人気ブログランキング |

日本留学試験

一緒にB組を担当している須加さんとの引継ぎはメールでやってるんだけど、さっきチェックした彼女のメールの中に、11月の日本留学試験結果も書いてあった。本当はクラス担任の僕が先に知っておくべき事柄なんだけど、今年は大学3年生^^をやってるんで、彼女に知らせてもらう形になった。
で、僕は日本語教師としてお金をいただいてるんで「プロ」なんで、「留学試験」「能力試験」及び自分が教えたことがある学生の大学合否について、ほぼ80%以上は結果を事前に予測できる。別に自慢じゃなくって、「プロ」はそんなの当たり前、ってか、僕は「プロ」としてはまだまだ未熟。
今年のB組は去年のB組(週2コマ担当してた)とは、人数も出身国も大きく異なってて、今年のB組は5人しか「日本留学試験・第2回(11月)」を受けていない。で、僕の事前の予想通りは2人だけ。仮に名前をAさん・Bさん・Cさん・Dさん・Eさんとすると、AさんDさんは予想を上回る得点、Eさんは予想を下回る得点。Aさんは「国立大学」も狙える得点で、「嬉しい誤算」ってやつです。で、やっぱ、担任として一番気になるのはEさん。実は、須加さんのメール以前にEさんの得点知ってました。本人が昨日4時頃だったか、僕のケータイにTEL。半泣き状態で、僕に彼の結果を教えてくれた。僕もそれを聞いてビックリした。最低このくらいは取れるだろうと思ってた得点より遥かに低い。すぐにでも会いたいような彼の口ぶりだったんですが、そのとき、僕のほうが「演習大失敗」で泣きたい状態(核爆)だったんで、金曜日に学院で会うことにしてもらった。でも、なんか後ろめたい気分。「悪い教師」の典型、僕。ま、もちろん最後まで彼の面倒を見るつもりです。彼は僕の1回目の中国出張で出会った学生です。彼、学院入学早々に大トラブルも起こしてる(今にして思えば「愉快な思い出」になるんだけど^^)。「できの悪い子ほどかわいい」というと彼に失礼なんだけど、卒業までの残り短い期間、彼に「日本に来てよかった」って思ってもらえるように、なんとかガンバりたいと思っています。
今回の全国平均220点くらいらしいですが(未確認)、今年のB組メンバーのありようを考えると、全国平均を超えたB組学生が2人もいたのは、これまた「嬉しい誤算」かも。そんな程度で嬉しがっていたんじゃダメなんですが。途中でB組からA組に移動した学生が2人いるのですが、彼女たちの結果、明日聞けるのも楽しみ♪です。
by tiaokumura | 2006-12-21 22:25 | 日本語教育 | Comments(0)


<< 哲ちゃん、登場! 06年度後学期言語学演習(6)... >>