人気ブログランキング |

新入生歓迎会

f0030155_1112633.jpg
(4月25日午後・記)
富山国際学院は1年に2回、4月と10月に語学留学生を受け入れている。したがって入学式は年に2回あって、2015年度4月期生の入学式は先日4月17日に実施しました。そして例年その1週間後に「新入生歓迎会」を行っており、今回は4月24日(金)がその日。学院は先月移転したのですが、新校舎の近くに環日本海交流会館があり、入学式・新入生歓迎会とも、そちらを利用させていただいた。
当日は学院に集まりその後徒歩3分の環日本海交流会館に移動。こういう行事では、アイデアウーマンの柳川友美さん(専任)があれこれプランニングする。今回はまず新入生が一人ずつ自己紹介。その後、2年生・教員から一人ずつ柳川さんに指名されて、1年生の名前を書いた紙を持って、その学生を見つけるという趣向。僕も指名されてネパールのAさん。なんとか合致できました。自分、学院長の身ながら、まだ新入生の顔と名前、3割くらいしかわかっとらん(恥)。歓迎会はまだまだ続くのですが、僕は11時に「富山きときと空港」に着くネパール人学生の出迎えのため10時半頃に中座。アップした写真は新入生自己紹介中のもの。
11時前、空港着。今期の語学留学生で最後に残っていたネパール人学生は、カトマンズ→バンコク→インチョン(ソウル)→富山って経路で入国。11時半過ぎ、出てきました、彼。彼をピックアップして富山市役所へ。ここで異動届を出して、保険にも加入。在留カード(「外国人登録証」は何年か前に廃止された)は、名古屋や成田や関空など大きい空港ではその場でもらえますが、地方空港では発行されない。市役所で登録後1週間くらいして東京入国管理局から郵送されてきます。こうやって新入生を引率しながら、彼/彼女の日本語力のチェックもします。中には上手な学生もいますが、だいたいが初級入口やっとといったところ。今回の彼、車から見える看板の文字を読ませましたが、おぼつかない。「ももたろう」が「みみたらう」など。誤読の原因、おわかりになりますよね。文字順で覚えているものなのですね。4月期生は桜の季節に来富が多く、松川や富山大学などの桜を見て喜びます。日本に来た実感、わくんでしょうね。でも今回の彼は葉桜。
市役所の後、12時半頃に環日本海交流会館に合流。集合写真を撮っているところでした。
この日、富山は最高気温26.7℃。NHKラジオ全国放送の午後5時台で富山の気温、取り上げていました。日本一だったんかも。あと、NHKテレビ富山「ニュース富山人」でも夏日の富山の様子を映していましたが、な・なんと~、うちの学生・先生が10秒ほど出てた。ビックリ。暑い感じがよく出ている一行(学生3人+教師1人)だったんでしょうね。今回の新入生歓迎会では「街中探検」ってオリエンテーリングもあって、テレビのシーン、その最中みたい。オリエンテーリングは、郵便局、富山市民国際交流協会、市立図書館、銀行、市役所などがチェックポイントだったようです。
4月6日に新年度授業を開始し、4月17日・入学式、4月24日・新入生歓迎会。これでちょっと一段落って感じでしょうか。上半期は今のところ、5クラス+派遣3社+プライベートレッスンなど。次の学校行事は8月7日(金)に夏の遠足があります。今年は立山に行く年です(奇数年が立山、偶数年は立山以外)。
by tiaokumura | 2015-04-24 11:01 | 日本語教育 | Comments(0)


<< 学院長、7年目 『根付』『千代紙』『京料理』(... >>