人気ブログランキング |

皆美で哲ちゃんと

f0030155_13573132.jpg(6月24日午後・記)
今回の上京、一人メシも寂しいので^^、何人かに連絡。朝飯はダメでしたが、昼・夜は会食ゲット。6月17日(土)、東京駅から地下鉄で三越前駅。三越のライオンのところで待ち合わせ。一瞬、「ジジイがおる」と思いましたが(自分もそうなんじゃけんど^^)、哲ちゃんが先着で待っててくれてた。三越前は数年間働いてたスナック・パルムがあるところで、通い慣れてたはずですが、今はすっかりわからん場所になりました。何年か前、東京旅行で「にんべん」でおだしだったか、飲んだような。
昼食、哲ちゃんにお任せ。彼が選んでくれたお店がアップした写真の「皆美」(みなみ)。銀座にもあるようですが、ここは日本橋。
江戸・文化文政の時代、長崎に赴いた御用人が献上した西欧料理を、松平藩七代藩主・松平不昧公がお気に召されたという説と、「そば具」と「かけ汁ご飯」を愛好したという聞き伝えを基に、皆美館初代板前長の西村常太郎が家伝料理として考案し、以来後進によって代々伝承され、平成十年に商品登録を取得。(HPより引用)
鯛めし出雲そばも食べたかったので、図々しい(禁じ手^^)じゃったかもしれませんが、両方食べられるようにオーダーに来られた女性に頼みました。わがまま、聞いてもらえた。
鯛めし、初体験。ひつまぶしの食べ方。初めに何もかけないで食べればよかったのですが、食べようとしたときにはお汁がかかってた^^。おそばはわんこそば風。もちろんこういう時には日本酒(飲みなれてませんが)なんで、哲ちゃんに選んでもらった。「ヤマタノオロチ」も飲みました。お味噌汁、宍道湖のしじみ、だったんかなあ。
食後、哲ちゃんとわかれて、今回の上京の一番のお目当て「ジャコメッティ展」へ。六本木へ。

by tiaokumura | 2017-06-17 13:57 | 美味録2017 | Comments(0)


<< ジャコメッティ展 レオナルド×ミケランジェロ展 >>