人気ブログランキング |

当世キャンパスファッション事情(1)

今朝起きてびっくりした! ってもカフカの『変身』じゃないんで^^別にボクが虫になっとったとかじゃないんですが(爆)、目が覚めたら8時! 6時頃一度目覚めたんですが、まだ早いってぇんでまた寝たのが敗因。今日火曜日は大学1時限ある日。開始は8:45。感懐に浸る間もなく^^ガバッと布団(ボク、お布団派^^)から起きる→布団畳む→洗面所で顔を洗う。顔を洗っててなんか違和感。いつも通りに水を両手で汲み、いつものようにその両手を顔の下から上に向けて洗ったのですが・・・。
脱線しますが(照)、昔、日本人スパイで中国語ぺらぺらな男が、顔を洗ってる時に「あいつは日本人だ!」ってバレた、って話読んだような記憶があるんですが、本当にそうなんでしょうかねぇ。マユツバっぽいけど。も一つ脱線。単にボクに文才がないだけなんでしょうが、「顔を洗う」なんてごくありふれたことなんだけど、いざ文章化するとなると、難しいもんなんですねぇ。
閑話休題(大汗)。で、違和感、何かってぇ言うと、いつも通りの顔のスペース^^洗って、「あれ、まだ上の方にもある!?」って感じた。で、手を伸ばすと、髪ではなく肉部分が広がっていたので^^、そこも洗った。文章下手なんでようわかってもらえんかもしれませんが、要するに「」。東国原知事の顔、額広いっすよね。ボク、恥ずかしながら、今までボクの額面積、過小評価しとったっちゅうわけです(核爆)。早い話が、、もはやかつてのようには額部分を覆っとらんだってこと。「なんだ、お前、そんなこと気づいとらんだんか」って詰問されそうですが、事実、こんなに自分がハゲあがってた(←ついに言ってはならないことを言ってしまったかも^^)っての気づいてなかった。今まで、ボクの額さん、ちゃんと洗ってなかった。きったねー(激爆)。今後はちゃんと「顔(広い額空間も含む)」洗います(自爆)。
で、顔を洗って、いつもなら新聞・朝食なんですが、カットして(せざるを得ない!)、車庫に行って車に乗る。途中空いてる道は時速××キロで飛ばし、渋滞2回をいらいらして過ごし、大学の駐車場には8:38着。人文棟に入り7Fの教室に。そこでビックリ。だ~れもおらん。最前列の机の上にカバン1つあり。同級生のけんけん(粕谷さん)のもの。こちとら必死で通学したんにぃ、なんでやねん、ってな心境もちらっ。8:45、教室には学生12人くらいか(全部で20人くらい受講)。先生、時間に厳しい方のようなのですが、定刻には始まりませんでした(泣)。こないだどこかの大学教官の記事、朝日新聞で読んだんですが、その先生「授業はできるだけ定刻通りに始めて、少し早めに終わる」スタイルだそうで、そういう先生が僕はいいなぁと思う。一番いやなんは、遅れて来て言い訳たらたら言って、しょうむない脱線をして、終了時間になっても終わらず、時間を過ぎても授業をするのんがまるで「教育熱心」の証しだと勘違いしとるような先生。学生だっていろいろ事情あるんですよねぇ。15分の休憩時間に、トイレ行って、たばこ吸って(喫煙者少ないけど)、ケータイチェックして、合コンの手配して(嘘爆)、次の教室に移動。時間より早く終わらんでもいいけど、時間内できちんとした授業をする、っての教師としての最低限の「マナー」だと思うのですが、ナマイキすぎたかも(照)。あ、特定の先生を言っとるんじゃなくって、そういう先生も何人かおるってことです。

また前置きが長くなりすぎた(恥)。
大学生」やれるのも、あと10ヶ月ちょい。卒論締切はもっと早い。ボク、卒論、はたして書けるんじゃろうかと思い悩む日々^^なんですが、今日から何回かに分けて、せっかく「大学生」やれてるんだから、その思い出(?)に「当世キャンパスファッション事情」を不定期連載しようと。
ピーコさん、僕より2歳年上。辛口ファッション批評で人気があるみたいですね。僕は、彼(彼女?)のようなファッションセンスないし素養もないんですが、僕なりに感じたこと、書いていきたい。今日も長文すぎとるんで、以下、手短に(大汗)。
男性大学教官に注文。
1)キャンパス内は(ご自分の研究室内はどうでもいいのですが)、サンダルで闊歩しないで!
 僕もごくたまにホテルに泊まることがあり、室内では備え付けのスリッパに履き替えてます。でも、室外では靴。ホテルと大学は違う、っちゃそれまでですが、キャンパス内でときたま見かけるサンダル姿、いただけません。偏見、って言われるかもしれませんが、サンダル姿の男性教官を見かけると、その方がどれだけ深い学識があろうと専門分野のフロントランナーであろうと、尊敬の念が失われます。
2)ジーンズは似合わない!
 僕もジーンズ持ってます。でも、これは日本人ほとんどがそうだと思いますが、ジーンズ似合わない。足が短いっての民族の宿命かも(オーバー?)。毎年「ジーンズが似合う有名人」とかやってますが、僕はいまだに「あ、この人、ジーンズ似合う。オッシャレ♪」って方にお目にかかったことない。ジーンズは「実用的」で「知的な大学教官」のファッションアイテムに定着してるみたいですが、う~~ん、僕は賛同しかねる。おうちではいてるのは自由ですが、キャンパスではどうも。特にインディゴブルー。ジーンズ、バークレーやソルボンヌあたりでは「すてき♪」なんでしょうけどね。「似合わなくても好きではいてるんだから、文句言うな」って言われそうですね。コーデュロイは似合います、大学教官には。
3)ジャージは着るな!
 これはちょっとしか見たことないんですが、体育系の教官なんかもしれませんね。ジャージ、ボクが持たないから「ひがみ」で言ってると思われるかもしれませんが、ジャージもジャージ姿も大っ嫌いです。

ってなことで反論殺到かもしれませんが、今回は男性大学教官のファッションについて一言、でした。こんなこと書いたら、単位もらえんよーなるかもしれませんね(爆)。

by tiaokumura | 2007-05-15 20:59 | 僕は大学4年生 | Comments(0)


<< 続・責任の取り方(北一輝 石田... 加藤重広先生の本、2冊 >>