人気ブログランキング |

2013年8月・ブログ内ランキング

ブログ内ランキングの8月の結果が出ました。8月は24件の投稿、アクセス数は6023、訪問者数は3710人(1日平均119.7人)でした。

8月の「記事ランキング」は、
第1位<2013年7月15日>ミケランジェロ展@福井県立美術館(299アクセス。以下同じ)
第2位<2011年8月26日>ある癌患者(男性・64歳 胃癌ステージⅣ)、4つの不安(136)
第3位<2013年8月22日>藤圭子さん、ご逝去(99)
第4位<2009年6月2日>蛇蔵&海野凪子『日本人の知らない日本語』(メディアファクトリー)(90)
第5位<2013年8月7日>岸井さん・増山さんと@鼎(新宿)(75)
第6位<2009年6月16日>富山県思考大会問題作成委員会『思考大会問題集 思考力の開発』小学生用・中学生用(64)
第7位<2011年10月23日>「僕は20歳だった。それが人の一生でいちばん美しい年齢だなどと・・・」(ポール・ニザン)(59)
第8位<2010年4月10日>緑川アコ『カスバの女』(YouTube)(58)
第9位<2013年8月2日>遠足(53)
第10位<2010年2月26日>島田清次郎、生誕111年(47)
でした。
ネット社会は不思議なところでブログ主宰者の予期せぬことってけっこう起こる。今月の記事ランキング1位に「ミケランジェロ展@福井県立美術館」が来るなんて全くの予想外。しかもアクセス数が300に迫る勢い。自分で言うのもなんですが^^大した記事じゃなかったのですが・・・。同展、福井は終わって今度は東京に巡回。
藤圭子さん、あちこちのブログで取り上げられているようですが、ブログ友達(ブロ友?)の「ヨシダヒロコ」さんの「自殺報道とWHOガイドライン。」(8月29日付)は蒙を啓かされる記事です。藤圭子、YouTubeには50曲以上アップされているようです。オリジナルもいいけど『網走番外地』『アカシヤの雨がやむとき』『池袋の夜』『船頭小唄』などカヴァー曲もすばらしい。とりわけ『みだれ髪』は、照れくさそうな登場のしかた(TV番組みたい)、フリをつけた歌い方、そしてもちろんその歌唱力-「怨歌」の藤圭子がかくあったかもしれない世界を想像させる絶唱です。今回の件での宇多田ヒカルの発言(彼女の公式ブログ)もホロリとさせる内容です。第8位の緑川アコも藤圭子関連のアクセスでしょうね。
島田清次郎は新しい関連本が出たのがきっかけでのアクセスのようです。ポール・ニザンはどうしてなんだろう。サルトルだって忘れ去られつあるこの国で・・・不思議。サルトルは、こちらも何か関連本が出たようです。
第4位、ベストセラーでしたね。今は何冊目なんでしょう。同記事のコメントで「海野凪子」の正体^^を書いてくださった方がいましたっけ。
第2位の癌記事はアップして2年以上経つのですが、いまだにアクセス数が多い。癌患者・癌患者家族・癌患者予備軍・医療従事者などいろんな方が読んでくださっているのでしょうね、たぶん。

検索キーワードランキング」のほうは
第1位・ミケランジェロ展(290アクセス。以下同じ) 第2位・福井(242) 第3位・なぜ(207) 第4位・海野凪子(63) 第5位・奥村隆信(61) 第5位・富山(61) 第7位・日本語教師(48) 第8位・カスバの女を歌った歌手(39) 第9位・ブログ(38) 第10位・なぜ福井(31)
でした。こちらも大異変。いつもなら「奥村隆信」「日本語教師」「富山」「日本語」などが上位に来るのですが、今回は「ミケランジェロ展」が1位、「福井」2位、「なぜ」3位、そして「なぜ福井」が10位。アクセス数も1~3位、200超え。福井の方に怒られますが^^、キーワードをつなぐと「なぜ福井でミケランジェロ展が開かれる/開かれたのか」ってことになります(激爆)。第8位は藤圭子絡みでしょうね。
by tiaokumura | 2013-09-02 07:02 | このブログのこと | Comments(0)


<< 癌日記:8週間ぶりの通院 『能年玲奈featuring天... >>