人気ブログランキング |

大本教

f0030155_10453440.jpg(1月2日午後・記)
昔は数え年と言って元日に年齢が+1歳だった。自分、それで行けば当年73歳。後期高齢者入りも可能なお年頃に^^。さて、これまでの人生、1位にランクインは、歌は藤圭子、漫画は永島慎二、映画はゴダール『気狂いピエロ』、美術はジャコメッティ『裸婦立像』、外国語はフランス語、仕事は日本語教師、そして小説は高橋和巳『邪宗門』になろうか。
『邪宗門』は朝日ジャーナルに連載。今手元にあるのは
『高橋和巳作品集4 邪宗門(河出書房 1970年1月)650円』
単行本は2冊だったんかなあ。覚えていない。この本、函入りですが、いまやキツキツに^^。同作品集、1『捨子物語 他』2『悲の器 他』3『憂鬱なる党派』4『邪宗門』5『わが心は石にあらず』6『日本の悪霊 他』7『エッセイ集1(思想篇)』8『エッセイ集2(文学篇)』9『中国文学論集』の全9巻。僕は高橋和巳は高校生の頃、岩波の中国詩人選集『李商隠』で知ったんかなあ。『広辞苑 第六版』(2008年1月11日)に拠ると(p1710・4段目)、高橋和巳(たかはし・かずみ1931-71)は「・・・戦後知識人の問題を社会的広がりの中に追求し、全共闘運動を支持、誠実に自己を問いつめた。・・・」。

2018年12月20日(木)、大阪出張の途中、京都で竹林の小径トロッコ列車。嵯峨野線亀岡駅で大本の広告看板を見た。寄ってみようと思った。高橋の『邪宗門』は大本教がモデル。亀岡駅駅員に訊くも要領を得ず。駅前のタクシー利用。京都タクシー。アップした写真、「ギャラリーおほもと」。出口王仁三郎(でぐち・おにさぶろう1871-1948)、出口なお(でぐち・なお1837-1918)。高橋和巳『邪宗門』の千葉潔は王仁三郎がモデルになるか。だいぶ違うけど。展示の王仁三郎『旅日記』では富山の雨晴も。歌に「・・・有磯雨晴巌窟に包む・・・」と義経を詠んだ歌も。この間、雨晴で日本語授業、担当してた。出口なお68歳の「うしとらの・・・でぐちのかみとあらわれる」もあった。ギャラリーの受付の方、富山出身(呉西のほう?)。不思議なご縁です。この地(天恩郷)は、王仁三郎が明智光秀の居城・亀山城を入手したそうです。
亀岡から京都。車中で自由席特急券650円。大坂で昼食。どこがいいかわからず、地下街の店で。「梅田麹室 豊祝」。カウンターで、鯛茶漬け、豊祝セット(燗)。昼食後、出張先の新大阪丸ビル新館へ。
by tiaokumura | 2018-12-20 10:45 | | Comments(0)


<< 日本語教育機関研修会 トロッコ列車 >>