人気ブログランキング |

東寺

f0030155_11345739.jpg(11月1日午前・記)
今年の「京都非公開文化財特別公開」の朝日新聞記事を見て、「そうだ!京都に行こう」と思った。ネットは便利ですね、HPとかブログなどを探して、以下のような計画を立てた。僕は東京ならある程度「土地勘」があるが、京都はほとんどわかっていない都。過去、仕事も含めて6回くらいの訪問でしょうか。同行者がいれば少し安心なのですが、今回は一人旅。
富山・高速バス→金沢・サンダーバード→京都→東寺→泉涌寺→昼食@松葉本店→信行寺→琳派展→冷泉家→夕食@太郎屋→下鴨神社→上賀茂神社→京都・夜行バス→富山。今回の京都は南から北上する感じにしました。
旅のお供本は1冊だけにした。荷物、重いのいやですもんね^^。
デービッド・アトキンソン『イギリス人アナリストだからわかった日本の「強み」「弱み」』(講談社+α新書)
デービッド・アトキンソン(David Atkinson1965-。小西美術工藝社社長)は2か月ほど前だったかに知った。日経・朝日両紙で彼の寄稿。外国人観光客についてだった。その後、朝日の土曜日の特集ページで連載。BS「久米書店」に本書で登場。アトキンソンとのこういう「出会い」も一種のセレンディピティになるのかも。GDPのこと、「面倒くさい」が日本流、観光戦略など、こういう言い方をするとアトキンソンをガッカリさせるのでしょうが、「外国人ならではの視点・提言」に目から鱗です。本書の長いタイトルははやりなんでしょうね。

北陸新幹線ができて、富山から名古屋、京都・大阪は不便になった。金沢まで行ってそこから特急に乗らなければならない。10月31日(土)、金沢始発サンダーバードに乗る。京都には午前10時過ぎに着。JR京都から近鉄に乗り換え、近鉄東寺で下車、駅から15分ほど歩いたでしょうか、東寺に着く。京都に数ある古刹の代表格の東寺ですが、僕は初めてです。いつか来たいと思ってた。アップした写真、国宝の五重塔。紅葉に映える。今回、初層が開放されていた。これも良かったが、今回の京都で「ぜひ」ってのの1つ、十二神将像(いつもは金堂にあるが今回は灌頂院に)、ごく間近から360度観られるのですから、これは冥途の土産になる体験です^^。東寺は講堂も開放。

東寺を出て近鉄で京都駅へ。市バス208で泉涌寺道下車。泉涌寺(せんにゅうじ)は「御寺(みてら)」、皇室とゆかりが深い。雲龍院で「後円融院宸影」など、即成院(そくじょういん)で「二十五菩薩坐像(定朝とその弟子の作)」など。即成院で10月18日にあった「お練り供養」の菩薩のお面がかぶれるということだったが、なんか、そんな雰囲気がなく、図々しい自分だが^^「かぶらせてください」という勇気がなかった。泉涌寺は木彫の大仏も良かった。
by tiaokumura | 2015-10-31 11:34 | 美術 | Comments(2)
Commented by わー、好いなあ、 at 2015-11-02 12:36 x
 わたしは、関西長かったが東寺もDerax東寺も、まだ往ってません。 一度往こうとして京都から意外と遠いので断念しました。
 共に由緒ある処ですね、、
Commented by tiaokumura at 2015-11-03 15:38
「わー、好いなあ、」様、今回もコメントありがとうございます。
自分、DX東寺のほうが似合っているかもしれませんが^^、ご貴殿同様、未体験です。
関西におられたんですか、名所古刹、多いですよね。おいしいものも多いのでしょうが、僕はまだあまり・・・。
寒さが増してきました。ご自愛を


<< 松葉本店でにしんそばを食す 『和華』第八号(アジア太平洋観光社) >>