人気ブログランキング |

4月の読書

f0030155_13483231.jpg(4月13日夜・記)
加藤周一『羊の歌-わが回想-』
岩波新書(岩波書店)
2019年1月15日 第62刷

加藤周一『続 羊の歌-わが回想-』
岩波新書(岩波書店)
2019年1月15日 第44刷

堀井憲一郎『1971年の悪霊』
角川新書(KADOKAWA)
2019年1月10日初版
860円+税

加藤重弘『言語学講義-その起源と未来』
ちくま新書(筑摩書房)
2019年3月10日第1刷

ドナルド・キーン 角地幸男・訳『ドナルド・キーン自伝』
中公文庫(中央公論新社)
2019年3月25日改版
820円+税

こないだ、なんでだったか忘れたが(汗)、加藤周一の『羊の歌』を読みたいと思った。堀田か福永あたりからだったか。「羊の歌」は高橋和巳「邪宗門」と前後して朝日ジャーナル(今はない)に連載してた。後に岩波新書に。今回、少しずつ読んでる。正続2冊。加藤は、今では死語なのだろうが、エリート、知識人。さまざまな分野でも発言、行動。今の文学者に彼のような人、いないでしょうね。

堀井本、新聞広告で見て、高橋和巳を取り上げてるということで購入。彼、僕より12歳年下(1958年京都生まれ)。本書、高校紛争、岡林信康、ウッドストック、小さな恋のメロディー、ローリングストーンズ、パリ五月革命、文化大革命など。高橋は「第3章 高橋和巳が死んだ5月」で。本書、索引はありませんが、「参考文献」あり。

僕は59才^^で富山大学言語学コース3年次に編入。加藤重弘先生は富山大学準教授(准教授?)から既に北海道大学に移られてましたが、年に1回先生の集中講義が富山大学であり、自分、受講できました。成績、それなりに良かったかも^^。当ブログにもそのあたり書いてます。本書、入門書でしょうが、中身は濃い。

こないだ嶋田和子先生の福井での研修会のあと、夕食会も。その時のお話に、ドナルド・キーンさんのことも。キーンさんの養子でしたっけ、日本人の方、嶋田先生と親戚筋になるみたい。本書「増補新版」。親本は『私と20世紀のクロニカル』(2007年7月 中央公論新社)。
by tiaokumura | 2019-04-07 13:48 | | Comments(0)


<< 本、雑誌、あれこれ 嶋田和子先生と@福井 >>