人気ブログランキング |

こんな授業・あんな授業(21)ヴィジター・セッション

昨日1月17日(金)富山大学生13人富山国際学院にご来校され、午前3クラス合同授業「ヴィジター・セッション」に参加してくださった。
その前日、粕谷謙治さん(専任)から「明日の授業で、学院長として最初にあいさつ、お願いします」と言われ、フラットな組織を目指し実践している(つもりの)身としては、粕谷さんに「口下手な僕、それは困る、できない」って反抗するわけにもいかず(激爆)、16日(木)の寝る前、そして17日(金)早朝4時起きして挨拶原稿作成。ところが、あいにくなことに、自宅のPCプリンター、印刷しようとしてもうまく働かない。しょうがないので、原稿添付メールを学院に送付し学院で完成することにした。17日(金)、いつもより早めに出勤し、あいさつ準備。←のはずだったのだが、悪いことって重なるもので、1月17日の富山は朝からけっこうな雪、車はノロノロ運転。ちょっと焦った。
挨拶原稿は以下。

おはようございます。
本日はお足元の悪い中、富山国際学院にお出でいただきありがとうございます。
私は学院長の奥村です。どうぞよろしくお願いします。
「人文学部の方、いらっしゃいますか?」
実は私は8年前に人文学部3年に編入学しました。還暦の頃は、和田とも美先生の「朝鮮文化」や立川健治先生の「原敬日記講読」などの授業を受けていました。2008年に卒業しましたので、皆さんの先輩ってことになります。
「1993年生まれの方、いらっしゃいますか?」
富山国際学院は1993年4月に1期生を受け入れました。これで20年以上の歴史があります。日本全国に今、400くらいの日本語学校がありますが、ここは定員60名で、たぶん日本で一番小さい日本語学校じゃないかと思います。そんないなかの小さい日本語学校ですが、これまでに世界30か国・地域出身の学生がここで学んでいます。大塚一朗監督が1月13日に「いなかの子どもでもできる」とおっしゃっていましたが、いなかの小さな日本語学校の富山国際学院もこれまでにいろんなことができているのではないかと自負しています。
さて、今日の授業は日本語教育で「ヴィジターセッション」と云います。
「楽器やる方、いらっしゃいますか?」
「セッション」ってのは、たとえばジャムセッションのように、いろんな楽器がコード進行したりリズム刻んだりアドリブしたりして、その結果、楽器の単純な足し算以上の効果を生み出します。今日、今ここでは、とりあえずは日本人と外国人という図式ですが、同じ日本人でもいろいろですし、外国人と一口にいってもいろいろです。この後の約2時間半、日本語を通していろんな化学反応が生まれると思います。
「外国人と1時間以上共に過ごすのは初めてって方は?」
南方熊楠の言葉に「人の出会いにも季節あり」というのがあります。今日のこの授業が、うちの学生たちにとってももちろんですが、皆さんにとっても貴重な体験になったらいいなと思います。
最後にお願いが2つ。
(略)
ではこの後2時間半、楽しんでお過ごしください。

9時からA組授業(僕はA組の金曜日担当中)。ところが雪のせいで学生の出席悪し。9時半頃、大学生2人、授業見学に見える。9時50分、授業終了。
10時、ヴィジター・セッションの2階教室へ。大学生(学部生12人+院生1人)はちゃんとご出席なんですが、肝心のうちの学生がまだ3分の1くらいの出席。学院長として恥ずべきことではありますが、気取ってもしょうがない^^、学院らしいってことでご勘弁願うしかない(大汗)。初めの挨拶をして、僕は4階教員室に引き上げ執務。

12:20、再び2階教室へ。教室は、外の悪天候と対照的に、すっごい熱気&盛り上がり。僕が入っていったときは、この日の「気づき」発表中でしょうか、粕谷さんが司会役で各グループ(6つくらいの島になってた)から発言。終わりにまた粕谷さんから「あいさつ」を振られ、頭が真っ白な中でとっさに2つばかりのことを話す。

今日気がついたのですが、去年もセンター試験の前日に「ヴィジター・セッション」やってて、当ブログこちらに記事をアップしています。

今回ご参加いただいた富山大学生の皆さん、ありがとうございました!
今回の体験が皆さんにとっても何らかの収穫になっていたら嬉しいです。
学院生との交流、これからも続くといいですね。
by tiaokumura | 2014-01-18 13:57 | 日本語教育 | Comments(4)
Commented by tubomim at 2014-01-18 19:09
「1993年生まれの方、いらっしゃいますか?」というところまで拝読していた時、あ、家の小象が1994年生まれですけど、どうした?と続けて拝読したら、先生の学校は1993年に設立され、先生にとっては愛情をかけて育てた可愛い子どもみたいなものですね。学校としては小さいかもお子様として大きい、そして立派!20年間成人まで立派に育て、改めて感動しました。
Commented by おばちゃん at 2014-01-19 16:51 x
K先輩の講義に続いて授業見学、ヴィジター・セッションで楽しい時間を過ごさせていただき、ありがとうございました。
日本語教師を目指す私としては、いろいろなヒントがたくさん詰まったひとときでしたし、もちろん留学生の皆さんとのお話自体楽しかったです♪
是非またよろしくお願いします!
Commented by tiaokumura at 2014-01-22 07:33
tubomimさま、小象君、1994年生まれですか。僕がtsubomimさんのブログを知ったころは彼、中学生だったような記憶が。彼の成長ぶり、ブログ訪問者みんなの楽しみになってます。
学院、僕が育てたわけゃなく、先輩たちのおかげです。僕は1994年から非常勤講師、そして今は学院長です。
Commented by tiaokumura at 2014-01-22 07:38
おばちゃん様、ご訪問&コメント、ありがとうございます。
こちらこそ、これからもよろしくお願いします。
2月か3月にTさんの卒業記念夕食会、ぜひ実行しましょう! 来年はおばちゃん様の卒業記念食事会ですね。


<< 薬膳カレー@春々堂(CiC) 富山第一高校 ありがとう! >>