人気ブログランキング |

イルマル・ラーグ監督『クロワッサンで朝食を』

f0030155_1020845.jpg
「昔はよかった」ってのはもう何千年も前から言われているでしょうね^^。「今」だってやがては「昔」になるのだから、めったやたらの「昔」礼賛はおかしいのでしょうが、人間ってのは自分の過去を美化しやすい性格があるのでしょうね。閑話休題^^、「昔の女優はすごかった」。イングリット・バーグマン、オードリー・ヘップバーン、エリザベス・テーラー、ブリジット・バルドー、ソフィア・ローレン、カトリーヌ・ドヌーヴ、山本富士子などなど。女優がフツーっぽくなったのは、ハリウッドではナタリー・ウッド、ヨーロッパではアンナ・カリーナ、日本では吉永小百合あたりからじゃないかしらん。
ジャンヌ・モロー(Jeanne Moreau1928-)もいわばカリスマ女優。『死刑台のエレベーター』の、夜のパリの街で恋人を探し求める人妻-バックに流れるマイルス・ディビスのクールなジャズと相俟って映画史に残る名シーン。『死刑台のエレベーター』でルイ・マル、『突然炎のごとく』でトリュフォー、『審判』でオーソン・ウェルズ、『小間使の日記』でルイス・ブニュエルと、『ラスト・タイクーン』でエリア・カザンと。ゴダール作品には出ていない(と思う)が、いずれ劣らぬ錚々たる監督たちの作品に出演。80代の彼女が主演した映画がこの『クロワッサンで朝食を』。僕にとっては40年ぶりくらいのスクリーンでの再会になるんじゃないかなあ。
原題は「パリのエストニア人1女性」。アンヌは2年間介護した母を看取った後、パリでの家政婦の仕事を紹介される。紹介先のフリーダは同じエストニア人だが、ワガママで孤独で毒のある老婦人。初めての朝食に「紅茶とクロワッサンが本当の朝食。こんなの朝食じゃない」と拒否され、次にアンヌがスーパーで買ったクロワッサンを出すと「こんなのはプラスティック。クロワッサンはパン屋で買わなきゃ」と侮蔑する。そんな2人だったが徐々にフリーダはアンヌを信頼し始める。だが、そんな時、アンヌのよかれと思ってしたちょっとした嘘がフリーダを激怒させ、追い出される羽目に。パリの夜の街をさまようアンヌ。このあたり『死刑台の~』を連想させる、シチュエーションは異なるけど。そして翌日、・・・。
実話に基づいた映画だそうです。パリの小話的小品映画でしょうか。ステファン役の俳優、ジャン・レノに似てる。好演。
この間観た『愛、アムール』は老老介護。本作ではジャンヌ・モローが介護される老人。そんな時代なんでしょうね。ジャンヌはインタビューで「老い」について次のように語っています。
年のことを気にしたことはありません。40歳になったとき、鏡のなかの自分に一瞥をくれ、確かに、そのときはいろいろ思うことがありました。けれど、いまの私は年齢に傷つくようなこともありません。人は必ず年を重ねてゆくものなのです。それはどうしようもないものであり、偽ることはできないものです。(映画パンフレットより引用)

クロワッサンで朝食を』(原題Une Estonienne a Paris 英語タイトルA LADY IN PARIS)
はじめてパリにやって来た家政婦アンヌと、裕福だが孤独な老婦人フリーダ。住む世界の違う2人が出逢い、再び人生が微笑み始める-。心の奥に温かな灯をそっと点す感動の実話。
2012年 フランス・エストニア・ベルギー フランス語・エストニア語 95分
監督・脚本:イルマル・ラーグ(Ilmar Raag)
共同脚本:アニエス・フォーヴル リーズ・マシュプフ
キャスト:
ジャンヌ・モロー(Jeanne Moreau1928-。フリーダ) ライネ・マギ(Laine Magi1959-。アンヌ) パトリック・ピノー(Patrick Pineau1961-。ステファン)他
日本語字幕:吉田由紀子
公式サイト:こちら

映画ネタをもう一つ。
この間ネットで「新文芸坐」のサイトに入ったら、「2013年上半期<新文芸坐ベストテン>」ってのが発表されてた。僕が観た中では邦画で
1位『舟を編む』 7位『千年の愉楽』
洋画で
4位『愛、アムール』 10位『リンカーン』 19位『ヒッチコック』
がランクインしてた。ちなみに邦画は
『舟を編む』『横道世之介』『東京家族』
洋画は
『ジャンゴ 繋がれざる者』『きっと、うまくいく』『ゼロ・ダーク・サーティ』
が、TOP3です。
by tiaokumura | 2013-11-17 10:20 | 映画 | Comments(3)
Commented by 平名 at 2013-11-19 10:44 x
 恐らくは「8月」さんも そうだったのでは、、
Commented by 平名 at 2013-11-20 11:56 x
 御免、シーザーの義理の息子の話ですが、だから彼は自らは皇帝にならなかった。 「テファニー」が「クロワッサン」で、人類の馬鹿さ加減を示してる?
Commented by tiaokumura at 2013-11-28 09:07
平名氏、ようわからんコメントで(汗)。アウグスティヌスのことなん?「人類の馬鹿さ加減」ってぇのもようわからん。Anyway:-)、元気そうで安心。この間は会えんかったもんね。


<< 2013年フィリピン台風救援金 J.M.スターン監督『スティー... >>