人気ブログランキング |

イングマール・ベルイマン監督『第七の封印』

f0030155_19513582.jpg(12月13日午後・記)
第七の封印』(原題Det sjunde inseglet)
1957年 スウェーデン スウェーデン語 96分
監督:イングマール・ベルイマン
脚本:イングマール・ベルイマン
製作:アラン・エーケルンド
音楽:エリク・ノルドグレン
撮影:グンアール・フィッシェル
出演者:
マックス・フォン・シドー グンアール・ビョルンストランド ベント・エケロート ニルス・ポッペ オーケ・フリーデル モード・ハンソン 他

土着信仰とキリスト教信仰が混在する中世の北欧を舞台に、十字軍の遠征から帰途についた騎士と死神の対決を通して神の存在を問い掛けた作ん。・・・神の不在という実存主義的なテーマに挑んだ問題作・・・(「ウイキペディア」より引用)
僕のようなキリスト教にも西欧文明にも疎い者にはわかりにくい映画でしょうね。実存主義。なんか懐かしい言葉^^です。「第七の封印」はもちろん新約聖書ヨハネ黙示録です。
今回の「ベルイマン生誕100年映画祭 デジタル・リマスター版」は全10作品。
前期『夏の遊び』『夏の夜は三たび微笑む』
中期Ⅰ『第七の封印』『野いちご』『魔術師』『処女の泉』
中期Ⅱ『鏡の中にあるごとく』『冬の光』『沈黙』『仮面/ペルソナ』
後期『叫びとささやき』『秋のソナタ』『ファニーとアレクサンデル』
僕は『沈黙』がみたかったが、富山・ほとり座では上映されなかった。この「100年祭」にコッポラやウディ・アレン、チャン・イーモウ、トリュフォー、キューブリック、大林宣彦らがコメント。以下、スティーブ・スピルバーグ
あなたの映画は常に、私の心を揺さぶった。/作品の世界観を作り上げる巧みさ、鋭い演出、安易な結末の回避、そして人間の本質に迫る完璧な人物描写において、あなたは誰よりも卓越している。
by tiaokumura | 2018-11-15 19:51 | 映画 | Comments(0)


<< 東北AID@宮城県石巻 イングマール・ベルイマン監督『... >>