人気ブログランキング |

トロイアの女@シアター・オリンピックス

f0030155_21152659.jpg(8月25日午後・記)
トロイアの女The Trojan Women
作:エウリピデス
演出:テオドロス・テルゾプロス
出演:
アナスタシア・パパドプロウ ソフィア・ヒル ニョヴィ・カララブス アントニオス・ミリアゴス サヴァス・ストロボス 他
翻訳:コスティス・コロタス

テオドロ・テルゾプロス(Theodoros Terzopoulos1945-)。「アティス・シアター主宰。・・・1994年に創設されたシアター・オリンピックスの国際委員長。・・・ギリシア古典劇の解釈で新しい視点を提示し、その演技メソッドは世界中の演劇学校や大学の古典学科で教えられている。第1回シアター・オリンピックスの芸術監督。」(パンフレットより)。Director’s noteによると、この劇ではGreek, Turkish, Croatian, Bosnian, Hbrew and Arabicの6言語が使用。言語名でもお分かりのように、テルゾプロス版では、ギリシア、シリア、エルサレムなどの「分断された都市から参加した俳優を使って」(パンフレット)の上演。「テルゾプロスは・・・これら俳優たちの、生身の身体の奥深くに潜む、傷つけられた歴史の記憶を光源としながら、「和解」への道を探求している。」(パンフレットより)。
入場。石井知事や吉田委員長も。野外劇場、前から2列目中央に座る。眼前のステージで1人の男優がモノローグ中。前座だと思ってたら^^、これがそのまま「トロイアの女」(原題だと「トロイアの女たち」ですけど^^)につながる。ステージ前左右に翻訳表示。英語、日本語。日本語の台詞が全くない多言語劇を観るのはこれが初めて。
by tiaokumura | 2019-08-24 21:15 | 富山 | Comments(0)


<< 癌日記:2019年9月5日、予約診療 利賀で夕食 >>