人気ブログランキング |

名古屋出張

f0030155_1645610.jpg(12月15日夜・記)
僕、多い年には年に7回くらい名古屋出張があったかなあ。僕は富山市にある日本語学校・富山国際学院の学院長。12月4日(火)、今年最後の名古屋出張。名古屋出張は、以前はしらさぎ利用でしたが、しらさぎが金沢発着になって(サンダーバードも金沢発着)不便になり、北陸新幹線開業後は専ら、富山―名古屋の高速バス利用。今回は名古屋入管出張。名古屋入管は、僕が初めて行ったとき(12年ほど前かなあ)、名古屋の街中にあったような気がするが、今は名古屋からあおなみ線・名古屋競馬場前下車です。駅を降りるとキリスト教関係の宣伝者が舗道に。こういう方、とても熱心。僕なんか、きっと地獄に落ちるんでしょうね。
今回、バスが遅れ、いつもは「驛釜きしめん」できしめんを食べてから入管なんですが、今回は名古屋駅から入管直行。入管での仕事を済ませて、名古屋駅に戻り、地下鉄で伏見。けっこう迷った末に、アップした写真の「総本家えびすや本店」にたどり着けた。時間帯のせいでしょうね、ガラガラ。ここ、「創業90余年、名古屋城の城下町・錦に店を構える老舗。江戸時代から伝わる製法の手打ちきしめんを提供」だそうです。店のメニューには「良質の小麦粉と高い濃度の塩水で手で捏ね、一晩寝かせ翌日麺棒で延し、包丁で切ります。きしめんは、うどんより薄く延し、巾広く切ります」だそうです。ここ、今回が最初で最後のお店でしょうね、たぶん。
この後、名古屋駅構内の「驛釜きしめん」で、きしめんのはしご^^。ここでお土産にきしめん購入。名古屋駅構内で「四季づくし」「なごやん」のお菓子も。
by tiaokumura | 2018-12-04 16:45 | 僕は学院長10年生 | Comments(0)


<< 最勝寺で行粥 松本修『全国マン・チン分布考』 >>