人気ブログランキング |

癌日記:8週間ぶりの通院

10月30日(水)・31日(木)の2日間で3か所の病院通い。痔と歯と癌と。自分、還暦過ぎまでは、腰痛持ちではあったが、それ以外での通院・薬服用などほとんどなかったのに、発癌を境にあれやこれやずいぶん病院と薬のお世話になることが多くなった。加齢ってそういうことなんでしょうね、個人差はあるでしょうが。
10月31日(木)富山国際学院に9時前出勤、メールチェックなど。それから、9時予約の学院近くの歯医者に行く。帰ってきて11時ころまで執務。車で学院から癌の病院へ。験担ぎで^^いつもと違う道を走る。
予約時間の11時半前に受付。今回持参した本は、
ジェレミー・ドノバン 中西真雄美訳『TEDトーク 世界最高のプレゼン術』(新潮社)
『このミステリーがすごい!』大賞編集部編『『このミステリーがすごい!』大賞10周年記念 10分間ミステリー』(宝島社文庫)
の2冊。あとタブレットは最近はあちらこちら常時携帯。待っている間、病院のテレビでワールドシリーズ中継。上原の優勝の瞬間が見られた。

血圧・体重測定。最高血圧103、最低血圧67、脈拍数71、体重55.1kg。抗癌剤をやめてだいぶ経つが体重はまだ60kg台に乗らない。食欲がイマイチ、だもんね。
T主治医による診察。最近の様子を聞かれる。特に変わったことなし。今後の予定・方針について。次回は12月26日(木)に診療予約。その日は午後2時から授業なので診療は午前中に終わるべく、8時半受付にする。当日は腹部造影CT。転移・再発などなければいいのだが・・・。
会計で支払い。420円。病院内の食堂で天ぷらうどん、500円。残念ながら7割くらいしか食べられなかった。この間引退した富山1区選出衆議院議員が夫婦で食事していた。
薬局。7週間分の薬。6320円。抗癌剤がないのであまり高くない。
学院に戻り、執務。

ブログ記事を頼りに「これまで」を辿ると以下のようになる。このブログ、「癌」で入ってこられる方も多いみたい。個人差があるのであまり参考にならないかもしれないが、末期癌患者の1サンプルである、自分は。
2011年6月 胃癌(Ⅳ期)・大腸癌・肝臓癌、判明
6月20日 1回目の入院
6月27日 1回目の手術(胃・脾臓・膵臓全摘出、肝臓1/3除去)
7月15日~ 抗癌剤TS-1、1クール目
7月22日 抗癌剤シスプラチン1回目
2012年1月6日 抗癌剤シスプラチン4回目(今のところ、これが最終回)
2月29日 2回目の手術(大腸癌、腸閉塞)(今のところ、手術は2回)
2013年6月27日 抗癌剤TS-1、19クール目終わる(今のところ、これが最終クール)
入院は何回だろう、6回くらいで通算100日くらいだろうか(←いい加減^^)。「癌」にかかったお金は200万円くらいだろうか(←これも、いい加減^^)。
by tiaokumura | 2013-11-01 07:01 | 癌日記 | Comments(0)


<< ファインバーグコレクション展 ... ラテンフェスティバルin富山 >>