人気ブログランキング |

気持ちが悪い日本語(朝日新聞2013年6月1日付)

朝日新聞2013年6月1日付「beランキング」がおもしろかった。題して「気持ちが悪い日本語」。「気持ちが悪い」ってところがミソでしょうね。『明鏡国語辞典』『問題な日本語』の北原保雄(きたはら・やすお1936-)がランキング用の選択肢リストを作成。北原さんは僕が大学生時代、助手でした(博士課程だったのかも)。文学部国語学国文学専攻の中で北原さんは「国語学」。どちらかと云うと「国文学」のほうが優勢だったような気がしますが、中田祝夫先生・馬渕和夫先生のお弟子さんに当たるんでしょうね。北原さん、新聞記事では76歳です。助手時代は30代前半だったんでしょうね。
さて「気持ちが悪い日本語」ランキング1~10位は
①1000円からお預かりします
②全然似合いますよ
③ギターの音が耳ざわりがいい
④来年もよろしくお願いしておきます
⑤わたし的にはOKです
⑥受付でいただいてください
⑦以上でよろしかったでしょうか
⑧コーヒーで大丈夫ですか
⑨やばいよ、この味
⑩わからないじまいです
でした。1位「1000円からお預かりします」はよく話題になる表現ですが、記事中の「・・・『から』には『おつりがありますよ、まだ帰らないで』という意味が含まれている・・・」という兵庫県の女性(36)の分析、なるほどと思った。「ら抜き言葉」が、「れる・られる」形式が「可能・受身・尊敬・自発」の4つの意味を持つため「ら抜き」によって可能と受身が分離した、って説がありますが、それと同じように、「気持ちが悪い日本語」にもそれぞれ理由づけってできるんでしょうね。2位の「全然+肯定」は、これもよく言われますが、「明治時代には、全然おかしくなかった」(北原)。逆に「とても」が肯定形と結びつくのは新しい(っても江戸・明治と比べてですが)ってのを読んだことがある。5位の「的」、うっかりすると多用してしまいますよね。大槻文彦だったか、「的」を使わなかった。僕も富山国際学院がNPOになる時の趣意書作成で、「的」を使わずカタカナ語も避けた記憶がある。3位、「ざわり」は「障り」が「触り」になったんでしょうね。4位・10位は聞いたことがない。わたし的^^には「生きざま」が「気持ちが悪い日本語」かも。
11~25位は以下の通り。
役所のほうに勤めています それは間違ってるっぽい 普通に頭に来たんだけど 昔そこで遊んだときがある おビールをお持ちしました 今日ひまだったりする? わけわかんないしー うたわさせていただきます おめでとうございました 二個上の先輩がいました この店の安さは半端ない ご負担をいただく形になっております 患者さまはこちらへどうぞ お土産をいただきましてすみません お名前をいただけますか
ランキングの中には「僕も使うなあ」「どこが悪いのか?」ってのもあるから、自分、日本語教師としてはヤバかったり^^してるかも。
記事中に「私も使う」「どこが悪いの?」も5例挙げられている(順位は多い順)。
①台風が上陸する可能性がある ②理由は特にないです ③違和感を感じる ④すいませんでした ⑤ネコに餌をあげて
②・③・④、僕も使ってるなあ。「形容詞+です」って本来は「形容詞」だけでよかった。丁寧形の形容詞ってかつては「気持ちが悪」かったかも。③は「重言でも問題にならない」(北原)そうです。よかった。
言語学では言葉そのものには真善美はないってことになるんでしょうが、時代を反映する言葉(言葉は世につれ、世は言葉につれ)の観察っておもしろい。
by tiaokumura | 2013-06-04 06:33 | 言の葉つれづれ | Comments(2)
Commented by おばちゃん at 2013-06-07 10:40 x
ご無沙汰しております。
この朝日新聞の記事を読みました。
私はうちで飼っているカメに「は~い、おはよう!元気かな~、ご飯をあげましょうね~」って言ってしまっています。(^_^;) 重症・・・。
22日の金沢での研究会でお会いしましょう!
Commented by tiaokumura at 2013-06-08 06:41
おばちゃん様、こちらこそご無沙汰です。同僚のKに会食の準備、頼んであるのですが、なかなか日程の調節が難しいようで。このままだと秋口になってしまうかも。
金沢の学会、あまり興味を持てるのがない(汗)ので今回はパスします。今月末の牧野成一先生は行きたかったのですが、旅行中で行けません。残念。
ペットにえさを「あげる」は、もうすっかり定着した表現なんでしょうね。


<< 癌日記:6月7日(金)、抗癌剤... 2013年5月・ブログ内ランキング >>