人気ブログランキング |

F組デビュー

10月6日(日)
この日、Happy Birthday to Me!だった。誕生日が日曜日なんてぇのは5~7年に1回でしょうか、珍しいかも。この年(1946年生まれ)になってはもう誰も祝ってなんぞくれないと思いきや、祝福メールが4本。うち1本は「ヨ・オ・フクーの青山~」だったけど(激爆)。2年前に発癌し、「65、66、67と~、私の人生、暗かった~」かなあ(嘘爆)。
脳内目覚まし時計を11時にセットし、8時に布団に入る。11時に起きる。凱旋門賞の生中継を観る。翌日のNHK-G「クローズアップ現代」でも凱旋門賞、取り上げてましたね。池江父子、武豊、ディープインパクトなど、いろんな「物語」が織り成されている凱旋門賞です。
10月7日(月)
凱旋門賞を観て再び眠る。睡眠中、夢を3回くらい見た。どれもF組の授業。そうなんですね、この日はF組授業スタートで僕のF組デビュー日。富山国際学院は4月に新年度開始し、10月に新クラスを開設する。僕は昨年10月に引き続き、今年度も新クラスを週2コマ(月・火)担当。
生まれつきな性格なんでしょうね、自分、初物に弱い。初めての授業の時なんて、その何日も前から心配をし、前夜などはよく眠れず、当日は緊張からでしょうね、夜明け前に起きてます(照)。今回もご他聞に漏れず2時、3時半、4時半と目覚め、その都度無理矢理自分を眠らせ^^、結局5時半に起床。
授業開きの日はあれこれ忙しい。当日申込者もあったりして右往左往てんてこ舞い。教案は人によっていろんな作り方があるでしょうが、僕の場合はカード式にしている。授業の流れに沿ってカードをめくっていく。F組のメインテキストは『大地』。日本・世界で一番よく使われている初級教科書は『みんなの日本語』(第2版になっています)。『大地』はその次に使われているでしょうね、『みんなの日本語』の採択数とはかなり差があるけど。
10月8日(火)
F組2日目。朝起きてメールチェックしたら、午前クラスのA組の本日担当者から授業代行の依頼メール。午後にF組があるので困ったが代わりがいないので引き受けることに。何年振りだろう、午前・午後と通常クラスを担当するのは。少なくとも発癌後初めてでしょうね。9時~12時半=A組、1時~4時半=F組。45分×8=360分、授業。さすがに疲れた。それでも体力が持ったのでちょっと安心&自信。
2013年度の下半期はけっこう授業担当が多い。月・火の1時~4時半がF組、水・木の2時~4時半がプライベートレッスン、金曜日の9時~12時半がA組、1時~2時・数学補習。1週間の合計何時間になるのだろう。4種類の授業でそれぞれレベルも教科書も目標も違う。そのほうが変化があっていいんでしょうね、準備が大変だけど。授業以外にもちろん学院長の仕事もある。
何年やってても「教える」って難しい。以前NHK『美の壺』で幇間の「芸人に上手も下手もなかりけり 行く先々の水に合はねば」が紹介されていた。教師も幇間(芸人)も「サービス業」と云う点では共通するでしょうね。日本語教師として自戒の歌にもなる、この幇間作の名歌は。
by tiaokumura | 2013-10-09 08:33 | 日本語教育 | Comments(0)


<< 第4回ラテンフェスティバルin... 映画『公害原論1974』+向井... >>