧生の「天城山心中」は、僕の子どものころの記憶として鮮烈に残っています。高木琳光『成吉思汗の秘密』という推理小説の終わりのほうにも出てきます。
慧生が周恩来に手紙を出したことは、今回のTV番組で初めて知りました。
Commented by tubomim at 2006-02-14 14:16
私も慧生が周恩来に手紙を出したことを知っています。人生は本当にいろいろですね。


<< 富山大学、出願開始 明日は「春節」 >>