癌日記:今年初の癌、予約診療

f0030155_14351176.jpg(1月27日午前・記)
僕は癌サバイバー2011年6月富山国際学院の同僚から健康診断受けるように勧められた。それまで、そんなん、無視してた。で、家の近くのK病院に。あれ、何てんですかねえ、カメラ撮って、それ自分も見られて、医師、こりゃすごいと思ったんでしょうね。もっと大きな病院に行ってみるようにと紹介状。その時、とうとうかと覚悟した。自分、当時、タバコ1日40本で、てっきり肺癌になることはあるだろうと思ってたけど、肺癌じゃなかった。
S病院。主治医が偶然、僕の中学・高校同級生。自分、胃癌ステージⅣ。自分、アホなんでしょね、その時、ステージⅣが最高レベルって知らなんだ。Ⅳの上にⅤがあると思ってた(笑)。2011年6月、胃全摘・肝臓一部切除、その時、膵臓・脾臓も取ったかも。翌年、大腸癌手術。僕、72年の人生、これまで2回の手術、経験です。癌で入院し、その後、4週間置きの通院、それが6週間になって今は8週間置きの予約診療。

1月24日(木)。病院受付。吉井勇の連載が北日本新聞第2・第4木曜なんで、病院のコンビニで地元紙・北日本新聞購入。中央処置室でB12注射。痛かった。外科受付前。持参した向田邦子対談集を読む。
11時過ぎ。名前を呼ばれる。血圧、体重測定。153-92、脈拍74。体重、55.3kg。55kg台、手術後、初めてか久しぶりかも。診察。主治医Tドク。あれこれ話す。Tドクによると、王さんも胃全摘ですが、彼は当時最先端のナントカ鏡手術を慶応大で。橋本五郎さん(彼も胃全摘)はどんな手術ったんでしょうね。Tドクによると、胃全摘だと体重10%は減るそうです。僕はMax62kgくらいだったから、まあそれ以上は減ったんでしょうね。何本かのズボン、ダブダブに^^。
会計。530円。
病院の食堂。アップした写真、焼き魚定食。焼き魚はブリ、サバから選べて、僕はサバに。サバ塩焼き、味噌汁、小鉢2つ(カボチャ、レンコン・牛蒡・なめこなど)。ここにはラッキョウもあって、定食もらう時、ラッキョウも取った。
薬局。3710円。
次回の診療予約は3月28日(木)。次々回にはCTも。

病院の後、富山国際学院に出勤。
by tiaokumura | 2019-01-24 14:35 | 癌日記 | Comments(0)


<< 『止められるか、俺たちを』 方舟で昼食 >>