人気ブログランキング |

こんな中国語の教科書があります(2)

続きー
シリーズになっていて店頭にあった第1冊~第3冊を購入。
これがすばらしい教科書なんですね。
Oxfordの真似っぽいところもあるんですが、そこはOKとしましょう。
中高校生向けらしいイラストがかわいい。全てにピンイン(中国語の発音を示すローマ字)がついていて、漢字練習ページもきれい。TomやMaryがキャラはありきたりだろうけど、李小龍も登場! ブルース・リーですよ、「アチョー」とか真似したでしょう、あなたも^^。リー・シャオロンです、彼、中国では。

ここからが今回の投稿の本題。
この教科書で一番感動したところの話。
Read and Match.という練習問題があるんですが、その一つ。
左に1)~5)、右にa)~e)が縦に並べられていると思ってください。漢字はほんとうは簡体字なんですが、日本の漢字で間に合わせ。
  1)十五号 2)四月 3)二十一号 4)我的生日 5)汝的生日
 a)my birthday b)21 years old c)your birthday d)April e)15th
ね、感動しませんか?「な~~んだ」ですか?
僕は感動しましたねぇ。少なくとも僕はこういう発想での問題つくりは思いつけなかった。

他にもご紹介したいところ、たくさんあるんですが、今回はこのくらいで。
とにかく、日本語教師にも裨益するところ大、の教科書です。
今年また行けたら、このシリーズの続きと付属のCDかテープ、買おうと思っています。見つかるといいんだけどなぁ。

今回紹介した本は、
人民教育出版社『快楽漢語KUAILE HANYU]』(2003年。各50.00元)
です。日本でも入手可能かどうかは未知。
by tiaokumura | 2006-01-10 21:55 | 日本語教育 | Comments(3)
Commented by officemei at 2006-01-10 22:38
初めまして。ちょっと寄せていただきました。私は上海を基点に、中国・台湾・日本等各地でのコネタ・雑感を中国語・日本語おりまぜて綴っています。又覗いてくださいね。
Commented by tiaokumura at 2006-01-11 16:03
上海は2つの空港(国際・国内)を利用したことがあります。通過だけです(泣)。2つの空港、白タクを使ってひどい目にあったことも^^。上海はぜひ泊まってみたい市です。
ご訪問、ありがとうございます。不思議なご縁ですが、これからもよろしくお願いします。僕もときどきご訪問させていただきます。
Commented by officemei at 2006-01-11 22:17
レスポンス有難うございます。私は日本語教師ではありませんが、日本語学校の学生募集現地試験官の仕事もやっております。北は内蒙古から南は福建まで、各地の日本語コースを持つ学校へ巡業しています。4級レベル以上の能力があるかの筆記試験と、面接による日本語基礎力のチェック、特に私が留意しているのは、実は日本語力よりも一般教養と常識です。これは、全て中国語で確認します。まともな学生もいるにはいますが、殆どお粗末な程度の学生が多い状況で、毎度ため息です。本業は翻訳・通訳ですが、近い将来転進するかもしれません・・・又おじゃまします。


<< こんな授業・あんな授業(1)富... こんな中国語の教科書があります(1) >>