人気ブログランキング |

本、あれこれ

f0030155_19390879.jpg(6月23日午前・記)
ブレイディみかこ『女たちのテロル』
岩波書店
2019年5月30日 第1刷
1800円+税

森田真生『数学の贈り物』
ミシマ社
2019年3月22日 初版
第1刷1600円+税

森田真生『数学する身体』
新潮社(新潮文庫)
平成30年5月15日 2刷
490円+税

岡潔 森田真生編『数学する身体』
新潮社(新潮文庫)
平成31年4月1日 発行
550円+税

笹舟会『笹の舟 美酒を求めて四〇年』
笹舟会(ささしゅうかい)
2019年5月25日
非売品

ブレイディみかこの名は岩波書店のPR誌「図書」で知った。名前からすると、彼女、国際結婚なんでしょうね。図書連載「女たちのテロル」。金子文子も出てきた。この連載、やがて単行本になるってことで、出版後さっそく購入。ブレイディの表記語彙、ときどき独特。下品な言葉はまあ当たり前だとして^^、カタカナ語など、自分にはようわからんのも。文脈から判断してこうなんだろうなあと理解してますが、どうなんだろう、誤解も。
本書、韓国映画『金子文子と朴烈』(こないだ「ほとり座」で観た。当ブログに記事あり)についても引用。朴烈の詩「犬ころ」(本書pp95-96)、原文ってそうだったんですね、知らなかった。
本書、金子文子、エミリー・デヴィソン、マーガレット・スキニダー。「道徳や恋愛の呪縛を超え、全力で生き、闘った、百年前の女たちが甦る。過去を未来に向けて解き放つ、怒涛の三つ巴伝記エッセイ」。
ブレイディ、ときどき朝日新聞にも寄稿。岩波書店からの既刊に『ヨーロッパ・コーリング』。

本年5月18日、富山県黒部市で森田真生さん「数学の演奏会」に参加。昨年に続き2回目の参加。どちらもブログ記事あり。当日、上述の3冊購入。
『数学の贈り物』はミシマ社刊。讀賣、日経、北日本の各紙でも紹介されてた本。朝日新聞は見逃してたか。「同時代の100万人に読まれても忘れられてしまう本より、50年後にこの本を手に取った1人の人生が変わる。そういう本にしたい」(北日本新聞)。
『数学する身体』、読了。ほとんどわかってない読み方でしたが^^。小林秀雄賞受賞作。「数学する」って言い方、違和感もありますが。日本語教育で「する動詞」とかって言い方してますが、「数学する」は本書のような場所で成り立つのかも。いや、生活するなどと同じように数学するもありなんかも。
3冊目、森田編の岡潔。大学生時代、H君だったか岡潔ファンだった。

5冊目、非売品。友人の亀井哲治郎君から「謹呈」^^。彼、編集委員会代表とか。彼からはだいぶ以前、河野裕昭さんの写真満載の大吟醸の本ももらったことがある。
佐藤總夫さんって全く知らなかった。農口尚彦さん「批評が私を育ててくれた」。農口さんってお酒、全く呑まない方なんですね、ビックリ。亀井君は「歳月-佐藤總夫先生のこと、など」。富山の銘酒「立山」のこともちょっ出てきてる。僕、こないだ初めて「勝駒」呑んだ。富山にもおいしい日本酒、たくさんあるんですね。
by tiaokumura | 2019-06-16 19:39 | | Comments(0)


<< 癌日記:癌サバイバー、9年目に 越中家漫欽丹ひとり会 >>