第25回 波多野千寿うつわ展

f0030155_1413589.jpg波多野千寿さんから、個展の案内が送られてきた。5月6日に上京予定なので、銀座の画廊に行ってみようかと思います。

第25回 波多野千寿 うつわ展
ギャルリー・ラー(銀座 奥野ビル601号室)
2018年5月6日ー12日 11:00-19:00(最終日は17:00まで)
アクセス 東京メトロ有楽町線 銀座1丁目 10番出口

波多野さんとは、東京時代に出会いました。勤務先の林玄社長が趣味で陶芸をやってて、波多野さんも同じ国分寺で、たぶんプロの陶芸をやってた。みんなで新宿だったかで飲み会、したことも。彼女、僕とほぼ同年齢かも。毎日新聞社だったかの大きな賞も受賞されています。
アップした写真、手前が案内ハガキ、バックは僕の波多野コレクションから2点。
案内ハガキ、個人的なメッセージも。以前、波多野さんをこのブログでご紹介した時、どこぞの男性からクレームのコメントがあったので^^、気を付けなきゃなりませんが、以下、彼女のメッセージ、差し支えない範囲でご紹介。
すっかり、しっかり おばあさんになりました。・・・、落語をききながら 作ってます。
波多野さん、私もじじいです^^、孫はいないけど。

全く違う話題ですが、以下2つ。

このあいだ、地元紙の北日本新聞に「松田わこさん」が紹介されてた。彼女、角川全国短歌大賞(自由題部門)、受賞されたそうです。
未来という言葉は使わなくなって将来というクールな声で
わこさんは、姉の梨子さん、お母さんと、3人、朝日新聞の短歌投稿でも有名です。
記事の写真見て、ちょっとビックリ。僕の高校の後輩です。胸元のリボンでわかった。今、2年生。

読売新聞、4月7日付。椎名林檎、aiko、宇多田ヒカル。3人とも1998年デビュー。aikoってわかりません(恥)。林檎は「無罪モラトリウム」、買った。カラオケ、歌える曲もある、自分。宇多田は、その頃富山国際学院の語学留学生だった台湾の女子学生に教えてもらいました。「First Love」も買った。あの時は藤圭子の娘ってことで興味あった。後に彼女の歌、カラオケで挑戦したことも(激爆)。

[PR]
by tiaokumura | 2018-04-15 14:13 | 美術 | Comments(0)


<< 言の葉つれづれ:2018年春 麿赤兒 語る-人生の贈りもの- >>